『自民党―「一強」の実像』2

<『自民党―「一強」の実像』2>
衆院選挙では、小池さんの誤算があったにせよ、あらためて自公の強さを思い知ったわけでおます。
ということで、図書館に予約している『自民党―「一強」の実像』という本を、心待ちしているのです。


【自民党―「一強」の実像】
自民党

中北浩爾著、中央公論新社、2017年刊

<BOOK」データベース>より
自民党は結党以来38年間にわたり政権を担い、2度「下野」したが、2012年に政権に復帰。一強状態にある。その間、自民党は大きな変貌を遂げた。本書は、関係者へのインタビューや数量的なデータなどを駆使し、派閥、総裁選挙、ポスト配分、政策決定プロセス、国政選挙、友好団体、地方組織、個人後援会、理念といった多様な視角から、包括的に分析。政権復帰後の自民党の特異な強さと脆さを徹底的に明らかにする。
【目次】
第1章 派閥ー弱体化する「党中党」/第2章 総裁選挙とポスト配分ー総裁権力の増大/第3章 政策決定プロセスー事前審査制と官邸主導/第4章 国政選挙ー伏在する二重構造/第5章 友好団体ー減少する票とカネ/第6章 地方組織と個人後援会ー強さの源泉の行方/終章 自民党の現在ー変化する組織と理念

<読む前の大使寸評>
衆院選挙では、小池さんの誤算があったにせよ、あらためて自公の強さを思い知ったわけでおます。
・・・ということで、時宜を得たこの本を読んでみます。

<図書館予約:(7/18予約、2/01受取)>

rakuten自民党―「一強」の実像


「終章 自民党の現在」から小泉さんや安倍さんの政治手法(続き)を、見てみましょう。
p283~284
<右傾化する理念>
 自民党の理念の変化を具体的にみてみよう。ここでは日本国憲法に体現される戦後的価値を擁護するのをリベラル派、それを「押しつけ憲法」と否定し、「自主憲法の制定」を唱えるのを右派と呼ぶ。このような意味でのリベラル派が右派を抑え込むことに成功したのが、河野総裁によって行なわれた1995年の綱領的文書の改定であった。その当時、自民党は社会党および新党さきがけと連立を組み、新進党に対抗していた。そうしたなかで、「自主憲法の制定」の党是が事実上棚上げされたのである。

 ところが、1998年、社民党とさきがけが自民党との閣外協力を解消する一方、社会党の出身者を含みリベラル色が強い民主党が、解党した新進党に代わって二大政党の一角を占めるべく結成された。それ以降、自民党は民主党に対抗して党内の結束を固めつつ支持基盤を強化するため、「自主憲法の制定」の党是など右派的な理念を強調するようになる。
 その背景には、冷戦の終焉や階級対立の弛緩に加え、利益誘導政治によって国民の支持を調達したり、党内の結束を図ったりすることが難しくなったという事情があった。

 このような自民党の右傾化を主導したのが、安倍普三である。
 (中略)

 2005年の改憲案のポイントは、大きくいって三つ存在する。第一は、第9条第2項を修正し、自衛軍の保持を明記することであり、第二は、国の環境保全の責務や犯罪被害者の人権など、新しい人権の挿入であり、第三は、政党条項の新設をはじめとする統治機構改革であった。全体としてみれば、穏健な内容にとどまったといえる。それは、天皇制や国民の権利などに関して「自民党らしさ」を求める安倍の主張が、小泉の判断によって斥けられた結果であった。

 ところが、2009年に政権を奪われた自民党は、リベラル色が強い谷垣禎一を総裁に選出しながらも、安倍を会長とする創生「日本」の圧力も加わり、民主党との差異化を図るため右派的な理念を一層強調するようになる。まず翌年、新たな綱領を制定し、「日本らしい日本の保守主義」を政治理念に掲げ、「新憲法の制定」を打ち出した。地方議会でも、右派的な内容を盛り込む意見書を採択するキャンペーンを展開した。さらに2012年、新たな改憲案として「日本国憲法改正草案」をまとめた。
 小泉総裁の下で作成された2005年の改正案よ比較して、2012年の改憲案は著しく右傾化した。


『自民党―「一強」の実像』1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック