安藤忠雄の最近作

<安藤忠雄の最近作>
このたび図書館で借りた『TADAO ANDO RECENT PROJECT 2』という本から、安藤忠雄の最近作を紹介します。
このように、大使はわりとしつこく、安藤忠雄をフォローしているのです。


【TADAO ANDO RECENT PROJECT 2】
ANDO

安藤忠雄著、ADAエディタトーキョー、2013年刊

<内容紹介>より
■エッセイ
建築文化を育むクライアントとの出会い:安藤忠雄
■作品
・ハンソル・ミュージアム:大韓民国,原州市
・上海保利大劇場:中華人民共和国,上海、他

<大使寸評>
安藤の設計で施工した韓国、中国での施工例が多数載っているが・・・
見た目が一番、メンツが大事な彼の地の民にも安藤の作品は受けるのでしょうね。

amazonTADAO ANDO RECENT PROJECT 2


この本で紹介されている韓国、中国における施工例について紹介します。
なお、画像はネットで見つけたものを使っています。(著作権のことは良く知らないけど)

■韓国のハンソル・ミュージアムです。
この石造りがきれいですね♪

ハンソル1

ハンソル

 敷地の一番奥には屋外美術館を計画した。慶州の古墳の形態をモチーフにしてつくった地形を現地に産する石で覆うことで、懐かしく、しかし今まで一度も見たことのないランドスケープになっている。


■中国の上海保利大劇場です。
直径18mの円筒状のヴォイド空間を挿入するというのが、すごい♪
中国では、このような斬新なデザインが受けるかもしれないですね。
(なお、安藤忠雄は中国の建築が好きではないともらしていました)

上海

 人口湖に面するオペラハウスの外観は、100m×100mの正方形平面で高さ30mの単純な矩形のボリュームである。
 そこに直径18mの円筒状のヴォイド空間を上下左右様々な角度から挿入し、その自在に展開する三次元的空間を建物構成の骨格とする。


なお日中韓の建築については安藤忠雄 建築を語るでも、語られています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

chuchun@docomo.ne.jp
2013年11月03日 03:13
まみですσ(*゚;ё;゚*。)初めまして!Mドングリさんのブログ大好きです。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!今日はついに見てるだけじゃ足らずコメントしちゃいました(o≧∀≦)o実は最近、Mドングリさん自身にも興味がるんですけども…U。-ェ-。Uポッもしよかったら、お友達になってほしいですσ(*゚;ё;゚*。)メールもらえたら嬉しいな(o´∀`o) それじゃ待ってますです(^∀^)

この記事へのトラックバック