明けまして、おめでとうございます♪

<明けまして、おめでとうございます♪>
今年もよろしくお願いします。

さて、晴走雨読の大使は、年越しで図書館大好き生活を続けているわけで…
ここで、新春第一弾をお伝えします♪

『僕は君たちに武器を配りたい』という本を年越しで読んでいるだが…
体裁はハウツー本ではあるが、非常に明快でハイグレードのハウツー本である。
著者がテレビで生意気そうな顔を見せているのも、伊達じゃない感じやで♪

この本では<手に入れた武器>と称して、キーフレーズを枠で囲んで挙げています。
そのなかで、大使がウーンなるほどと思ったフレーズです。
(この本の裏表紙にそのフレーズが、ズラッと並んでいます)


・インターネットによって、知識獲得コスト、教育コストが激減し、世界的な競争にさらされるなど、急激な社会変化に注視せよ!

・全産業で「コモディティ化」が進んでいる。賃金を下げないためにはコモディティになるな!

・生き残るためには「スペシャリティ」な人間になること。「唯一の人」になれ!

・クレイジーな人はコンプレックスを原動力とせよ!

・投資家として働くことで、世の中の見方が一変する・・・etc.


株式を毛嫌いする大使としては、瀧本氏を評価するけど、所詮、アメリカ仕込だなあとも思うのです。


【僕は君たちに武器を配りたい】
武器

瀧本哲史著、講談社、2011年刊

<「BOOK」データベース>より
これから社会に旅立つ、あるいは旅立ったばかりの若者が、非情で残酷な日本社会を生き抜くための、「ゲリラ戦」のすすめである。20代が生き残るための思考法。
【目次】
第1章 勉強できてもコモディティ/第2章 「本物の資本主義」が日本にやってきた/第3章 学校では教えてくれない資本主義の現在/第4章 日本人で生き残る4つのタイプと、生き残れない2つのタイプ/第5章 企業の浮沈のカギを握る「マーケター」という働き方/第6章 イノベーター=起業家を目指せ/第7章 本当はクレイジーなリーダーたち/第8章 投資家として生きる本当の意味/第9章 ゲリラ戦のはじまり

<大使寸評>
ハウツー本の体裁ではあるが、アメリカ仕込で、非常に明快で、起業家向けのハイグレードなハウツー本である。
テレビで生意気そうな顔を見せているのも、伊達じゃない感じやで♪

rakuten僕は君たちに武器を配りたい


大使にとって鬼門ともいえるアップルが出てきます。

<「仮想敵」のいる市場を狙え>よりp175~177
 起業家が新しいビジネスを見つけるときの視点として、「しょぼい競合がいるマーケットを狙え」という鉄則がある。
 新興企業に投資するベンチャーキャピタリストは投資先の会社の社長に、必ず「おたくの会社の競合はどこだ?」と質問する。そう聞かれたときに「うちの会社には競合はいません」という経営者は間違いなくアウトだ。なぜかといえば、競合がいないということは、そこにマーケットがないと見なされるからだ。
(中略)
 あのアップルという会社の場合、その「仮想敵」はIBMだった。アップルは、もともとはIBMを倒すことを目標に作られたのだ。ジョブスとウォズニアックという二人の天才エンジニアがアップルをガレージで立ち上げた当時、IBMは大型のコンピュータを法人向けに売る、巨大で堅苦しい会社だった。

 1984年にアップルが市場に投入した革新的なパソコン、「マッキントッシュ」の当時のテレビコマーシャルに、彼らがIBMを敵視していたことをはっきりと見ることができる。そのコマーシャルでは、暗い通路を無表情の男たちが行進し、独裁者の映像を座って見ることを強制されている姿が描かれる。そこにハンマーを持った美しい女性が現れる。彼女が追手を振り切り、ハンマーを独裁者の映る画面へと投げつけると、スクリーンは爆発し、男たちは驚愕の表情を浮かべる。そして次のコピーが流れる。
 「1月24日にアップルコンピュータがマッキントッシュを市場に投入します。あなたは1984年が、あの『1984年』のようにはならない理由が分かるでしょう」

 ジョージ・オーウェルが未来の情報統制された独裁国家を描いた小説『1984年』の世界を巨大企業・IBMの姿になぞらえ、「自分たちが作り出したマッキントッシュは、その世界を打ち壊す自由の象徴である」とアピールしたのだ。
 ジョブスとウォズニアックは、「今はコンピュータを個人が所有することなど考えられない時代だが、将来は必ず1人ひとりが自分専用のコンピュータを持つようになる」と考えて、アップルという会社を作った。その理想は30年が経ってみごとに現実のものとなり、世界を変えたが、彼らさえもIBMという先行する巨人が必要だったのである。


ここまで読むと、無為徒食の大使も危機感を覚えるわけで・・・
今年は働きに出るとか、もっと生産的なことをせなあかんな(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック