『妖しい関係』1

<『妖しい関係』1> 図書館で『妖しい関係』という本を手にしたのです。 阿刀田さんといえば、ロアルド・ダールの短篇「女主人」を紹介してくれた作家であり、とにかく阿刀田さんの短篇小説が気になるのです。 【妖しい関係】 阿刀田高著、幻冬舎、2012年刊 <商品の説明>より 突然逝った、美しく年若き妻。未亡…
コメント:0

続きを読むread more

『絶対製造工場』1

<『絶対製造工場』1> 図書館で『絶対製造工場』という本を手にしたのです。 かつて読んだカレル・チャペックの『スペイン旅行記』にはユーモラスな挿絵が載っていて良かったが、この本にもところどころに挿絵が出て来るので、気にいったのです。 【絶対製造工場】 カレル・チャペック著、平凡社、2010年刊 <商品の説明…
コメント:0

続きを読むread more

図書館大好き396

今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ <市立図書館> ・晴れたり曇ったり ・村上春樹と私 ・妖しい関係 ・絶対製造工場 <大学図書館> (今回はパス) 図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・これが、図書館での正しい…
コメント:0

続きを読むread more

『村上春樹と私』2

<『村上春樹と私』2> 図書館で『村上春樹と私』という本を、手にしたのです。 著者のジェイ・ルービンは『1Q84』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などを翻訳していて、世界的に知られているそうです 【村上春樹と私】 ジェイ・ルービン著、東洋経済新報社、2016年刊 <商品の説明>より 『1Q84』…
コメント:0

続きを読むread more