『ソロモンの指環』2

<『ソロモンの指環』2> 図書館に予約していた『ソロモンの指環』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。 「BOOK」データベースがこの本を「永遠の名作」と讃えているが・・・さて、如何なるものか♪ 【ソロモンの指環】 コンラート・ローレンツ著、早川書房、2006年刊 <「BOOK」データベース>より …
コメント:0

続きを読むread more

鳥の本あれこれR6

<鳥の本あれこれR6> 『カラスの早起き、スズメの寝坊』という新書を借りて読んでいるのだが… 鳥に関する本をわりと読んできたので、並べてみます。 ・ナショナルジオグラフィック2018年シリーズ(2018年刊) ・鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。(2017年刊) ・にっぽんスズメしぐさ(2017年刊) ・鳥の…
コメント:0

続きを読むread more

『中国人のものさし日本人のものさし』6

<『中国人のものさし日本人のものさし』6> 図書館で『中国人のものさし日本人のものさし』という本を、手にしたのです。 この本には見覚えがあるような、ないような・・・帰って調べるとおよそ10ヶ月前に借りていたのです。で、(その4、その5)としました。 【中国人のものさし日本人のものさし】 村山孚著、草思社、19…
コメント:0

続きを読むread more

『ソロモンの指環』1

<『ソロモンの指環』1> 図書館に予約していた『ソロモンの指環』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。 「BOOK」データベースがこの本を「永遠の名作」と讃えているが・・・さて、如何なるものか♪ 【ソロモンの指環】 コンラート・ローレンツ著、早川書房、2006年刊 <「BOOK」データベース>より …
コメント:0

続きを読むread more

『中国人のものさし日本人のものさし』5

<『中国人のものさし日本人のものさし』5> 図書館で『中国人のものさし日本人のものさし』という本を、手にしたのです。 この本には見覚えがあるような、ないような・・・帰って調べるとおよそ10ヶ月前に借りていたのです。で、(その4、その5)としました。 【中国人のものさし日本人のものさし】 村山孚著、草思社、19…
コメント:0

続きを読むread more