雨降って・・・2本立て館

<雨降って・・・2本立て館>
くだんの2本立て館に繰り出したが・・・・
今回の出し物は「妻よ薔薇のように」と「かぞくへ」であり、館主の設けたテーマは「雨降って・・・」となっています。

毎度のことながら、2作品を選ぶ館主のセンスには感心しているのですが、今回のテーマとしては、やや短すぎてわかりにくいが、まあいいんじゃないでしょうか♪


【妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3】


山田洋次監督、2018年制作、H30.10.03観賞

<Movie Walker作品情報>より
巨匠・山田洋次監督によるホームコメディの第3弾。主婦の史枝の家出により、三世代が暮らす平田家の面々が新たな騒動に巻き込まれていくさまがつづられる。一家の主である周造を橋爪功、その妻・富子を吉行和子が演じるなど、個性派キャスト8人が再集結し、独特のテンポで繰り広げられるエピソードが笑いを誘う。

<大使寸評>
5月末に、封切館で観るか二本立て館で観るか迷っていたが、約4ヶ月後に観ることができたわけで・・・待っててよかったぜ♪

しかし、強調した演技とはいえ、もしこれだけキツイ物言いをする夫がいたら・・・
たいがい離婚騒動が起きるでしょうね。
平均的家族というふれこみであるが・・・3世代同居といい、祖父母が厚遇されているところといい、特殊ケースではないかなあ?

movie.walker家族はつらいよ3


この映画館では毎回、幕間にお昼の弁当を食べるのだが・・・・
今回はダイエーで買ったおにぎりとサンドイッチでした♪


【かぞくへ】


春本雄二郎監督、2016年、H30.10.03観賞

<Movie Walker作品情報>より
「あゝ、荒野 前篇/後篇」などでボクシング指導を担当した松浦慎一郎の実話を元に、自ら脚本を書き上げた春本雄二郎の長編監督デビュー作。同棲中の恋人との結婚を控えた旭は、仕事を紹介した親友の洋人が詐欺に遭ったことから、追い詰められていき……。松浦自身が主演を務め、「フローズンライフ」の梅田誠弘、「ろくでなし」の遠藤祐美が共演。

<大使寸評>
この映画の終わった後に、神戸出身の春本監督の挨拶がありました。
撮影期間は1週間で百万円という常識外れの低予算などの苦労話があり・・・よかったでえ♪

主人公のスパーリングシーンは、本物であるだけに迫力が違うわけでおます♪
また、映画に出てくる狭いアパートは、春本監督が東京で借りているアパートだそうで、役者が着ている衣裳も役者持ちとのことで、確かにキツイ低予算だったようです。

Movie Walkerかぞくへ


パルシネマ上映スケジュール

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック