『自分症候群』2

<『自分症候群』2>
図書館で『自分症候群』という文庫本を、手にしたのです。
さだまさしと言えば、今では「今夜も生で」に出ているおじさんということになるが・・・本業は歌手である。
さださんが、バンバン歌っている頃に出したエッセイ集が期待できそうである。


【自分症候群】


さだまさし著、新潮社、1985年刊

<「BOOK」データベース>より
涙、笑い、郷愁、ユーモア、夢……。小説家、さだまさしのすべてがここに! 長年に渡り、生命の尊さ愛おしさを歌い続けてきた著者の紡いだ珠玉の数々。幻の初期作品集。

<読む前の大使寸評>
さだまさしと言えば、今では「今夜も生で」に出ているおじさんということになるが・・・本業は歌手である。
さださんが、バンバン歌っている頃に出したエッセイ集が期待できそうである。

amazon自分症候群



さださんの故郷のお話しを、見てみましょう。
p188~190
<長崎BREEZE>
 僕の愛唱歌のひとつに、若山牧水の「薔薇は薔薇の悲しみのために花となり青き枝葉のかげに悩める」というのがある。
 まことに花という生物は不思議なもので、神様が気紛れに作ったとしか思えぬ形状や色をしたものがある。

 ポインセチアや紫陽花を花と言われてうろたえた少年時代をお持ちの方もあろうし、アンセリウムを造花かどうか確かめようと触って喫茶店のウェイトレスに冷笑を贈られたといった体験があるのはおそらく僕一人ではあるまい。鷺草に至っては、それが何時飛び去るかと眺めて一夜を過ごしたりするし、月下美人が人間の目に見える程の速さで開花してゆく姿は神秘的ですらある。

 また名も無いサボテンの、ヴェランダで忘れ去られていた小さな鉢植えに深紅の小花などふと咲いているのを発見した時の息を呑む程の感動は言葉にするのが難しい。

 桜の一斉に咲き、吹雪の様に舞い散る美しさもあれば、気づかぬうちに訪れ、気づかぬうちに去っていく、ひっそりとした露草の、紫色のささやかな美しさもある。

 人とて同じである。生きようとする姿は総て美しく、生きる姿は全て尊い。
「薔薇は薔薇の悲しみの為に花となり青き枝葉の蔭に悩める」
 というこの歌は、小さな人生を精一杯生きようとして、思い通りにならない人の生命の為の切なくて優しい応援歌なのである。

 父は材木屋で、ひどく羽振りの良かった時代があった。当時住んでいたのは長崎市の東上町と呼ばれる閑静な住宅街で、部屋数が十も十二もある程の広い屋敷だった。庭には築山と池があり、子供が遊ぶには十分以上の広さだった。町内には、こうした大きな屋敷が何軒もあった。

 家の向かいは、かつてかなり名の知られた「向陽亭」という大きな料亭であったが、僕がそこに住む頃にはもう、左前に近かったらしい。ともかく、昼間、その大きな料亭の庭は、町内の子供達の格好の遊び場となっていた。

 ある夏の台風で父は破産した。当時よくある「保証かぶり」と呼ばれる奴で、人の好いだけの父には似つかわしかったと思う。

 それ迄の使用人に暇を出し、我が家は新中川町と伊良林町の丁度境目にあたる傾いた二軒長屋のうちの一軒を借りて住み始めた。父母と弟妹の他に年老いた祖母の六人が、三部屋の中で精一杯生活を始めたのだ。

 祖母は80歳を過ぎており、父の破産、転宅という事が、かなり精神的な衰弱を呼んだようで、転居して2~3年たたずに、寝たきりになった。
 父の運気が衰退していた時機でもあろう、父の仕事は、仲々うまくゆかなかった。

 家の裏には二間四方程の小さな庭があったが、とても庭と呼べる代物ではなかった。何故なら、そこは大きな屋敷の石垣の真下にあたる陽当たりの悪いじめにめした場所で、何やら気味の悪いシダ類や苔類に始終覆われた暗い一角だった。

 ただ、夏になると、その高くへだてられた石垣の根の辺りに、ユキノシタの白い花が、一斉に咲いた。その花を支える海老茶色の葉の表面の柔らかそうなうぶ毛の朝露をはじき返す姿が、何故かとても好きだった。

 その家は、小学校に面した裏通りに玄関があった。電車通りから、中島川の小さな橋を渡り、小学校沿いにゆるやかな坂を登った突き当たりで、この学校の側にも巾一間、長さニ間の小さな庭があり、物干しに使っていた。学校の三階の角から窓の下を見下ろすと、この小さな庭が見えた。僕や弟は、その辺りを通過する時に必ず、家をのぞいた。時折り洗濯物を干していた母が、こちらに手を振った。

 父の仕事は相変わらずで、家に金が無いのは、子供にもよく解っている。弟は僕よりもっと子供だったので、僕よりは遠慮せずに母に給食費を要求した。僕は母が困るのを知っているので、月末になると、よく腹痛と称して学校を休んだ。


『自分症候群』1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック