問う「共謀罪」表現者から

<問う「共謀罪」表現者から>
「共謀罪」法案の国会審議が19日から始まったが・・・こんな危険な法律は廃案にするしかないのだ!

デジタル朝日でも19日から「問う「共謀罪」表現者から」というコラムがスタートしたのでフォローしています。
大使のブログでも映画や小説で取り上げた著名人が、声を挙げています。

・周防正行
・平野啓一郎




2017-04-19心の内、絶えず監視される社会に:周防正行より
周防


■自由を奪われることで社会は安全になるのだろうか
    ◇
 冤罪をテーマにした映画を撮影したことがきっかけで、大阪地検特捜部の証拠改ざん事件が2010年に発覚した後、刑事司法制度の改革を議論するための国の会議の一員になった。警察官や検察官、裁判官と話して感じたのは、法律とは怖いもので、解釈と運用により、どうにでも使われてしまうことだ。

 今回の法案は解釈の幅が広い。政府は否定するだろうが、権力に都合の悪い主張をする人を立件する武器を手に入れることになる。時の政権に声を上げることがはばかられる社会になるだろう。表現をする立場には確実に影響が出る。

 権力は、新設する罪を使って有罪にしなくてもいい。「話を少し聞きたい」と任意の捜査をするだけで、萎縮効果は抜群だ。「私たちが何を考えているのか」を国家が絶えず監視する社会になる。政府は「一般人は対象ではない」とも言う。では、そもそも「一般人」とはどんな人か。誰でも犯罪をする可能性があり、誰でも「犯罪をした」と疑われる可能性がある。

 捜査機関に対しては裁判官がチェックするシステムだと政府は言う。だが、裁判官は人権を守る最後の砦ではなく、国家権力を守る最後の砦と化している。権力が新たな制度をつくろうとするとき、私たちは声をあげ、抑制をかけなければならない。民主主義の成熟度が問われている。(聞き手・金子元希)





2017-04-20監視されるかも、気にする社会恐ろしい:平野啓一郎より
平野

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案が国会で議論されている。政府は「テロ対策に必要」との立場だが、捜査当局による乱用や「表現の自由」などの侵害を危惧する声もある。

 中東で過激派組織ISILに殺害されたジャーナリスト・後藤健二さんと交流があったという作家・平野啓一郎さんはこの法律をどう考えるのか。

■こんなことを言ったら警察に目を付けられるかも、といちいち気にする社会でいいのか。
 何かが起きる前に、いかに予防するか。典型的な分野は医療だが、そんなリスク管理型の考え方に社会が移りつつあるなか、テロは未然に防ぐべきだとの意見に多くの人が同意するのは理解できる。ぼくも当然そう思う。ただ、その方法が問題だ。

 すでにあるテロ対策の法律ではなぜだめなのか、政府から十分な説明はない。テロ等準備罪の「等」も広範すぎる。捜査機関に膨大な権限を与え、国民を監視し、抑止する手法は、国民一人ひとりの自由を萎縮させる。

 「法令違反をしないように」ではなく、「監視すべき人間と見なされないように」と、日常的に意識しなければならなくなる。目を付けられやすいのは、政府批判だろう。接触を持つだけで捜査、監視の対象になるのではと、関係を持つことさえためらう空気が生まれないか。

 かつて「友達の友達はアルカイダ」と言った政治家がいた。フェイスブックなどのSNSが発達したいま、「友達の友達」は時にとんでもないところまでつながっていく。捜査側はここからが容疑者で、ここからが一般人だと、区別できるのか。犯罪を漠然としたリスクとして「予防」しようとすると、捜査機関の監視は歯止めがなくなる。誰にでも知られたくない秘密はあり、また世間の目もある。逮捕や家宅捜索だけでも、十分な抑圧効果があるだろう。

 本には人と人とを結び付ける作用がある。小説を書く時は色々な人に取材するし、ぼくの本が、誰かの何かの原動力になることもある。それが政府批判的な運動かもしれない。読者とのコンタクトもある。本を書く限り、いつ自分が関わるかわからない点に懸念を感じる。「組織」としての出版界に、自主検閲が広がらないか、心配だ。

 ギタリストの男性と通信社記者の女性との恋愛を描いた「マチネの終わりに」の執筆にあたり、ジャーナリストの故後藤健二さんに話を聞いた。

 イスラム国に拘束された後藤さんは、取材の過程で様々な人たちに接触していた。「行くな」と言われても、人道や民主主義のために命がけで取材する姿があった。

 民主主義を健全に機能させるには、少なくとも事実に基づき何かを判断していかなければいけない。政府に都合のいい発表だけが伝われば、戦中の日本のように道を大きく誤ることになる。取材活動の自由が保障されるかどうかも危惧している。

 個人が自由に、生き生きと活動する社会こそが、望ましいと思っている。その時々の政府は、国民にとって、必ずしも常に望ましいものとは限らない。批判や反対は必要。そんな時、目を付けられるかもしれないといちいち感じないといけない社会は恐ろしい。非常に危険な法案で、強く反対している。(聞き手・山本亮介)



平野さんは『ドーン』という小説でも近未来の監視社会を描いていたが、捜査当局によるでっち上げを描いたということでは伊坂幸太郎の『火星に住むつもりかい?』いちばん怖かったでぇ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック