『愛国者の条件』2

<『愛国者の条件』2>
図書館で『愛国者の条件』という新書を、手にしたのです。
この本の副題が「昭和の失策とナショナリズムの本質を問う」となっているように・・・
安倍さんの危うさを問う意味でも、時宜を得た本ではないかと思うわけです。


【愛国者の条件】
愛国

半藤一利×戸高一成著、ダイヤモンド社、2006年刊

<「BOOK」データベース>より
教育が変われば、国も変わる。その覚悟はできているのか。日本人よ、気分に流されるな。「国のため」より立身出世、能力主義より官僚主義、国際感覚より「栄光ある孤立」、国民との約束よりも外圧…純粋な愛国心を歪め、国家を危うくするものの正体。
【目次】
巻頭対談 愛国心を教えることは可能なのか/第1章 愛国を論じる前に/第2章 「美しい国」づくりに必要なこと/第3章 日本海軍の人づくりに学ぶ/第4章 国家の命運を握る先見性/第5章 国家と軍が誤る時/第6章 なぜ昭和の海軍は破綻したのか/第7章 再軍備を語る前に知っておくべきこと/第8章 日本は歴史から何を学ぶか

<読む前の大使寸評>
この本の副題が「昭和の失策とナショナリズムの本質を問う」となっているように・・・
安倍さんの危うさを問う意味でも、時宜を得た本ではないかと思うわけです。

rakuten愛国者の条件


大和大和ミュージアム


戦艦大和の続きを、見てみましょう。
p153~155
<「海軍あって国家なし」の大和特攻>
 不沈戦艦と名付けられていた大和も、油の関係で満足に動けなくなり、その「最後」について議論されるようになります。
 最後まで温存して陸上砲台として本土決戦に使おうとか、さまざまな意見が出てきます。
 しかし、最終的に決定されたのは当時大変な戦闘が繰り広げられていた沖縄への出撃です。これは、もしも沖縄に到着できたら自力で座礁し、陸上砲台としてアメリカ軍を退け、乗員たちは沖縄本土に上陸して地上部隊として戦闘に参加する、という作戦です。

 ただ、制空権も制海権もアメリカに握られていた当時、沖縄に到着することさえ不可能であることは誰の目にも明らかでした。要するに、これは特攻なのです。乗員たちもそう言い渡されています。第一、大和は5度傾いたら、主砲が操作できなくなるのです。水平に座礁することなどほとんど考えられませんから、陸上砲台の話など最初から幻なのです。

 しかし、この大和特攻における命令文では、その作戦目的について次のような一節があります。
 「本作戦の目的は、海軍の栄光ある伝統を後昆に伝えんがためなり」
 後昆とは、後世のことです。
 国を守るためでもなく、ただ「海軍の栄光ある伝統」のために死んでこいというのです。国のためというのはその後に少し載っているだけで、とにかく海軍の栄光のためが一義的な目的なんです。

 これは、たとえ嘘でもいいから冒頭に「国のため」と書くべきでした。
 そして大和特攻の司令長官となったのは、米内・山本・井上トリオらとも近かった伊藤整一中将です。

 当初、彼は「制空権、制海権もなしの出撃は、沖縄に到着すべくもなく、それを承知の上で、第二艦隊7000人の部下を犬死させるわけにはいかない」と反対します。
 しかし、連合艦隊参謀長の草鹿龍之介から、「一億特攻の魁となるように」と説得され、従うことになります。
 そして実際に沖縄に向かう途中、撃沈されるんですね。
 
 ただ、このとき伊藤長官が素晴らしかったのは、作戦遂行不能と判断したときに「作戦中止」と命令を出したことでした。そして、当時伊藤長官の副官であった石田恒夫さんから、「長官は私室に入り、鍵をかけました」と最後の模様を聞いたことがあります。

 そのおかげで、残った駆逐艦によって、乗員たちの救助にかかれたのです。もし、長官が作戦中止をしていなかったら、救助はできない。特攻作戦なのだから、たとえ大和が沈んでも、残った駆逐艦はそのまま沖縄に突っ込んでいかなきゃいけない。目の前に漂流者がいても、おかまいなしで進まないといけないんです。
 その特攻作戦を「中止」としたことによって、たくさんの人が助かったんですよ。


『愛国者の条件』1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック