『文字渦』1

<『文字渦』1>
図書館に予約していた『文字渦』という本を、待つこと1ヵ月ほどでゲットしたのです。
「紙の動物園」のような言語学的SFが大使のツボであるが、この本はそれよりもさらに学術的であり・・・果して読破できるか?と、思ったりする。


【文字渦】


円城塔著、新潮社、2018年刊

<出版社>より
昔、文字は本当に生きていたのだと思わないかい? 秦の始皇帝の陵墓から発掘された三万の漢字。希少言語学者が遭遇した未知なる言語遊戯「闘字」。膨大なプログラミング言語の海に光る文字列の島。フレキシブル・ディスプレイの絵巻に人工知能が源氏物語を自動筆記し続け、統合漢字の分離独立運動の果て、ルビが自由に語りだす。文字の起源から未来までを幻視する全12篇。

<読む前の大使寸評>
「紙の動物園」のような言語学的SFが大使のツボであるが、この本はそれよりもさらに学術的であり・・・果して読破できるか?と、思ったりする。

<図書館予約:(9/05予約、10/16受取)>

rakuten文字渦


「誤字」という章でハングルの盛衰やCJK統合漢字が述べられているので、見てみましょう。
p181~183
<誤字>
 今はもう完全な復元さえ困難である遠い昔の記録によれば、キリストの1996年、ハングルの大移動と呼ばれる事件が起こった。

 ハングルとは民族名ではなく、朝鮮語を表記するための表音文字のことである。母音と子音にそれぞれ、字母と呼ばれる部分が定められており、基本的にはそれらを組み合わせて1文字1音節とする。同1446年、李氏朝鮮四代国王、世宗の時代に制定されたが、当初これを文字とみなすかには議論が起こった。

 いうまでもなく正当な文字とは漢字であって、それは確かに、蒙古、西夏、日本、西蕃などは独自の文字を育てているが、夷狄の無知、厚顔というものである。同じく1文字1音節の漢字を利用することで、自分たちの言葉を記すことは不可能ではない。

 建て前の上ではそうであったが、漢訳の経典などを見てもわかるとおりに、漢字は音を写すにはあまり向かない。結局、ハングル、当時でいう訓民正音は世宗の強い意志によって流通された。

 ハングルの大移動の原因はわかっていない。ただしそのハングル跡地には、1999年、CJK統合漢字拡張Aに属する6582字が入植し、続いて2003年には易経記号が入植したことから、大規模な侵略や異言語の流入が言われたりする。
 古地図によれば、故郷を離れたハングル字母は、グルジアとエチオピア文字の間に、字母の組み合わされたハングル音節は、マニプリ文字の後背に安住の地を得たようである。
 同様の古地図において、満州文字はモンゴル文字のブロックに含まれ、西夏文字は三つの地方に分割された。チベット文字は、ラオス文字とミャンマー文字の間に、パスパ文字は、シロティ・ナグリ文字の後ろ、サウラーシュトラ文字の手前に位置する。

 各国で様々な字形として暮らしていた漢字の諸族は、各種規格が攻伐を繰り返した末の1992年、CJK統合漢字として一応の統一をみた。Cは中国を、Jは日本を、Kは朝鮮をさすが、越南(ヴェトナム)を含めてCJKVとすることもある。もっとも、統合は痛みをもたらし、統合漢字の中にはさまざまな軋轢が解消されないままに残された。

 中国、台湾、日本、朝鮮で利用されていた漢字は、多少の字形の違いであれば方言のようなものとして吸収、統合、同じものであるとされ、細かな差異は印字、表示時に対応するということになった。そのため、同じとされる文字であっても、国によって画数が異なる場合もあった。
(中略)

 様々な混乱を引き起こした漢字の電子植民だったが、その以前、中国、台湾、日本がそれぞれ自由に正規の漢字を定めていたのが近因である。近代国家としての体裁を整えることは文字を整える必要を生み、中国は草体を取り入れた漢字を、台湾は昔ながらの字画の多い楷書を、日本はやや略した楷書をそれぞれ正規の漢字と定め管理していた。

 漢字の書き順、止めやハネをどうするか、筆画の省略という問題は、古来おおらかに扱われてきたのだが、ここに原理原則が立つことになり、当然それまでも統合整理の試みは多くあったわけだが、例外なく例外にさらされてきた。

ウーム とにかく漢字の統合整理は難しいということは分かりました。漢字から東アジア共同体を目指すことは・・・あきらめざるを得ないようですね。
この本も漢字文化圏あれこれR3に収めておくものとします。


CJK統合漢字についてウィキペディアを覗いてみました。

 CJK統合漢字は、ISO/IEC 10646(略称:UCS)およびUnicodeにて採用されている符号化用漢字集合およびその符号表である。
 CJK統合漢字の名称は、中国語、日本語、朝鮮語で使われている漢字をひとまとめにしたことからきている。CJK統合漢字の初版であるUnified Repertoire and Ordering第二版は1992年に制定されたが、1994年にベトナムで使われていた漢字も含めることにしたため、CJKVと呼ばれる事もある。


ケンリュウ
『紙の動物園』1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック