アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「漫画」のブログ記事

みんなの「漫画」ブログ

タイトル 日 時
『隠居の日向ぼっこ』5
『隠居の日向ぼっこ』5 <『隠居の日向ぼっこ』5> 図書館で杉浦日向子の『隠居の日向ぼっこ』という本を、手にしたのです。 なんか見覚えのある本であるが…再読するのも、まっいいかと借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 19:21
『怒涛の虫』1
『怒涛の虫』1 <『怒涛の虫』1> 図書館で『>怒涛の虫』という本を、手にしたのです。 郷土の英雄ともいえるサイバラについては古くからフォローしているが、初のエッセイ集を見つけたわけで、これは期待できそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/14 10:17
『杉浦日向子の食・道・楽』2
『杉浦日向子の食・道・楽』2 <『杉浦日向子の食・道・楽』2> 図書館で『杉浦日向子の食・道・楽』という本を、手にしたのです。 おお 杉浦さんの本ではないか… 最後のエッセイ集とのことで、心して読むとしよう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/13 18:15
杉浦日向子アンソロジーR2 B
杉浦日向子アンソロジーR2      B <杉浦日向子アンソロジーR2> 最近流行っている漫画が、あまり面白くないのだ・・・ それは単に我がテイストが時流に遅れているだけかもしれないな〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/11 03:22
つげ義春ワールドR6 B
つげ義春ワールドR6          B <つげ義春ワールドR6> 図書館で『つげ義春ワールド ゲンセンカン主人』という本を借りたのだが、読んでゆくと既視感がわくわけで・・・ 実際、この本を読むのは2度目であることに気づいたのです。(イカン イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/03 12:28
『つげ義春1968』4
『つげ義春1968』4 <『つげ義春1968』4> 図書館で『つげ義春1968』という本を、手にしたのです。 なんかこの本には既視感があるのだが・・・ま、いいかと借りたわけです。 帰って調べてみると、今年の4月に借りていたのです。で、この記事を(その3)としました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/03 07:06
『つげ義春1968』3
『つげ義春1968』3 <『つげ義春1968』3> 図書館で『つげ義春1968』という本を、手にしたのです。 なんかこの本には既視感があるのだが・・・ま、いいかと借りたわけです。 帰って調べてみると、今年の4月に借りていたのです。で、この記事を(その3)としました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/02 22:43
鳥頭ワールドR2          B
鳥頭ワールドR2          B <鳥頭ワールドR2>   テレビドラマ化もきまり、このところメジャーに昇りつめた感があるサイバラであるが・・・ 怒りの漫画家、ブラックヒーローとしての真骨頂が薄れるんではないかと危惧しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 07:41
『隠居の日向ぼっこ』4
『隠居の日向ぼっこ』4 <『隠居の日向ぼっこ』4> 図書館で杉浦日向子の『隠居の日向ぼっこ』という本を、手にしたのです。 おお このタイトルがほっこりしているし、なんか大使の日常を言い表しているようでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/25 06:34
『隠居の日向ぼっこ』3
『隠居の日向ぼっこ』3 <『隠居の日向ぼっこ』3> 図書館で杉浦日向子の『隠居の日向ぼっこ』という本を、手にしたのです。 おお このタイトルがほっこりしているし、なんか大使の日常を言い表しているようでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 21:28
『隠居の日向ぼっこ』2
『隠居の日向ぼっこ』2 図書館で杉浦日向子の『隠居の日向ぼっこ』という本を、手にしたのです。 おお このタイトルがほっこりしているし、なんか大使の日常を言い表しているようでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 17:03
『ガロ』がつなぐ輪R2    B
『ガロ』がつなぐ輪R2    B <『ガロ』がつなぐ輪R2> 鶴見俊輔さんが「ガロ学派」という命名を行ったほど、漫画ムック『ガロ』は1970年代のメディアを牽引したようだが・・・ 地方にいた大使は感度が鈍いのか、『ガロ』について、大した関心がなかったわけです。 10月(2015年)に赤瀬川原平さんが亡くなったが・・・ えらいこっちゃ!そんなに年が過ぎているのか。 ということで、遅ればせながら『ガロ』について、集めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 14:10
『「ガロ」という時代』2
『「ガロ」という時代』2 <『「ガロ」という時代』2> 図書館で『「ガロ」という時代』という本を、手にしたのです。 「ガロ」は、わりと名のある雑誌なんだが・・・ 発行当時に、この雑誌を本屋で買ったこともないわけで、逆に、何故そうだったのか自問しているんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 07:49
『「ガロ」という時代』
『「ガロ」という時代』 <『「ガロ」という時代』> 図書館で『「ガロ」という時代』という本を、手にしたのです。 「ガロ」は、わりと名のある雑誌なんだが・・・ 発行当時に、この雑誌を本屋で買ったこともないわけで、逆に、何故そうだったのか自問しているんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 14:30
『つげ義春1968』2
『つげ義春1968』2 <『つげ義春1968』2> 図書館で『つげ義春1968』という本を、手にしたのです。 著者の高野さんは、青林堂に入社し『ガロ』の編集を手掛けたそうで、とにかくつげ作品の第一番目の読者であったというのが・・・ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/30 11:22
つげ義春ワールドR4   B
つげ義春ワールドR4   B <つげ義春ワールドR4> 図書館で『つげ義春ワールド ゲンセンカン主人』という本を借りたのだが、読んでゆくと既視感がわくわけで・・・ 実際、この本を読むのは2度目であることに気づいたのです。(イカン イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/30 07:20
『つげ義春1968』
『つげ義春1968』 <『つげ義春1968』> 図書館で『つげ義春1968』という本を、手にしたのです。 著者の高野さんは、青林堂に入社し『ガロ』の編集を手掛けたそうで、とにかくつげ作品の第一番目の読者であったというのが・・・ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/30 06:26
『ニッポニア・ニッポン』
『ニッポニア・ニッポン』 <『ニッポニア・ニッポン』> 図書館に予約していた『ニッポニア・ニッポン』という本を、待つこと8日でゲットしたのです。 杉浦日向子のマンガとかエッセイなら、予約しても「外れ」はないだろう♪ ・・・ということでしたが、やはり、充分に堪能できました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 23:17
杉浦日向子アンソロジーR1   B
杉浦日向子アンソロジーR1   B <杉浦日向子アンソロジーR1> 最近流行っている漫画が、あまり面白くないのだ・・・ それは単に我がテイストが時流に遅れているだけかもしれないな〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/31 05:39
『本は友だち』2
『本は友だち』2 <『本は友だち』2> 図書館に予約していた『本は友だち』という本を、待つこと4日でゲットしたのです。 目次を見てみると・・・ 「会いたい人に会うように」という章に出てくる人たちの顔ぶれが、なかなか、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 23:39
『つげ義春幻想紀行』2
『つげ義春幻想紀行』2 <『つげ義春幻想紀行』2> 図書館で『つげ義春幻想紀行』という本を手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、漫画のシーンと旅先の写真が並べてあり興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 20:36
『つげ義春幻想紀行』
『つげ義春幻想紀行』 <『つげ義春幻想紀行』> 図書館で『つげ義春幻想紀行』という本を手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、漫画のシーンと旅先の写真が並べてあり興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/22 08:28
つげ義春ワールドR3    B
つげ義春ワールドR3    B <つげ義春ワールドR3> 図書館で『つげ義春ワールド ゲンセンカン主人』という本を借りたのだが、読んでゆくと既視感がわくわけで・・・ 実際、この本を読むのは2度目であることに気づいたのです。(イカン イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/21 08:21
『ねじ式/夜が掴む』
『ねじ式/夜が掴む』 <『ねじ式/夜が掴む』> 帰省先の図書館で『ねじ式/夜が掴む』という本を手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、「ねじ式」と「ゲンセンカン主人」を押さえていてその他に、シュールなもの、エロっぽいものと、大使好みのラインナップになっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 07:51
かわぐち漫画の原点
かわぐち漫画の原点 <かわぐち漫画の原点> NHKの「浦沢直樹の漫勉」シリーズをよく見ているのだが、昨晩は「かわぐち漫画」を再放送していたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/09 02:30
(みちのものがたり)伊那路
(みちのものがたり)伊那路 <(みちのものがたり)伊那路> デジタル朝日の(みちのものがたり)伊那路に、つげ義春の漫画「無能の人」に登場した俳人が出ているので、紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/17 22:45
つげ義春女性を語る
つげ義春女性を語る <つげ義春女性を語る> 三宮センター街の古書店でゲットした『ガロ(1993年8月号)』という雑誌が積んどく状態になっていたので、読み始めたのです。 まあ 12月はじめに喪中はがきを出してしまい、暇になったせいもあるんですが… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/17 14:47
『とんでもねえ野郎』
『とんでもねえ野郎』 <『とんでもねえ野郎』> 図書館で『とんでもねえ野郎』という文庫本を手にしたのです。 おお まだ読んでない杉浦日向子の漫画ではないか・・・ 1995年第1刷、2015年第13刷となっているが、いわゆるロングセラーというもんなんでしょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/12 09:21
『石子順造的世界』3
『石子順造的世界』3 <『石子順造的世界』3> 図書館で『石子順造的世界』という本を手にしたのです。 大形本の表紙に『ねじ式』の絵が装丁されていて目をひくわけです。 石子順造氏といえば・・・・マンガやキッチュなものなどを評論すれば、誰か止めないかぎり延々と続けるような印象のある人だったかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/05 23:36
『ガロ』がつなぐ輪R1 B
『ガロ』がつなぐ輪R1      B <『ガロ』がつなぐ輪R1> 鶴見俊輔さんが「ガロ学派」という命名を行ったほど、漫画ムック『ガロ』は1970年代のメディアを牽引したようだが・・・ 地方にいた大使は感度が鈍いのか、『ガロ』について、大した関心がなかったわけです。 10月(2015年)に赤瀬川原平さんが亡くなったが・・・ えらいこっちゃ!そんなに年が過ぎているのか。 ということで、遅ればせながら『ガロ』について、集めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/28 21:37
1 漫画の蔵書録R1   B
1 漫画の蔵書録R1   B 1 <漫画の蔵書録R1> 蔵書録を作り始めたので、漫画についても作っておこう。 とにかく、漫画の表紙は変化があるので・・・・並べるときれいだ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/28 20:25
『ダーリンは70歳』
『ダーリンは70歳』 <『ダーリンは70歳』> 図書館で『ダーリンは70歳』というマンガ本を待つこと5ヶ月半でゲットしたのです。 この金満バカップルは揃いも揃って元気であり、話題提供も事欠かず・・・アホというか、何というかご立派でんがな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/22 07:54
いしいひさいちの世界R2
いしいひさいちの世界R2 <いしいひさいちの世界R2> 嫁さんから図書券(千円)をもらったので、さっそく本屋に出向いたのです。 文庫本では余るがハードカバーの単行本には足りないという微妙な金額やなぁ。 おお 手ごろな値段の「いしいひさいち、仁義なきお笑い」というムック本があるやないけ♪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/10 06:42
『現代思想の遭難者たち』
『現代思想の遭難者たち』 <現代思想の遭難者たち> 図書館に予約していた『現代思想の遭難者たち』という本を、待つこと半月でゲットしたのです。 ニーチェ、マルクス、フロイト、レヴィ=ストロース、ラカン、ウィトゲンシュタイン等々・・・その著作を読んだこともない現代思想家のオンパレードで、とにかく難しい漫画である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/08 07:19
『漫画の歴史』
『漫画の歴史』 <『漫画の歴史』> 図書館で『漫画の歴史』という新書を手にしたのです。 『北斎漫画』から説き起こし、今日の隆盛に至る漫画文化の軌跡をたどるという広い視野が、ええでぇ♪ 個人的には、ビゴーと中江兆民との交遊が、興味深いのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/09 08:10
『浮世絵探検』
『浮世絵探検』 <『浮世絵探検』> 図書館で『浮世絵探検』という本を手にしたが・・・・ 高橋さんの対談者の顔ぶれがすごいですね。企画編集の勝利とでもいうべきか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/13 08:21
『隠居の日向ぼっこ』
『隠居の日向ぼっこ』 <『隠居の日向ぼっこ』> 図書館で『隠居の日向ぼっこ』という本を手にしたが・・・・ パラパラとめくると、漫画や画像のページが多くて読みやすい本である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/11 06:40
浦沢直樹の世界 B
浦沢直樹の世界      B <浦沢直樹の世界> 「一億人の漫画連鎖」というムック本で、若き日の浦沢直樹のインタビューを読んでいるのだが・・・ この際、浦沢直樹の世界として集めてみようと思い立ったのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/31 09:30
松本大洋の世界    B
松本大洋の世界    B <松本大洋の世界 > 松本大洋に関するマンガ、本、映画、ネット情報などを集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/30 23:30
一億人の漫画連鎖
一億人の漫画連鎖 <一億人の漫画連鎖> 偶然、出くわした古書フェアで、定価890円のこの本が800円で売り出されていたのです。 ちょっと高いかとも思ったけど、今買わないと二度とお目にかからないだろうと焦ったわけでおました。 (家に帰って楽天を覗くと890円(税込み961円)の定価販売となっていて、古書値段は、やや高め設定というところか) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/30 07:17
『東京モンスターランド』2
『東京モンスターランド』2 <東京モンスターランド2> 図書館で『東京モンスターランド』という本を手にしたのです。 サブカルと言いながらも、寺山修司、糸井重里、杉浦日向子、中沢新一、安藤忠雄、横尾忠則、小松左京、荒木経惟・・・という知った名前が見えるので借りた次第でおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/25 08:51
杉浦日向子アンソロジー
杉浦日向子アンソロジー <杉浦日向子アンソロジー> 最近流行っている漫画が、あまり面白くないのだ・・・ それは単に我がテイストが時流に遅れているだけかもしれないな〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/24 13:57
『何ちゃぁない話』
『何ちゃぁない話』 <『何ちゃぁない話』> 図書館で『何ちゃぁない話』という本を手にしたのです。 おお タイトルが幡多弁やないけ♪ このタイトルの意味やニュアンスがわかる人は、東は高知、西は宇和島くらいのもので、地域限定のディープな方言と言わざるを得ないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/01 07:50
『奇譚カーニバル』
『奇譚カーニバル』 <『奇譚カーニバル』> 図書館で『奇譚カーニバル』という本を手にしたのです。 これが、夢枕獏の選んだ作品が絶妙なアンソロジーで・・・ 大使一押しは『百物語』(杉浦日向子)でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/22 21:50
古書店で優れモンをゲット
古書店で優れモンをゲット <古書店で優れモンをゲット> 元町の古書店に冷やかしで入ったのだが、「特集=西原理恵子」のコピーが踊る『ユリイカ(2006年7月号)』を見っけ。 なんとこれが美麗な状態で500円(定価1300円)という優れモンでおました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/20 09:27
鳥頭ワールドR1    B
鳥頭ワールドR1    B <鳥頭ワールドR1>   テレビドラマ化もきまり、このところメジャーに昇りつめた感があるサイバラであるが・・・ 怒りの漫画家、ブラックヒーローとしての真骨頂が薄れるんではないかと危惧しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/18 14:29
サイバラとのコラボ本
サイバラとのコラボ本 <サイバラとのコラボ本> 我が蔵書や図書館で借りた本から、サイバラとのコラボ本を集めてみました。 コラボする相手は玉石混交であるが、清水義範さんなんかは、あきらかに恩恵をこうむっている。 いわば・・・ 上げマンのようなサイバラである。 図書館では、高須克弥とのコラボ本を見かけたので、そのうち借りる予定でおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/17 01:02
『パシパエーの宴』
『パシパエーの宴』 <パシパエーの宴> 図書館で『パシパエーの宴』という本を手にしたのだが… パラパラとめくると、おお 諸星大二郎風の画風やないけ♪ということで借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/10 12:16
勝手に関西遺産10
勝手に関西遺産10 <勝手に関西遺産10> 新幹線から見える、なぞの看板「727」は、今までてっきり海外旅行に関係しているものと思っていたが・・・違っていたようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/10 03:16
佐々木マキの世界(その3)    B
佐々木マキの世界(その3)    B <佐々木マキの世界(その3)> 『ノー・シューズ』という本を図書館で借りて読んだのだが・・・ 佐々木さんが生まれ育った神戸・新長田といえば、ドングリ国の縄張りであるが・・・ 神戸にはニューカマーの大使が知らない昔のお話が、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/10 02:32
世界マンガ大系(ユリイカ 増刊号)
<世界マンガ大系(ユリイカ 増刊号)> 『世界マンガ大系(ユリイカ 増刊号)』という本が積読のままであったが、とにかく小さい活字でびっちり書かれているので読みにくいのです。 読みどころの多い、いい本なんですけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/30 07:04
日本の漫画への感謝
<日本の漫画への感謝> 図書館に予約していた四方田犬彦著『日本の漫画への感謝』をゲットしたのです。 予約して、待つこと3日ほどで準備OKの速攻メールが届いたが…発刊後、2年以上置くくらい古い本が狙い目なのかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/24 17:25
いしいひさいちの世界R1
<いしいひさいちの世界R1> 嫁さんから図書券(千円)をもらったので、さっそく本屋に出向いたのです。 文庫本では余るがハードカバーの単行本には足りないという微妙な金額やなぁ。 おお 手ごろな値段の「いしいひさいち、仁義なきお笑い」というムック本があるやないけ♪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/10 14:48
『となりの山田くん』
<となりの山田くん> 図書館で『となりの山田くん』という本を手にしたのです。 大使は、まだこのアニメを観ていないのだが・・・ とにかく、いしいひさいち原作、高畑勲監督という組み合せが素晴らしいではないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/10 14:23
原画で読む杉浦日向子
<原画で読む杉浦日向子> 図書館で『芸術新潮(2015-6月号)』を手にしたのです。 おお 第2特集が「原画で読む杉浦日向子」となってるがな・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/19 00:39
漫画のインデックス
<漫画のインデックス> 大使はこれまでわりと漫画を読んできたわけです。 ・・・で、それらのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/04 00:08
『対話録・現代マンガ悲歌』3
<『対話録・現代マンガ悲歌』3> 図書館に借出し予約していた『対話録・現代マンガ悲歌』という本を手にしたが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/17 22:40
佐々木マキの世界(その2)
<佐々木マキの世界(その2)> 『ノー・シューズ』という本を図書館で借りて読んだのだが・・・ 佐々木さんが生まれ育った神戸・新長田といえば、ドングリ国の縄張りであるが・・・ 神戸にはニューカマーの大使が知らない昔のお話が、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/12 16:04
『対話録・現代マンガ悲歌』2
<『対話録・現代マンガ悲歌』2> 図書館に借出し予約していた『対話録・現代マンガ悲歌』という本を手にしたが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/11 22:52
『対話録・現代マンガ悲歌』
<対話録・現代マンガ悲歌> 図書館に借出し予約していた『対話録・現代マンガ悲歌』という本を手にしたが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/11 02:09
鳥頭ワールド    B
<鳥頭ワールド>   テレビドラマ化もきまり、このところメジャーに昇りつめた感があるサイバラであるが・・・ 怒りの漫画家、ブラックヒーローとしての真骨頂が薄れるんではないかと危惧しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/28 09:23
西原理恵子の人生画力対決4
3 <西原理恵子の人生画力対決4> 図書館で『西原理恵子の人生画力対決4』という本を手にしたのです。 このシリーズは確か第7巻まで出ているが・・ 対決している最近の漫画家をほとんど知らないので、読むのをパスしているんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/28 11:32
岡崎京子の仕事集
<岡崎京子の仕事集> 図書館で『岡崎京子の仕事集』という本を手にしたが・・・ 岡崎京子が2004年に手塚治虫文化賞・マンガ大賞を受賞した時期は、てっきり大活躍中と思っていたが、その時は長期療養中だったんですね。 大使はその程度のファンだったのだが、これではアカンと、wikipediaをよく読んでみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/07 06:35
勝手に関西遺産5
<勝手に関西遺産5> (勝手に関西遺産)では、大阪弁がときどき取り上げられるが・・・・ 今回のは、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/28 20:20
『アライバル』
<『アライバル』> 図書館で『アライバル』という絵本を手にしたが・・・・ 大型本でハードカバーであるので重厚感があり、表紙の装丁も古めかしくいい感じです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/04 21:43
この人たちについての14万字ちょっと
<この人たちについての14万字ちょっと> 図書館で重松清著『この人たちについての14万字ちょっと』という本を手にしたのです。重松清さんの作品は、まだ読んだことはなかったが・・・・ この本の腰巻に書かれた対談メンバーとコピーにつられて借りたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/04 01:50
遠い町から来た話3
<遠い町から来た話3> 図書館で『遠い町から来た話』を手にしたが・・・・ このなかの絵が、SFタッチでええんやな〜♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/01 09:09
バンド・デシネあれこれ
<バンド・デシネあれこれ> 図書館で「バンド・デシネ徹底ガイド」を借りて読んだけど・・・ええでぇ♪ で、この際、バンド・デシネについて、あれこれ集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/30 13:47
ガロ曼陀羅3
<ガロ曼陀羅3> 図書館で『ガロ曼陀羅』という本を手にしたが・・・ おお コレだ♪ この本だ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/26 16:48
ガロ曼陀羅2
<ガロ曼陀羅2> 図書館で『ガロ曼陀羅』という本を手にしたが・・・ おお コレだ♪ この本だ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/26 14:07
勝手に関西遺産4
<勝手に関西遺産4> 今ではドングリ国のスーパーでも置いてあるほど、柿の葉寿司は関西いちえんで流通しているわけで・・・・ 大使も、とぎれずに愛顧しているわけでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/23 18:04
図書館大好き93
<図書館大好き93> 今回借りた6冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば「アート」でしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/23 15:21
ガロ曼陀羅
<ガロ曼陀羅> 図書館で『ガロ曼陀羅』という本を手にしたが・・・ おお コレだ♪ この本だ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/22 12:27
佐々木マキ アナーキーなナンセンス詩人
<佐々木マキ アナーキーなナンセンス詩人> 『佐々木マキ アナーキーなナンセンス詩人』を図書館に予約していたが・・・ 5日後にゲットできたのです。ラッキー♪ 図書館に出向いて、借りていた『うみべのまち』を返し、都合よくこの本をゲットするなど・・・ 個人的には佐々木マキのミニブームになっているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/14 01:09
手塚治虫がブチきれた!?
<手塚治虫がブチきれた!?> 図書館で借りた『うみべのまち』を読んでいるのだが・・・ この漫画には、手塚治虫がブチきれた!? というエピソードがあるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/11 02:19
佐々木マキの世界    B
<佐々木マキの世界> 『ノー・シューズ』という本を図書館で借りて読んだのだが・・・ 佐々木さんが生まれ育った神戸・新長田といえば、ドングリ国の縄張りであるが・・・ 神戸にはニューカマーの大使が知らない昔のお話が、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/08 15:06
『ガロ』がつなぐ輪 B
<『ガロ』がつなぐ輪> 鶴見俊輔さんが「ガロ学派」という命名を行ったほど、漫画ムック『ガロ』は1970年代のメディアを牽引したようだが・・・ 地方にいた大使は感度が鈍いのか、『ガロ』について、大した関心がなかったわけです。 10月に赤瀬川原平さんが亡くなったが・・・ えらいこっちゃ!そんなに年が過ぎているのか。 ということで、遅ればせながら『ガロ』について、集めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/26 21:56
ノー・シューズ
<ノー・シューズ> 佐々木さんが生まれ育った神戸・新長田といえば、ドングリ国の縄張りであるが・・・ 神戸にはニューカマーの大使が知らない昔のお話が、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/26 10:47
杉浦日向子アンソロジー
<杉浦日向子アンソロジー> 最近流行っている漫画が、あまり面白くないのだ・・・ それは単に我がテイストが時流に遅れているだけかもしれないな〜。 <杉浦日向子アンソロジー> 最近流行っている漫画が、あまり面白くないのだ・・・ それは単に我がテイストが時流に遅れているだけかもしれないな〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/24 06:49
漫画あれこれ3    B
<漫画あれこれ3> 好きな漫画とか集めてみました。 ・今年(2015年)のグランプリは大友克洋! ・つげ義春ワールド ・阿部夜郎さん特製コースター ・外国漫画に描かれた日本 ・松本大洋が、ええでぇ♪ ・マンガと絵本 ・世界マンガ大系(ユリイカ増刊号) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/30 07:12
鳥頭ワールド    B
<鳥頭ワールド>   テレビドラマ化もきまり、このところメジャーに昇りつめた感があるサイバラであるが・・・ 怒りの漫画家、ブラックヒーローとしての真骨頂が薄れるんではないかと危惧しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/16 23:32
サイバラとのコラボ本    B
<サイバラとのコラボ本> 我が蔵書や図書館で借りた本から、サイバラとのコラボ本を集めてみました。 コラボする相手は玉石混交であるが、清水義範さんなんかは、あきらかに恩恵をこうむっている。 いわば・・・ 上げマンのようなサイバラである。 図書館では、伊集院静とのコラボ本を多数見かけたので、そのうち借りる予定でおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/06 20:41
松本大洋の世界     B
<松本大洋の世界 > 松本大洋に関するマンガ、本、映画、ネット情報などを集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/07 16:27
TIN TIN タンタンの冒険
<TIN TIN タンタンの冒険> 図書館で『TIN TIN タンタンの冒険その夢と現実』という大型本を借りたのですが・・・ 世界中で愛されているタンタンについて、大使が個人的に惹かれるところを紹介します。 上海の共同租界で日本軍が出てくる傑作「青い蓮」が興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/04 11:33
漫画あれこれ3    B
<漫画あれこれ3> 好きな漫画とか集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/01 21:04
つげ義春ワールド
<つげ義春ワールド> 図書館で『つげ義春ワールド ゲンセンカン主人』という本を借りたのだが、読んでゆくと既視感がわくわけで・・・ 実際、この本を読むのは2度目であることに気づいたのです。(イカン イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/30 09:07
芸術新潮1月号(特集:つげ義春)
<芸術新潮1月号(特集:つげ義春)> 『芸術新潮1月号(特集:つげ義春)』を図書館で借りて読んでいるのだが・・・・ つげさんのロングインタビューとか、高精密写真による「紅い花」原画とか、なかなか精力的な企画である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/04 14:35
朝日デジタルの書評から41
<朝日デジタルの書評から41> 日曜日の朝日新聞に読書欄があるので、ときどき切り取ってスクラップで残していたのだが、これを一歩進めて、無料デジタル版のデータで残すことにしたのです。 ・・・・で、今回のお奨めです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/24 02:44
BD 第九の芸術
<BD 第九の芸術> 『BD 第九の芸術』という本を図書館で借りたのは、メビウスについてもっと知りたかったわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/22 07:58
漫画あれこれ3 B
<漫画あれこれ3> 好きな漫画とか集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/21 08:49
図書館大好き61
<図書館大好き61> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「フランス漫画」でしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/15 14:36
漫画あれこれ2 B
<漫画あれこれ2> 好きな漫画とか集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/12 21:41
安倍夜郎さん特製コースター
<安倍夜郎さん特製コースター> 鄙の地の喫茶店で安倍夜郎さん原画展というのがあり、見に行ったのです。 あの人が安倍夜郎さんなんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/12 14:58
松本大洋が、ええでぇ♪
<松本大洋が、ええでぇ♪> 田舎のネットカフェで、久々にネットめぐりをしています。 これまた久々に日記更新です♪(といっても、原稿のコピペですが) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/20 12:51
バンド・デシネあれこれ B
<バンド・デシネあれこれ> 図書館で「バンド・デシネ徹底ガイド」を借りて読んだけど・・・ええでぇ♪ で、この際、バンド・デシネについて、あれこれ集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/10 09:12
マンガと絵本
<マンガと絵本> 『世界マンガ大系(ユリイカ 増刊号)』という本をアマゾンで購入し、読んでいるところだが、ええでぇ♪・・・「漫画と絵本」について述べられたヵ所があったので紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/03 10:30
世界マンガ大系(ユリイカ増刊号)   
<世界マンガ大系(ユリイカ増刊号)> 最近になってバンド・デシネ(BD)が隆盛してきたが、2013年あたりがBD大ブレイクの時期だったようですね。 この本の表紙に表れているように、メビウス亡き後はフランソワ・スクイテンあたりがBDを牽引しているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/01 23:21

トップへ | みんなの「漫画」ブログ

カツラの葉っぱ 大好き! 漫画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる