内田先生かく語りき5

<内田先生かく語りき5>
内田樹の研究室の内田先生が日々つづる言葉のなかで、自分にヒットするお言葉をホームページに残しておきます。

最近は池田香代子さんや、関さんや、雨宮さんなどの言葉も取り入れています。
(池田香代子さんは☆で、関さんは△で、雨宮さんは○で、池田信夫さんは▲、高野さんは■で、金子先生は★、田原さんは#、湯浅さんは〇、印鑰さんは@で区別します)

・領土問題は終わらない
@遺伝子組み換え反対のツイッター語録
・内田先生の韓国講演
・『時局』インタビュー
・プレス民主でのインタビュー

********************************************************************
内田先生かく語りき4目次
○「人気取りのために私を殺さないで下さい」の巻
・さよなら民主党
〇頭ん中、整理
・『赤毛同盟』と愚鈍の生成について
・抑止力と付加形容詞について
・日本のメディアの病について
・「格差社会について」
・ツイッターとブログの違いについて
・劇化する政治過程・カオス化する社会
・「辺境ラジオ」で話したこと
・平松さんの支援集会で話したこと
・さよならアメリカ、さよなら中国
#TPP反対と反原発の根っこは政府への不信感
・グローバリストを信じるな
・雇用と競争について
★原子力安全行政の仕組みが壊れています
★21世紀の新しい資本主義へ
・多数派であることのリスクについて

********************************************************************
内田先生かく語りき3目次
・「まったなし」を待っていただけないでしょうか
・再録しますね(1)
・教育基本条例について
・ネット上の発言の劣化について
・若者よマルクスを読もう・韓国語版序文
■"脱原発"に暴走する?菅直人首相
・松本復興相の暴言
・再び、平田オリザ氏の発言に対して
・脱原発の理路
・浜岡原発停止について
・4月11日から5月5日までの日記
・荒ぶる神の鎮め方
・リスクヘッジについて
・ル・モンドの記事を訳してみました
☆見えてきた9条改憲のシナリオ
☆「4島返還論」というアメリカの罠
△農産物関税を撤廃してはいけない理由
・テクノロジーと常識について
・PISAのスコアについて
********************************************************************
<内田先生かく語りき2>目次
・司祭大統領
・「反日」の意味について
☆オスプレイ配備で沖縄の「重要性」は蒸発する
・成功について
・スーパークールな一夕
・縮み行く世界
・アメリカの訴訟社会
・日本の人事システムについて
☆アメリカ人は今なおトルーマンの悪夢を生きている
・ガラパゴスも住めば都
☆花岡は日本のアウシュビッツではない
・アメリカン・グローバリズムより格が上
☆海兵隊はグワムに行けと簡単に言えない理由
・キャラ化する世界
・思考停止と疾病利得
・さよならアメリカ、さよなら日本
・父親のかなしみ
・豊臣秀吉の幻想
■"抑止力論の罠"に絡め取られた鳩山首相
■後ろ向きに終わった「日米安保再確認」
☆外国軍基地問題で首相交代?どこの植民地の話?
・基地問題再論
・男性中心主義の終焉
・大人への道

ドイツ映画「みえない雲」
金子勝ブログ

8/21領土問題は終わらないより
 『GQ』と毎日新聞の取材にはそれぞれ20分ほど話した。
とりあえず、「中華思想には国境という概念がない」ということと「領土問題には目に見えている以外に多くのステイクホルダーがいる」ということだけには言及できた。
華夷秩序的コスモロジーには「国境」という概念がないということは『日本辺境論』でも述べた。
私の創見ではない。津田左右吉がそう言ったのを引用しただけである。
「中国人が考えている中国」のイメージに、私たち日本人は簡単には想像が及ばない。
中国人の「ここからここまでが中国」という宇宙論的な世界把握は2000年前にはもう輪郭が完成していた。「国民国家」とか「国際法」とかいう概念ができる1500年も前の話である。
だから、それが国際法に規定している国民国家の境界線の概念と一致しないと文句をつけても始まらない。
勘違いしてほしくないが、私は「中国人の言い分が正しい」と言っているわけではない。
彼らに「国境」という概念(があるとすれば)それは私たちの国境概念とはずいぶん違うものではないかと言っているのである。

<遺伝子組み換え反対のツイッター語録>
私が気づいてリツイートした印鑰智哉さんのツイッター語録です。拡散希望!
ツイログの2ヶ月保存から消えていくには惜しいので、逸散防止のため、保存しておきます。


【8月3日】
@tomo_nada: アルゼンチンにモンサントの南米最大の研究施設を作ると米国でアピールしたアルゼンチン大統領、しかし、現地、 #遺伝子組み換え 大豆で大きな被害の出ているコロドバ州マルビナス市ではモンサントへの反対運動が高まる。

@tomo_nada: 世界で最も危険な10の多国籍企業。西語 http://ow.ly/cGKf6 シェブロン、デビアス、フィリップモリス、コカコーラ、ファイザー、マクドナルド、ネスレ、BP、モンサント、ヴァーレ。あれ、東電とか日本原燃は? とか言いたいけど、この10も確かに危険


【7月25日】
@tomo_nada: 米国で大規模栽培されている #遺伝子組み換え 大豆もトウモロコシも米国固有のものじゃない。だから近縁種への遺伝子組み換え交雑の危険は米国よりも、大豆やトウモロコシの原産国、つまり東アジアや中南米にある。 米国はなんという危険なものを国外に押しつけているのか? 怒

【7月24日】
@tomo_nada: 日本では報道されないがパラグアイでのクーデタ(大統領弾劾)の背後には #遺伝子組み換え あり。4割の輸出を占める大豆のため小農民や先住民族が土地を追い出され、100人を超すリーダーが殺害されている。国外の家畜の餌のために人々が飢える。ネオリベラリズムの究極の姿

@tomo_nada: パラグアイのクーデタはパラグアイに留まらない。アルゼンチン、ブラジル、ウルグアイ、ボリビアを含む地域を「大豆連合共和国」と #遺伝子組み換え 企業は呼ぶ。ここには国境はなく、主権者は人々ではなくて遺伝子組み換え企業なのだ。反対者には死の脅迫が…。それでも闘いは続く

【7月23日】
@tomo_nada: 現在では、土地、森林、河川、海洋、大気はすべて植民地化され、浸食され、汚染されてしまった。資本家は、将来の資本蓄積のため、侵略・開拓するための新しい植民地を探さなければならない。その新しい植民地とは、女性、植物、そして動物の身体の内部空間である。バンダナ・シーバ

【7月22日】
@tomo_nada: 今やグローバル資本主義の刃は生命に向かう。種子の自由、生物多様性の権利を守ることはグローバル資本主義から生命を守る最前線。リオデジャネイロで行われたバイオパイラシーセミナーのまとめ。まだ小さいけれども未来に生きる潮流。日本語 http://ow.ly/cpq48
【7月21日】
@tomo_nada: 先住民族の権利が攻撃され、土地なし農業労働者が犯罪集団扱いされる。マスメディアは偏見で応える。その背後に自主的に農業することすら犯罪行為としようとしているアグリビジネスの姿があるのに世論は動かない。種から農薬までアグリビジネスに決められた農業以外許されない世界はもうすぐそこに

@tomo_nada: 農民の犯罪者化、米国でモンサントの #遺伝子組み換え 大豆と共に始まり、南米でもその脅威が感じられ始めている。種を作らないターミネーター種はその究極の姿。そのターミネーター種の承認案がモンサント側からブラジル労働者党議員通じて提案され、その承認が危惧される事態に

@tomo_nada:先住民族の権利が攻撃され、土地なし農業労働者が犯罪集団扱いされる。マスメディアは偏見で応える。その背後に自主的に農業することすら犯罪行為としようとしているアグリビジネスの姿があるのに世論は動かない。種から農薬までアグリビジネスに決められた農業以外許されない世界はもうすぐそこに

@tomo_nada:現在の原発に安全が確保されていない、というのも重要な論点だと思うが、たとえ安全が確保されたとしても(ありえない気がするが)、それでも原発は許容できない。ウラン鉱山での汚染、輸送の危険、被曝労働、周辺環境・住民の被曝、核廃棄物、これは原発の「安全」では解決できない


印鑰智哉さんはポルトガル語、スペイン語が堪能なマルチリンガルであるが・・・
南米で進むアグリビジネスによる環境破壊、GM汚染に警鐘を打ち鳴らしています。
*******************************************************************
<内田先生の韓国講演>
内田先生が韓国講演について8月16日にツイートしています。

@levinassien: ソウルなう。金浦空港で出版社二社の二人の金さんと、と学塾主催の朴先生のお出迎えを受けました。日程てんこもりみたいです。なぜウチダ本が韓国で売れるのかについて朴先生からご説明を頂きました。やはり学術情報を生活言語に「架橋する」という仕事をする人が少ないのだそうです。

@levinassien: そこでレヴィナスと一神教と知識人の責務と日本文化の二重性について話しました。受ける「ツボ」は日本とほとんど同じでした。逐次通訳でも、笑いがとれると気分いいですね。

@levinassien: 講演ならびにプチ打ち上げだん。出版社の金さんのフルアテンダンスなので、一体自分がどこで何をしているのか、よく分かっていません。今日の講演は書店兼画廊兼カフェでのイベントなので、聴衆は40人。ほとんど女性です。びっくり。韓国の人文書のヘビーリーダーは女性なんだそうです。


領土問題で日韓関係がギスギスしている真っ最中の訪韓ではあるが・・・
このような文化面での交流はいいことなんだろう。
だけど・・・
韓国では、漢字廃止政策により言語学上の壊滅的変容のただなかにあるそうです。
漢字廃止により抽象的な漢字語が消滅の危機にあるわけで、内田先生の語る内容が、ほんとうに理解されているのか、はなはだ疑問である。


8/10<『時局』インタビューより
―― 思想家として言葉を扱ってこられた先生として気になることはありますか。
内田 日本語は今、危機的な状態にあると思っています。
日本語というのはもともと土着の「やまとことば」に大陸から伝来した漢字を取り入れたハイブリッド言語です。外来のテクスチュアルな公式言語をコロキアルな生活言語で受け止め、取り込み、生活言語を富裕化させてゆく。そのような外来語と土着語の緊張関係の中で日本語は豊かなものになってきた。幕末から明治の初めにかけて、ヨーロッパの言語が入ってきましたが、当時の日本人はそれを漢字二字の熟語に置き換えることで、一気に語彙を拡大させました。漢字熟語への置き換えというんは、要するに「外来語を外来語で置き換える」ということですから、土着語の統辞構造まで揺らぐわけではない。だから、外来の概念や術語の取り入れに対する心理的抵抗が少なかった。
日本が東アジアの中で例外的に近代化に成功した理由の一つはこのハイブリッド言語の柔構造が関与していると私は思っています。
でも、現在の日本語は土着語と外来語の緊張関係が希薄になっています。
もう新しい概念を漢字二字の熟語に置き換えるというような手間は誰もかけなくなった。英語は英語のままで済ませてしまう。加えて、まだ漢字もろくに書けない子どもたちに英語教育を行おうとしている。でも、日本語は日常語としてカジュアルに使い、難しい話は英語でするというのは植民地の言語状況ですよ。

―― ハイブリッド言語の機能が生かされなくなってきているのですね。
内田 せっかく土着語と外来語の緊張関係が日本人の言語能力を高い水準のものにしてきたのに、その関係を切断してしまった。今、日本語は急速に貧しい言語になりつつあります。新聞などメディアでも使われる日本語の語彙が年々少なくなってきている。これからビジネスは英語でやりましょう、論文は英語で書きましょうということは、日本語ではもうそういう「ややこしい話」ができなくなってきているということです。日本語の汎用性が失われているということです。

―― どうすればいいと。
内田 日本のメディアが使用語彙に対してもう少し寛容であってくれればいいと思いますね。僕は勝手に漢字二字で新語を造語することがあるんですけれど、新聞社から「こんな言葉は広辞苑にありません」と必ずチェックが入る。でも、広辞苑に採録されている言葉だってすべてもとは「新語」でしょう。漢字二字並べて意味がわかるなら、それでいいじゃないですか。言葉って、もっと生成的なものだと思う。



7/13プレス民主でのインタビューより
――政治主導を掲げながらうまくいっていない民主党に至って、政党とはそもそもどういうものだとお考えですか。

内田 政党というのは本来はまず政治綱領があり、それに賛同する人たちが集まって組織されるものだと思います。でも、いったん組織が動き出した後は、創設時点では想定しなかった状況の変化、新しい情報に遭遇することになる。だから、結党時の綱領を墨守するだけでは生き残れない。状況に対して開放的であることが求められます。
たしかに、民主党は変化に対して、フレキシブルに対応するという点では、なかなか開かれた政党だったと思います。でも、野田内閣の消費増税や大飯再稼働を見ると、綱領への義理立てがあまりに緩くて、野党との政党的な差異がもうわからない。自民党と政策が違わないなら、政権交代は何のためのものだったのか。
民主党は旧田中派の流れ、自民党は旧福田派の流れ。かつての「角福戦争」の路線対立がそのまま二大政党になったというのが僕の理解です。
旧福田派は新自由主義的な「選択と集中」、都市とエリートへの資源集中による国際競争力の向上、外交的には日米同盟基軸。それに対して田中派は、まず都市と地方の格差解消、地方分権、一億総中流、外交は対米自立。トウ小平と毛沢東くらいに立場の違う派閥が同一党内にあることでかつての自民党はエネルギーを得ていたわけですけれど、それが最終的に二極分解して自民党と民主党になった。これは原理的な対立ですから、それぞれが日本の政党政治における両極を形成すべきだと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック