『火星で生きる』3

<『火星で生きる』3>
図書館で『火星で生きる』という本を手にしたのです。
表紙にTED Booksとシリーズ名が見えるとおり、いかにもアメリカの本でんな。
…と、言いつつも借りた反米の大使でおます。



【火星で生きる】


スティーブン・ペトラネック著、朝日出版社、2018年刊

<「BOOK」データベース>より
 2027年、流線形の宇宙船が火星に降りていくーいまや問題は火星に「行く」ことから、そこでどう「暮らす」かへと移った。
 イーロン・マスク、ジェフ・ベゾス、マーズワンといった民間プレーヤーが宇宙をめぐって激しく開発競争を展開するなか、新型ロケットやテラフォーミング技術など、火星移住に向けた準備は着々と進んでいる。駆り立てるのは地球の危機と人類の探求心。数々の科学誌編集長を歴任したジャーナリストが、宇宙開発史から環境的・経済的な実現可能性まで、「最後のフロンティア」火星の先にある人類の未来を活写する。

<読む前の大使寸評>
表紙にTED Booksとシリーズ名が見えるとおり、いかにもアメリカの本でんな。
…と、言いつつも借りた反米の大使でおます。

rakuten火星で生きる



NASAが降りてしまった宇宙開発競走を、見てみましょう。

<第2章 民営化する宇宙開発競走>p38~43
 NPO「インスピレーション・マーズ」が打ち上げを予定しているのは2018年。15年に1度しかやって来ない火星と地球の軌道のめぐり合せを利用すれば、往復501日のフライバイが1度のエンジン燃焼で可能になるからだ。あとは火星まで慣性で飛び、その後ろをぐるっと回って(スイングバイ)再び地球へと慣性で戻って来る。こうした離れ業ができるロケットはまだ実用段階にはない。チトーによれば、2021年に金星のスイングバイを経て火星のフライバイ軌道に入る代替案もあるという。

 アマゾンのジェフ・ベゾス、グーグルの共同創業者ラリー・ペイジ、マイクロソフトの共同創業者ポール・アレン、企業家で冒険家のサー・リチャード・ブランソンらもまた、莫大な資金を投入して、新たに始まった民間の宇宙開発競走に何らかの方法で参入しようとしている。これまでのところ、その様相は開拓時代のアメリカ西部と同じくらい混沌としている。ただし今回のフロンティアは宇宙空間だ。そして、火星に人類を送り出そうという民間の計画は決して少なくないにもかかわらず、目下のところ、NASAが重い腰を上げるよりも早く人類の火星到達を実現してくれそうな企業は、ただひとつしかない。

 ベルンヘル・フォン・ブラウンからアポロ11号へとまっすぐ1本の線をたどれるように、宇宙飛行士たと乗せて2027年に火星に降り立つ宇宙船からはイーロン・マスクのところまで一直線の軌跡が描けるだろう。その火星着陸船には、スペースXのロゴが描いてある可能性がいちばん高い。

 マスクは現代の企業家の中でおそらくもっとも先見の明があるように思う。スタンフォード大学の応用物理学の博士課程を退学した7年後、マスクは自身が共同創業者であるペイパルとジップツーの株を売り、3億2400万ドルの純益を手にしたという。その資金は、彼が2002年に創業したスペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)社に使われた。続いて彼が共同で設立したテスラモーターズは、自動車産業に革命を起こそうとしている。
(中略)

 マスクが民間でロケット会社を始めた理由はひとつしかない。「スペースXを始めた目的は、ロケットの技術開発を進めること。すべては火星に自給自足の恒久的な基地を建設するためなのです」と彼は2014年5月に発言している。ここで少し立ち止まってマスクの会社の名を見返してみよう。スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ…「エクスプロレーション(探検)」という単語に注目してほしい。先人フォン・ブラウンと同じく、マスクは宇宙飛行が当たり前になった人間社会の実現に心奪われているのだ。

 彼はそのうち地球に住み続けられなくなることをはっきりと認識している。人類が自らの住処である地球に対して無関心すぎると、ずいぶん不満を感じているようだ。地球にいるままでは人類は絶滅するという端的な事実から、彼は決して目を逸らさない。
(中略)

 いつになったらNASAが目を覚まして火星という現実を直視するようになるのか、確かなことは誰にもわからない。しかし、2012年5月、スペースX初となる宇宙船ドラゴンが国際宇宙ステーションに見事に到着した瞬間に明らかになったのは、NASAにできることは民間企業にもできそうだ・・・もしかしたら、もっとうまくやれるかもしれない、ということなのだ。

ウン イーロン・マスクの動静は、全米の株価にも影響するわけで・・・別格でんな♪

『火星で生きる』2:夢の続き
『火星で生きる』1:イントロダクション 夢



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック