『騎士団長殺し第一部・第二部』1

<『騎士団長殺し第一部・第二部』1>
図書館に予約していた『騎士団長殺し第一部・第二部』という2冊を、待つこと16ヵ月でゲットしたのです。
16ヵ月も待ったのか…
個人的には最長待機の予約本ということになるのです。もう本屋の店頭では見かけないもんね。



【騎士団長殺し第一部・第二部】
騎士団

村上春樹著、新潮社、2017年刊

<「BOOK」データベース>より
その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降っていたが、谷の外側はだいたい晴れていた…。それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕れるまでは。

<読む前の大使寸評>
16ヵ月も待ったのか…
個人的には最長待機の予約本ということになるのです。もう本屋の店頭では見かけないもんね。

主人公は職業的な絵描き(肖像画家)であるが、妻から要求されて離婚に応じたのです。その後、自分が描きたいものを探すかのように、エージェントをたたんで彷徨するわけです。・・・と直球勝負のような、サマセット・モーム『月と6ペンス』を髣髴とするかのような純文学と言いましょうか。

<図書館予約:(4/12予約済み、8/30受取)>

rakuten騎士団長殺し第一部・第二部


いささかネタバラシの感があるけど・・・
騎士団長登場のあたりを、見てみましょう。
p350~351
<小さくはあるが、切ればちゃんと血が出る>
 「あたしは何も絵の中から抜け出してきたわけではあらないよ」と騎士団長はまた私の心を読んで言った。「あの絵は(なかなか興味深い絵だが)今でもあの絵のままになっている。騎士団長はしっかりあの絵の中で殺されかけておるよ。心の臓から盛大に血を流してな。あたしはただあの人物の姿かたちをとりあえず借用しただけだ。こうして諸君と向かい合うためには、何かしらの姿かたちは必用だからね。だからあの騎士団長の形体を便宜上拝借したのだ。それくらいかまわんだろう」

 私はまだ黙っていた。
 「かまうもかまわないもあらないよな。雨田先生はもうおぼろで平和な世界に移行してしまっておられるし、騎士団長だって商標登録とかされているわけじゃあらない。ミッキーマウスやらポカホンタスの格好をしたりしたら、ウォルト・ディズニー社からさぞかしねんごろに高額訴訟されそうだが、騎士団長ならそれもあるまい」
 そう言って騎士団長は肩を揺すって楽しげに笑った。

 「あたしとしては、ミイラの姿でもべつによかったのだが、真夜中に突然ミイラの格好をしたものが出てきたりすると、諸君としてもたいそう気味が悪かろうと思うたんだ。ひからびたビーフジャーキーの塊みたいなのが、真っ暗な中でしゃらしゃらと鈴を振っているのを目にしたら、人は心臓麻痺だって起こしかねないじゃないか」

 私はほとんど反射的に肯いた。たしかにミイラよりは騎士団長の方が遥かにましだ。もし相手がミイラだったら、本当に心臓麻痺を起こしていたかもしれない。というか、暗闇の中で鈴を振っているミッキーマウスやポカホンタスだって、ずいぶん気味悪かったに違いない。飛鳥時代の衣裳を身にまとった騎士団長は、まだしもまともな選択だったかもしれない。

 「あなたは霊のようなものなのですか?」と私は思いきって尋ねていた。私の声は病み上がりの人の出す声のように、堅くしゃがれていた。

 「良い質問だ」と騎士団長は言った。そして小さな白い人差し指を1本立てた。「とても良い質問だぜ、諸君。あたしとは何か? しかるに今はとりあえず騎士団長だ。騎士団長以外の何ものでもあらない。しかしもちろんそれは仮の姿だ。次に何になっているかはわからん。じゃあ、あたしはそもそも何なのか? ていうか、諸君とはいったい何なのだ? 諸君はそうして諸君の姿かたちをとっておるが、そもそもはいったい何なのだ? そんなことを急に問われたら、諸君にしたってずいぶん戸惑うだろうが。あたしの場合もそれと同じことだ」

 「あなたはどんな姿かたちをとることもできるのですか?」、私は質問した。
 「いや、それほど簡単ではあらない。あたしがとることができる姿かたちは、けっこう限られておるのだ。どんなものにでもなれるというわけではない。手みじかに言えば、ワードローブには制限があるということだ。必然性のない姿かたちをとることはできないようになっておる。そして今回あたしが選ぶことのできた姿かたちは、このちんちくりんの騎士団長くらいのものだった。絵のサイズからして、どうしてもこういう身長になってしまうのだ。しかしこの衣裳はいかにも着づらいぜ」
 彼はそう言って、白い衣裳の中で身体をもぞもぞとさせた。


ウーム この小説のジャンルはSFなのか、純文学なのか?・・・
ファンタジーが近いかもね♪ 読者としては面白ければ、何でもいいけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック