『藤田嗣治と5人の妻たち(芸術新潮2018年8月号)』1

<『藤田嗣治と5人の妻たち(芸術新潮2018年8月号)』1>図書館で『藤田嗣治と5人の妻たち(芸術新潮2018年8月号)』という雑誌を、手にしたのです。
ぱらぱらとめくると・・・
藤田の作品はもちろん秘蔵の手紙や日記、写真など満載で、ええでぇ♪


【藤田嗣治と5人の妻たち(芸術新潮2018年8月号)】


雑誌、新潮社、2018年刊

<商品の説明>より
◆特集◆藤田嗣治と5人の妻(おんな)たち
フジタの絵は、妻が替わるたびに変容を遂げた。
妻たちとの関係、そして秘蔵の手紙や日記、写真などから、名画誕生の秘密を探る。

●妻たちを通して振り返る画家の軌跡
1.とみ 真夏の恋で結ばれた、同い年の才媛
2.フェルナンド フランスへの同化を誘った女流画家
3.ユキ 絶頂期を共にした“トロフィー・ワイフ"
4.マドレーヌ 中南米遊歴の果て、日本に散った薄幸のミューズ
5.君代 花も嵐も踏み越えて添い遂げた、最後の妻

●奈良美智がカメラでたどるフジタの愛した場所

<読む前の大使寸評>
ぱらぱらとめくると・・・
藤田の作品はもちろん秘蔵の手紙や日記、写真など満載で、ええでぇ♪


amazon藤田嗣治と5人の妻たち(芸術新潮2018年8月号)

人魚

最後の妻 君代を、見てみましょう。
p44~47
<5.君代 >
 藤田と堀内君代が出会ったのは1935年と藤田は書いています。君代は茨城の出身で、都内の料亭で働いていたといいます。そしてマドレーヌの死後、36年に2人は一緒に暮らし始めました。

 翌年には、藤田は大壁画《秋田の行事》制作のため、初々しい君代を連れて秋田に赴きます。この作品は、地元の富豪・平野政吉の要望に応えて、「誰にも真似できない速さで描く」ことに挑戦したものです。秋田の風俗を題材に、横20メートル以上の作品を、わずか15日ほどで完成させました。

 この君代との結婚は、おそらく多くの人には意外な展開だったと思います。フランス人の妻が3人続いていたので、「やっぱり成功した画家はフランス人の奥さんと一緒になるんだ」と世間からは憧れられていたはずです。だから、「あの藤田も日本に定住して、ふたまわりも年下の日本人の奥さんをもらって、早くも現役引退気味?」などと思われても不思議ではありません。

 藤田は君代の面長な容貌に魅かれたわけですが、ユキやマドレーヌと違って、彼女を必ずしも描く対象とはしませんでした。例外的に《人魚》[上]は顔立ちは君代ですが、身体は類型化された裸体です。君代は戦後の宗教画には登場しますから、自分たちで使うプライベートな作品には描いても、商品としての絵画のモデルはやはり白人としていた。彼女はドメスティックに、藤田の生活を支える存在でした。

 とみるとフェルナンドは藤田の成長を支えた妻であり、ユキとマドレーヌは画家のモデルとなり、制作に貢献する妻でした。そして藤田が最後に選んだのは、日々の暮らしを支える「同胞」の妻だったのです。

 1939年、老いたのではないかとのうわさを払拭するかのように、52歳の藤田はまたフランスへ、君代を連れて旅立ちます。しかし、第二次世界大戦が始まりました。くしくも藤田は二つの大戦の勃発をヨーロッパで体験したことになります。そしてドイツ軍がフランスへと侵攻してくるギリギリまで粘ったものの、40年に日本に戻りました。

 パリでマダムとして扱われた君代は、帰国する頃にはパリ・モードも板につき、堂々たる画家の妻になっていました。

 藤田は自分で服を作ったり、時には料理をすることもありました。今ならそうした男性がいても不思議ではありませんが、戦前の日本では珍しい存在でした。それゆえに、「君代悪妻説」なども囁かれたといわれますが、実際の彼女は潔癖症で、自分で家事をこなす、普通の明治の女でした。

 ただ藤田の日記を読んだり、ほかの人の証言を聞くと、2人は家庭内で言い争うこともたびたびだったようです。君代は「大家」に見初められ、シンデレラストーリーを歩んだかのように見えますが、それと引き換えに波乱万丈の人生を送ることになりました。藤田と共に戦中を生き、戦後の20年を異国で暮らすことになった彼女が抱え込んだ精神的負担は、たいへん大きなものだったのです。 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック