『佐野洋子対談集 人生の基本』3

<『佐野洋子対談集 人生の基本』3>
図書館で『佐野洋子対談集 人生の基本』という本を手にしたのです。
おお 佐野さんと西原理恵子、リリー・フランキーとのそうそうたるマッチメイクではないか♪
三人とも武蔵野美術大学の卒業生だったから、こういう対談があって不思議ではないが、佐野さんの生前に実現していたことが、嬉しいのです。


【佐野洋子対談集 人生の基本】
佐野

佐野洋子著、講談社、2011年刊

<「BOOK」データベース>より
『100万回生きたねこ』を通してめぐりあった佐野洋子とサイバラ&リリー。抱腹絶倒トークの向こうに、「生」への真摯な思いが炸裂。

<読む前の大使寸評>
おお 佐野さんと西原理恵子、リリー・フランキーとのそうそうたるマッチメイクではないか♪
三人とも武蔵野美術大学の卒業生だったから、こういう対談があって不思議ではないが、佐野さんの生前に実現していたことが、嬉しいのです。

rakuten佐野洋子対談集 人生の基本



西原さんのとの子ども談義を、見てみましょう。
p109~112
<子ども>
佐野:子どもを持ってない人で、年とともに変なしぼみ方をする人がいるでしょ? 私なんか、子どもがいなかったら、ものすごい変なしぼみ方をしてたと思うよ。そういう意味で、ごく当たり前のことができたということが、すごいことだと思う。ごく当たり前のことって、たいていすごいことよね!
 子どもは、今、いくつ?

西原:9歳と7歳です。もう自分でお風呂も入れるし、話せばわかる年頃になって、ちょっとさみしいなーと思ってるんです。私なんかと遊んでくれないし。

 でも二人とも本が好きで、毎晩寝る前には「本、読んで」とせがんできますね。読むのは、私が子どものころ好きだった本が多いかな。それから子どもは、ふざけた絵本も好きで、読んでいるうちに、だいたい脱線して、世間話になってしまうんですけどね。

 子どもたちは、寝たくないんですよね。1日が終わるのが、すっごくもったいないみたいで。

佐野:いつも西原さんが読んであげるの?

西原:そうですね。でも最近、娘が「自分でも読めるようになった」と読んで聞かせてくれたんです。『マッチ売りの少女』。児童虐待を受けて、死ぬまでの話でしょ。それを女の子の声で、「行かないで、寒いの・・・・」なんて読まれたらきついですよー(笑)。

佐野:ハハハハ。

西原:子どもの絵本は、自宅の地下の仕事場にたくさん置いてます。

佐野:仕事場は、子どもの出入りOKなの?

西原:はい、私が仕事をしている脇で、子供たちは勝手なことやってますよ。そのほうが私も安心なので。

 本は、家のあちこちに置いてあるんですが、下の階から上に行くにしたがって、エロ本とかゲイ雑誌とか、ランクが高くなっていくんです(笑)。もうちょっと息子が大きくなったら、さりげなくエロ本も盗み見してほしいから、そこそこ手に取りやすいところにも入れてあります。

佐野:考えてるね。

西原:佐野さんの息子さんは、小さいときから絵、上手でしたか?

佐野:三つくらいのときかな、『超人バロム・1』というテレビドラマがあって、「超」という字が立体になってたのね。それを真似て立体に描いてたわね。器用は器用だったみたい。

西原:それは優秀ですね。保育園の三歳児を見てると、とくに男の子は絵じゃないもん、まだ。女の子は平面が得意で、みんな絵がうまいんだけどね。自分の周りや状況をすごくきれいに把握しているから。でも男の子は、ぜんぜん平面が把握できてないんですね。その三歳児はそうとう早いです。

佐野:男の子って、おもしろいよね。

西原:もう、不憫なくらいバカで(笑)。私、朝、息子に「手品がいる」と言われたことがある。そんなもん、いきなり出せるか。

 子ども同士でも、わからないことは女子にきかなきゃだめなんですね。息子が男の子の家に電話して、「明日の時間割り、なに?」ときいたら、「1時間目から6時間目まで国語だよ」って。ねーよ、そんなの(笑)。あいつにきくなって。

佐野:ハハハハ。いい加減ね。男の子ってそんなもんよ。

西原:息子が小学校の低学年のとき、担任が、ひどい先生だったんですよ。自分の気分で子どもを怒るし、たたくし、うそはつくし。そういうひどい先生だったんだけど、やられてる男の子が全員、家に帰ってくるまでに忘れちゃうの(笑)。「今日、学校で何かあった?」ときくと、「楽しかった!」って。

 ところが1回も怒られたことのない優等生の女の子が母親に、「今日も学校で、あの先生、こんなひどいことをした。こういうのはやっぱりおかしいと思うの」と話したことから、「まぁ、それはどういうこと?」と問題になったのが3学期ももう終わろうとしていたころ・・・・。親が抗議したときには、ぜんぜん遅くって。

 まったくもって男の子はバカ。学校を出ると、学校でのことは忘れちゃうんですね。


『佐野洋子対談集 人生の基本』1
『佐野洋子対談集 人生の基本』2


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック