『自民党―「一強」の実像』3

<『自民党―「一強」の実像』3>
衆院選挙では、小池さんの誤算があったにせよ、あらためて自公の強さを思い知ったわけでおます。
ということで、図書館に予約している『自民党―「一強」の実像』という本を、心待ちしているのです。


【自民党―「一強」の実像】
自民党

中北浩爾著、中央公論新社、2017年刊

<BOOK」データベース>より
自民党は結党以来38年間にわたり政権を担い、2度「下野」したが、2012年に政権に復帰。一強状態にある。その間、自民党は大きな変貌を遂げた。本書は、関係者へのインタビューや数量的なデータなどを駆使し、派閥、総裁選挙、ポスト配分、政策決定プロセス、国政選挙、友好団体、地方組織、個人後援会、理念といった多様な視角から、包括的に分析。政権復帰後の自民党の特異な強さと脆さを徹底的に明らかにする。
【目次】
第1章 派閥ー弱体化する「党中党」/第2章 総裁選挙とポスト配分ー総裁権力の増大/第3章 政策決定プロセスー事前審査制と官邸主導/第4章 国政選挙ー伏在する二重構造/第5章 友好団体ー減少する票とカネ/第6章 地方組織と個人後援会ー強さの源泉の行方/終章 自民党の現在ー変化する組織と理念

<読む前の大使寸評>
衆院選挙では、小池さんの誤算があったにせよ、あらためて自公の強さを思い知ったわけでおます。
・・・ということで、時宜を得たこの本を読んでみます。

<図書館予約:(7/18予約、2/01受取)>

rakuten自民党―「一強」の実像


「第6章 地方組織と個人後援会」から自民党の強さの源泉を、見てみましょう。
p237~
<保守系無所属という存在>
 自民党を最も基底の部分で支えているのが、保守系無所属の地方議員である。ここでの無所属には異なる二つの意味があり、一つが立候補届出時に無所属とする議員、もう一つが自民党籍を持たない議員である。自民党では後者の意味で使う場合が多いようであるが、それはどのような存在なのか。

 保守系無所属が大きな割合を占める町村議会について、全国町村議会議長会が2011年に実施した意識調査およびそれに基づく報告書「町村議会議員の活動実態と意識」から探ってみよう。

 まず注目されるのは、議員報酬の平均が月額約21万円と低く、町村議会議員の世帯の年収総額に占める議員報酬の割合が、五割未満という回答が全体の69.5%に達することである。九割以上という回答は4.5%にすぎない。そのため、議員専業を意味する無職の比率が、23.4%と少ない。
 しかも、無職のかなりの割合は、定年退職後の男性や専業主婦の女性が占めているようである。一般の会社員は兼職が難しい以上、町村議会議員になることに高い金銭的なハードルが存在する。

 したがって、町村議会議員に就任するのは、兼職が可能な自営業者や会社・団体役員が必然的に多くなる。職業別の構成比を見ると、国勢調査では2.1%にすぎない農林水産業が町村議会議員の44.6%、同じく1.4%の商業が20.4%を占めている。

 いうまでもなく、農林水産業、商業、会社経営といった職業は、自民党の支持者に多い。議員報酬の低さが一因となって、町村議会の構成は自民党に有利になっている。

 もちろん、議員報酬だけが理由ではない。農民や商工業者といった旧中間層は、職業を世襲的に相続することが多く、人的ネットワークを幅広く持ち、仕事柄、地域に対する関心が強い。リソースなどの面で地域のリーダーになりうる存在なのである。しかも、農村部では社会の同質性が高いため、急中間層のなかの有力者が、そのあま重要な政治的地位を占める傾向がある。実際、町村議会議員は、町村内の各地域を代表するポストとみなされ、有力者間の調整によって決められる場合が少なくなかった。
(中略)

 自民党幹事長を務めた加藤紘一は、保守系無所属とは人徳を有する地域のリーダーであると書いた。比較的高い教育を受けて時間や金銭的に余裕があり、お祭りや年中行事を取り仕切ったり、農作業の段取りや田畑への水の配分を公平に行ったりと、地域のために積極的に貢献するような人物である。

 加藤は「保守勢力とは、地域リーダーシップが代表する地域意思の総体であって、自由民主党とイコールではない」と強調しているが、さらに「最近地方が自民党から離れ始めているような気配が感じられるようになった」という危機感を示している。2009年に自民党が下野する直前のことである。
 野党時代の自民党は、地域で少人数の会合を開く「ふるさと対話集会」を開始したが、それは加藤の提案によるものであった。地域に根を張る保守系無所属に依拠しつつ自民党を再構築する試みといえる。

 その一方で、保守系無所属の地方議員を自民党の内部に組み込み、地方組織を強化する努力もなされている。そのための枠組みが、地方議員連絡協議会である。


『自民党―「一強」の実像』2:小泉さんや安倍さんの政治手法(続き)
『自民党―「一強」の実像』1:小泉さんや安倍さんの政治手法

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック