個人的経済学20   ③

<個人的経済学20> H27.7.01~
お役所、官僚にグチばっかり こぼしていても埒があかないので・・・・
建設的?な思索をすすめようと思いなおした。
ということで経済に的をしぼって考えたい。
昨今では、アジア投資銀(AIIB)が発足したので、中国経済のフォローがメインとなっております。

・中国経済の困惑ぶり

ピケティ

**********************************************************************
個人的経済学19>目次

・アジア投資銀(AIIB)のお手並み拝見
・アジア投資銀ショックを検証
・トマ・ピケティの『21世紀の資本』
・中国が仕掛ける対米「著作権」戦争

**********************************************************************
個人的経済学18>目次
・ピケティ著「21世紀の資本」の中国での読まれ方
・世界が注目する「12.14アベノミクス審判」
・『資本主義以後の世界』その2

**********************************************************************
個人的経済学17>目次

・中国は不動産バブルを克服できるか?
・日韓Win-Win企業ともいえるTAK
・本命は「燃料電池車」か「EV」か
・ユニクロはブラック企業なのか、成功モデルなのか?
・『資本主義以後の世界』その1
**********************************************************************
個人的経済学16>目次

・『21世紀の資本論』が経済論争を目覚めさせる
・安部さんのブラック企業優遇策
・カルテル摘発か護送船団か
・デトロイトの惨状
・エズラ・ボーゲルが断じる現代中国
・大丈夫?コマツ
・ノーベル経済学賞のいかがわしさ
・新型金融業なんか社会の敵だ(工事中)

**********************************************************************
個人的経済学15>目次

・アベノミクスの本質
・日本のシンガポール化
・中国バブル崩壊序章
・中国経済はいつ崩壊するのか?

**********************************************************************
個人的経済学14>目次
・強欲資本主義を勉強中
・やはりヘッジファンドが悪いのか
・「機械との競争」に人は完敗している(工事中)
・アベノミクスって期待できるのか?
・国民国家とグローバル資本主義について
・米国発の経済学

**********************************************************************
個人的経済学13>目次
・空洞化/海外進出情報
・えっ、これがあのダイソー?
・李明博大統領の認識は正しいか(工事中)
・韓国制裁には明確な目的がいる
・コンピュータ投機の愚
・中国最大の弱点、それは水だ!

**********************************************************************
個人的経済学12>目次
・「改造EV」の産業化
・コモディティ化圧力に曝されているわけで・
・アメリカ人の財布は日本と云うカラクリ
・「お金の正体」シりーズ

**********************************************************************
個人的経済学11>目次
・国債と格付けのいびつな関係
・国債暴落というオオカミが見える
・「グラススティーガル法」ってなんや?
・中国が世界一の経済大国になる日
・里山資本主義の夜明け
・国際連帯税をはばむものとは?
**********************************************************************
個人的経済学10>目次
・自由貿易についての2冊
・農業経営者は米先物市場を希望?
・すべては輸出企業のため(工事中)
・格付け会社は競馬新聞みたいなもの(その2)
・IMFとヘッジファンド(工事中)
・「新自由主義」は終った
・ウォール街デモの行方
・円高と空洞化

**********************************************************************
個人的経済学9>目次
・米国金融資本主義の終焉は本当である!
・ウォール街デモの広がり
・『帝国以後』で鬱憤が晴れる
・寺銭を払わずギャンブルを取り仕切る
・ウォール街デモは遅すぎたくらいだ
・ウォール街の天敵(トービン税導入)を目指すEU

**********************************************************************
個人的経済学8>目次
・超円高の仕組み
・金融危機の狼煙
・FXおばちゃんは活況を呈している
・要注意の中国系ファンド
・1ドル50円時代恐るるに足りず
・水ビジネスへのハゲタカ投資
・格付け会社はさしづめ競馬新聞
・みんなで貧しく暮らす
・中華の札束攻勢

**********************************************************************
個人的経済学7>目次
・環境問題のたらい回し(工事中)
・中国製コピー商品に対抗する1
・レアアースとシェールガス
・クルーグマンの出まかせ
・サド・マネタリズム

**********************************************************************
個人的経済学6>目次
・自由貿易の神話
・中谷巌さんの「懺悔の書」1~3
・余剰マネーや過剰流動性
・朝鮮からのコメ供出

**********************************************************************
個人的経済学5>目次
・アングロサクソン・モデルの本質を知りたい(その2)
・海賊事件で儲けているのは誰か
・アングロサクソン・モデルの本質を知りたい
・レアアースの囲い込みに対して、どう対応すればいいの?
・大恐慌以来の金融規制
・ヘッジファンド、金融工学の間違いが歴然としたいま
・泥棒に追い銭とならないように
・「マネー資本主義」シリーズ第2回
・格付け洗脳
・汚れたノーベル経済学賞
・田原と猪瀬のグリーン・ネオリベラリズム
・馬鹿の心理に着目する行動経済学
・派遣切りは人災/竹中さんの詭弁
・コーポレートガバナンス・・・なんじゃ?それ。
・ウォール街の悪しき輸出品
・村上龍の予感
・反省だけなら猿でもできる
**********************************************************************
個人的経済学4>目次
・物言う株主だって?
・投機におびえる世界
・やっかいなフリードマン
・投機が生む食料難
・馬の鼻面にニンジンをぶら下げるようなもの
・ゴリゴリの攘夷派
・デイトレーダーはバカで浮気で無責任

**********************************************************************
<個人的経済学3>目次
・工本主義とは何じゃ?
・オイルマネーについて
・もうひとつの日本は可能だ
・モルガンスタンレーに中国ファンドが出資とは!
・レアメタル・ショック
・石油を担保にした石油投機
・コモディティファンド
・石油高騰は投機のせい
・暴力団がインサイダー取引
・くたばれ!金融工学
・経済グローバル化を超える地元力
・日本産米の中国輸出開始
・リヒテンシュタイン氏の暴言
・高速ツアーバス
・円キャリートレードとは
・新聞を読んでいても、経済の闇は見えない
・緑資源機構の官製談合
・三角合併が5月解禁
・FTA先進国?の韓国
・資源にからむドロボウと警察のいたちごっこ
・ハゲタカ
・あややと経済学の深い?関係
・ゼロ金利が日本に国家的損失及ぼす
・温暖化対策とWTO体制



<中国経済の困惑ぶり>
ギリシャ問題で世界中の株価が下がっているが…
伊藤洋一さんがブログで中国経済の困惑ぶりを語っています。

2015/6/29そして、中国の憂鬱より
 中国株の下げがちょっと深刻なのは、今までは効いていた「政府の措置」を市場が無視していること。「政府の措置」というのは、今回の場合は利下げ。この週末に、0.25%の政策金利の下げと預金準備率の引き下げを同時に発表。

 この結果、一年物貸出金利は4.85%となった。昨年の11月以来実に4回目の利下げであり、史上最低。中国当局の慌てぶりが分かる。また中国金融当局は、今回預金準備率の50ベーシスポイントの引き下げも実施した。

 この二つの金融措置は、中国政府の株下落に対する困惑ぶりをよく示している。中国の富裕層を踊らせてきた株価がこのまま急落すれば、ただでさえ弱い中国の消費に打撃となり、各種資本も逃げて、中国経済の成長率が落ちる。目標の7%達成は無理になる。

 「成長すること」「豊かになること」が「統治の正統性」となっている今の共産党にとて、国民から「なんとかせい」と言われかねない問題を抱えたと言える。しかし一方でジレンマもある。

 なぜなら、今回の利下げは「構造改革重視」「マーケットの動きには左右されない」としてきた当局の政策運営姿勢を問うものとなるからだ。あまりにも「株価の下げをきっかけで行った利下げ」ということが鮮明だからだ。

 「金融政策とそれに対する信頼が、企業の業績と同様に中国の株式マーケットにとっては重要」、とされる。しかし、株価の上昇を放置した後にその急落に慌てふためく中国当局の姿勢は、中国政府の意向・政策がかつての神通力を失いつつある事を示しているようにも思う。

 中国は今まで、意図通りに中国経済を動かしてきた。それが終わったかも知れない。それにしても、AIIBはその母国での株価急落の中での設立署名式ですか。縁起は良くない。


経済財政諮問会議
すり替えられた規制緩和 内橋克人
こうして日本は格差社会になった
世界で最も有名な経済学者が問う「アメリカの横暴」と「ニッポンの覚悟」
やがて中国は労働者輸入国になる
戦後・日米経済史年表

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック