『それは、湊川から始まった』1

<『それは、湊川から始まった』1>
図書館で『それは、湊川から始まった』という本を、手にしたのです。
地域限定の本になりますが・・・
湊川とは楠公さんを祀っている湊川神社のある地区であり、まさにドングリ国の話になっています。


【それは、湊川から始まった】
湊川

登尾明彦著、みずのわ出版、2004年刊

<「BOOK」データベース>より
データなし

<読む前の大使寸評>
地域限定の本になりますが・・・
湊川とは楠公さんを祀っている湊川神社のある地区であり、まさにドングリ国の話になっています。

rakutenそれは、湊川から始まった


著者と金時鐘先生との、湊川高校における思い出を、見てみましょう。
p34~36
<第1章 湊川と私と歌と> 
■私が辞表を書いた時
 私が辞表を書いた時、などというと、大袈裟な気がしないでもないが、それほど追い詰められたことがあった、とでも言えばよいのであろうか。私はそれまでも、その後も、湊川を辞めようと思ったことは何度もあるが、あの時は違っていた。

 74年夏のことだ。韓国で金芝河が死刑判決を受け、金時鐘先生が東京の数寄屋橋公園で金石範、李フェ成、真継伸彦、南坊義道氏とともに、抗議のハンガアストライキに入られた。ニュウスにも取り上げられて、西田秀秋先生の知るところとなったが、実は前日、金時鐘先生から私は、この件について聞かされていたのである。

 金時鐘先生は、朝鮮問題研究部活動について、祖国の命運に係わるということをぬきにはできない、とずっと言われていた。



(追って記入予定)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック