『アイヌと縄文』1

<『アイヌと縄文』1> 図書館で『アイヌと縄文』という本を、手にしたのです。 弥生文化を選択した現代日本人にとってのアイヌ人、縄文人という視点が、太子のツボに響くわけです。 【アイヌと縄文】 瀬川拓郎著、筑摩書房、2016年刊 <「BOOK」データベース>より アイヌこそが縄文人の正統な末裔であることが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジャンク・フィクション・ワールド』3

<『ジャンク・フィクション・ワールド』3> 図書館で『ジャンク・フィクション・ワールド』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると・・・ 宇宙戦争、タイムマシン、地球空洞説など、目くるめくジャンク・フィクションが並んでいて、楽しそうな本やでぇ♪ 【ジャンク・フィクション・ワールド】 風間賢二著、新書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more