方言あれこれR1

<方言あれこれR1>
『やっとかめ!大名古屋語辞典』という本がどえりゃあ面白かったので、この際、大使が気になる方言をあれこれ集めてみました。

・『笑説 大名古屋辞典』:名古屋弁
・『やっとかめ!大名古屋語辞典』:名古屋弁
・『でーれーガールズ』:岡山弁
・ぼっけえ きょうてえ:岡山弁
・『ラジ&ピース』:群馬弁
・播磨気質:播州弁
・関西弁基礎講座:関西弁
・関西人の話法
ぼっけえ

R1:『笑説 大名古屋辞典』を追加



『笑説 大名古屋辞典』
『やっとかめ!大名古屋語辞典』2
『でーれーガールズ』
美の巨人たち 甲斐庄楠音 「横櫛」:ぼっけえ きょうてえ
『ラジ&ピース』
播磨気質
関西弁基礎講座 INDEX
関西人の話法



名古屋弁を、見ていきましょう。
p65~68
<がや> 
 名古屋語としてあまりにも有名な「ぎゃあ」と同じ。「…だがや」等と断定するときに使われることが多い。三河地区では「がや」、名古屋地区では「ぎゃあ」が使われることが多いが、どちらも名古屋語として公認されており、意味は通じるのであまり神経質になる必要はない。

 それにしても、最近、名古屋のことを駄我屋などと言う東京人が増えた。はっきり言って、不愉快である。

<かん> 
 本来は「いかん」(いけない)「あかん」(だめだ)なのだが「い」や「あ」が省略されるか、ほとんど発音されないので他国人には「かん」と聞こえる。この種の省略は他の言葉にも見られるので注意が必要である。

→いかん
「今年のドラゴンズ、かんなあ」
(今年のドラゴンズ、だめだなあ)
「応援、かんとかんなあ」
(応援に、行かなければいけないなあ)

***********************************************************************
『やっとかめ!大名古屋語辞典』で、名古屋弁の一例を見てみましょう。
p33
<えりゃあ>
 普通ではないことを表すきわめて使い道の広い言葉。「疲れる」「大変な」「ものすごい」そして「偉い」等、様々な意味をもち、発音もまったく同じなので理解するのがきわめてむずかしい。

 「えりゃ」と短縮形で使われることもある。「えりゃあを笑う者は、えりゃあに泣く」という格言があるほどで、名古屋語をマスターするためにはどうしても越えなければならない関門である。なお、英語と同様比較変化をし、比較級は「どえりゃあ」、最上級は「どえらけねゃあ」となる。これが名古屋独特の圧縮技術により「どえりゃあ」→「でりゃあ」→「でら」となると、もう名古屋人以外には理解不可能。東海地方限定ビールの「でらうま」が「どえりゃあうみゃあ」の圧縮形であることを理解できた東京人は皆無と言っていいだろう。

 なお、一部地域では、「ど」ではなく「も」がついて、「もえりゃあ」「もえらけねゃあ」となることがあるが、意味は同じである。

(例)
「今日、学校で先生に、えりゃあってほめられたがや」
「そりゃえらかった。何でほめられたん?」
「遊んでて窓ガラス割ってまったら、どえりゃあことしてくれたって」


***********************************************************************
『ラジ&ピース』という小説から、群馬弁を見てみましょう。
p54~57
 毎週火曜日のこの時間は、「なっから群馬弁」。
 初心者の私、相馬野枝に、皆さんの群馬弁を伝授していただくコーナーです。FAXは027-3・・・メールアドレスはwww.joshn-fm・・・ケータイはスラッシュkをつけてください。

 先週いただいた「ガショーキ」つまり乱暴とか粗雑って意味なんですけれど、わかんねーよ、使わねーよ、という声多数いただきました。「ガショーキ」は東毛の方の言葉なんですね。高崎、前橋では使わないようです。

 さて、今週もたくさんいただいています。ラジオネーム恐妻センター前橋さんのなっから群馬弁。
 (嶋野がBGMを切ると同時にあらかじめ録音していた音源を流す。エコーをかけた間島の声が流れる)

 「チョットイッテミラァ」
 「ハアキャア?」
 (BGMをスタートさせる)

 これは、「帰るよ」「もう帰るのかい?」という意味だそうです。「もう」が「ハア」なんですね。なるほどー。帰るときでも、行ってみらぁなんですんね。「ハア、ケエラア」「ハア、ケエルンベ」になると、もっと帰る意思が強いっていう解説をいただいたんですが、これはすごい。恋人同士で使ったりもするんでしょうか?

 それからこちらは、えーと藤岡市のバイアス33さんからいただきました。
 (嶋野、BGMを切り、音源を流す)

 「ミンナンチのカタログ持ってきてクンナイ」
 (BGMスタート)
 この場合「ミンナンチ」っていうのは、「あなたの会社」だそうです。これもびっくりですね。私が藤岡へ行ったら、「ミンナンチの番組いつも聞いてるよ」って言われるのかな、なんだかかわいい言葉ですね。

 えーっと、もう1枚行けますね。こちらは高崎市の不眠鳥さん。
 (BGMを切る。ここは野枝がメッセージを読む)

 「野枝さん、ナカラとオーカとマッサカの使い分けってわかりますか?全部すごくという意味なんですが、ニュアンスが違います。オーカはどっちかというと否定的なニュアンス、マッサカは予想と違う驚きのニュアンスです。これをマスターしたら野枝さんも群馬人ですよ」
 (BGMスタート)

 はい、英語で言うとveryということですよね。ナカラはわかりますが、あとの二つは全然わからないです。そっかー、副詞を聞いただけで意味合いがわかるんですね。奥が深いなあ。
 今日採用された方にはステッカーお送りします。「なっから群馬弁」のコーナーでした。
 (嶋野、CDを流す。野枝、天気予報が原稿と変わっていないかどうか確認のため、ブースを出て行く)
 (野枝、ミネラルウォーターを持ってブースに戻ってくる)

 「あと十秒です」
 (CDが終わり、サイレントとなる)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント