モンマルトルのシャンソニエにて

枯れ葉散る秋たけなわとなり、シャンソンが似合う季節となりましたね・・・・
古いシャンソンの感傷にひたる大使である(アホやで)

滞仏中の話になりますが・・・・正調シャンソンを聴きたい大使は、シャンソニエ(歌声酒場)にでかけたのです。
一人では入りにくいので、日本人1~2人?を引き連れてモンマルトルのラパンアジルにくりこんだわけです。
その日本人が誰だったか覚えていないが、当時のパリには根無し草(デラシネ)のような不良日本人がたむろしていたのです(笑)
入場料は確か1000円?程度であり、窮乏生活で不如意な私でも払える値段だったように記憶しています。

ラパンアジルラパンアジル

この種のワイン1杯込みの歌声酒場はシャンソニエと呼ばれ、歌われる曲は古くからある曲が主で、我々日本人は知らない曲が多かったようです。
でも、営業用のお愛想で歌ってくれた「サクラ、サクラ」に我々は感激したわけです(笑)
ちなみに、店名の「ラパンアジル」とは敏捷なウサギという意味です。

それでは、ラパンアジルHPで「さくらんぼの実る頃」を聴いてみましょう。


Le Temps des cerises
             Paroles:Jean-Baptiste Clement
             Musique:Antoine Rena

Quand nous chanterons le temps des cerises
Et gai rossignol et merle moqueur
Seront tous en fete …
Les belles auront la folie en tete
Et les amoureux du soleil au coeur
Quand nous chanterons le temps des cerises
Sifflera bien mieux le merle moqueur

Mais il est bien court le temps des cerises
Ou l'on s'en va deux cueillir en revant
Des pendants d'oreille …
Cerises d'amour aux robes pareilles
Tombant sur la feuille en gouttes de sang
Mais il est bien court le temps des cerises
Pendants de corail qu'on cueille en revant

Quand vous en serez au temps des cerises
Si vous avez peur des chagrins d'amour
Evitez les belles …
Moi qui ne craint pas les peines cruelles
Je ne vivrais point sans souffrir un jour
Quand vous en serez au temps des cerises
Vous aurez aussi vos peines d'amour

J'aimerai toujours le temps des cerises
C'est de ce temps la que je garde au coeur
Une plaie ouverte …
Et Dame Fortune, en m'etant offerte
Ne pourra jamais fermer ma douleur
J'aimerai toujours le temps des cerises
Et le souvenir que je garde au coeur


・・・・ムムム♪ しびれるな~♪
我が20代の愚かで夢見るような「ラ・ボエーム」である・・・それでは、アズナブールのLa Bohemeを、おまけだ!♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック