覚悟をもった嘘!・・・2本立て館

<覚悟をもった嘘!・・・2本立て館>
久々にくだんの2本立て館に繰り出したが・・・・
今回の出し物は「嘘八百」と「5パーセントの奇蹟」であり、館主の設けたテーマは「覚悟をもった嘘!」となっています。

毎度のことながら、2作品を選ぶ館主のセンスには感心しているのですが、今回のテーマとしてはいいんじゃないでしょうか♪


【嘘八百】


武正晴監督、2017年制作、H30.6.28観賞

<Movie Walker作品情報>より
『百円の恋』の監督&脚本コンビによる痛快コメディ。中井貴一が空振りばかりな目利きの古物商、佐々木蔵之介が落ちぶれた陶芸家に扮し、幻の利休の茶器をでっち上げて一攫千金を狙う姿が描かれる。陶芸家の妻を友近、贋作作りに関わる陶芸家の仲間を木下ほうか、坂田利夫など個性派が顔を揃え、ユニークな物語を盛り上げる。

<大使寸評>
贋作アーチストと贋作商売人、そして、ちょっと怪しい鑑定士が入り乱れて騙し合いが・・・(大阪弁で)繰り広げられています。
関西人としては特に、ストレス発散にいいんじゃないでしょうか♪

Movie Walker嘘八百


この映画館では毎回、幕間にお昼の弁当を食べるのだが・・・・
今回もダイエーで買ったサンドウィッチでした♪


【5パーセントの奇蹟】


マルク・ローテムント監督、2017年、独制作、H30.6.28観賞

<Movie Walker作品情報>より
先天性の病気で視覚の95%を失った青年が、一流ホテルで働くという夢を叶えるため、目が見えないという事実を隠し、努力の末に成功を収めた実話がベースの人間ドラマ。反ナチスを訴えた実在の女性を描き、アカデミー賞外国語映画賞候補にもなった『白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々』のマルク・ローテムントが監督を務める。

<大使寸評>
欧米の映画として、この種の移民を扱ったジャンルがあるんですね。
ドイツ映画ではトルコ人がよく登場するが、この映画ではインド系、アラブ系なんかが登場しています。

そういえば、人生はマラソンだ!というオランダ映画には、エジプト人が登場していたなあ。

Movie Walker5パーセントの奇蹟


パルシネマ上映スケジュール

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック