アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ

タイトル 日 時
『カシス川』3
『カシス川』3 <『カシス川』3> 図書館に借出し予約していた『カシス川』という本を、およそ半年待ってゲットしたのです。 胃を全摘した大使にとっては「がん」ものは、まあ、ツボともいえるので借出し予約していたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/16 17:11
中沢新一の世界
中沢新一の世界 <中沢新一の世界> 図書館で中沢新一著『アースダイバー 東京の聖地』を借りて読んでいるのだが・・・・ これまで、中沢新一の著作をかなり読んでいたことに気付いたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/16 16:20
『カシス川』2
『カシス川』2 <『カシス川』2> 図書館に借出し予約していた『カシス川』という本を、およそ半年待ってゲットしたのです。 胃を全摘した大使にとっては「がん」ものは、まあ、ツボともいえるので借出し予約していたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/16 00:04
『アースダイバー 東京の聖地』5
『アースダイバー 東京の聖地』5 <『アースダイバー 東京の聖地』5> 図書館で『アースダイバー 東京の聖地』という本を、手にしたのです。 「東京の聖地」という視点には、気がすすまないのだが・・・ 魚河岸文化という切り口がいいではないか♪ということでチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/15 23:53
『アースダイバー 東京の聖地』4
『アースダイバー 東京の聖地』4 <『アースダイバー 東京の聖地』4> 図書館で『アースダイバー 東京の聖地』という本を、手にしたのです。 「東京の聖地」という視点には、気がすすまないのだが・・・ 魚河岸文化という切り口がいいではないか♪ということでチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/15 05:29
『アースダイバー 東京の聖地』3
『アースダイバー 東京の聖地』3 <『アースダイバー 東京の聖地』3> 図書館で『アースダイバー 東京の聖地』という本を、手にしたのです。 「東京の聖地」という視点には、気がすすまないのだが・・・ 魚河岸文化という切り口がいいではないか♪ということでチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/14 13:57
『アースダイバー 東京の聖地』2
『アースダイバー 東京の聖地』2 <『アースダイバー 東京の聖地』2> 図書館で『アースダイバー 東京の聖地』という本を、手にしたのです。 「東京の聖地」という視点には、気がすすまないのだが・・・ 魚河岸文化という切り口がいいではないか♪ということでチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/14 08:36
『アースダイバー 東京の聖地』1
『アースダイバー 東京の聖地』1 <『アースダイバー 東京の聖地』1> 図書館で『アースダイバー 東京の聖地』という本を、手にしたのです。 「東京の聖地」という視点には、気がすすまないのだが・・・ 魚河岸文化という切り口がいいではないか♪ということでチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/13 16:37
『カシス川』1
『カシス川』1 <『カシス川』1> 図書館に借出し予約していた『カシス川』という本を、およそ半年待ってゲットしたのです。 胃を全摘した大使にとっては「がん」ものは、まあ、ツボともいえるので借出し予約していたのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/13 15:02
図書館大好き317
図書館大好き317 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「予約本」でしょうか♪ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/13 14:20
『単細胞にも意地がある』4
『単細胞にも意地がある』4 <『単細胞にも意地がある』4> 図書館で『単細胞にも意地がある』という本を手にしたのです。 副題が「なまこのからえばり10」となっているように、シーナが書きまくっているエッセイ集のひとつであるが・・・ 「外れ」がないところが渋い3割打者のようでもある♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/12 23:20
『BD 第九の芸術』3
『BD 第九の芸術』3 <『BD 第九の芸術』3> 図書館で『再読に 第九の芸術』という本を手にしたのです。 この本は借りた覚えがあるので確信的な再読になるのだが… 再読に堪えるというか、ま いいか♪ということで借りたのです。 (帰って調べてみたら、4年前の5月に借りていました) 大使の場合、BD(フランス漫画)といえばメビウスであり、つまるところメビウス再読になるのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/11 22:14
『アメリカ 暴力の世紀』4
『アメリカ 暴力の世紀』4 <『アメリカ 暴力の世紀』4> 図書館に借出し予約していた『アメリカ 暴力の世紀』という本を、およそ半年待ってゲットしたのです。 ジョン・ダワーといえば、日本通の学者として著名であるが・・・ トランプ時代を危惧する日本語版オリジナルの序文とやらが、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/11 18:10
『証言・街並み保存』
『証言・街並み保存』 <『証言・街並み保存』> 図書館で『証言・街並み保存』という本を、手にしたのです。 著者が進めた街並み保存に関する連続インタビューが興味深いのです。 函館、角館、妻籠、石見銀山、内子、竹富島・・・そうそうたる街並み保存である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/11 11:45
スター・ウォーズあれこれR2
スター・ウォーズあれこれR2 <スター・ウォーズあれこれR2> アメリカの映画は極力観ないように努めている大使であるが・・・ 『スター・ウォーズ』は別である。 このたび『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観たのを機に、スター・ウォーズについて、あれこれ集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/11 11:16
ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー
ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー <ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー> アメリカの映画は極力観ないように努めている大使であるが・・・ 『スター・ウォーズ』は別である。 久々に『スター・ウォーズ』のスピンオフ作品第2弾が公開されたので、いそいそと観にいったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/11 11:09
図書館予約の軌跡129
図書館予約の軌跡129 <図書館予約の軌跡129> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/11 06:20
『BD 第九の芸術』2
『BD 第九の芸術』2 <『BD 第九の芸術』2> 図書館で『再読に 第九の芸術』という本を手にしたのです。 この本は借りた覚えがあるので確信的な再読になるのだが… 再読に堪えるというか、ま いいか♪ということで借りたのです。 (帰って調べてみたら、4年前の5月に借りていました) 大使の場合、BD(フランス漫画)といえばメビウスであり、つまるところメビウス再読になるのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 23:07
『単細胞にも意地がある』3
『単細胞にも意地がある』3 <『単細胞にも意地がある』3> 図書館で『単細胞にも意地がある』という本を手にしたのです。 副題が「なまこのからえばり10」となっているように、シーナが書きまくっているエッセイ集のひとつであるが・・・ 「外れ」がないところが渋い3割打者のようでもある♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 08:51
『単細胞にも意地がある』2
『単細胞にも意地がある』2 <『単細胞にも意地がある』2> 図書館で『単細胞にも意地がある』という本を手にしたのです。 副題が「なまこのからえばり10」となっているように、シーナが書きまくっているエッセイ集のひとつであるが・・・ 「外れ」がないところが渋い3割打者のようでもある♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/09 18:48
図書館大好き316
図書館大好き316 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「好みの作家」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/09 15:59
西加奈子の世界R2
西加奈子の世界R2 <西加奈子の世界R2> 東京にコンプレックスを抱く大使が、個人的な拘りで「関西人の系譜」を作っているのだが・・・ 系譜のひとり、西加奈子さんが、このたび『サラバ!』で直木賞を受賞したとのこと。 すでにたくさんの小説を刊行している西さんだから、てっきり直木賞や芥川賞を受賞しているものと思っていたが、まだだったのが意外でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/09 06:55
『ふくわらい』1
『ふくわらい』1 <『ふくわらい』1> 図書館で『ふくわらい』という本を手にしたのです。 帰国子女にして、関西弁の使い手というのが、大使の認識であるが・・・ この小説は、かなりインターナショナルな場面設定になっているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/09 06:52
『アンブラッセ』
『アンブラッセ』 <『アンブラッセ』1> 図書館で阿刀田高著『アンブラッセ』という本を手にしたのです。 阿刀田さんといえば、ロアルド・ダールの「女主人」を発見した人だし、自身も短編小説の達人である・・・ ということで、迷いなくチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/08 23:06
『単細胞にも意地がある』1
『単細胞にも意地がある』1 <『単細胞にも意地がある』1> 図書館で『単細胞にも意地がある』という本を手にしたのです。 副題が「なまこのからえばり10」となっているように、シーナが書きまくっているエッセイ集のひとつであるが・・・ 「外れ」がないところが渋い3割打者のようでもある♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/08 16:44
『水の世界地図』5
『水の世界地図』5 <『水の世界地図』5> 図書館で『水の世界地図』という本を、手にしたのです。 内容は画像が多くビジュアルで、わりと専門的で堅い本なのだが・・・ 在職中に造水プラントにも携わっていたので、いわば守備範囲の本なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/08 07:28
『アメリカ 暴力の世紀』3
『アメリカ 暴力の世紀』3 <『アメリカ 暴力の世紀』3> 図書館に借出し予約していた『アメリカ 暴力の世紀』という本を、およそ半年待ってゲットしたのです。 ジョン・ダワーといえば、日本通の学者として著名であるが・・・ トランプ時代を危惧する日本語版オリジナルの序文とやらが、興味深いのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/07 22:13
『菅ちゃん英語で道案内しよッ!』2
『菅ちゃん英語で道案内しよッ!』2 <『菅ちゃん英語で道案内しよッ!』2> 図書館に借出し予約していた『菅ちゃん英語で道案内しよッ!』という本を、およそ半年待ってゲットしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、1ページに大きな活字で1〜2行だけという・・・ おそろしく手抜きというか、読みやすいのです♪ まさに、手抜きの菅ちゃんというべきか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/07 21:14
『ビゴーを読む』2
『ビゴーを読む』2 <『ビゴーを読む』2> 図書館で『ビゴーを読む』という絵本を、手にしたのです。 表紙の副題に「明治レアリスム版画」とあるように・・・ ビゴーに惹かれるのは、まさにその点だと思うのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/07 10:19
『菅ちゃん英語で道案内しよッ!』1
『菅ちゃん英語で道案内しよッ!』1 <『菅ちゃん英語で道案内しよッ!』1> 図書館に借出し予約していた『菅ちゃん英語で道案内しよッ!』という本を、およそ半年待ってゲットしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、1ページに大きな活字で1〜2行だけという・・・ おそろしく手抜きというか、読みやすいのです♪ まさに、手抜きの菅ちゃんというべきか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/06 23:51
『水の世界地図』4
『水の世界地図』4 <『水の世界地図』4> 図書館で『水の世界地図』という本を、手にしたのです。 内容は画像が多くビジュアルで、わりと専門的で堅い本なのだが・・・ 在職中に造水プラントにも携わっていたので、いわば守備範囲の本なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/06 14:50
『水の世界地図』3
『水の世界地図』3 <『水の世界地図』3> 図書館で『水の世界地図』という本を、手にしたのです。 内容は画像が多くビジュアルで、わりと専門的で堅い本なのだが・・・ 在職中に造水プラントにも携わっていたので、いわば守備範囲の本なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/06 08:51
『アメリカ 暴力の世紀』2
『アメリカ 暴力の世紀』2 <『アメリカ 暴力の世紀』2> 図書館に借出し予約していた『アメリカ 暴力の世紀』という本を、およそ半年待ってゲットしたのです。 ジョン・ダワーといえば、日本通の学者として著名であるが・・・ トランプ時代を危惧する日本語版オリジナルの序文とやらが、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 16:07
本に携わる職人たち2−R3
本に携わる職人たち2−R3 <本に携わる職人たち2−R3> 造本装丁に関心があるのだが・・・ 最近は、版画家やイラストレーターとの関係が気になるわけです。 …で、この際、本に携わる職人たちにについて、集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 13:17
『アメリカ 暴力の世紀』1
『アメリカ 暴力の世紀』1 <『アメリカ 暴力の世紀』1> 図書館に借出し予約していた『アメリカ 暴力の世紀』という本を、およそ半年待ってゲットしたのです。 ジョン・ダワーといえば、日本通の学者として著名であるが・・・ トランプ時代を危惧する日本語版オリジナルの序文とやらが、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 10:28
図書館予約の軌跡129
図書館予約の軌跡129 <図書館予約の軌跡129> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 08:46
『水の世界地図』2
『水の世界地図』2 <『水の世界地図』2> 図書館で『水の世界地図』という本を、手にしたのです。 内容は画像が多くビジュアルで、わりと専門的で堅い本なのだが・・・ 在職中に造水プラントにも携わっていたので、いわば守備範囲の本なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 06:10
『水の世界地図』1
『水の世界地図』1 <『水の世界地図』1> 図書館で『水の世界地図』という本を、手にしたのです。 内容は画像が多くビジュアルで、わりと専門的で堅い本なのだが・・・ 在職中に造水プラントにも携わっていたので、いわば守備範囲の本なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/04 16:14
図書館大好き315
図書館大好き315 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「予約本」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/04 14:22
『ビゴーを読む』1
『ビゴーを読む』1 <『ビゴーを読む』1> 図書館で『ビゴーを読む』という絵本を、手にしたのです。 表紙の副題に「明治レアリスム版画」とあるように・・・ ビゴーに惹かれるのは、まさにその点だと思うのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/04 07:44
原作が先か、映画が先かR6
原作が先か、映画が先かR6 <原作が先か、映画が先かR6> 最近では、小説の原作をもとに映画、テレビドラマが作られることが多いので… 「原作が先か、映画が先か」と思い悩むことも増えてきたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/04 00:14
キャット・ギャラリーあれこれ
キャット・ギャラリーあれこれ <キャット・ギャラリーあれこれ> 図書館で『キャット・ギャラリー 猫の贈りもの』というアート絵本なるものを、借りたのだが・・・ おお 古今東西の猫画像がいいではないか。 ・・・ということで猫に関する本を集めてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/03 23:40
版画あれこれR4
版画あれこれR4 <版画あれこれR4> 好きな版画を集めてみます。 (なお、浮世絵については別にとりまとめているので除外します) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/03 23:08
『変調「日本の古典」講義』4
『変調「日本の古典」講義』4 <『変調「日本の古典」講義』4> 図書館に借出し予約していた『変調「日本の古典」講義』という本を、約2週間待ってゲットしたのです。 タイトルが難しそうな本は、早期ゲットには狙い目でんな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/02 21:01
『変調「日本の古典」講義』3
『変調「日本の古典」講義』3 <『変調「日本の古典」講義』3> 図書館に借出し予約していた『変調「日本の古典」講義』という本を、約2週間待ってゲットしたのです。 タイトルが難しそうな本は、早期ゲットには狙い目でんな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/02 14:19
『国のない男』2
『国のない男』2 <『国のない男』2> 図書館で『国のない男』という本を、手にしたのです。 ヴォネガットのSF作品のファンだったわけではないが・・・ このアメリカを代表する作家の遺作エッセイ集とあれば、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/02 02:02
『国のない男』1
『国のない男』1 <『国のない男』1> 図書館で『国のない男』という本を、手にしたのです。 ヴォネガットのSF作品のファンだったわけではないが・・・ このアメリカを代表する作家の遺作エッセイ集とあれば、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/01 20:20
『木版画の楽しみ』2
『木版画の楽しみ』2 <『木版画の楽しみ』2> 図書館で『木版画の楽しみ』という本を、手にしたのです。 著者の作品が目を引くのはもちろんであるが・・・ 技法の説明が懇切丁寧で、和綴じの製本、版画の売り方まで網羅しているという優れもんやでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/01 12:39
『変調「日本の古典」講義』2
『変調「日本の古典」講義』2 <『変調「日本の古典」講義』2> 図書館に借出し予約していた『変調「日本の古典」講義』という本を、約2週間待ってゲットしたのです。 タイトルが難しそうな本は、早期ゲットには狙い目でんな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/01 07:22
『キャット・ギャラリー 猫の贈りもの』3
『キャット・ギャラリー 猫の贈りもの』3 <『キャット・ギャラリー 猫の贈りもの』3> 図書館で『キャット・ギャラリー 猫の贈りもの』というアート絵本なるものを、手にしたのです。 おお 古今東西の猫画像がいいではないか。 巻末には切り取り可能なポストカード集がついている、粋な絵本やでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/30 19:25
『変調「日本の古典」講義』1
<『変調「日本の古典」講義』1> 図書館に借出し予約していた『変調「日本の古典」講義』という本を、約2週間待ってゲットしたのです。 タイトルが難しそうな本は、早期ゲットには狙い目でんな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/30 19:12
図書館大好き314
今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「アート」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/30 12:35
『木版画の楽しみ』1
<『木版画の楽しみ』1> 図書館で『木版画の楽しみ』という本を、手にしたのです。 著者の作品が目を引くのはもちろんであるが・・・ 技法の説明が懇切丁寧で、和綴じの製本、版画の売り方まで網羅しているという優れもんやでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/29 23:31
『キャット・ギャラリー 猫の贈りもの』2
<『キャット・ギャラリー 猫の贈りもの』2> 図書館で『キャット・ギャラリー 猫の贈りもの』というアート絵本なるものを、手にしたのです。 おお 古今東西の猫画像がいいではないか。 巻末には切り取り可能なポストカード集がついている、粋な絵本やでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/29 16:29
『キャット・ギャラリー 猫の贈りもの』1
<『キャット・ギャラリー 猫の贈りもの』1> 図書館で『キャット・ギャラリー 猫の贈りもの』というアート絵本なるものを、手にしたのです。 おお 古今東西の猫画像がいいではないか。 巻末には切り取り可能なポストカード集がついている、粋な絵本やでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/29 14:54
予約分受取目録R15
<予約分受取目録R15> 歳のせいか、このところ図書館での2度借りが増えてきたのです。 これではいかん! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/29 06:37
日米中EV対決R5
<日米中EV対決R5> 世界最大の自動車市場である中国で、ハイブリッド車を飛び越えてEVの普及が進んでいます。 中国政府は2020年までにEVを累計500万台普及させる計画を打ち出して、やる気充分のようです。。 また、コバンザメのようなLG化学、サムスンSDIなど韓国メーカーが電気自動車(EV)用バッテリーのコモディティ化に邁進しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/28 07:43
『EVシフト』
<『EVシフト』> 本屋の店頭に『EVシフト』という興味深い新刊が並べてあります。 図書館が購入していないか調べてみたら、購入、収蔵していたのです。 やれ嬉や♪ さっそく、この本を図書館に借だし予約したのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/28 07:30
図書館予約の軌跡128
<図書館予約の軌跡128> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/27 22:01
ブレードランナーあれこれR4
<ブレードランナーあれこれR4> 「ブレードランナー」を越えるSF映画がなかなか現れないが・・・・ それだけ、この映画が素晴らしいことの証しなんでしょうね♪ 『SF映画の世界』というムック本を借りたこの際、「ブレードランナー」に限定してあれこれ集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/27 20:26
映画美術といえばシド・ミード(再掲)
<映画美術といえばシド・ミード(再掲)> 映画美術といえば、ブレード・ランナーの美術シド・ミードなんですね、大使の場合。 表紙に「シド・ミード大特集」と大書した「映像+ 2」という本を大学図書館で見つけたのです。 「これや、これや、この本や」 ・・・・ということで、エッセンスを紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/27 14:12
原作が先か、映画が先かR5
<原作が先か、映画が先かR5> 最近では、小説の原作をもとに映画、テレビドラマが作られることが多いので… 「原作が先か、映画が先か」と思い悩むことも増えてきたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/27 06:01
『日の名残り』を観た
<『日の名残り』を観た> たいがいのDVDは大学図書館に置いてあるが、そこにも置いてないDVDもあるわけで、とうとう、ツ〇ヤの会員カードを作ったのです。 そのカードを提示して借りた第1作がカズオ・イシグロ原作の『日の名残り』でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/26 21:39
『かぐや姫はいやな女』3
<『かぐや姫はいやな女』3> 図書館で『かぐや姫はいやな女』という本を、手にしたのです。 シーナがエンタメ系SFの能力を遺憾なく発揮した本になっておるようです♪ ・・・さすがにプロはちがうぜ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/26 21:38
『歌が街を照らした時代』3
<『歌が街を照らした時代』3> 図書館で『歌が街を照らした時代』という本を、手にしたのです。 著者の年代は大使よりちょっと古いのだが、著者の選ぶ歌がいいわけで・・・たまりません♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/26 08:05
『かぐや姫はいやな女』2
<『かぐや姫はいやな女』2> 図書館で『かぐや姫はいやな女』という本を、手にしたのです。 シーナがエンタメ系SFの能力を遺憾なく発揮した本になっておるようです♪ ・・・さすがにプロはちがうぜ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/26 00:40
『かぐや姫はいやな女』1
<『かぐや姫はいやな女』1> 図書館で『かぐや姫はいやな女』という本を、手にしたのです。 シーナがエンタメ系SFの能力を遺憾なく発揮した本になっておるようです♪ ・・・さすがにプロはちがうぜ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/25 21:07
『歌が街を照らした時代』2
<『歌が街を照らした時代』2> 図書館で『歌が街を照らした時代』という本を、手にしたのです。 著者の年代は大使よりちょっと古いのだが、著者の選ぶ歌がいいわけで・・・たまりません♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/25 08:37
版画あれこれR3
<版画あれこれR3> 好きな版画を集めてみます。 (なお、浮世絵については別にとりまとめているので除外します) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/25 06:35
『幻想の版画』1
<『幻想の版画』1> 図書館で『幻想の版画』という本を、手にしたのです。 おお ルドン、ゴヤ、ブリューゲルの銅版画が出揃っていて・・・ とにかく、線描画やモノクロ銅版画には惹かれるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 17:23
『ゴヤ/銅版画集』1
<『ゴヤ/銅版画集』1> 図書館で『ゴヤ/銅版画集』という本を、手にしたのです。 数多くの多彩な銅版画に圧倒されるのだが・・・ いずれの絵にも、どういうわけか現代的な視点が感じられるわけで、その理由が知りたいのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 14:56
図書館大好き313
今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「モノクロ調」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 13:47
『歌が街を照らした時代』1
<『歌が街を照らした時代』1> 図書館で『歌が街を照らした時代』という本を、手にしたのです。 著者の年代は大使よりちょっと古いのだが、著者の選ぶ歌がいいわけで・・・たまりません♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 00:11
『ミヒャエル・エンデが教えてくれたこと』2
『ミヒャエル・エンデが教えてくれたこと』2 図書館で『ミヒャエル・エンデが教えてくれたこと』という本を、手にしたのです。 ビジュアルな「とんぼの本」シリーズなので、絵本作家エンデを知るには最適ではないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/23 09:31
『小村雪岱随筆集』3
<『小村雪岱随筆集』3> 図書館で『小村雪岱随筆集』という本を、手にしたのです。 おお 表紙の線描画が小粋ではないけ・・・背景が白一色というのがいいのかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/23 07:47
本に携わる職人たち2−R2
<本に携わる職人たち2−R2> 造本装丁に関心があるのだが・・・ 最近は、版画家やイラストレーターとの関係が気になるわけです。 …で、この際、本に携わる職人たちにについて、集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/23 00:25
『日本の手仕事』2
<『日本の手仕事』2> 図書館で『日本の手仕事』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると・・・ 山繭の織物、奈良墨、輪島塗、宮古上布、南部鉄器、等々・・・素晴らしい手仕事が載っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/22 20:04
『日本の手仕事』1
<『日本の手仕事』1> 図書館で『日本の手仕事』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると・・・ 山繭の織物、奈良墨、輪島塗、宮古上布、南部鉄器、等々・・・素晴らしい手仕事が載っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/22 16:17
『小村雪岱随筆集』2
<『小村雪岱随筆集』2> 図書館で『小村雪岱随筆集』という本を、手にしたのです。 おお 表紙の線描画が小粋ではないけ・・・背景が白一色というのがいいのかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/22 09:19
『小村雪岱随筆集』1
<『小村雪岱随筆集』1> 図書館で『小村雪岱随筆集』という本を、手にしたのです。 おお 表紙の線描画が小粋ではないけ・・・背景が白一色というのがいいのかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 20:42
『頭に来てもアホとは戦うな!』5
<『頭に来てもアホとは戦うな!』5> 図書館に予約していた『頭に来てもアホとは戦うな!』という本を、ゲットしたのです。図書館に借出し予約してほぼ半年でゲットしたが・・・ この本はまだ本屋の棚に並んでいるわけで、いわゆるロングセラーなんでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 12:01
図書館大好き312
今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「挿絵作家」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 11:43
『オペレーションZ』
<『オペレーションZ』> 図書館に予約していた『オペレーションZ』という本を、ゲットしたのです。 財務省の劣化が現実に起きた今、この経済シュミレーションが現実味があるだけに怖い気がするのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 07:26
『ミヒャエル・エンデが教えてくれたこと』1
『ミヒャエル・エンデが教えてくれたこと』1 図書館で『ミヒャエル・エンデが教えてくれたこと』という本を、手にしたのです。 ビジュアルな「とんぼの本」シリーズなので、絵本作家エンデを知るには最適ではないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 22:41
『頭に来てもアホとは戦うな!』4
<『頭に来てもアホとは戦うな!』4> 図書館に予約していた『頭に来てもアホとは戦うな!』という本を、ゲットしたのです。図書館に借出し予約してほぼ半年でゲットしたが・・・ この本はまだ本屋の棚に並んでいるわけで、いわゆるロングセラーなんでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 20:57
『サン=テグジュベリの世界』1
<『サン=テグジュベリの世界』1> 図書館で『サン=テグジュベリの世界』という本を、手にしたのです。 ずばり『サン=テグジュベリの世界』という本を借りたのだが・・・ この本で砂漠に触れたあたりが、大使のツボを打つわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 16:03
サン=テグジュペリの世界R3
<サン=テグジュペリの世界R3> サン=テグジュペリがいいというか・・・ 砂漠と飛行機という取り合わせが好きなわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 15:57
『頭に来てもアホとは戦うな!』3
<『頭に来てもアホとは戦うな!』3> 図書館に予約していた『頭に来てもアホとは戦うな!』という本を、ゲットしたのです。図書館に借出し予約してほぼ半年でゲットしたが・・・ この本はまだ本屋の棚に並んでいるわけで、いわゆるロングセラーなんでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 08:23
『頭に来てもアホとは戦うな!』2
デジタルデバイドの鄙の地から神戸に帰ってきました。 4日ぶりにネット環境がととのったので、読書ブログ(のようなもの)を再開します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/19 23:33
『透明水彩の50作品とキーワード』2
<『透明水彩の50作品とキーワード』2> 図書館で『透明水彩の50作品とキーワード』という本を、手にしたのです。 おお 永山裕子さんの透明水彩ではないか♪ 永山さんの透明水彩は、このところミニブームになった感じがするのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/15 17:13
『頭に来てもアホとは戦うな!』1
<『頭に来てもアホとは戦うな!』1> 図書館に予約していた『頭に来てもアホとは戦うな!』という本を、ゲットしたのです。図書館に借出し予約してほぼ半年でゲットしたが・・・ この本はまだ本屋の棚に並んでいるわけで、いわゆるロングセラーなんでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/15 15:34
『透明水彩の50作品とキーワード』1
<『透明水彩の50作品とキーワード』1> 図書館で『透明水彩の50作品とキーワード』という本を、手にしたのです。 おお 永山裕子さんの透明水彩ではないか♪ 永山さんの透明水彩は、このところミニブームになった感じがするのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 23:18
図書館大好き311
今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「予約本」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 21:32
『僕たちの居場所論』2
<『僕たちの居場所論』2> 図書館で『僕たちの居場所』という新書を、手にしたのです。 内田樹、平川克美、名越さんという朋友が、現状の居場所やニッポンを語っているので見てみようと思ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 14:36
『わたしたちが孤児だったころ』
<『わたしたちが孤児だったころ』> 図書館に予約していた『わたしたちが孤児だったころ』という本を、ゲットしたのです。 カズオ・イシグロがノーベル賞を受賞したことだし・・・ ということで予約していたのだが、ゲッ、かなり分厚い本である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 08:10
是枝監督アンソロジーR4
<是枝監督アンソロジーR4> カンヌ国際映画祭のパルムドール賞受賞で話が持ちきりの是枝監督、リリー・フランキーであるが・・・ リリーさんの演技力は、前作『そして父になる』で証明済みでしたね♪ それから、是枝作品に登場した役者としてはYOUさんの怪演もよかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 01:38
『映画の言葉を聞く』3
<『映画の言葉を聞く』3> 図書館で『映画の言葉を聞く』という本を、手にしたのです。 表紙の副題にもあるとおり、早稲田大学講義禄となっていて堅い本かと思ったが・・・ ぱらぱらとめくってみると、登場する映画人、その内容などの充実ぶりに驚くわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 22:16
『映画の言葉を聞く』2
<『映画の言葉を聞く』2> 図書館で『映画の言葉を聞く』という本を、手にしたのです。 表紙の副題にもあるとおり、早稲田大学講義禄となっていて堅い本かと思ったが・・・ ぱらぱらとめくってみると、登場する映画人、その内容などの充実ぶりに驚くわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 08:55
『僕たちの居場所論』1
<『僕たちの居場所論』1> 図書館で『僕たちの居場所』という新書を、手にしたのです。 内田樹、平川克美、名越さんという朋友が、現状の居場所やニッポンを語っているので見てみようと思ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 06:38
『関西人と関東人の味の違いに驚く本』2
<『関西人と関東人の味の違いに驚く本』2> 図書館で『関西人と関東人の味の違いに驚く本』という本を、手にしたのです。 関東コンプレックスがある大使にとって、この種の本は避けて通るわけにはいかないのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 01:46
『亡き人へのレクイエム』2
<『亡き人へのレクイエム』2> 図書館で『亡き人へのレクイエム』という本を、手にしたのです。 池内さんは、米原万里や杉浦日向子を取り上げたりしてかなりシブいので、かねてより注目していたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/12 07:56
『関西人と関東人の味の違いに驚く本』1
<『関西人と関東人の味の違いに驚く本』1> 図書館で『関西人と関東人の味の違いに驚く本』という本を、手にしたのです。 関東コンプレックスがある大使にとって、この種の本は避けて通るわけにはいかないのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/12 01:14
『映画の言葉を聞く』1
<『映画の言葉を聞く』1> 図書館で『映画の言葉を聞く』という本を、手にしたのです。 表紙の副題にもあるとおり、早稲田大学講義禄となっていて堅い本かと思ったが・・・ ぱらぱらとめくってみると、登場する映画人、その内容などの充実ぶりに驚くわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 22:28
『亡き人へのレクイエム』1
<『亡き人へのレクイエム』1> 図書館で『亡き人へのレクイエム』という本を、手にしたのです。 池内さんは、米原万里や杉浦日向子を取り上げたりしてかなりシブいので、かねてより注目していたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 20:40
図書館大好き310
今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「予約本」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 16:10
『透明水彩の作品とレッスン』2
<『透明水彩の作品とレッスン』2> 図書館で『透明水彩の作品とレッスン』という本を、手にしたのです。 いま『透明水彩なるほどレッスン』という本を借りているのだが、この本もいいではないかと借りたのです。 この本では、14人の作家を取り上げています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 07:04
『透明水彩の作品とレッスン』1
<『透明水彩の作品とレッスン』1> 図書館で『透明水彩の作品とレッスン』という本を、手にしたのです。 いま『透明水彩なるほどレッスン』という本を借りているのだが、この本もいいではないかと借りたのです。 この本では、14人の作家を取り上げています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/10 21:28
『透明水彩なるほどレッスン』4
<『透明水彩なるほどレッスン』4> 図書館で『透明水彩なるほどレッスン』という本を、手にしたのです。 おお 暇な大使は、暇になったら絵を描くのだった。 水彩画の画材もぼつぼつ揃ってきたので、このような本の出番である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/10 07:27
文章修業のインデックスR7
<文章修業のインデックスR7> 又吉直樹さんが芥川賞を受賞して以来、作家へのハードルが下がったので(それは錯覚です)、「よし 俺もいっちょう」と思うのである。 …で、これまで集めた文章修業ハウツーのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 14:30
図書館予約の軌跡127
<図書館予約の軌跡127> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 09:53
新聞連載コラムのスクラップ
<新聞連載コラムのスクラップ> 朝日新聞に連載されているコラムを、クリアファイルにスクラップしているのだが・・・スクラップは増える一方で、クリエイティブかと問われれば、?がつくのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 08:16
『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』3
<『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』3> 図書館で『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』という本を、手にしたのです。 シーナのエッセイ集をわりと読んでいるが、外れが無いのがいいではないか♪ 3割打者のようなエッセイ集やで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 07:32
暇になったら、絵を描くのだったR4
<暇になったら、絵を描くのだったR4> おおそうだ、暇になったら、絵を描くのだったんだ♪ ということで・・・画材は買っていないけど、過去の日記から水彩画のページを並べてみます。 やる気が煮詰まってきたら、しめたものだが・・・・はたして? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 23:47
原田マハの世界
<原田マハの世界> 図書館で『あなたは、誰かの大切な人』という本を、手にしたのです。 この本のタイトルがええなあ♪ 「あなたは、誰かの大切な人」ってか・・・生きるうえの知恵とでもいうもんやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 21:34
図書館大好き309
今回借りた3冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「アート」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 16:22
シーナの写真付き旅行記R3
<シーナの写真付き旅行記R3> 図書館で借りた『国境越え』という本を読み始めたのだが… シーナの写真付き旅行記はかなりの数になるようで、この本の出された2012年時点で25冊にものぼるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 15:10
『ONCE UPON A TIME』
<『ONCE UPON A TIME』> 図書館に予約していた『ONCE UPON A TIME』という本を、ゲットしたのです。 図書館でこの本を見たとき、「ゲッ 大型本やないけ!」 と驚いたのだが、実物を見ずに予約するので、よくあるパターンでおます、どうでもいいけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 08:41
『透明水彩なるほどレッスン』3
<『透明水彩なるほどレッスン』3> 図書館で『透明水彩なるほどレッスン』という本を、手にしたのです。 おお 暇な大使は、暇になったら絵を描くのだった。 水彩画の画材もぼつぼつ揃ってきたので、このような本の出番である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 23:15
『透明水彩なるほどレッスン』2
<『透明水彩なるほどレッスン』2> 図書館で『透明水彩なるほどレッスン』という本を、手にしたのです。 おお 暇な大使は、暇になったら絵を描くのだった。 水彩画の画材もぼつぼつ揃ってきたので、このような本の出番である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 22:25
『透明水彩なるほどレッスン』1
<『透明水彩なるほどレッスン』1> 図書館で『透明水彩なるほどレッスン』という本を、手にしたのです。 おお 暇な大使は、暇になったら絵を描くのだった。 水彩画の画材もぼつぼつ揃ってきたので、このような本の出番である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 16:26
シェールガスに期待できるか?4
<シェールガスに期待できるか?4> 日本の商社が争うように開発権益を取得しているシェールガスであるが・・・・ 環境破壊を伴うような採掘方法が問題視されています。 米国で沸く「シェールガス革命」に期待していいんでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 10:49
予約分受取目録R14
<予約分受取目録R14> 歳のせいか、このところ図書館での2度借りが増えてきたのです。 これではいかん! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 01:34
『図解 シェールガス革命』4
<『図解 シェールガス革命』4> 図書館で『図解 シェールガス革命』という本を、手にしたのです。 いまガソリンが値上がりしているが、これにはイランとアメリカの対立、そして石油とシェールガスの価格競争などが絡んでいるはずである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 22:09
是枝監督アンソロジーR3
<是枝監督アンソロジーR3> カンヌ国際映画祭のパルムドール賞受賞で話が持ちきりの是枝監督、リリー・フランキーであるが・・・ リリーさんの演技力は、前作『そして父になる』で証明済みでしたね♪ それから、是枝作品に登場した役者としてはYOUさんの怪演もよかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 21:41
『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』2
<『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』2> 図書館で『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』という本を、手にしたのです。 シーナのエッセイ集をわりと読んでいるが、外れが無いのがいいではないか♪ 3割打者のようなエッセイ集やで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 14:34
図書館予約の軌跡126
<図書館予約の軌跡127> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 08:34
『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』1
<『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』1> 図書館で『ひとりガサゴソノ飲む夜は・・・』という本を、手にしたのです。 シーナのエッセイ集をわりと読んでいるが、外れが無いのがいいではないか♪ 3割打者のようなエッセイ集やで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 06:29
『図解 シェールガス革命』3
<『図解 シェールガス革命』3> 図書館で『図解 シェールガス革命』という本を、手にしたのです。 いまガソリンが値上がりしているが、これにはイランとアメリカの対立、そして石油とシェールガスの価格競争などが絡んでいるはずである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/05 14:10
『図解 シェールガス革命』2
<『図解 シェールガス革命』2> 図書館で『図解 シェールガス革命』という本を、手にしたのです。 いまガソリンが値上がりしているが、これにはイランとアメリカの対立、そして石油とシェールガスの価格競争などが絡んでいるはずである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 09:53
『図解 シェールガス革命』1
<『図解 シェールガス革命』1> 図書館で『図解 シェールガス革命』という本を、手にしたのです。 いまガソリンが値上がりしているが、これにはイランとアメリカの対立、そして石油とシェールガスの価格競争などが絡んでいるはずである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 09:30
イザベラ・バードの世界
<イザベラ・バードの世界> 慶大渡辺教授が古い紀行文の魅力を、いみじくも「リアルに追体験」と表現しているが・・・ 大使がイザベラ・バードの「日本奥地紀行」読んだときの感想が、まさにそのとおりだった。 昔の、はたまた現代の人類学的紀行が興味深いのであるが、そんな本を集めてみました。 ・日本奥地紀行1 ・中国奥地紀行1 ・イトウの恋 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 07:35
『短編小説より愛をこめて』1
<『短編小説より愛をこめて』1> 図書館で『短編小説より愛をこめて』という本を、手にしたのです。 巻末い載っている“私の愛した短編小説20”というリストがええでぇ♪ なお、借りたのは2006年刊のハードカバーでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 07:21
図書館大好き308
今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「エッセイ集」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/04 20:01
『役者リリー・フランキー』
<『役者リリー・フランキー』> カンヌ国際映画祭のパルムドール賞受賞で話が持ちきりの是枝監督、リリー・フランキーであるが・・・ リリーさんの演技力は、前作『そして父になる』で証明済みでしたね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/04 13:49
ロアルド・ダールと阿刀田高の出会い
<ロアルド・ダールと阿刀田高の出会い> 図書館で『短編小説より愛をこめて』という本を借りて読んでいるのだが・・・ 阿刀田さんが、いかに短編小説を愛でているかよくわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/03 23:49
新聞スクラップの断捨離R1
<新聞スクラップの断捨離R1> 朝日デジタルに契約し、書評や論評などをブログに取り込んで利用しているのだが・・・朝日デジタルに契約したあとも、アナログな新聞スクラップは増えこそすれ、いっこうに減らないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/03 16:05
『マリコ/マリキータ』2
<『マリコ/マリキータ』2> 図書館で『マリコ/マリキータ』という本を、手にしたのです。 池澤さんの初期の短篇集であるが・・・ 名も知らぬ遠き島より流れ着いたような感じがするわけで、チョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/03 06:06
『アメリカが今も恐れる軍事大国ニッポン』2
<『アメリカが今も恐れる軍事大国ニッポン』2> 図書館で『アメリカが今も恐れる軍事大国ニッポン』という本を手にしたのです。 大使思うに「そんなに買いかぶられる覚えはないんやけど」ということで、気になるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/02 08:07
『イトウの恋』
<『イトウの恋』> 図書館で『イトウの恋』という本を手にしたのです。 おお イザベラ・バードの通訳と関係を重ねて描くという着想が、いいではないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 23:57
中島京子の世界R6
<中島京子の世界R6> 先日、『のろのろ歩け』という中篇小説集を読んで良かったのだが・・・ 中島京子が「河合隼雄物語賞・学芸賞」の物語賞を受賞したと、新聞に載っていました。 ・・・河合隼雄物語賞とは西加奈子も受賞した渋い賞である♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 22:20
池澤夏樹の世界R3
<池澤夏樹の世界R3> 先日、池澤夏樹の新作『キトラ・ボックス』を図書館に予約したが、借りられるのは3、4ヶ月ほど先になるのではと予想されるのです。 この小説が気になるのは、新疆ウイグル自治区から赴任した女性研究員が登場するとのことで、『氷山の南』で登場したアボリジニの絵描きを彷彿とするわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 14:42
新海誠の空 R1
<新海誠の空 R1> 新海誠のネット画像がきれいです。特に空がいいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 14:31
『マリコ/マリキータ』1
<『マリコ/マリキータ』1> 図書館で『マリコ/マリキータ』という本を、手にしたのです。 池澤さんの初期の短篇集であるが・・・ 名も知らぬ遠き島より流れ着いたような感じがするわけで、チョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 08:08
『陽気なイエスタデイ』5
<『陽気なイエスタデイ』5> 図書館で『陽気なイエスタデイ』という本を手にしたのです。 なんか既視感のある本であるが、ま、いいかと借りたのだが・・・ 帰って調べてみたら、借りるのは二度目でした(イカン、イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/31 23:03
『椎名誠写真館』2
<『椎名誠写真館』2> 図書館で『椎名誠写真館』という本を手にしたのです。 おお 椎名誠の写真集&エッセイではないか♪ なんか既視感のある本であるが、ま、いいかと借りたのだが・・・ 帰って調べてみたら、借りるのは二度目でした(イカン、イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/31 22:40
図書館大好き307
今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「イカン、イカン、二度目やで」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/31 15:04
映画美術3-R1
<映画美術3-R1> 映画美術とか、アニメとか、SF画像とか集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/31 08:12
クールジャパンあれこれ3−R1
<クールジャパンあれこれ3−R1> 最近は百家争鳴のようなクールジャパンについて集めてみました。 お役所主導の縄張り争いのような、経済優先の薄っぺらの文化政策は、叩きがいがあるんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/31 07:42
『山本二三 風景を描く』
<『山本二三 風景を描く』1> 図書館で『山本二三 風景を描く』という本を、手にしたのです。 風景描写のテクニックってか・・・ 若きアニメーター向けのハウツー本であるが、その意に介せず借りるところが、大使のアホなところでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/30 10:07
『アメリカが今も恐れる軍事大国ニッポン』1
<『アメリカが今も恐れる軍事大国ニッポン』1> 図書館で『アメリカが今も恐れる軍事大国ニッポン』という本を手にしたのです。 大使思うに「そんなに買いかぶられる覚えはないんやけど」ということで、気になるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/30 07:25
『翻訳出版編集後記』2
<『翻訳出版編集後記』2> 図書館に予約していた『翻訳出版編集後記』という本を、待つこと4日でゲットしたのです。 先日、工藤幸雄著『ぼくの翻訳人生』という本を読んで以来、ちょっとした翻訳出版ミニブームとなっているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 20:21
『定年後の知的生産術』7
<『定年後の知的生産術』7> 本屋の店頭で『定年後の知的生産術』という新書を、手にしたのです。 クリエイティブ・シニアを応援する一冊ってか・・・ええなあ♪ 本は図書館で借りるものとなってしまった大使にとって、新刊本を購入するのは久しぶりのことでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 09:56
通訳、翻訳についてR6
<通訳、翻訳についてR6> 通訳、翻訳について集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 06:28
『翻訳出版編集後記』1
<『翻訳出版編集後記』1> 図書館に予約していた『翻訳出版編集後記』という本を、待つこと4日でゲットしたのです。 先日、工藤幸雄著『ぼくの翻訳人生』という本を読んで以来、ちょっとした翻訳出版ミニブームとなっているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 02:02
『らくだの話』3
<『らくだの話』3> 図書館で『らくだの話』という本を、手にしたのです。 砂漠やラクダには、大使のツボがうずくのであるが・・・ シーナの場合はオーストラリアの砂漠でラクダ狩りを敢行しているわけで、一目置いているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 00:37
図書館予約の軌跡125
<図書館予約の軌跡125> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/27 10:53
『ニューギニア紀行』2
<『ニューギニア紀行』2> 図書館に借出し予約していた『ニューギニア紀行』という文庫本を、ゲットしたのです。ニューギニアに長期間滞在し、原住民の中でフィールド・ワークを敢行した学術的スピリッツがすごい♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/27 09:44
『江戸かわいい動物』2
<『江戸かわいい動物』2> 図書館で『江戸かわいい動物』という本を、手にしたのです。 おお 大使の好きなビジュアル本で・・・ しかも、表紙も中の画像もカワイイので、迷わずチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/27 08:52
図書館予約の軌跡124
<図書館予約の軌跡124> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/27 05:42
『江戸かわいい動物』1
図書館で『江戸かわいい動物』という本を、手にしたのです。 おお 大使の好きなビジュアル本で・・・ しかも、表紙も中の画像もカワイイので、迷わずチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/26 23:59
駱駝あれこれ
<駱駝あれこれ> 砂漠やラクダには、大使のツボがうずくのであるが・・・ シーナの場合はオーストラリアの砂漠でラクダ狩りを敢行しているわけで、一目置いているのです。 ・・・ということで、ラクダについて集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/26 15:10
図書館大好き306
今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「ニッポン」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/26 14:32
『悪貨』2
<『悪貨』2> 図書館で『悪貨』という本を手にしたのです。 おお 島田雅彦の経済小説ってか・・・ なんか場違いな感じがするのだが、まず読んでから評価してみましょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/26 06:17
『らくだの話』2
<『らくだの話』2> 図書館で『らくだの話』という本を、手にしたのです。 砂漠やラクダには、大使のツボがうずくのであるが・・・ シーナの場合はオーストラリアの砂漠でラクダ狩りを敢行しているわけで、一目置いているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/25 22:26
『悪貨』
<『悪貨』> 図書館で『悪貨』という本を手にしたのです。 おお 島田雅彦の経済小説ってか・・・ なんか場違いな感じがするのだが、まず読んでから評価してみましょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/25 17:21
『海の帝国』2
<『海の帝国』2> 図書館で『海の帝国』という、新書を、手にしたのです。 現在、中国の海洋進出が米中摩擦を生んでいるように・・・今日的、地政学的なこの海域をいかにマネージするかという立体的歴史観がええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/25 08:49
文章修業のインデックスR7
<文章修業のインデックスR7> 又吉直樹さんが芥川賞を受賞して以来、作家へのハードルが下がったので(それは錯覚です)、「よし 俺もいっちょう」と思うのである。 …で、これまで集めた文章修業ハウツーのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/25 07:17
『ニューギニア紀行』1
<『ニューギニア紀行』1> 図書館に借出し予約していた『ニューギニア紀行』という文庫本を、ゲットしたのです。ニューギニアに長期間滞在し、原住民の中でフィールド・ワークを敢行した学術的スピリッツがすごい♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/24 23:57
『海の帝国』1
<『海の帝国』1> 図書館で『海の帝国』という、新書を、手にしたのです。 現在、中国の海洋進出が米中摩擦を生んでいるように・・・今日的、地政学的なこの海域をいかにマネージするかという立体的歴史観がええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/24 21:46
『らくだの話』1
<『らくだの話』1> 図書館で『らくだの話』という本を、手にしたのです。 砂漠やラクダには、大使のツボがうずくのであるが・・・ シーナの場合はオーストラリアの砂漠でラクダ狩りを敢行しているわけで、一目置いているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/24 07:10
『定年後の知的生産術』6
本屋の店頭で『定年後の知的生産術』という新書を、手にしたのです。 クリエイティブ・シニアを応援する一冊ってか・・・ええなあ♪ 本は図書館で借りるものとなってしまった大使にとって、新刊本を購入するのは久しぶりのことでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/24 05:17
図書館大好き305
今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「アジア、オセアニア」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/24 04:41
『宅配クライシス』2
<『宅配クライシス』2> 図書館で『宅配クライシス』という本を、手にしたのです。 要するに、eコマースあるいは強すぎるアマゾンに対して、日本の物流業界はいかに対応したのか?するのか?・・・ 興味深いのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/10 21:38
『富士山噴火と巨大カルデラ噴火(ニュートン別冊)』
<『富士山噴火と巨大カルデラ噴火(ニュートン別冊)』> 図書館で『富士山噴火と巨大カルデラ噴火(ニュートン別冊)』という本を、手にしたのです。 霧島連山の新燃岳がこの6日に7年ぶりに噴火し、現在も時間をおいて噴火を繰り返している最中なので、この本にはホットな関心があったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/10 16:14
『宅配クライシス』1
<『宅配クライシス』1> 図書館で『宅配クライシス』という本を、手にしたのです。 要するに、eコマースあるいは強すぎるアマゾンに対して、日本の物流業界はいかに対応したのか?するのか?・・・ 興味深いのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/10 09:17
『サライ(2017年11月号)』2
<『サライ(2017年11月号)』2> 図書館で『サライ(2017年11月号)』という雑誌を、手にしたのです。 北斎の大特集となっているが、この雑誌を見落としていたのは不覚であった・・・ ということで、即、借りたわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/10 07:19
北斎あれこれR2     B
<北斎あれこれR2> 北斎を描くアニメ映画『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』が近日公開されるし、この際、北斎をきわめておくか、と思いたったわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/10 01:41
図書館大好き290
<図書館大好き290> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/09 15:44
『サライ(2017年11月号)』1
<『サライ(2017年11月号)』1> 図書館で『サライ(2017年11月号)』という雑誌を、手にしたのです。 北斎の大特集となっているが、この雑誌を見落としていたのは不覚であった・・・ ということで、即、借りたわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/09 09:49
『(日本人)』2
<『(日本人)』2> 図書館で『(日本人)』という本を、手にしたのです。 目次を見てみると、興味深い項目が並んでいて、切り口の鋭さが表れているようで・・・ええでえぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/08 15:40
『(日本人)』1
<『(日本人)』1> 図書館で『(日本人)』という本を、手にしたのです。 目次を見てみると、興味深い項目が並んでいて、切り口の鋭さが表れているようで・・・ええでえぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/08 07:20
『日本語のこころ』3
<『日本語のこころ』3> 図書館で『日本語のこころ』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると・・・日本語関連ももちろんで、なかなか読みどころの多いエッセイ集になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/08 00:19
『ビッグデータの罠』3
<『ビッグデータの罠』3> 図書館に予約していた『ビッグデータの罠』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。 先日の朝日の記事(ニッポンの宿題)個人データ どこまでを読むにつけ、えらいこっちゃ!ということで、この本を図書館に予約していたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/07 06:57
『日本語のこころ』2
<『日本語のこころ』2> 図書館で『日本語のこころ』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると・・・日本語関連ももちろんで、なかなか読みどころの多いエッセイ集になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/07 01:11
『気になる日本語』3
<『気になる日本語』3> 図書館で『気になる日本語』という本を、手にしたのです。 目次を見ると「気になる日本語」もさることながら、クリント・イーストウッドとか映画「ゴールデンスランバー」が出て来るのがいかにも小林信彦ふうで、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/06 16:22
『ひとり出版社という働きかた』2
<『ひとり出版社という働きかた』2> 図書館に予約していた『ひとり出版社という働きかた』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。 奇しくも『コンパス綺譚』という本を紹介したところだが、この本もひとり出版社から出版されたものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/06 09:55
『気になる日本語』2
<『気になる日本語』2> 図書館で『気になる日本語』という本を、手にしたのです。 目次を見ると「気になる日本語」もさることながら、クリント・イーストウッドとか映画「ゴールデンスランバー」が出て来るのがいかにも小林信彦ふうで、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/06 08:56
『絵本作家のアトリエ3』2
<『絵本作家のアトリエ3』2> 図書館で『絵本作家のアトリエ3』という本を、手にしたのです。 作家14人のなかで知っていたのは、佐々木マキ、和田誠、レイモンド・ブリックスの3人だけですが・・・これだけ居れば御の字でんがな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/05 20:50
『絵本作家のアトリエ3』1
<『絵本作家のアトリエ3』1> 図書館で『絵本作家のアトリエ3』という本を、手にしたのです。 作家14人のなかで知っていたのは、佐々木マキ、和田誠、レイモンド・ブリックスの3人だけですが・・・これだけ居れば御の字でんがな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/05 16:17
『日本語のこころ』1
<『日本語のこころ』1> 図書館で『日本語のこころ』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると・・・日本語関連ももちろんで、なかなか読みどころの多いエッセイ集になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/05 07:48
『気になる日本語』1
<『気になる日本語』1> 図書館で『気になる日本語』という本を、手にしたのです。 目次を見ると「気になる日本語」もさることながら、クリント・イーストウッドとか映画「ゴールデンスランバー」が出て来るのがいかにも小林信彦ふうで、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/04 22:49
図書館大好き289
<図書館大好き289> 今回借りた3冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「日本語」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/04 15:28
『関東人と関西人』5
<『関東人と関西人』5> 図書館で『関東人と関西人』という文庫本を、手にしたのです。 東京への一極集中を憂う関西人として、上方の誇りを育むうえで、なかなかの本だと思うのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/04 08:33
『昭和の男』3
<『昭和の男』3> 図書館で『昭和の男』という本を、手にしたのです。 半藤一利と阿川佐和子が「昭和の男」を語るという企画が、ええやんけ♪ 昭和を代表する男8人というチョイスもなかなかのものやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/03 16:28
『昭和の男』2
<『昭和の男』2> 図書館で『昭和の男』という本を、手にしたのです。 半藤一利と阿川佐和子が「昭和の男」を語るという企画が、ええやんけ♪ 昭和を代表する男8人というチョイスもなかなかのものやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/03 13:59
『ビッグデータの罠』2
<『ビッグデータの罠』2> 図書館に予約していた『ビッグデータの罠』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。 先日の朝日の記事(ニッポンの宿題)個人データ どこまでを読むにつけ、えらいこっちゃ!ということで、この本を図書館に予約していたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/03 09:34
『ひとり出版社という働きかた』1
<『ひとり出版社という働きかた』1> 図書館に予約していた『ひとり出版社という働きかた』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。 奇しくも『コンパス綺譚』という本を紹介したところだが、この本もひとり出版社から出版されたものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/03 08:02
『昭和の男』1
<『昭和の男』1> 図書館で『昭和の男』という本を、手にしたのです。 半藤一利と阿川佐和子が「昭和の男」を語るという企画が、ええやんけ♪ 昭和を代表する男8人というチョイスもなかなかのものやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/03 07:12
地方出版社の本R1   B
<地方出版社の本R1> 図書館巡りをしていると、ときどき地方出版社の本に巡り合うが・・・ 地方限定にしておくには惜しいほどの、出来の良さに驚くことがあるわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/03 01:04
『関東人と関西人』4
<『関東人と関西人』4> 図書館で『関東人と関西人』という文庫本を、手にしたのです。 東京への一極集中を憂う関西人として、上方の誇りを育むうえで、なかなかの本だと思うのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/02 07:43
『コンパス綺譚』
<『コンパス綺譚』> 3/1朝日の記事で『コンパス綺譚』という本があることを、知ったのです。 ひとり作りの出版社、龜鳴屋さんが作ったグレゴリ青山のストーリー漫画とのことで、かなりレアでディープな本やでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/02 00:14
『関東人と関西人』3
<『関東人と関西人』3> 図書館で『関東人と関西人』という文庫本を、手にしたのです。 東京への一極集中を憂う関西人として、上方の誇りを育むうえで、なかなかの本だと思うのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/01 21:22
『大江戸美味草紙』2
<『大江戸美味草紙』2> 図書館で『大江戸美味草紙』という文庫本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、日向子さんのマンガと古川柳をまぶして、良き時代の四季を描いているようです。 日向子さんのほんわりしたテイストがええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/01 18:53
杉浦日向子アンソロジーR3    B
<杉浦日向子アンソロジーR3> 最近流行っている漫画が、あまり面白くないのだ・・・ それは単に我がテイストが時流に遅れているだけかもしれないな〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/01 11:54
『大江戸美味草紙』1
<『大江戸美味草紙』1> 図書館で『大江戸美味草紙』という文庫本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、日向子さんのマンガと古川柳をまぶして、良き時代の四季を描いているようです。 日向子さんのほんわりしたテイストがええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/01 11:27
『私的読食禄』
<『私的読食禄』> 図書館で『私的読食禄』という本を、手にしたのです。 堀江敏幸, 角田光代が交互に料理、食品に関する本を評しています・・・食欲増進にいいかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/01 08:10
図書館予約の軌跡117
<図書館予約の軌跡117> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/28 20:52
図書館大好き288
<図書館大好き288> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「日本」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/28 16:34
『関東人と関西人』2
<『関東人と関西人』2> 図書館で『関東人と関西人』という文庫本を、手にしたのです。 東京への一極集中を憂う関西人として、上方の誇りを育むうえで、なかなかの本だと思うのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/28 14:43
『台湾ニワトリ島乱入』2
<『台湾ニワトリ島乱入』2> 図書館で『台湾ニワトリ島乱入』という本を、手にしたのです。 おお シーナの2016年近刊ではないか。集団乱入と執筆・・・趣味と実益を兼ねた幸せな作家やでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/27 23:02
関西あれこれ2-R1  B
<関西あれこれ2-R1> 関西と言っても漠然としたくくりであり、十人十色の関西かも知れないが・・・ 反権威で、実質本意で、おもろいetc.の関西を集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/27 13:20
『食の人類史』5
<『食の人類史』5> 図書館で『食の人類史』という本を、手にしたのです。 狩猟・採集民の暮らしとか、照葉樹林帯の民族といえば大使のツボでもあるわけで・・・この本をチョイスしたのです。 要するに驕れる農耕民族という視点が必用なんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/27 10:34
『小説家のための人生相談』2
<『小説家のための人生相談』2> 図書館で『小説家のための人生相談』という本を、手にしたのです。 暇なので小説でも書いてみるかと目論む大使にとって・・・ この本はなかなかのハウツー本になっているようです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/27 08:55
『飯場へ』5
<『飯場へ』5> 図書館へ予約していた『飯場へ』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。 ぱらぱらとめくると、おもに土木建築の労働に関して、著者が体を張ってレポートしていることがうかがえます。写真も多いし、まさにフィールドワークである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/27 07:24
『小説家のための人生相談』1
<『小説家のための人生相談』1> 図書館で『小説家のための人生相談』という本を、手にしたのです。 暇なので小説でも書いてみるかと目論む大使にとって・・・ この本はなかなかのハウツー本になっているようです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/26 23:34
『ビッグデータの罠』
<『ビッグデータの罠』> 図書館に予約していた『ビッグデータの罠』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。 先日の朝日の記事(ニッポンの宿題)個人データ どこまでを読むにつけ、えらいこっちゃ!ということで、この本を図書館に予約していたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/26 21:05
『食の人類史』4
<『食の人類史』4> 図書館で『食の人類史』という本を、手にしたのです。 狩猟・採集民の暮らしとか、照葉樹林帯の民族といえば大使のツボでもあるわけで・・・この本をチョイスしたのです。 要するに驕れる農耕民族という視点が必用なんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/26 11:22
『飯場へ』4
<『飯場へ』4> 図書館へ予約していた『飯場へ』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。 ぱらぱらとめくると、おもに土木建築の労働に関して、著者が体を張ってレポートしていることがうかがえます。写真も多いし、まさにフィールドワークである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/26 09:27
『飯場へ』3
<『飯場へ』3> 図書館へ予約していた『飯場へ』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。 ぱらぱらとめくると、おもに土木建築の労働に関して、著者が体を張ってレポートしていることがうかがえます。写真も多いし、まさにフィールドワークである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/25 20:47
『食の人類史』3
<『食の人類史』3> 図書館で『食の人類史』という本を、手にしたのです。 狩猟・採集民の暮らしとか、照葉樹林帯の民族といえば大使のツボでもあるわけで・・・この本をチョイスしたのです。 要するに驕れる農耕民族という視点が必用なんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/25 11:46
『関東人と関西人』1
<『関東人と関西人』1> 図書館で『関東人と関西人』という文庫本を、手にしたのです。 東京への一極集中を憂う関西人として、上方の誇りを育むうえで、なかなかの本だと思うのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/25 10:26
『食の人類史』2
<『食の人類史』2> 図書館で『食の人類史』という本を、手にしたのです。 狩猟・採集民の暮らしとか、照葉樹林帯の民族といえば大使のツボでもあるわけで・・・この本をチョイスしたのです。 要するに驕れる農耕民族という視点が必用なんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/25 07:56
『食の人類史』1
<『食の人類史』1> 図書館で『食の人類史』という本を、手にしたのです。 狩猟・採集民の暮らしとか、照葉樹林帯の民族といえば大使のツボでもあるわけで・・・この本をチョイスしたのです。 要するに驕れる農耕民族という視点が必用なんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/24 15:39
図書館大好き287
<図書館大好き287> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「食い気」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/24 13:48
『台湾ニワトリ島乱入』1
<『台湾ニワトリ島乱入』1> 図書館で『台湾ニワトリ島乱入』という本を、手にしたのです。 おお シーナの2016年近刊ではないか。集団乱入と執筆・・・趣味と実益を兼ねた幸せな作家やでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/24 08:15
『飯場へ』2
<『飯場へ』2> 図書館へ予約していた『飯場へ』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。 ぱらぱらとめくると、おもに土木建築の労働に関して、著者が体を張ってレポートしていることがうかがえます。写真も多いし、まさにフィールドワークである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/24 02:00
『飯場へ』1
<『飯場へ』1> 図書館へ予約していた『飯場へ』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。 ぱらぱらとめくると、おもに土木建築の労働に関して、著者が体を張ってレポートしていることがうかがえます。写真も多いし、まさにフィールドワークである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/24 01:27
『あなたは、誰かの大切な人』3
<『あなたは、誰かの大切な人』3> 図書館で『あなたは、誰かの大切な人』という本を、手にしたのです。 この本のタイトルがええなあ♪ 「あなたは、誰かの大切な人」ってか・・・生きるうえの知恵とでもいうもんやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/23 16:01
『あなたは、誰かの大切な人』2
<『あなたは、誰かの大切な人』2> 図書館で『あなたは、誰かの大切な人』という本を、手にしたのです。 この本のタイトルがええなあ♪ 「あなたは、誰かの大切な人」ってか・・・生きるうえの知恵とでもいうもんやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/22 15:11
図書館予約の軌跡116 B
<図書館予約の軌跡116> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 18:47
『あなたは、誰かの大切な人』1
<『あなたは、誰かの大切な人』1> 図書館で『あなたは、誰かの大切な人』という本を、手にしたのです。 この本のタイトルがええなあ♪ 「あなたは、誰かの大切な人」ってか・・・生きるうえの知恵とでもいうもんやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 06:53
『多動力』3
<『多動力』3> 図書館に予約していた『多動力』という本を、待つこと6ヶ月でゲットしたのです。 堀江さんといえばチョイ悪のイメージがあるが、なんか規格外のブレークスルーがあるんじゃないかと・・・気になるわけでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 06:29
図書館大好き286
<図書館大好き286> 今回借りた4冊です。(受取り予定1冊含む) だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「近刊本」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 00:03
『多動力』2
<『多動力』2> 図書館に予約していた『多動力』という本を、待つこと6ヶ月でゲットしたのです。 堀江さんといえばチョイ悪のイメージがあるが、なんか規格外のブレークスルーがあるんじゃないかと・・・気になるわけでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/20 14:13
『「地球のからくり」に挑む』4
<『「地球のからくり」に挑む』4> 図書館で『「地球のからくり」に挑む』という新書を、手にしたのです。 地球科学者が語る科学と文明史ってか、ちょっと地味めであるが・・・興味深いのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/20 07:56
『「地球のからくり」に挑む』3
<『「地球のからくり」に挑む』3> 図書館で『「地球のからくり」に挑む』という新書を、手にしたのです。 地球科学者が語る科学と文明史ってか、ちょっと地味めであるが・・・興味深いのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/20 00:10
『ベルリン発プラハ』3
<『ベルリン発プラハ』3> 図書館で『ベルリン発プラハ』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、カラー写真の多い旅行記のようでもあり、小説のようでもあり・・・なんか謎めいた本である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/19 22:46
『「地球のからくり」に挑む』2
<『「地球のからくり」に挑む』2> 図書館で『「地球のからくり」に挑む』という新書を、手にしたのです。 地球科学者が語る科学と文明史ってか、ちょっと地味めであるが・・・興味深いのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/19 14:35
『「地球のからくり」に挑む』1
<『「地球のからくり」に挑む』> 図書館で『「地球のからくり」に挑む』という新書を、手にしたのです。 地球科学者が語る科学と文明史ってか、ちょっと地味めであるが・・・興味深いのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/19 11:08
『ベルリン発プラハ』2
<『ベルリン発プラハ』2> 図書館で『ベルリン発プラハ』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、カラー写真の多い旅行記のようでもあり、小説のようでもあり・・・なんか謎めいた本である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 22:03
『ベルリン発プラハ』1
<『ベルリン発プラハ』1> 図書館で『ベルリン発プラハ』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、カラー写真の多い旅行記のようでもあり、小説のようでもあり・・・なんか謎めいた本である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 19:15
『そらをみてますないてます』3
<『そらをみてますないてます』3> 図書館で『そらをみてますないてます』という本を、手にしたのです。 「BOOK」データベースが冒険純文学と評しているが・・・かなり冗談っぽいのが、いかにもシーナではないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 13:56
『多動力』1
<『多動力』1> 図書館に予約していた『多動力』という本を、待つこと6ヶ月でゲットしたのです。 堀江さんといえばチョイ悪のイメージがあるが、なんか規格外のブレークスルーがあるんじゃないかと・・・気になるわけでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 09:17
『そらをみてますないてます』2
<『そらをみてますないてます』2> 図書館で『そらをみてますないてます』という本を、手にしたのです。 「BOOK」データベースが冒険純文学と評しているが・・・かなり冗談っぽいのが、いかにもシーナではないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 07:47
『米中もし戦わば』3
<『米中もし戦わば』3> 図書館で『米中もし戦わば』という本を、手にしたのです。 平昌冬期オリンピックにうかれているが、そのお祭りが終れば北朝鮮、中国に対峙する日米同盟にとって厳しい状況が再開するわけで・・・ この本は時宜を得たチョイスと思うのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/17 22:53
『そらをみてますないてます』
<『そらをみてますないてます』1> 図書館で『そらをみてますないてます』という本を、手にしたのです。 「BOOK」データベースが冒険純文学と評しているが・・・かなり冗談っぽいのが、いかにもシーナではないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/17 16:22
図書館大好き285
<図書館大好き285> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「越境者」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/17 13:00
『米中もし戦わば』2
<『米中もし戦わば』2> 図書館で『米中もし戦わば』という本を、手にしたのです。 平昌冬期オリンピックにうかれているが、そのお祭りが終れば北朝鮮、中国に対峙する日米同盟にとって厳しい状況が再開するわけで・・・ この本は時宜を得たチョイスと思うのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/17 00:04
『文芸春秋(2018年3月号)』2
<『文芸春秋(2018年3月号)』2> 本屋の店頭で『文芸春秋(2018年3月号)』を手にしたのです。 おお 芥川賞受賞作ニ作全文掲載、特別定価980円となっていて・・・そのコスパの良さについ買い求めてしまったのです。 出版社のマーケッティングにやられた感がしないでもないが、困窮する出版業界へのカンパと思えばいいことだし(大使 屁理屈です) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 15:52
『文芸春秋(2018年3月号)』1
<『文芸春秋(2018年3月号)』1> 本屋の店頭で『文芸春秋(2018年3月号)』を手にしたのです。 おお 芥川賞受賞作ニ作全文掲載、特別定価980円となっていて・・・そのコスパの良さについ買い求めてしまったのです。 出版社のマーケッティングにやられた感がしないでもないが、困窮する出版業界へのカンパと思えばいいことだし(大使 屁理屈です) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 07:58
宮部みゆきが語るドラマ版「荒神」
<宮部みゆきが語るドラマ版「荒神」> 図書館で借りた「荒神」を読んでいるところだが・・・ NHKオンラインに、『宮部みゆきが語るドラマ版「荒神」』があったので、紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/15 14:03
図書館予約の軌跡115   B
<図書館予約の軌跡115> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/15 13:39
中国歴史に関連する本R2 B
<中国歴史に関連する本R2> 尖閣沖で中国漁船が巡視船に突っ込んで以来、漢族の横暴さはどうして生まれたのかと疑問に思うわけです。 また、日本と中国とは文明の衝突とまで言えるほど、価値観の違いが見られるように思うのです。 昨年(2013年)は、中国歴史に関連する本を集中的に読んだので、それらを紹介します。(経済関係などの本は、きりがないので除外しています) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/15 07:09
『米中もし戦わば』1
<『米中もし戦わば』1> 図書館で『米中もし戦わば』という本を、手にしたのです。 平昌冬期オリンピックにうかれているが、そのお祭りが終れば北朝鮮、中国に対峙する日米同盟にとって厳しい状況が再開するわけで・・・ この本は時宜を得たチョイスと思うのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/14 23:05
『ノミのジャンプと銀河系』3
<『ノミのジャンプと銀河系』3> 図書館に予約していた『ノミのジャンプと銀河系』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。 この本はSFではないのだが、サイエンスの薀蓄、またハードSFのネタに溢れているわけで・・・ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/14 01:46
『ラスト・ワルツ』
<『ラスト・ワルツ』> 図書館で『ラスト・ワルツ』という本を、手にしたのです。 『とっぴんぱらりのぷう』という本に、田中芳樹との対談が載っていて柳広司に興味がわいた次第です。 この小説は旧満州を扱っていて、大使のツボがうずくわけでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/13 14:16
原作が先か、映画が先かR4 B
<原作が先か、映画が先かR4> 最近では、小説の原作をもとに映画、テレビドラマが作られることが多いので… 「原作が先か、映画が先か」と思い悩むことも増えてきたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/13 13:14
『日本語の謎を解く』2
<『日本語の謎を解く』2> 図書館で『日本語の謎を解く』という本を、手にしたのです。 日本語とか外国語とかは大使のツボでもあり、外国語のほうはヘタの横好きの感があるわけです。 でも日本語なら、全然、大丈夫でおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/13 12:53
『くらしの昭和史』3
<『くらしの昭和史』3> 図書館で『くらしの昭和史』という本を、手にしたのです。 昭和30年代といえば、『オールウェイズ3丁目の夕日』という映画が目に浮かぶのだが・・・ 今日よりも明日と、貧しくても希望にあふれた時代やったなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/13 07:53
個人的言語学12-R5 B
<個人的言語学12-R5>   異邦、異邦人に対する興味、あこがれがこうじてくると、その言語に目が向けられる・・・・・ ということで、方言とか言語とかについて集めてみます。 最近は仕事の関係もあり韓国語にはまって、おります。(退職して6年たちましたが) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/12 08:14
『日本語の謎を解く』1
<『日本語の謎を解く』1> 図書館で『日本語の謎を解く』という本を、手にしたのです。 日本語とか外国語とかは大使のツボでもあり、外国語のほうはヘタの横好きの感があるわけです。 でも日本語なら、全然、大丈夫でおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/12 07:43
『ノミのジャンプと銀河系』2
<『ノミのジャンプと銀河系』2> 図書館に予約していた『ノミのジャンプと銀河系』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。 この本はSFではないのだが、サイエンスの薀蓄、またハードSFのネタに溢れているわけで・・・ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 23:34
図書館大好き284
<図書館大好き284> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 16:59
『ノミのジャンプと銀河系』1
<『ノミのジャンプと銀河系』> 図書館に予約していた『ノミのジャンプと銀河系』という本を、待つこと約4ヶ月でゲットしたのです。 この本はSFではないのだが、サイエンスの薀蓄、またハードSFのネタに溢れているわけで・・・ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 08:34
『「味覚人」飛行物体』4
<『「味覚人」飛行物体』4> 図書館で『「味覚人」飛行物体』という本を、手にしたのです。 おお 漬物、発酵食品の権威、小泉さんの本やないけ♪ こんな本を見落としていたとは、我ながら不覚であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 07:21
人類学的紀行のお奨め本R1     B
<人類学的紀行のお奨め本R1> 慶大渡辺教授が古い紀行文の魅力を、いみじくも「リアルに追体験」と表現している。 うまい♪・・・大使がイザベラ・バードの「日本奥地紀行」読んだときの感想が、まさにそのとおりだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/10 09:18
『鳥あそび』2
<『鳥あそび』2> 図書館で『鳥あそび』という本を、手にしたのです。 観察用望遠鏡は持っていないが、大使はよく野鳥を観察しているバードウォッチャーである。 ・・・ということでこの本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/10 08:26
『鳥あそび』1
<『鳥あそび』1> 図書館で『鳥あそび』という本を、手にしたのです。 観察用望遠鏡は持っていないが、大使はよく野鳥を観察しているバードウォッチャーである。 ・・・ということでこの本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/10 01:05
図書館予約の軌跡114    B
<図書館予約の軌跡114> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/09 01:20
『シルクロード悠々』4
<『シルクロード悠々』4> 図書館で『シルクロード悠々』という本を、手にしたのです。 陳舜臣さんは、神戸が生んだ作家ということで親近感があるわけで・・・ 更にシルクロードとくれば、読むしかないでしょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/08 11:53
『荒神』
<『荒神』> 図書館に予約していた『荒神』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。 『小説新潮(2017年6月号)』宮部みゆき特集でこの小説の存在を知って、イラチな大使が即、図書館に予約していたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/08 09:33
『「味覚人」飛行物体』3
<『「味覚人」飛行物体』3> 図書館で『「味覚人」飛行物体』という本を、手にしたのです。 おお 漬物、発酵食品の権威、小泉さんの本やないけ♪ こんな本を見落としていたとは、我ながら不覚であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/07 21:01
料理・食文化のインデックスR4   B
<料理・食文化のインデックスR4> このところ料理・食文化に関する本よく読んでいるのです。 ・・・で、それらのインデックスを作ってみました。まあ、個人的なメモなんですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/07 13:59
『「味覚人」飛行物体』2
<『「味覚人」飛行物体』2> 図書館で『「味覚人」飛行物体』という本を、手にしたのです。 おお 漬物、発酵食品の権威、小泉さんの本やないけ♪ こんな本を見落としていたとは、我ながら不覚であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/07 07:07
『シルクロード悠々』3
<『シルクロード悠々』3> 図書館で『シルクロード悠々』という本を、手にしたのです。 陳舜臣さんは、神戸が生んだ作家ということで親近感があるわけで・・・ 更にシルクロードとくれば、読むしかないでしょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/07 01:11
鳥の本あれこれR2 B
<鳥の本あれこれR2> 『カラスの早起き、スズメの寝坊』という新書を借りて読んでいるのだが… 鳥に関する本をわりと読んできたので、並べてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/07 00:14
『ダーウィンのジレンマを解く』1
<『ダーウィンのジレンマを解く』1> 図書館に予約していた『ダーウィンのジレンマを解く』という本を、待つこと10日でゲットしたのです。 とにかく、福岡ハカセ推薦の本なので、これは期待できそうである♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/06 15:48
図書館大好き283
<図書館大好き283> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/06 14:43
『「味覚人」飛行物体』1
<『「味覚人」飛行物体』1> 図書館で『「味覚人」飛行物体』という本を、手にしたのです。 おお 漬物、発酵食品の権威、小泉さんの本やないけ♪ こんな本を見落としていたとは、我ながら不覚であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/06 08:37
シルクロードあれこれR1 B
<シルクロードあれこれR1> 『糸綢の道はるか』という本を読んだのであるが・・・ この際、これまで読んだシルクロード関連の本を並べてみようと思ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/06 07:31
『シルクロード悠々』2
<『シルクロード悠々』2> 図書館で『シルクロード悠々』という本を、手にしたのです。 陳舜臣さんは、神戸が生んだ作家ということで親近感があるわけで・・・ 更にシルクロードとくれば、読むしかないでしょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/06 06:57
陳舜臣アンソロジーR6    B
<陳舜臣アンソロジーR6> 陳舜臣さんといえば神戸出身(本籍は台湾台北)だし、神戸市民として親近感があるのでおます♪ このところ陳舜臣の本を集中して読んだので、アンソロジーとしてフォローするものとします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/05 19:34
『シルクロード悠々』1
<『シルクロード悠々』1> 図書館で『シルクロード悠々』という本を、手にしたのです。 陳舜臣さんは、神戸が生んだ作家ということで親近感があるわけで・・・ 更にシルクロードとくれば、読むしかないでしょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/05 15:57
『中国のフロンティア』3
<『中国のフロンティア』3> 図書館で『中国のフロンティア』という新書を、手にしたのです。 これまで数々の嫌中本に食いついてきたが、岩波新書なら単なる嫌中本ではないはずである・・・ ということでチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/05 08:37
『昭和の刻印』4
<『昭和の刻印』4> 図書館で『昭和の刻印』という本を、手にしたのです。 副題が「変容する景観の記憶」となっているが・・・ 自分の来し方を重ねて見るのも一興かと思うのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 09:09
『自民党―「一強」の実像』3
<『自民党―「一強」の実像』3> 衆院選挙では、小池さんの誤算があったにせよ、あらためて自公の強さを思い知ったわけでおます。 ということで、図書館に予約している『自民党―「一強」の実像』という本を、心待ちしているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 07:02
『とっぴんぱらりのぷう』2
<『とっぴんぱらりのぷう』2> 図書館で『とっぴんぱらりのぷう』という本を、手にしたのです。 キャッチーな本のタイトルに目がいくが、「とっぴんぱらりのぷう」とは(秋田の方言で)昔話の終わりにつけられる決まり文句だそうです。 ぱらぱらとめくってみると・・・ 取り上げた作品は古典的な冒険小説であるが、その薀蓄と新解釈がすごいわけです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/03 23:41
『昭和の刻印』3
<『昭和の刻印』3> 図書館で『昭和の刻印』という本を、手にしたのです。 副題が「変容する景観の記憶」となっているが・・・ 自分の来し方を重ねて見るのも一興かと思うのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/03 16:19
『昭和の刻印』2
<『昭和の刻印』2> 図書館で『昭和の刻印』という本を、手にしたのです。 副題が「変容する景観の記憶」となっているが・・・ 自分の来し方を重ねて見るのも一興かと思うのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/03 08:43
『昭和の刻印』1
<『昭和の刻印』1> 図書館で『昭和の刻印』という本を、手にしたのです。 副題が「変容する景観の記憶」となっているが・・・ 自分の来し方を重ねて見るのも一興かと思うのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/03 05:43
『中国のフロンティア』2
<『中国のフロンティア』2> 図書館で『中国のフロンティア』という新書を、手にしたのです。 これまで数々の嫌中本に食いついてきたが、岩波新書なら単なる嫌中本ではないはずである・・・ ということでチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 23:11
『中国のフロンティア』1
<『中国のフロンティア』1> 図書館で『中国のフロンティア』という新書を、手にしたのです。 これまで数々の嫌中本に食いついてきたが、岩波新書なら単なる嫌中本ではないはずである・・・ ということでチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 21:10
『自民党―「一強」の実像』2
<『自民党―「一強」の実像』2> 衆院選挙では、小池さんの誤算があったにせよ、あらためて自公の強さを思い知ったわけでおます。 ということで、図書館に予約している『自民党―「一強」の実像』という本を、心待ちしているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 15:23
予約分受取目録R12    B
<予約分受取目録R12> 歳のせいか、このところ図書館での2度借りが増えてきたのです。 これではいかん! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 14:43
図書館大好き282
<図書館大好き282> 今回借りた5冊です。(受取り予定1冊含む) だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「ノンフィクション」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 12:59
図書館予約の軌跡113     B
<図書館予約の軌跡113> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 21:02
『自民党―「一強」の実像』1
<『自民党―「一強」の実像』> 衆院選挙では、小池さんの誤算があったにせよ、あらためて自公の強さを思い知ったわけでおます。 ということで、図書館に予約している『自民党―「一強」の実像』という本を、心待ちしているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 16:01
『鉄の文化誌』6
<『鉄の文化誌』6> 図書館で『鉄の文化誌』という本を、手にしたのです。 先日、『森の仕事と木遣り唄』という本でたたら製鉄について読んだところである。森との関わりが深い製鉄は、まあ個人的なツボなので、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 14:33
『鉄の文化誌』5
<『鉄の文化誌』5> 図書館で『鉄の文化誌』という本を、手にしたのです。 先日、『森の仕事と木遣り唄』という本でたたら製鉄について読んだところである。森との関わりが深い製鉄は、まあ個人的なツボなので、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 08:41
『とっぴんぱらりのぷう』1
<『とっぴんぱらりのぷう』1> 図書館で『とっぴんぱらりのぷう』という本を、手にしたのです。 キャッチーな本のタイトルに目がいくが、「とっぴんぱらりのぷう」とは(秋田の方言で)昔話の終わりにつけられる決まり文句だそうです。 ぱらぱらとめくってみると・・・ 取り上げた作品は古典的な冒険小説であるが、その薀蓄と新解釈がすごいわけです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 23:34
図書館大好き281
<図書館大好き281> 今回借りた4冊です。(受取り予定1冊含む) だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当たり次第」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 15:32
『鉄の文化誌』4
<『鉄の文化誌』4> 図書館で『鉄の文化誌』という本を、手にしたのです。 先日、『森の仕事と木遣り唄』という本でたたら製鉄について読んだところである。森との関わりが深い製鉄は、まあ個人的なツボなので、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 08:42
『鉄の文化誌』3
<『鉄の文化誌』3> 図書館で『鉄の文化誌』という本を、手にしたのです。 先日、『森の仕事と木遣り唄』という本でたたら製鉄について読んだところである。森との関わりが深い製鉄は、まあ個人的なツボなので、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 07:39
『鉄の文化誌』2
<『鉄の文化誌』2> 図書館で『鉄の文化誌』という本を、手にしたのです。 先日、『森の仕事と木遣り唄』という本でたたら製鉄について読んだところである。森との関わりが深い製鉄は、まあ個人的なツボなので、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 16:30
『鉄の文化誌』1
<『鉄の文化誌』1> 図書館で『鉄の文化誌』という本を、手にしたのです。 先日、『森の仕事と木遣り唄』という本でたたら製鉄について読んだところである。森との関わりが深い製鉄は、まあ個人的なツボなので、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 15:56
『小説新潮(2017年6月号)』4
<『小説新潮(2017年6月号)』4> 図書館で『小説新潮(2017年6月号)』という月刊雑誌を手にしたのです。 宮部みゆき・作家生活30周年大特集と銘打っているが・・・ 彼女の作品は分厚いので、たぶんまだ読んでいないけど、もうそろそろ読んでみる頃かと、まずはこの雑誌を読んでみようと思ったわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 09:55
『退屈な読書』3
<『退屈な読書』3> 図書館で『退屈な読書』という本を、手にしたのです。 先日、『もっとも危険な読書』という書評集を読んでよかったので、この本もイケてるのではないかという算段でおます♪ 『退屈な読書』が2年早く刊行されているので、2匹目ではなくて先行するドジョウとなるが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 07:20
高橋源一郎アンソロジーR2 B
<高橋源一郎アンソロジーR2> そもそも高橋源一郎を表わす肩書きとは何になるのか?・・・ 朝日新聞で、毎月「論壇時評」を書いているくらいだから評論家なのかな?(注) Wikipediaをのぞいてみると、小説家、文学者、文芸評論家、大学教授と併記しています。 ということで・・・ 多芸な高橋源一郎の全貌に迫るべく、アンソロジーとして集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 06:44
『森の仕事と木遣り唄』4
<『森の仕事と木遣り唄』4> 図書館で『森の仕事と木遣り唄』という本を手にしたのです。 林業や炭焼きは大使のツボなんで、チョイスしたわけです。 実際にこの分野で活動するには、手遅れというか歳をとりすぎた感もあるわけですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/29 00:25
『退屈な読書』2
<『退屈な読書』2> 図書館で『退屈な読書』という本を、手にしたのです。 先日、『もっとも危険な読書』という書評集を読んでよかったので、この本もイケてるのではないかという算段でおます♪ 『退屈な読書』が2年早く刊行されているので、2匹目ではなくて先行するドジョウとなるが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 21:59
『エスケイプ/アブセント』2
<『エスケイプ/アブセント』2> 図書館で『エスケイプ/アブセント』という本を手にしたのです。 フェイクな日々にこそ宿る人生の真実ってか・・・『逃亡くそたわけ』のような短篇なんだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 15:18
『小説新潮(2017年6月号)』3
<『小説新潮(2017年6月号)』3> 図書館で『小説新潮(2017年6月号)』という月刊雑誌を手にしたのです。 宮部みゆき・作家生活30周年大特集と銘打っているが・・・ 彼女の作品は分厚いので、たぶんまだ読んでいないけど、もうそろそろ読んでみる頃かと、まずはこの雑誌を読んでみようと思ったわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 10:14
図書館予約の軌跡112     B
<図書館予約の軌跡112> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 09:48
『森の仕事と木遣り唄』3
<『森の仕事と木遣り唄』3> 図書館で『森の仕事と木遣り唄』という本を手にしたのです。 林業や炭焼きは大使のツボなんで、チョイスしたわけです。 実際にこの分野で活動するには、手遅れというか歳をとりすぎた感もあるわけですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/27 22:18
『福岡ハカセの本棚』3
<『福岡ハカセの本棚』3> 図書館に予約していた『福岡ハカセの本棚』という本を、待つこと2日という最速でゲットしたのです。 なんか、いちど借りたような本だと思いながら予約したのだが・・・ よく調べてみると、やはり借りるのは2度目でした。(イカン イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/27 11:06
『それぞれの韓国そして朝鮮』4
<『それぞれの韓国そして朝鮮』4> 図書館で『それぞれの韓国そして朝鮮』という本を手にしたのです。 なんか、いちど借りたような本だと思いながら借りたが・・・ 帰って調べると、やはり借りるのは3度目でした。(イカン イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/27 07:31
『福岡ハカセの本棚』2
<『福岡ハカセの本棚』2> 図書館に予約していた『福岡ハカセの本棚』という本を、待つこと2日という最速でゲットしたのです。 なんか、いちど借りたような本だと思いながら予約したのだが・・・ よく調べてみると、やはり借りるのは2度目でした。(イカン イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 20:54
『退屈な読書』1
<『退屈な読書』1> 図書館で『退屈な読書』という本を、手にしたのです。 先日、『もっとも危険な読書』という書評集を読んでよかったので、この本もイケてるのではないかという算段でおます♪ 『退屈な読書』が2年早く刊行されているので、2匹目ではなくて先行するドジョウとなるが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 20:38
『森の仕事と木遣り唄』2
<『森の仕事と木遣り唄』2> 図書館で『森の仕事と木遣り唄』という本を手にしたのです。 林業や炭焼きは大使のツボなんで、チョイスしたわけです。 実際にこの分野で活動するには、手遅れというか歳をとりすぎた感もあるわけですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 13:49
炭焼きあれこれ    B
<炭焼きあれこれ> たたら製鉄を語る『美鋼変幻』という本を図書館で借りたが・・・・ エンジニアというかつての職業がら、たたら製鉄もツボになるわけです。 それからたたら製鉄には木炭が必須の材料でもあるわけで・・・ たたら製鉄、木炭、炭焼きについて集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 13:27
『それぞれの韓国そして朝鮮』3
<『それぞれの韓国そして朝鮮』3> 図書館で『それぞれの韓国そして朝鮮』という本を手にしたのです。 なんか、いちど借りたような本だと思いながら借りたが・・・ 帰って調べると、やはり借りるのは3度目でした。(イカン イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 08:09
『小説新潮(2017年6月号)』2
<『小説新潮(2017年6月号)』2> 図書館で『小説新潮(2017年6月号)』という月刊雑誌を手にしたのです。 宮部みゆき・作家生活30周年大特集と銘打っているが・・・ 彼女の作品は分厚いので、たぶんまだ読んでいないけど、もうそろそろ読んでみる頃かと、まずはこの雑誌を読んでみようと思ったわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/25 07:44
『エルニーニョ』
<『エルニーニョ』> 図書館で『エルニーニョ』という本を手にしたのです。 奇しくも、同じ日に借りた絲山秋子の『エスケイプ/アブセント』とよく似た短篇小説である。 漂泊願望あるいは逃亡願望があるのかなあ?♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/24 22:40
『森の仕事と木遣り唄』
<『森の仕事と木遣り唄』1> 図書館で『森の仕事と木遣り唄』という本を手にしたのです。 林業や炭焼きは大使のツボなんで、チョイスしたわけです。 実際にこの分野で活動するには、手遅れというか歳をとりすぎた感もあるわけですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/24 16:36
『小説新潮(2017年6月号)』1
<『小説新潮(2017年6月号)』1> 図書館で『小説新潮(2017年6月号)』という月刊雑誌を手にしたのです。 宮部みゆき・作家生活30周年大特集と銘打っているが・・・ 彼女の作品は分厚いので、たぶんまだ読んでいないけど、もうそろそろ読んでみる頃かと、まずはこの雑誌を読んでみようと思ったわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/24 13:48
中島京子の世界R5 B
<中島京子の世界R5> 先日、『のろのろ歩け』という中篇小説集を読んで良かったのだが・・・ 中島京子が「河合隼雄物語賞・学芸賞」の物語賞を受賞したと、新聞に載っていました。 ・・・河合隼雄物語賞とは西加奈子も受賞した渋い賞である♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/24 08:25
『エスケイプ/アブセント』1
<『エスケイプ/アブセント』1> 図書館で『エスケイプ/アブセント』という本を手にしたのです。 フェイクな日々にこそ宿る人生の真実ってか・・・『逃亡くそたわけ』のような短篇なんだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 23:15
絲山秋子ミニブームR10    B
<絲山秋子ミニブームR10> 図書館で絲山秋子さんの小説を『逃亡くそたわけ』、『ラジ&ピース』とたてつづけに借りて読んだが・・・良かったので、更に2冊借りたのです。 これらの作品を通じて思うのだが、とにかく車の運転や転勤や方言のお話が多いわけで・・・・ 突き詰めると、ロードムービー風の東京コンプレックスあるいは漂泊願望の作家ではないかと思うのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 22:18
図書館大好き280
<図書館大好き280> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「女性作家」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 16:14
図書館予約の軌跡111    B
<図書館予約の軌跡111> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 09:46
『本の運命』3
<『本の運命』3> 図書館で『本の運命』という本を、手にしたのです。 本と共に生きてきた井上ひさしさんの半生ってか・・・図書館大好きの大使も唖然となりそうやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 06:55
『ヨコオ論タダノリ』2
<『ヨコオ論タダノリ』2> 図書館で『ヨコオ論タダノリ』という本を、手にしたのです。 いろんな人と交流している横尾さんであるが・・・ 荒俣さんともお友だちだったようで、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/22 19:56
『本の運命』2
<『本の運命』2> 図書館で『本の運命』という本を、手にしたのです。 本と共に生きてきた井上ひさしさんの半生ってか・・・図書館大好きの大使も唖然となりそうやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/22 09:39
『ウニはすごい バッタもすごい』5
<『ウニはすごい バッタもすごい』5> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/22 07:50
『私の貧乏物語』3
<『私の貧乏物語』3> 図書館で『私の貧乏物語』という本を、手にしたのです。 日本にあって中韓にない価値観としては、「清貧」もそのひとつではないだろうか♪ ということで、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/21 22:11
湯浅誠の世界R1    B
<湯浅誠の世界R1>   湯浅誠さんが5/18ブログ「頭ん中、整理」で「ブログは発信がメインで交流の場にはしない」と述べているけど、なるほどね。湯浅さんの、コンテンツ重視の感覚が、いかにも思想家という感じがして・・・・ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/21 15:05
『本の運命』1
<『本の運命』1> 図書館で『本の運命』という本を、手にしたのです。 本と共に生きてきた井上ひさしさんの半生ってか・・・図書館大好きの大使も唖然となりそうやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/21 08:46
『「在中二世」が見た日中戦争』2
<『「在中二世」が見た日中戦争』2> 図書館で『「在中二世」が見た日中戦争』という本を、手にしたのです。 戦争を見聞きした世代が絶えようとしている昨今であるが・・・ 日中戦争時、青島の日本租界ですごした著者の少年時代が、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/21 08:32
『「在中二世」が見た日中戦争』1
<『「在中二世」が見た日中戦争』1> 図書館で『「在中二世」が見た日中戦争』という本を、手にしたのです。 戦争を見聞きした世代が絶えようとしている昨今であるが・・・ 日中戦争時、青島の日本租界ですごした著者の少年時代が、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 16:15
『私の貧乏物語』2
<『私の貧乏物語』2> 図書館で『私の貧乏物語』という本を、手にしたのです。 日本にあって中韓にない価値観としては、「清貧」もそのひとつではないだろうか♪ ということで、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 08:04
横尾忠則の世界R3   B
<横尾忠則の世界R3>   横尾忠則について集めてみました。 60年代に、村上隆より早く世界に打って出た横尾忠則はパイオニアとも言えますね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 01:25
『ヨコオ論タダノリ』1
<『ヨコオ論タダノリ』1> 図書館で『ヨコオ論タダノリ』という本を、手にしたのです。 いろんな人と交流している横尾さんであるが・・・ 荒俣さんともお友だちだったようで、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 01:01
図書館大好き279
<図書館大好き279> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「少年時代」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 13:15
『ウニはすごい バッタもすごい』4
<『ウニはすごい バッタもすごい』4> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 08:39
『私の貧乏物語』1
<『私の貧乏物語』1> 図書館で『私の貧乏物語』という本を、手にしたのです。 日本にあって中韓にない価値観としては、「清貧」もそのひとつではないだろうか♪ ということで、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 23:14
『花の町 軍歌「戦友」』2
<『花の町 軍歌「戦友」』2> 図書館で『花の町 軍歌「戦友」』という本を、手にしたのです。 陸軍徴用員として従軍した井伏さんの、戦争プロパガンダ活動が興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 21:17
料理・食文化のインデックスR3    B
<料理・食文化のインデックスR3> このところ料理・食文化に関する本よく読んでいるのです。 ・・・で、それらのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 09:04
『ひなびたごちそう』4
<『ひなびたごちそう』4> 図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットできたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 07:35
『ウニはすごい バッタもすごい』3
<『ウニはすごい バッタもすごい』3> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 21:45
『ひなびたごちそう』3
<『ひなびたごちそう』3> 図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットできたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 09:33
『ひなびたごちそう』2
<『ひなびたごちそう』2> 図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットできたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 23:40
『ウニはすごい バッタもすごい』2
<『ウニはすごい バッタもすごい』2> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 15:23
『ひなびたごちそう』1
<『ひなびたごちそう』1> 図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットできたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 08:46
『言葉の降る日』3
<『言葉の降る日』3> 図書館で『言葉の降る日』という本を、手にしたのです。 加藤典洋さんの文章は、教科書だか入試問題にもなっているそうで、それだけ論理的な文章なんだろう。 そういう文章とはどんなだろうというハウツー志向もあって、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 08:09
『花の町 軍歌「戦友」』1
<『花の町 軍歌「戦友」』1> 図書館で『花の町 軍歌「戦友」』という本を、手にしたのです。 陸軍徴用員として従軍した井伏さんの、戦争プロパガンダ活動が興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 22:13
『稲のアジア史1』2
<『稲のアジア史1』2> 図書館で『稲のアジア史1』という本を、手にしたのです。 ナショナリストの大使としては、稲作の伝来ルートが気になるのでこの本を借りたのです。 要するに、陸稲の「海上の道」伝来の可能性に賭けて、朝鮮からの伝来説を否定したいのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 15:44
『言葉の降る日』2
<『言葉の降る日』2> 図書館で『言葉の降る日』という本を、手にしたのです。 加藤典洋さんの文章は、教科書だか入試問題にもなっているそうで、それだけ論理的な文章なんだろう。 そういう文章とはどんなだろうというハウツー志向もあって、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 10:52
『ウニはすごい バッタもすごい』1
<『ウニはすごい バッタもすごい』1> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 07:16
『稲のアジア史1』1
<『稲のアジア史1』1> 図書館で『稲のアジア史1』という本を、手にしたのです。 ナショナリストの大使としては、稲作の伝来ルートが気になるのでこの本を借りたのです。 要するに、陸稲の「海上の道」伝来の可能性に賭けて、朝鮮からの伝来説を否定したいのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 08:35
『言葉の降る日』1
<『言葉の降る日』1> 図書館で『言葉の降る日』という本を、手にしたのです。 加藤典洋さんの文章は、教科書だか入試問題にもなっているそうで、それだけ論理的な文章なんだろう。 そういう文章とはどんなだろうというハウツー志向もあって、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 07:52
図書館大好き278
<図書館大好き278> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「予約本」でしょうか♪ <市立図書館> ・ウニはすごい バッタもすごい ・ひなびたごちそう ・言葉の降る日 ・花の町 軍歌「戦友」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 00:55
図書館予約の軌跡110
<図書館予約の軌跡110> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/13 23:33
高橋源一郎アンソロジーR1 B
<高橋源一郎アンソロジーR1> そもそも高橋源一郎を表わす肩書きとは何になるのか?・・・ 朝日新聞で、毎月「論壇時評」を書いているくらいだから評論家なのかな?(注) Wikipediaをのぞいてみると、小説家、文学者、文芸評論家、大学教授と併記しています。 ということで・・・ 多芸な高橋源一郎の全貌に迫るべく、アンソロジーとして集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/13 07:36
『ノノさんのぶらぶら地図学』1
<『ノノさんのぶらぶら地図学』1> 図書館で『ノノさんのぶらぶら地図学』という本を、手にしたのです。 著者は、国土地理院で側図部長を歴任したれっきとした役人であったが、ホームレスとも酒酌み交わす変り種なんですね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 21:22
『「COMICばく」とつげ義春』4
<『「COMICばく」とつげ義春』4> 図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。 マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ ほとんど独力で、この雑誌を出版した著者も凄いけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 16:10
『狼が来るぞ!』3
<『狼が来るぞ!』3> 図書館で『狼が来るぞ!』という本を、手にしたのです。 この本は「SPA!」名物コラムから精選とのことで・・・四方田さんは右の論客という側面もあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 16:30
『マンガ論争勃発』1
<『マンガ論争勃発』1> 図書館で『マンガ論争勃発』という本を、手にしたのです。 日本のマンガ文化といえば、クリエイティブかつ貧乏な文化であるが・・・ ちょっと古い本ではあるが、そのあたりを見てみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 15:38
『もっとも危険な読書』3
<『もっとも危険な読書』3> 図書館で『もっとも危険な読書』という本を、手にしたのです。 図書館大好きの大使としては、書評集もツボになるわけで・・・ 高橋源一郎著のこの本など、そのツボに的中しているわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 12:22
『「COMICばく」とつげ義春』3
<『「COMICばく」とつげ義春』3> 図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。 マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ ほとんど独力で、この雑誌を出版した著者も凄いけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 08:42
『「COMICばく」とつげ義春』2
<『「COMICばく」とつげ義春』2> 図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。 マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ ほとんど独力で、この雑誌を出版した著者も凄いけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 23:00
『「COMICばく」とつげ義春』1
<『「COMICばく」とつげ義春』1> 図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。 マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ ほとんど独力で、この雑誌を出版した著者も凄いけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 19:23
『もっとも危険な読書』2
<『もっとも危険な読書』2> 図書館で『もっとも危険な読書』という本を、手にしたのです。 図書館大好きの大使としては、書評集もツボになるわけで・・・ 高橋源一郎著のこの本など、そのツボに的中しているわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 15:42
『狼が来るぞ!』2
<『狼が来るぞ!』2> 図書館で『狼が来るぞ!』という本を、手にしたのです。 この本は「SPA!」名物コラムから精選とのことで・・・四方田さんは右の論客という側面もあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 07:30
読書術・書評のインデックスR4     B
<読書術・書評のインデックスR4> このところ読書術や書評や古本屋に関する本よく読んでいるのです。 ・・・で、それらのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 06:54
『もっとも危険な読書』1
<『もっとも危険な読書』1> 図書館で『もっとも危険な読書』という本を、手にしたのです。 図書館大好きの大使としては、書評集もツボになるわけで・・・ 高橋源一郎著のこの本など、そのツボに的中しているわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 23:23
『アトリエ会議』3
<『アトリエ会議』3> 図書館で『アトリエ会議』という本を、手にしたのです。 おお 横尾忠則が作家たちと対談していて、面白そうである・・・ わりと気楽な、そしてクリエイティブな会議のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 21:26
四方田犬彦の世界R1     B
<四方田犬彦の世界R1> 映画、フランス、韓国、台湾・・・・年上ということもあるが、どういうわけか常に大使の一歩先を行くような四方田さんが気になるわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 08:55
『狼が来るぞ!』1
<『狼が来るぞ!』1> 図書館で『狼が来るぞ!』という本を、手にしたのです。 この本は「SPA!」名物コラムから精選とのことで・・・四方田さんは右の論客という側面もあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 08:31
『ビゴー画集―諷刺・風俗素描』
<『ビゴー画集―諷刺・風俗素描』> 図書館で『ビゴー画集―諷刺・風俗素描』という本を手にしたのです。 パラパラとめくると、漫画調のもの、実写調のもの、風刺画、とジャンルも多彩で・・・画集と銘打ってあるとおり、とにかく線描画、銅板画のオンパレードなのが嬉しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 00:26
『アトリエ会議』2
<『アトリエ会議』2> 図書館で『アトリエ会議』という本を、手にしたのです。 おお 横尾忠則が作家たちと対談していて、面白そうである・・・ わりと気楽な、そしてクリエイティブな会議のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 15:26
図書館大好き277
<図書館大好き277> 今回借りた6冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「漫画」でしょうか♪ <市立図書館> ・もっとも危険な読書 ・ノノさんのぶらぶら地図学 ・狼が来るぞ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 13:51
横尾忠則の世界R2 B
<横尾忠則の世界R2>   横尾忠則について集めてみました。 60年代に、村上隆より早く世界に打って出た横尾忠則はパイオニアとも言えますね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 08:43
『アトリエ会議』1
<『アトリエ会議』1> 図書館で『アトリエ会議』という本を、手にしたのです。 おお 横尾忠則が作家たちと対談していて、面白そうである・・・ わりと気楽な、そしてクリエイティブな会議のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 07:15
『怖い絵のひみつ。』3
<『怖い絵のひみつ。』3> 図書館で『怖い絵のひみつ。』という本を、手にしたのです。 各地の美術館で「怖い絵」の展覧が続いているが・・・このブームの発端は中野京子の「怖い絵」シリーズあたりだったようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 22:37
『中国を捨てよ』3
<『中国を捨てよ』3> 図書館で『中国を捨てよ』という本を、手にしたのです。 いわゆる嫌中本なんだろうけど、この種の本を時々読みたくなるわけです。 ガス抜きしないと、ガスが溜まり過ぎて体に良くないから(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 09:43
『ニホン語日記』3
<『ニホン語日記』3> 図書館で『ニホン語日記』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、文章にからむテーマが多く、文章修業中の大使にとって、格好のハウツー本になっているのです。 …ということで借りた次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 07:31
『怖い絵のひみつ。』2
<『怖い絵のひみつ。』2> 図書館で『怖い絵のひみつ。』という本を、手にしたのです。 各地の美術館で「怖い絵」の展覧が続いているが・・・このブームの発端は中野京子の「怖い絵」シリーズあたりだったようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 21:19
『ニホン語日記』2
<『ニホン語日記』2> 図書館で『ニホン語日記』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、文章にからむテーマが多く、文章修業中の大使にとって、格好のハウツー本になっているのです。 …ということで借りた次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 21:04
『中国を捨てよ』2
<『中国を捨てよ』2> 図書館で『中国を捨てよ』という本を、手にしたのです。 いわゆる嫌中本なんだろうけど、この種の本を時々読みたくなるわけです。 ガス抜きしないと、ガスが溜まり過ぎて体に良くないから(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 14:39
文章修業のインデックスR5    B
<文章修業のインデックスR5> 又吉直樹さんが芥川賞を受賞して以来、作家へのハードルが下がったので(それは錯覚です)、「よし 俺もいっちょう」と思うのである。 …で、これまで集めた文章修業ハウツーのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 10:25
『ニホン語日記』1
<『ニホン語日記』1> 図書館で『ニホン語日記』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、文章にからむテーマが多く、文章修業中の大使にとって、格好のハウツー本になっているのです。 …ということで借りた次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 10:22
『中国を捨てよ』1
<『中国を捨てよ』1> 図書館で『中国を捨てよ』という本を、手にしたのです。 いわゆる嫌中本なんだろうけど、この種の本を時々読みたくなるわけです。 ガス抜きしないと、ガスが溜まり過ぎて体に良くないから(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 08:21
嫌中本あれこれR4 B
<嫌中本あれこれR4> 図書館で『中国壊死』という本を借りたのだが・・・ この本はまさに嫌中本なんだろうと、借りる際、若干躊躇したのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 07:46
『怖い絵のひみつ。』1
<『怖い絵のひみつ。』1> 図書館で『怖い絵のひみつ。』という本を、手にしたのです。 各地の美術館で「怖い絵」の展覧が続いているが・・・このブームの発端は中野京子の「怖い絵」シリーズあたりだったようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 01:18
中島京子の世界R4    B
<中島京子の世界R4> 先日、『のろのろ歩け』という中篇小説集を読んで良かったのだが・・・ 中島京子が「河合隼雄物語賞・学芸賞」の物語賞を受賞したと、新聞に載っていました。 ・・・河合隼雄物語賞とは西加奈子も受賞した渋い賞である♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 00:28
『あなたの人生の物語』3
<『あなたの人生の物語』3> 図書館に予約していた『あなたの人生の物語』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。 ケン・リュウ著『紙の動物園』は、中国系作家にしては詩情あふれるSFで、良かった。 だけど、その二番煎じに食いつくような大使ではない。 さてどんなかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 15:46
図書館大好き276
<図書館大好き276> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「エンタメ」でしょうか♪ <市立図書館> ・サブマリン ・ニホン語日記 ・アトリエ会議 ・中国を捨てよ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 15:44
図書館予約の軌跡109   B
<図書館予約の軌跡109> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 07:42
NHK『ダイヤモンド博士のヒトの秘密』
<NHK『ダイヤモンド博士のヒトの秘密』> 1月3日のNHK番組『ダイヤモンド博士のヒトの秘密』(12回シリーズの予告遍)を観たのだが、興味深い内容であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 00:53
『住み継がれる集落をつくる』3
<『住み継がれる集落をつくる』3> 図書館で『住み継がれる集落をつくる』という本を、手にしたのです。 人口減と高齢化の影響をうけて、各地に空き家が目立つようになった昨今である。 各地で官民あげて移住を奨励しているわけで・・・だから、この本なんかが出てくるんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 21:28
『アジア辺境論』8
<『アジア辺境論』8> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな両国政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/03 13:29
『住み継がれる集落をつくる』2
<『住み継がれる集落をつくる』2> 図書館で『住み継がれる集落をつくる』という本を、手にしたのです。 人口減と高齢化の影響をうけて、各地に空き家が目立つようになった昨今である。 各地で官民あげて移住を奨励しているわけで・・・だから、この本なんかが出てくるんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/03 07:39
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』5
<『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』5> 図書館に予約していた『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』という本を、手にしたのです。 ブログ友がこの本を評していたので図書館に予約したところ、予約5日後にゲットできたのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 22:54
空き家問題あれこれR7   B
<空き家問題あれこれR7> 田舎の実家は空き家状態なので、ときどき帰って傷みなどをチェックする必要があるのです。 また、都市近郊の団地では、建替えか補修か、難しい選択が待っているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 21:43
『住み継がれる集落をつくる』1
<『住み継がれる集落をつくる』1> 図書館で『住み継がれる集落をつくる』という本を、手にしたのです。 人口減と高齢化の影響をうけて、各地に空き家が目立つようになった昨今である。 各地で官民あげて移住を奨励しているわけで・・・だから、この本なんかが出てくるんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 20:53
『アジア辺境論』7
<『アジア辺境論』7> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 10:57
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』4
<『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』4> 図書館に予約していた『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』という本を、手にしたのです。 ブログ友がこの本を評していたので図書館に予約したところ、予約5日後にゲットできたのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 09:00
原作が先か、映画が先かR3 B
<原作が先か、映画が先かR3> 最近では、小説の原作をもとに映画、テレビドラマが作られることが多いので… 「原作が先か、映画が先か」と思い悩むことも増えてきたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 13:55
『アジア辺境論』6
<『アジア辺境論』6> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 07:05
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』3
<『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』3> 図書館に予約していた『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』という本を、手にしたのです。 ブログ友がこの本を評していたので図書館に予約したところ、予約5日後にゲットできたのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 02:06
『アジア辺境論』5
<『アジア辺境論』5> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/31 12:11
『南からの日本文化(上)』3
<『南からの日本文化(上)』3> 図書館で『南からの日本文化(上)』という本を、手にしたのです。 「海上の道」というのは、大使のミニブームと言っちゃあ、ミニブームである。要するに何かにつけ、朝鮮ルートが癇に障るわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 17:16
『南からの日本文化(上)』2
<『南からの日本文化(上)』2> 図書館で『南からの日本文化(上)』という本を、手にしたのです。 「海上の道」というのは、大使のミニブームと言っちゃあ、ミニブームである。要するに何かにつけ、朝鮮ルートが癇に障るわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 09:47
個人的言語学12-R4 B
<個人的言語学12-R4>   異邦、異邦人に対する興味、あこがれがこうじてくると、その言語に目が向けられる・・・・・ ということで、方言とか言語とかについて集めてみます。 最近は仕事の関係もあり韓国語にはまって、おります。(退職して6年たちましたが) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 08:52
『アジア辺境論』4
<『アジア辺境論』4> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 03:46
『アジア辺境論』3
<『アジア辺境論』3> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 21:56
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』2
<『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』2> 図書館に予約していた『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』という本を、手にしたのです。 ブログ友がこの本を評していたので図書館に予約したところ、予約5日後にゲットできたのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 06:35
『アジア辺境論』2
<『アジア辺境論』2> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 06:29
『アジア辺境論』1
<『アジア辺境論』1> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 00:43
『「身体」を忘れた日本人』4
<『「身体」を忘れた日本人』4> 図書館で『「身体」を忘れた日本人』という本を、手にしたのです。 おお 養老孟司さんとC.W.ニコルさんの対談ではないか・・・ 哲学的やないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/28 14:16
『南からの日本文化(上)』1
<『南からの日本文化(上)』1> 図書館で『南からの日本文化(上)』という本を、手にしたのです。 「海上の道」というのは、大使のミニブームと言っちゃあ、ミニブームである。要するに何かにつけ、朝鮮ルートが癇に障るわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/28 09:25
『ボロボロになった人へ』2
<『ボロボロになった人へ』2> 図書館で『ボロボロになった人へ』という本を、手にしたのです。 リリー・フランキーの短篇小説集であるが・・・ 映画にも出演して、いい味出しているし、これは期待できるかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/28 07:44
『あなたの人生の物語』2
<『あなたの人生の物語』2> 図書館に予約していた『あなたの人生の物語』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。 ケン・リュウ著『紙の動物園』は、中国系作家にしては詩情あふれるSFで、良かった。 だけど、その二番煎じに食いつくような大使ではない。 さてどんなかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/28 06:04
『あなたの人生の物語』1
<『あなたの人生の物語』1> 図書館に予約していた『あなたの人生の物語』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。 ケン・リュウ著『紙の動物園』は、中国系作家にしては詩情あふれるSFで、良かった。 だけど、その二番煎じに食いつくような大使ではない。 さてどんなかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/27 14:49
予約分受取目録R11 B
<予約分受取目録R11> 歳のせいか、このところ図書館での2度借りが増えてきたのです。 これではいかん! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/27 13:59
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』1
<『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』1> 図書館に予約していた『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』という本を、手にしたのです。 ブログ友がこの本を評していたので図書館に予約したところ、予約5日後にゲットできたのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/27 11:56
『ボロボロになった人へ』1
<『ボロボロになった人へ』1> 図書館で『ボロボロになった人へ』という本を、手にしたのです。 リリー・フランキーの短篇小説集であるが・・・ 映画にも出演して、いい味出しているし、これは期待できるかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/27 01:39
『アーサーの言の葉食堂』3
<『アーサーの言の葉食堂』3> 図書館で『アーサーの言の葉食堂』という本を、手にしたのです。 日本語通のアーサーさんの場合、日本人の英語誤訳が目についてしょうがないようです。・・・その誤訳、珍訳を見てみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/26 21:27
図書館大好き275
<図書館大好き275> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「辺境」でしょうか♪ <市立図書館> ・アジア辺境論 ・ボロボロになった人へ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/26 16:30
図書館予約の軌跡108   B
<図書館予約の軌跡108> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/26 15:37
『「身体」を忘れた日本人』3
<『「身体」を忘れた日本人』3> 図書館で『「身体」を忘れた日本人』という本を、手にしたのです。 おお 養老孟司さんとC.W.ニコルさんの対談ではないか・・・ 哲学的やないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/26 08:47
『「身体」を忘れた日本人』2
<『「身体」を忘れた日本人』2> 図書館で『「身体」を忘れた日本人』という本を、手にしたのです。 おお 養老孟司さんとC.W.ニコルさんの対談ではないか・・・ 哲学的やないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/25 22:59
『北斎 宇宙をデザインす』2
<北斎 宇宙をデザインす2> 図書館で『北斎 宇宙をデザインす』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、モノクロではあるが画像の多いのがええでぇ。その豊富な画像で例証する方針がいいではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/25 20:16
『「身体」を忘れた日本人』1
<『「身体」を忘れた日本人』1> 図書館で『「身体」を忘れた日本人』という本を、手にしたのです。 おお 養老孟司さんとC.W.ニコルさんの対談ではないか・・・ 哲学的やないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/25 07:48
『北斎 宇宙をデザインす』1
<北斎 宇宙をデザインす1> 図書館で『北斎 宇宙をデザインす』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、モノクロではあるが画像の多いのがええでぇ。その豊富な画像で例証する方針がいいではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 21:51
北斎あれこれR1   B
<北斎あれこれR1> 北斎を描くアニメ映画『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』が近日公開されるし、この際、北斎をきわめておくか、と思いたったわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 21:12
『新しい哲学入門』2
<『新しい哲学入門』2> 図書館で『新しい哲学入門』という本を、手にしたのです。 土屋教授の著書は、脱力気味の軽妙なタッチがいいのだが・・・ さて、この本はどんなかな?♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 15:59
『新しい哲学入門』1
<『新しい哲学入門』1> 図書館で『新しい哲学入門』という本を、手にしたのです。 土屋教授の著書は、脱力気味の軽妙なタッチがいいのだが・・・ さて、この本はどんなかな?♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 14:51
参考になる文体R1   B
<参考になる文体R1> 気にいった本の一部を筆写するという帰納的文章修行に勤しんでいる大使である。 かなり泥臭い修業であるが、実は文体や語彙を習得しようという遠望があるわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 08:58
『アーサーの言の葉食堂』2
<『アーサーの言の葉食堂』2> 図書館で『アーサーの言の葉食堂』という本を、手にしたのです。 日本語通のアーサーさんの場合、日本人の英語誤訳が目についてしょうがないようです。・・・その誤訳、珍訳を見てみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 07:20
最強のエッセイストR5 B
<最強のエッセイストR5> 蔵書録を作るばかりではなくて、そろそろ有効活用をはかるべきと思い至り・・・・ 蔵書録から最強のエッセイストを選んだのだが、大使の場合は兼好法師と米原万理さんになるわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 06:43
『アーサーの言の葉食堂』
<『アーサーの言の葉食堂』> 図書館で『アーサーの言の葉食堂』という本を、手にしたのです。 日本語通のアーサーさんの場合、日本人の英語誤訳が目についてしょうがないようです。・・・その誤訳、珍訳を見てみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 23:04
図書館大好き274
<図書館大好き274> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「哲学」でしょうか♪ <市立図書館> ・「身体」を忘れた日本人 ・アーサーの言の葉食堂 ・『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』 ・新しい哲学入門 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 16:43
『日本力』2
<『日本力』2> 図書館で『日本力』という本を、手にしたのです。 松岡さんは知の巨人なのか、衒学の親分なのか?・・・気になる存在なんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 15:40
原作が先か、映画が先かR1 B
<原作が先か、映画が先かR1> 最近では、小説の原作をもとに映画、テレビドラマが作られることが多いので… 「原作が先か、映画が先か」と思い悩むことも増えてきたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 15:37
『古今東西エンジン図鑑』5
<『古今東西エンジン図鑑』5> 図書館で『古今東西エンジン図鑑』という本を、手にしたのです。 大使の学生時代の卒論のテーマが「エンジン」だったような記憶がかすかにあるわけで(汗)・・・ この本は興味深いのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 07:26
『古今東西エンジン図鑑』4
<『古今東西エンジン図鑑』4> 図書館で『古今東西エンジン図鑑』という本を、手にしたのです。 大使の学生時代の卒論のテーマが「エンジン」だったような記憶がかすかにあるわけで(汗)・・・ この本は興味深いのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/22 14:04
『日本力』1
<『日本力』1> 図書館で『日本力』という本を、手にしたのです。 松岡さんは知の巨人なのか、衒学の親分なのか?・・・気になる存在なんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/22 00:29
『住まいの冒険』4
<『住まいの冒険』4> 図書館で『住まいの冒険』という本を、手にしたのです。 住まいを取り戻そうとする多くの事例とは、如何なるものか?♪ とにかくニッポンの住まいは、役所と大手建売り業によってファスト風土化されて来たもんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/21 20:59
領土紛争あれこれR1    B
<領土紛争あれこれR1> 尖閣諸島沖事件が発生して以降、領土紛争に関係する本を集めています。 なお、現在連載が続いているかわぐちかいじの『空母いぶき』には、ぞっこんでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/21 13:31
『現代モンゴルを知るための50章』4
<『現代モンゴルを知るための50章』4> 図書館で『現代モンゴルを知るための50章』という本を、手にしたのです。 中国の内モンゴル自治区ではいろいろ問題があるが、では外モンゴルではどうなのか?と思うわけで・・・この本をチョイスしたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/21 06:26
人類学あれこれR2
<人類学あれこれR2> 人類学と民俗学との違いがおぼつかない大使であるが(笑)・・・・ 人類学について、書籍とかネット情報についてあれこれ集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/21 02:16
『現代モンゴルを知るための50章』3
<『現代モンゴルを知るための50章』3> 図書館で『現代モンゴルを知るための50章』という本を、手にしたのです。 中国の内モンゴル自治区ではいろいろ問題があるが、では外モンゴルではどうなのか?と思うわけで・・・この本をチョイスしたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/20 20:44
『住まいの冒険』3
<『住まいの冒険』3> 図書館で『住まいの冒険』という本を、手にしたのです。 住まいを取り戻そうとする多くの事例とは、如何なるものか?♪ とにかくニッポンの住まいは、役所と大手建売り業によってファスト風土化されて来たもんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/20 16:39
『住まいの冒険』2
<『住まいの冒険』2> 図書館で『住まいの冒険』という本を、手にしたのです。 住まいを取り戻そうとする多くの事例とは、如何なるものか?♪ とにかくニッポンの住まいは、役所と大手建売り業によってファスト風土化されて来たもんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/20 16:10
『現代モンゴルを知るための50章』2
<『現代モンゴルを知るための50章』2> 図書館で『現代モンゴルを知るための50章』という本を、手にしたのです。 中国の内モンゴル自治区ではいろいろ問題があるが、では外モンゴルではどうなのか?と思うわけで・・・この本をチョイスしたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/20 07:12
『日本の「運命」について語ろう』6
<『日本の「運命」について語ろう』6> 図書館で『日本の「運命」について語ろう』という本を、手にしたのです。 なんか見覚えのある本であるが・・・再読になってもいいではないかと、借りたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/19 22:50
『住まいの冒険』1
<『住まいの冒険』1> 図書館で『住まいの冒険』という本を、手にしたのです。 住まいを取り戻そうとする多くの事例とは、如何なるものか?♪ とにかくニッポンの住まいは、役所と大手建売り業によってファスト風土化されて来たもんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/19 08:03
『現代モンゴルを知るための50章』1
<『現代モンゴルを知るための50章』1> 図書館で『現代モンゴルを知るための50章』という本を、手にしたのです。 中国の内モンゴル自治区ではいろいろ問題があるが、では外モンゴルではどうなのか?と思うわけで・・・この本をチョイスしたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/19 01:56
サン=テグジュペリの世界R1    B
<サン=テグジュペリの世界R1> サン=テグジュペリがいいというか・・・ 砂漠と飛行機という取り合わせが好きなわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/19 01:01
図書館大好き273
<図書館大好き273> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「華夷秩序」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/18 23:09
『古今東西エンジン図鑑』3
<『古今東西エンジン図鑑』3> 図書館で『古今東西エンジン図鑑』という本を、手にしたのです。 大使の学生時代の卒論のテーマが「エンジン」だったような記憶がかすかにあるわけで(汗)・・・ この本は興味深いのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/18 16:03
『古今東西エンジン図鑑』2
<『古今東西エンジン図鑑』2> 図書館で『古今東西エンジン図鑑』という本を、手にしたのです。 大使の学生時代の卒論のテーマが「エンジン」だったような記憶がかすかにあるわけで(汗)・・・ この本は興味深いのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/18 09:31
飛行機シリーズ3-R1 B
<飛行機シリーズ3-R1> 飛行機、戦闘機について集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/18 07:17
『古今東西エンジン図鑑』1
<『古今東西エンジン図鑑』1> 図書館で『古今東西エンジン図鑑』という本を、手にしたのです。 大使の学生時代の卒論のテーマが「エンジン」だったような記憶がかすかにあるわけで(汗)・・・ この本は興味深いのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/17 23:37
『人民元の興亡』4
<『人民元の興亡』4> 図書館に予約していた『人民元の興亡』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。著者の吉岡桂子さんは朝日新聞の記者であるが・・・ 大使はチャイナウォッチャーとして高く評価しているのです。 その吉岡さんの著書が出たので、即、図書館に借出し予約をいれたのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/17 19:04
『人民元の興亡』3
<『人民元の興亡』3> 図書館に予約していた『人民元の興亡』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。著者の吉岡桂子さんは朝日新聞の記者であるが・・・ 大使はチャイナウォッチャーとして高く評価しているのです。 その吉岡さんの著書が出たので、即、図書館に借出し予約をいれたのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/17 07:31
『ヒルビリー・エレジー』3
<『ヒルビリー・エレジー』3> 図書館に予約していた『ヒルビリー・エレジー』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。 トランプ大統領を誕生させたラストベルトのヒルビリーたちは、如何なる人たちなのか…わりとホットなドキュメンタリーなんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/17 06:38
『ヒルビリー・エレジー』2
<『ヒルビリー・エレジー』2> 図書館に予約していた『ヒルビリー・エレジー』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。 トランプ大統領を誕生させたラストベルトのヒルビリーたちは、如何なる人たちなのか…わりとホットなドキュメンタリーなんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/16 23:05
『人民元の興亡』2
<『人民元の興亡』2> 図書館に予約していた『人民元の興亡』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。著者の吉岡桂子さんは朝日新聞の記者であるが・・・ 大使はチャイナウォッチャーとして高く評価しているのです。 その吉岡さんの著書が出たので、即、図書館に借出し予約をいれたのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/16 15:43
『誰がこれからのアニメをつくるのか?』5
<『誰がこれからのアニメをつくるのか?』5> 図書館で『誰がこれからのアニメをつくるのか?』という本を、手にしたのです。 クールジャパンを牽引するアニメ産業が、小さな制作業界におんぶしているブラックなギャップに、つねづね疑問に思っていたので・・・ この本でそのカラクリを知りたいのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/16 09:17
『データで見る太平洋戦争』2
<『データで見る太平洋戦争』2> 図書館で『データで見る太平洋戦争』という本を、手にしたのです。 12月8日の開戦記念日に相前後してメディアには戦争ものが増えてきて・・・ 大使もついこの本を借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 23:58
『誰がこれからのアニメをつくるのか?』4
<『誰がこれからのアニメをつくるのか?』4> 図書館で『誰がこれからのアニメをつくるのか?』という本を、手にしたのです。 クールジャパンを牽引するアニメ産業が、小さな制作業界におんぶしているブラックなギャップに、つねづね疑問に思っていたので・・・ この本でそのカラクリを知りたいのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 21:10
『人民元の興亡』1
<『人民元の興亡』1> 図書館に予約していた『人民元の興亡』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。著者の吉岡桂子さんは朝日新聞の記者であるが・・・ 大使はチャイナウォッチャーとして高く評価しているのです。 その吉岡さんの著書が出たので、即、図書館に借出し予約をいれたのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 08:39
クローズアップ現代『アラフォー・クライシス』
<クローズアップ現代『アラフォー・クライシス』>14日のクローズアップ現代『アラフォー・クライシス』を観たのだが、興味深い内容であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 06:42
『誰がこれからのアニメをつくるのか?』2
<『誰がこれからのアニメをつくるのか?』2> 図書館で『誰がこれからのアニメをつくるのか?』という本を、手にしたのです。 クールジャパンを牽引するアニメ産業が、小さな制作業界におんぶしているブラックなギャップに、つねづね疑問に思っていたので・・・ この本でそのカラクリを知りたいのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 01:09
村上龍の世界R1    B
<村上龍の世界R1> このところ村上龍からみの本を、図書館でよく借りているのです。 村上春樹より村上龍のほうが歳も近いせいか、しっくりくる大使である。 ・・・ということで、村上龍について集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 20:54
『データで見る太平洋戦争』1
<『データで見る太平洋戦争』1> 図書館で『データで見る太平洋戦争』という本を、手にしたのです。 12月8日の開戦記念日に相前後してメディアには戦争ものが増えてきて・・・ 大使もついこの本を借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 08:02
予約分受取目録R10 B
<予約分受取目録R10> 歳のせいか、このところ図書館での2度借りが増えてきたのです。 これではいかん! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 07:00
『誰がこれからのアニメをつくるのか?』1
<『誰がこれからのアニメをつくるのか?』1> 図書館で『誰がこれからのアニメをつくるのか?』という本を、手にしたのです。 クールジャパンを牽引するアニメ産業が、小さな制作業界におんぶしているブラックなギャップに、つねづね疑問に思っていたので・・・ この本でそのカラクリを知りたいのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 01:30
『ヒルビリー・エレジー』1
<『ヒルビリー・エレジー』1> 図書館に予約していた『ヒルビリー・エレジー』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。 トランプ大統領を誕生させたラストベルトのヒルビリーたちは、如何なる人たちなのか…わりとホットなドキュメンタリーなんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/13 21:51
図書館大好き272
<図書館大好き272> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/13 16:48
神戸の散策にR1
<神戸の散策にR1> 在職中は通勤や出張の途中に傍観していただけの神戸だったけど・・・ リタイアして2年以上たち、やっと自分の住む街の今昔に目を向けているところです。 (暇になるのも、ええもんでんな♪) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/13 06:31
『神戸の花街・盛り場考』
<『神戸の花街・盛り場考』> 図書館で『神戸の花街・盛り場考』という本を、手にしたのです。 我が町・神戸の歴史にうといことに思い至り・・・ まず花街の歴史を見ていこうと、思った次第です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 21:28
『近世アジア漂流』5
<『近世アジア漂流』5> 図書館で『近世アジア漂流』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると…アジア諸国との外交、交易がメインテーマであり画像も多く、論文とはひと味違った面白い読み物となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 21:27
村上龍アンソロジーR1  B
<村上龍アンソロジーR1> 昨今は、カンブリア宮殿とかのテレビ番組に出ている村上さんは、経済に造詣の深い作家であるが・・・ とにかく、近未来を見る目、感性が鋭いのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 08:36
『ラストワルツ』2
<『ラストワルツ』2> 図書館で『ラストワルツ』という本を、手にしたのです。 おお村上龍の最新(たぶん)のエッセイ集ではないか♪・・・ ということで借りたのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 07:15
『一回性の人生』
<『一回性の人生』> 図書館で『一回性の人生』という本を、手にしたのです。 先日、梁さんの『異端は未来の扉を開く』というエッセイ集を読んで良かったので・・・このエッセイ集も期待できるかも?♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 16:17
図書館予約の軌跡107 B
<図書館予約の軌跡107> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 14:45
『近世アジア漂流』4
<『近世アジア漂流』4> 図書館で『近世アジア漂流』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると…アジア諸国との外交、交易がメインテーマであり画像も多く、論文とはひと味違った面白い読み物となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 14:42
『近世アジア漂流』3
<『近世アジア漂流』3> 図書館で『近世アジア漂流』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると…アジア諸国との外交、交易がメインテーマであり画像も多く、論文とはひと味違った面白い読み物となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 08:04
『私の愛毒書』
<『私の愛毒書』> 図書館で『私の愛毒書』という本を、手にしたのです。 書評集かと思って覗いてみると・・・ なんと、日本文学の名作を借りた短篇集である。 ただ、表紙の絵に表れているように名作を冒涜する内容ではないかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 05:49
『ラストワルツ』1
<『ラストワルツ』1> 図書館で『ラストワルツ』という本を、手にしたのです。 おお村上龍の最新(たぶん)のエッセイ集ではないか♪・・・ ということで借りたのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 05:44
図書館大好き271
<図書館大好き271> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「エッセイ」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 00:05
『近世アジア漂流』2
<『近世アジア漂流』2> 図書館で『近世アジア漂流』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると…アジア諸国との外交、交易がメインテーマであり画像も多く、論文とはひと味違った面白い読み物となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/10 16:39
『街路樹を楽しむ15の謎』3
<『街路樹を楽しむ15の謎』3> 図書館で『街路樹を楽しむ15の謎』という本を、手にしたのです。 初めて訪れた街では街路樹に眼がいくわけで…これも大使のツボなんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/10 09:45
『街路樹を楽しむ15の謎』2
<『街路樹を楽しむ15の謎』2> 図書館で『街路樹を楽しむ15の謎』という本を、手にしたのです。 初めて訪れた街では街路樹に眼がいくわけで…これも大使のツボなんでしょうね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/09 21:30
『国家と犯罪』3
<『国家と犯罪』3> 図書館に予約していた『国家と犯罪』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 目次を見ると・・・ メキシコのゲリラ問題や中国の少数民族問題、それから中東のクルド人問題など世界の難問が並んでいて…すごいルポルタージュになっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 21:09
『街路樹を楽しむ15の謎』1
<『街路樹を楽しむ15の謎』1> 図書館で『街路樹を楽しむ15の謎』という本を、手にしたのです。 初めて訪れた街では街路樹に眼がいくわけで…これも大使のツボなんでしょうね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/09 07:44
『国家と犯罪』2
<『国家と犯罪』2> 図書館に予約していた『国家と犯罪』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 目次を見ると・・・ メキシコのゲリラ問題や中国の少数民族問題、それから中東のクルド人問題など世界の難問が並んでいて…すごいルポルタージュになっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 06:28

トップへ | みんなの「本」ブログ

カツラの葉っぱ 大好き! 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる