『国のない男』3

<『国のない男』3>
図書館で『国のない男』という本を手にしたのです。
ウン 表紙のチョイ悪のようなポートレイトが圧巻でおます♪


【国のない男】


カート・ヴォネガット著、日本放送出版協会、2007年刊

<「BOOK」データベース>より
【目次】
わたしは末っ子だった/「トゥワープ」という言葉をご存じだろうか/小説を書くときの注意/ここで、ちょっとしたお知らせを/さあ、そろそろ楽しい話をしよう/わたしは「ラッダイト」と呼ばれてきた/2004年11月11日で、82歳になった/人間主義者とはどういう人を指すかご存じだろうか?/何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもその通りにせよ/イプシランティの懐古的な女性/さて、いい知らせがいくつかと、悪い知らせがいくつかある/わたしはかつて、自動車販売会社の社長だった

<読む前の大使寸評>
ウン 表紙のチョイ悪のようなポートレイトが圧巻でおます♪

rakuten国のない男

孔子学院


孔子やサイコパスが語られているので、見てみましょう。
p104~108
<9 何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもその通りにせよ>
 これをキリストの言葉だと思っている人は多い。というのも、キリストの言いそうな言葉だからだ。しかし、じつはこれは中国の思想家、孔子の言葉なのだ。それから五百年経って、もっとも偉大な、人類を代表する人道主義者イエス・キリストが登場する。

 ほかにも中国からやって来たものがある。マルコ・ポーロ経由でやって来たものとしてはパスタと火薬。中国人はまったくばかで、火薬を花火にしか使わなかった。そして当時は、みんなばかで、南半球の人々は北半球があることを知らなかったし、北半球の人々は南半球があることを知らなかった。

 それからわれわれはずいぶん長い道をやって来た。ときどき、そんな道などやって来なければよかったのにと思う。わたしは水素爆弾と、あの超低俗番組「ジェリー・スプリンガー・ショー」が大嫌いだ。

 孔子やキリストや、わたしの息子で医者をやっているマークのような人の話に戻ろう。三人がそれぞれの言い方で言おうとしているのは、こういうことなのだ。つまり、どうすればわれわれはもっと人道的に行動することができるのか、そしてこの世界を少しでも苦痛の少ない場所にすることができるのか。わたしの大好きな人間らしい人間のひとりがユージン・デブスだ。わたしの生れたインディアナ州のテラホート出身。

 よく聞いてほしい。ユージン・デブスが死んだのは1926年。わたしがまだ4歳の頃だ。彼は社会党から五回、大統領に立候補し、1912年には90万票、総投票数の6パーセントを獲得した。まあ、その数字を信用していいかどうかは知らないが。彼は選挙戦のときこう言った。

 下層階級がある限り、わたしはそのうちのひとりだ。
 犯罪者がいる限り、わたしはそのうちのひとりだ。
 刑務所にひとりでもだれかが入っている限り、わたしは自由ではない。

 社会主義的なことを聞くと、吐き気がする? 立派な公立学校とか、国民皆保険とか?
 毎朝ベッドから出て、ニワトリの鳴き声を聞きながら、こう言ってみたくならないだろうか?
「下層階級がある限り、わたしはそのうちのひとりだ。犯罪者がいる限り、わたしはそのうちのひとりだ。刑務所にひとりでもだれかが入っている限り、わたしは自由ではない。」

 イエスの「山上の説教」はこうだ。
 
 心穏やかな人は幸せだ、なぜなら、大地を受け継ぐdろうから。
 慈悲深い人は幸せだ、なぜなら、慈悲をうけるだろうから。
 平和を作る人は幸せだ、なぜなら
 神の子と呼ばれるだろうから。

 などなど。
 共和党の綱領の項目にある言葉ではない。ジョージ・W・ブッシュやディック・チュイニーやドナルド・ラムズフェルドの言いそうな言葉でもない。
(中略)

 ジョージ・W・ブッシュは自分のまわりに上流階級の劣等性たちを集めた。彼らは歴史も地理も知らず、自分が白人至上主義者だということをあえて隠そうともしない。クリスチャンとしても知られているが、何より恐ろしいことに、彼らはサイコパスだ。サイコパスというのはひとつの医学用語。賢くて人に好印象を与えるものの、良心の欠如した連中を指す言葉だ。

アメリカの若者の間ではサリンジャーの文学作品よりヴォネガットの作品が読まれているとのこと、なんだか分かる気がします。

『国のない男』2:著者の家系や移民問題
『国のない男』1:酒とタバコ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント