『お尻とその穴の文化史』2

<『お尻とその穴の文化史』2> 図書館で『お尻とその穴の文化史』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、魅惑のお尻の挿絵のオンパレードであるが・・・ 実は、太子の関心は持病ともいえる痔についてなんです。 【お尻とその穴の文化史】 ジャン・ゴルダン, オリヴィエ・マルティ著、作品社、2003年刊 …
コメント:0

続きを読むread more

『お尻とその穴の文化史』1

<『お尻とその穴の文化史』1> 図書館で『お尻とその穴の文化史』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、魅惑のお尻の挿絵のオンパレードであるが・・・ 実は、太子の関心は持病ともいえる痔についてなんです。 【お尻とその穴の文化史】 ジャン・ゴルダン, オリヴィエ・マルティ著、作品社、2003年刊 …
コメント:0

続きを読むread more

先住民や移民にからむ文学R6

<先住民や移民にからむ文学R6> 『イエスの幼子時代』という小説を読んだところだが・・・・ 最近はどういうわけか、先住民や移民を描いた文学作品(絵本、ルポルタージュを含む)を読む傾向が見られるのです。 それらを、以下のとおり集めてみました。 ・地球にちりばめられて(2018年刊) ・『i』(2016年刊) ・イエスの幼子…
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ第9回ワールドカップ(ラグビーW杯)

<もうすぐ第9回ワールドカップ(ラグビーW杯)> もうすぐ第9回ワールドカップということで、デジタル朝日の関連記事を読んでみます。・・・というのは、テレビで解説されるポジション名やルールがちんぷんかんで、もうひとつ楽しめなかったからです。 戦術熟知、桜の戦士 ラグビーW杯・日本代表より 予想先発  いざ、自国開催…
コメント:0

続きを読むread more