『超老力(芸術新潮2018年3月号)』2

<『超老力(芸術新潮2018年3月号)』2>
図書館で『超老力(芸術新潮2018年3月号)』という雑誌を、手にしたのです。
雑誌の表紙でわかるように、【スペシャル対談】横尾忠則×香取慎吾につられて借りたのでおます。


【超老力(芸術新潮2018年3月号)】


雑誌、新潮社、2018年刊

<商品の説明>より
◆特集◆
超老力
大先輩にまなぶ、アートと生きるゴールデンエイジ
篠田桃紅 104歳 野見山暁治 97歳 柚木沙弥郎 95歳 安野光雅 91歳 中谷芙二子 84歳

超老力。それは身体の老化を超えた先に現れる、さまざまな力。蓄積される経験と技術、研ぎ澄まされていく色と形、しがらみから解放されて自由にはばたく表現欲??。80歳を超えた現在も、魅力的な作品をひたむきに作り、美術界を牽引しつづける大先輩たちの「超老力」から心ゆたかに、美しく生きるヒントを探ります。

【スペシャル対談】横尾忠則 81歳×香取慎吾 41歳

【超老たちのLife & Creation】篠田桃紅/野見山暁治/柚木沙弥郎/安野光雅/中谷芙二子

<読む前の大使寸評>
雑誌の表紙でわかるように、【スペシャル対談】横尾忠則×香取慎吾につられて借りたのでおます。

amazon超老力(芸術新潮2018年3月号)


横尾vs香取スペシャル対談の続きを、見てみましょう。
p24~25
<スペシャル“作家”対談>
横尾:怖いですよ~、美術の世界は。
 持ち上げて、叩く。それも香取さんの耳に直接入ってこないところで言われているかも。はっきり言わない声のほうが大きいんですよ。「芸術新潮」だって怖いかも(笑)。でもあなたはみんなに愛されているから心配無用です。

香取:まあ絵に限らず、これまで自分がやってきた仕事でも当然、批判やネガティブな声はありましたからね。それに、僕の中ではまわりの声は、いつも1%勝ってたらいいかな、ぐらいの感覚なんです。49%の人が「ふざけんな、香取慎吾」って言ってても、51%の人が応援してくれてるならOKっていう感じですかね。

横尾:外野の声をすでに経験されて修行をしておられるので、非常に強いと思いますよ。誰しもが経験できることではないですからね。批判の声や、反作用があるということは、僕はある意味、羨ましい。絵でその時の気持ちを吐き出せますからね。大丈夫、大丈夫。

香取:たしかに、去年おととし描いた絵がいくつかあるんですけど、この絵でこのタイトルで、2016年、2017年…って「慎吾ちゃん、きっとあのことを描いてるな」って思われるような、人には見せられない絵もあります。

横尾:でも絵はウソつけないから、覚られるよ。それに吐き出したらその先に別の世界が見えてくると思うし、そういう経験はこれからの仕事にもいい影響があるはずですよ。さっきも言いましたけど、アートの世界って子ども性が一番大事で、物わかりのいい人間になったらアウト。目的も結果もなく、今やりたいことをやればいい。それに対して、周辺でああだこうだ言う人がいたらそれは全部、物わかりのいい「大人」なんです。でも、子どもなんだから聞いちゃダメなんです。いつまでも大人になりたくない、ピーター・パンでいることですね。

香取:危ない、ちょっとずつ聞いてました。ダメだ、聞いちゃ(苦笑)。

横尾:そうしてだんだん想像力のない大人になっていくんです。僕は才能がある人は、二足、三足、四足の草履をはけばいいと思うし、本当にやりたいこと、したいことは、どんどんやっていけばいいと思う。方向性なんて自分で定めなくても自然に決まってくるものですし、気がついたらそうなってたっていうくらいがいいんじゃないですかね。とかいいつつ、これからの計画とか聞いちゃったりして。

香取:それが思いのほか、ないんです。

横尾:いいんじゃないですか。そのほうが“その日暮らし”ができますから。

香取:本当にその日暮らしです。こうやって横尾さんに会えてっていうのが今日ですけど、その“その日暮らし”の今日がすごく大きな日ですし、それこそこれから「さあどうしよっかな」ってすごい力になりますね。

横尾:“その日暮らし”のラテン系でいってください。能動的に考えるのもいいけれど、僕の場合はいつも自分を流れに乗っけちゃう。仕事がなければないで、暇なこの間に本でも読もうかなって。

 仕事がないと焦りまくる人がいますけど、ドツボにはまってロクなことがない。待っていれば、本当に必要な時期に必用な仕事しか来なくなります。言っちゃ悪いけど、今まで香取さんは芸能界で不必要な仕事もやってこられたかもしれない。でも今は一人なんだし、アーティストになる以上は義理や人情に引きずられないほうがいいですよ。

 人にいい顔しようと思っていると自分がすり減るし、アートの世界に飛び込んだということは、悪魔の世界に飛び込んだようなものだから。

香取:悪魔の世界!! 芸能界という暗黒の世界で子どもの頃から仕事をしてきましたって、今まで何回か言ったことがあるんですけど、暗黒から悪魔に変わったっていうことですね(笑)。

横尾:しかも今度はね、それに勝とうと思ったら、自分が悪魔になればいいんですよ。アートはそれができるからね。

香取:なるほど、悪魔になって遊べと(笑)。横尾さんの「遊ぶ」という言葉、忘れかけていたかもしれないです。今日は帰ったら、久しぶりに描ける気がしています。


おお 画材を買いそろえた大使も、水彩画を描こうではないか♪

【透明水彩なるほどレッスン】


永山裕子著、グラフィック社、2006年刊

<「BOOK」データベース>より
風景スケッチ、静物、人物、なんでも描ける。すぐに役立つ、プロのとっておきの技法をお教えします。

<読む前の大使寸評>
おお 暇な大使は、暇になったら絵を描くのだった。
水彩画の画材もぼつぼつ揃ってきたので、このような本の出番である。

rakuten透明水彩なるほどレッスン



『透明水彩なるほどレッスン』4:水彩色鉛筆の使い方
『透明水彩なるほどレッスン』3:「紙の白を残す」という感覚
『透明水彩なるほどレッスン』2:透明水彩の基本
『透明水彩なるほどレッスン』1:描くまえに

これらの本も暇になったら、絵を描くのだったR5に収めておきます。

『超老力(芸術新潮2018年3月号)』1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック