グレゴリ青山ワールド

<グレゴリ青山ワールド>
グレゴリ青山は朝日夕刊の「まだまだ勝手に関西遺産」シリーズでイラストを描いていたが、たいして気にしてなかったわけです。

ところが、朝日の「竹中英太郎への旅 グレゴリ青山展」の記事に、グレゴリ青山と竹中英太郎のイラストが出ていて・・・見直したというか驚いたのです♪

旅、昭和レトロ、探偵小説を通じて、グレゴリ青山と竹中英太郎の時を超えた感応が絶妙で・・・
とにかく、お二人の妖しい雰囲気のイラストがええわけです♪

ということで、お二人に関する本をネットで探してみました。

・夢を吐く絵師・竹中英太郎
・『外地探偵小説集 上海篇』
・薄幸日和
・グ印関西めぐり(濃口)

グレゴリ




【夢を吐く絵師・竹中英太郎】
竹中

鈴木義昭著、弦書房、2006年刊

<「MARC」データベース>より
江戸川乱歩、横溝正史、夢野久作に寄り添い、妖美、怪奇な画風で時代の寵児となった英太郎は、突然絵筆を折って満州に渡り消息を絶つ。その叛逆の青春、息子・労との戦後までを活写する。

<読む前の大使寸評>
★【記念館オープン十周年記念展開催中】竹中英太郎は昭和の挿絵画家【山梨湯村】で竹中英太郎の作品を見たが・・・ええでぇ♪

Amazon夢を吐く絵師・竹中英太郎



【『外地探偵小説集 上海篇』】
上海

藤田知浩編、グレゴリ青山画、せらび書房、2006年刊

<出版社説明>より
オールド上海、そこは東洋と西洋の合わさった巨大国際都市。賭博、娼婦、麻薬といった悪習がはびこり、秘密結社や秘密機関が跋扈する危険な街……。忘れられた〈外地〉を舞台とするミステリ・アンソロジー、満洲篇に続く第二弾が登場。オールド上海を舞台にした九編の探偵小説に加え、巻頭にガイドとして、編者・執筆、グレゴリ青山・イラストによる「探偵小説的上海案内」を置く。日本の探偵小説がとらえた"魔都"の正体とは!? 

<読む前の大使寸評>
青山は専門学校を中退し中国への一人旅を敢行したそうで、この本のイラストを描くうえで、素質十分の人物なんだろう♪

serabishobo『外地探偵小説集 上海篇』



【薄幸日和】
薄幸

グレゴリ青山著、小学館、2014年刊

<商品説明>より
グレゴリ青山、ストーリーまんが最新刊!!
日常の小さな片隅に潜む”薄幸”それを探して人は旅をする。
転校先でいじめに遭っていた夕子。
その夕子に手を差し伸べた不思議な同級生・薄井幸子。
幸子は、生八つ橋に人生の機微を読み解く
謎の少女だった。

<読む前の大使寸評>
グレゴリ青山のストーリーまんがとやらを見てみたいものです。

rakuten薄幸日和



【グ印関西めぐり(濃口) 】
グ印

グレゴリ青山著、メディアファクトリー、2007年刊

<商品説明>より
「KANSAI Walker」の人気連載マンガが、待望の単行本化!
京都で生まれ育ち、大阪で古本屋さんのバイトを経験し、
和歌山の山奥で2年ほど生活していたこともあるグレゴリ青山による、超ディープな関西ガイド。
大阪のウメチカ(梅田の地下街)、銭湯マニアとめぐる京都の旅、
船舶画伯にガイドしてもらう神戸港、滋賀の草津にもある温泉などなど、
グレゴリ青山独自の視点から見たおもしろ関西をご紹介します。

<読む前の大使寸評>
グレゴリ青山による、超ディープな関西ガイドとのこと・・・興味深々でおま♪

この本は、アマゾンの古本で汚れなし309円というのがあったので、速攻で注文したのです。
古本の場合は、古本屋から発送するので最速でも5日ほどかかるようです。

rakutenグ印関西めぐり(濃口)



アホなイラストばっかりではなかったのか♪・・・とにかくグレゴリ青山ワールドにはまったのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック