アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ

タイトル 日 時
『「在中二世」が見た日中戦争』1
『「在中二世」が見た日中戦争』1 <『「在中二世」が見た日中戦争』1> 図書館で『「在中二世」が見た日中戦争』という本を、手にしたのです。 戦争を見聞きした世代が絶えようとしている昨今であるが・・・ 日中戦争時、青島の日本租界ですごした著者の少年時代が、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 16:15
『私の貧乏物語』2
『私の貧乏物語』2 <『私の貧乏物語』2> 図書館で『私の貧乏物語』という本を、手にしたのです。 日本にあって中韓にない価値観としては、「清貧」もそのひとつではないだろうか♪ ということで、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 08:04
横尾忠則の世界R3   B
横尾忠則の世界R3   B <横尾忠則の世界R3>   横尾忠則について集めてみました。 60年代に、村上隆より早く世界に打って出た横尾忠則はパイオニアとも言えますね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 01:25
『ヨコオ論タダノリ』1
『ヨコオ論タダノリ』1 <『ヨコオ論タダノリ』1> 図書館で『ヨコオ論タダノリ』という本を、手にしたのです。 いろんな人と交流している横尾さんであるが・・・ 荒俣さんともお友だちだったようで、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 01:01
図書館大好き279
図書館大好き279 <図書館大好き279> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「少年時代」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 13:15
『ウニはすごい バッタもすごい』4
『ウニはすごい バッタもすごい』4 <『ウニはすごい バッタもすごい』4> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 08:39
『私の貧乏物語』1
『私の貧乏物語』1 <『私の貧乏物語』1> 図書館で『私の貧乏物語』という本を、手にしたのです。 日本にあって中韓にない価値観としては、「清貧」もそのひとつではないだろうか♪ ということで、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 23:14
『花の町 軍歌「戦友」』2
『花の町 軍歌「戦友」』2 <『花の町 軍歌「戦友」』2> 図書館で『花の町 軍歌「戦友」』という本を、手にしたのです。 陸軍徴用員として従軍した井伏さんの、戦争プロパガンダ活動が興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 21:17
料理・食文化のインデックスR3    B
料理・食文化のインデックスR3    B <料理・食文化のインデックスR3> このところ料理・食文化に関する本よく読んでいるのです。 ・・・で、それらのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 09:04
『ひなびたごちそう』4
『ひなびたごちそう』4 <『ひなびたごちそう』4> 図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットできたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 07:35
『ウニはすごい バッタもすごい』3
『ウニはすごい バッタもすごい』3 <『ウニはすごい バッタもすごい』3> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 21:45
『ひなびたごちそう』3
『ひなびたごちそう』3 <『ひなびたごちそう』3> 図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットできたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 09:33
『ひなびたごちそう』2
『ひなびたごちそう』2 <『ひなびたごちそう』2> 図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットできたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 23:40
『ウニはすごい バッタもすごい』2
『ウニはすごい バッタもすごい』2 <『ウニはすごい バッタもすごい』2> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 15:23
『ひなびたごちそう』1
『ひなびたごちそう』1 <『ひなびたごちそう』1> 図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットできたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 08:46
『言葉の降る日』3
『言葉の降る日』3 <『言葉の降る日』3> 図書館で『言葉の降る日』という本を、手にしたのです。 加藤典洋さんの文章は、教科書だか入試問題にもなっているそうで、それだけ論理的な文章なんだろう。 そういう文章とはどんなだろうというハウツー志向もあって、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 08:09
『花の町 軍歌「戦友」』1
『花の町 軍歌「戦友」』1 <『花の町 軍歌「戦友」』1> 図書館で『花の町 軍歌「戦友」』という本を、手にしたのです。 陸軍徴用員として従軍した井伏さんの、戦争プロパガンダ活動が興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 22:13
『稲のアジア史1』2
『稲のアジア史1』2 <『稲のアジア史1』2> 図書館で『稲のアジア史1』という本を、手にしたのです。 ナショナリストの大使としては、稲作の伝来ルートが気になるのでこの本を借りたのです。 要するに、陸稲の「海上の道」伝来の可能性に賭けて、朝鮮からの伝来説を否定したいのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 15:44
『言葉の降る日』2
『言葉の降る日』2 <『言葉の降る日』2> 図書館で『言葉の降る日』という本を、手にしたのです。 加藤典洋さんの文章は、教科書だか入試問題にもなっているそうで、それだけ論理的な文章なんだろう。 そういう文章とはどんなだろうというハウツー志向もあって、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 10:52
『ウニはすごい バッタもすごい』1
『ウニはすごい バッタもすごい』1 <『ウニはすごい バッタもすごい』1> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 07:16
『稲のアジア史1』1
『稲のアジア史1』1 <『稲のアジア史1』1> 図書館で『稲のアジア史1』という本を、手にしたのです。 ナショナリストの大使としては、稲作の伝来ルートが気になるのでこの本を借りたのです。 要するに、陸稲の「海上の道」伝来の可能性に賭けて、朝鮮からの伝来説を否定したいのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 08:35
『言葉の降る日』1
『言葉の降る日』1 <『言葉の降る日』1> 図書館で『言葉の降る日』という本を、手にしたのです。 加藤典洋さんの文章は、教科書だか入試問題にもなっているそうで、それだけ論理的な文章なんだろう。 そういう文章とはどんなだろうというハウツー志向もあって、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 07:52
図書館大好き278
図書館大好き278 <図書館大好き278> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「予約本」でしょうか♪ <市立図書館> ・ウニはすごい バッタもすごい ・ひなびたごちそう ・言葉の降る日 ・花の町 軍歌「戦友」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 00:55
図書館予約の軌跡110
図書館予約の軌跡110 <図書館予約の軌跡110> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/13 23:33
高橋源一郎アンソロジーR1 B
高橋源一郎アンソロジーR1      B <高橋源一郎アンソロジーR1> そもそも高橋源一郎を表わす肩書きとは何になるのか?・・・ 朝日新聞で、毎月「論壇時評」を書いているくらいだから評論家なのかな?(注) Wikipediaをのぞいてみると、小説家、文学者、文芸評論家、大学教授と併記しています。 ということで・・・ 多芸な高橋源一郎の全貌に迫るべく、アンソロジーとして集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/13 07:36
『ノノさんのぶらぶら地図学』1
『ノノさんのぶらぶら地図学』1 <『ノノさんのぶらぶら地図学』1> 図書館で『ノノさんのぶらぶら地図学』という本を、手にしたのです。 著者は、国土地理院で側図部長を歴任したれっきとした役人であったが、ホームレスとも酒酌み交わす変り種なんですね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 21:22
『「COMICばく」とつげ義春』4
『「COMICばく」とつげ義春』4 <『「COMICばく」とつげ義春』4> 図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。 マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ ほとんど独力で、この雑誌を出版した著者も凄いけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 16:10
『狼が来るぞ!』3
『狼が来るぞ!』3 <『狼が来るぞ!』3> 図書館で『狼が来るぞ!』という本を、手にしたのです。 この本は「SPA!」名物コラムから精選とのことで・・・四方田さんは右の論客という側面もあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 16:30
『マンガ論争勃発』1
『マンガ論争勃発』1 <『マンガ論争勃発』1> 図書館で『マンガ論争勃発』という本を、手にしたのです。 日本のマンガ文化といえば、クリエイティブかつ貧乏な文化であるが・・・ ちょっと古い本ではあるが、そのあたりを見てみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 15:38
『もっとも危険な読書』3
『もっとも危険な読書』3 <『もっとも危険な読書』3> 図書館で『もっとも危険な読書』という本を、手にしたのです。 図書館大好きの大使としては、書評集もツボになるわけで・・・ 高橋源一郎著のこの本など、そのツボに的中しているわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 12:22
『「COMICばく」とつげ義春』3
『「COMICばく」とつげ義春』3 <『「COMICばく」とつげ義春』3> 図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。 マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ ほとんど独力で、この雑誌を出版した著者も凄いけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 08:42
『「COMICばく」とつげ義春』2
『「COMICばく」とつげ義春』2 <『「COMICばく」とつげ義春』2> 図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。 マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ ほとんど独力で、この雑誌を出版した著者も凄いけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 23:00
『「COMICばく」とつげ義春』1
『「COMICばく」とつげ義春』1 <『「COMICばく」とつげ義春』1> 図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。 マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ ほとんど独力で、この雑誌を出版した著者も凄いけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 19:23
『もっとも危険な読書』2
『もっとも危険な読書』2 <『もっとも危険な読書』2> 図書館で『もっとも危険な読書』という本を、手にしたのです。 図書館大好きの大使としては、書評集もツボになるわけで・・・ 高橋源一郎著のこの本など、そのツボに的中しているわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 15:42
『狼が来るぞ!』2
『狼が来るぞ!』2 <『狼が来るぞ!』2> 図書館で『狼が来るぞ!』という本を、手にしたのです。 この本は「SPA!」名物コラムから精選とのことで・・・四方田さんは右の論客という側面もあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 07:30
読書術・書評のインデックスR4     B
読書術・書評のインデックスR4     B <読書術・書評のインデックスR4> このところ読書術や書評や古本屋に関する本よく読んでいるのです。 ・・・で、それらのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 06:54
『もっとも危険な読書』1
『もっとも危険な読書』1 <『もっとも危険な読書』1> 図書館で『もっとも危険な読書』という本を、手にしたのです。 図書館大好きの大使としては、書評集もツボになるわけで・・・ 高橋源一郎著のこの本など、そのツボに的中しているわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 23:23
『アトリエ会議』3
『アトリエ会議』3 <『アトリエ会議』3> 図書館で『アトリエ会議』という本を、手にしたのです。 おお 横尾忠則が作家たちと対談していて、面白そうである・・・ わりと気楽な、そしてクリエイティブな会議のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 21:26
四方田犬彦の世界R1     B
四方田犬彦の世界R1     B <四方田犬彦の世界R1> 映画、フランス、韓国、台湾・・・・年上ということもあるが、どういうわけか常に大使の一歩先を行くような四方田さんが気になるわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 08:55
『狼が来るぞ!』1
『狼が来るぞ!』1 <『狼が来るぞ!』1> 図書館で『狼が来るぞ!』という本を、手にしたのです。 この本は「SPA!」名物コラムから精選とのことで・・・四方田さんは右の論客という側面もあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 08:31
『ビゴー画集―諷刺・風俗素描』
『ビゴー画集―諷刺・風俗素描』 <『ビゴー画集―諷刺・風俗素描』> 図書館で『ビゴー画集―諷刺・風俗素描』という本を手にしたのです。 パラパラとめくると、漫画調のもの、実写調のもの、風刺画、とジャンルも多彩で・・・画集と銘打ってあるとおり、とにかく線描画、銅板画のオンパレードなのが嬉しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 00:26
『アトリエ会議』2
『アトリエ会議』2 <『アトリエ会議』2> 図書館で『アトリエ会議』という本を、手にしたのです。 おお 横尾忠則が作家たちと対談していて、面白そうである・・・ わりと気楽な、そしてクリエイティブな会議のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 15:26
図書館大好き277
図書館大好き277 <図書館大好き277> 今回借りた6冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「漫画」でしょうか♪ <市立図書館> ・もっとも危険な読書 ・ノノさんのぶらぶら地図学 ・狼が来るぞ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 13:51
横尾忠則の世界R2 B
横尾忠則の世界R2      B <横尾忠則の世界R2>   横尾忠則について集めてみました。 60年代に、村上隆より早く世界に打って出た横尾忠則はパイオニアとも言えますね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 08:43
『アトリエ会議』1
『アトリエ会議』1 <『アトリエ会議』1> 図書館で『アトリエ会議』という本を、手にしたのです。 おお 横尾忠則が作家たちと対談していて、面白そうである・・・ わりと気楽な、そしてクリエイティブな会議のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 07:15
『怖い絵のひみつ。』3
『怖い絵のひみつ。』3 <『怖い絵のひみつ。』3> 図書館で『怖い絵のひみつ。』という本を、手にしたのです。 各地の美術館で「怖い絵」の展覧が続いているが・・・このブームの発端は中野京子の「怖い絵」シリーズあたりだったようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 22:37
『中国を捨てよ』3
『中国を捨てよ』3 <『中国を捨てよ』3> 図書館で『中国を捨てよ』という本を、手にしたのです。 いわゆる嫌中本なんだろうけど、この種の本を時々読みたくなるわけです。 ガス抜きしないと、ガスが溜まり過ぎて体に良くないから(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 09:43
『ニホン語日記』3
『ニホン語日記』3 <『ニホン語日記』3> 図書館で『ニホン語日記』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、文章にからむテーマが多く、文章修業中の大使にとって、格好のハウツー本になっているのです。 …ということで借りた次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 07:31
『怖い絵のひみつ。』2
『怖い絵のひみつ。』2 <『怖い絵のひみつ。』2> 図書館で『怖い絵のひみつ。』という本を、手にしたのです。 各地の美術館で「怖い絵」の展覧が続いているが・・・このブームの発端は中野京子の「怖い絵」シリーズあたりだったようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 21:19
『ニホン語日記』2
『ニホン語日記』2 <『ニホン語日記』2> 図書館で『ニホン語日記』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、文章にからむテーマが多く、文章修業中の大使にとって、格好のハウツー本になっているのです。 …ということで借りた次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 21:04
『中国を捨てよ』2
<『中国を捨てよ』2> 図書館で『中国を捨てよ』という本を、手にしたのです。 いわゆる嫌中本なんだろうけど、この種の本を時々読みたくなるわけです。 ガス抜きしないと、ガスが溜まり過ぎて体に良くないから(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 14:39
文章修業のインデックスR5    B
<文章修業のインデックスR5> 又吉直樹さんが芥川賞を受賞して以来、作家へのハードルが下がったので(それは錯覚です)、「よし 俺もいっちょう」と思うのである。 …で、これまで集めた文章修業ハウツーのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 10:25
『ニホン語日記』1
<『ニホン語日記』1> 図書館で『ニホン語日記』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、文章にからむテーマが多く、文章修業中の大使にとって、格好のハウツー本になっているのです。 …ということで借りた次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 10:22
『中国を捨てよ』1
<『中国を捨てよ』1> 図書館で『中国を捨てよ』という本を、手にしたのです。 いわゆる嫌中本なんだろうけど、この種の本を時々読みたくなるわけです。 ガス抜きしないと、ガスが溜まり過ぎて体に良くないから(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 08:21
嫌中本あれこれR4 B
<嫌中本あれこれR4> 図書館で『中国壊死』という本を借りたのだが・・・ この本はまさに嫌中本なんだろうと、借りる際、若干躊躇したのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 07:46
『怖い絵のひみつ。』1
<『怖い絵のひみつ。』1> 図書館で『怖い絵のひみつ。』という本を、手にしたのです。 各地の美術館で「怖い絵」の展覧が続いているが・・・このブームの発端は中野京子の「怖い絵」シリーズあたりだったようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 01:18
中島京子の世界R4    B
<中島京子の世界R4> 先日、『のろのろ歩け』という中篇小説集を読んで良かったのだが・・・ 中島京子が「河合隼雄物語賞・学芸賞」の物語賞を受賞したと、新聞に載っていました。 ・・・河合隼雄物語賞とは西加奈子も受賞した渋い賞である♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 00:28
『あなたの人生の物語』3
<『あなたの人生の物語』3> 図書館に予約していた『あなたの人生の物語』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。 ケン・リュウ著『紙の動物園』は、中国系作家にしては詩情あふれるSFで、良かった。 だけど、その二番煎じに食いつくような大使ではない。 さてどんなかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 15:46
図書館大好き276
<図書館大好き276> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「エンタメ」でしょうか♪ <市立図書館> ・サブマリン ・ニホン語日記 ・アトリエ会議 ・中国を捨てよ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 15:44
図書館予約の軌跡109   B
<図書館予約の軌跡109> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 07:42
NHK『ダイヤモンド博士のヒトの秘密』
<NHK『ダイヤモンド博士のヒトの秘密』> 1月3日のNHK番組『ダイヤモンド博士のヒトの秘密』(12回シリーズの予告遍)を観たのだが、興味深い内容であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 00:53
『住み継がれる集落をつくる』3
<『住み継がれる集落をつくる』3> 図書館で『住み継がれる集落をつくる』という本を、手にしたのです。 人口減と高齢化の影響をうけて、各地に空き家が目立つようになった昨今である。 各地で官民あげて移住を奨励しているわけで・・・だから、この本なんかが出てくるんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 21:28
『アジア辺境論』8
<『アジア辺境論』8> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな両国政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/03 13:29
『住み継がれる集落をつくる』2
<『住み継がれる集落をつくる』2> 図書館で『住み継がれる集落をつくる』という本を、手にしたのです。 人口減と高齢化の影響をうけて、各地に空き家が目立つようになった昨今である。 各地で官民あげて移住を奨励しているわけで・・・だから、この本なんかが出てくるんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/03 07:39
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』5
<『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』5> 図書館に予約していた『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』という本を、手にしたのです。 ブログ友がこの本を評していたので図書館に予約したところ、予約5日後にゲットできたのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 22:54
空き家問題あれこれR7   B
<空き家問題あれこれR7> 田舎の実家は空き家状態なので、ときどき帰って傷みなどをチェックする必要があるのです。 また、都市近郊の団地では、建替えか補修か、難しい選択が待っているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 21:43
『住み継がれる集落をつくる』1
<『住み継がれる集落をつくる』1> 図書館で『住み継がれる集落をつくる』という本を、手にしたのです。 人口減と高齢化の影響をうけて、各地に空き家が目立つようになった昨今である。 各地で官民あげて移住を奨励しているわけで・・・だから、この本なんかが出てくるんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 20:53
『アジア辺境論』7
<『アジア辺境論』7> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 10:57
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』4
<『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』4> 図書館に予約していた『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』という本を、手にしたのです。 ブログ友がこの本を評していたので図書館に予約したところ、予約5日後にゲットできたのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 09:00
原作が先か、映画が先かR3 B
<原作が先か、映画が先かR3> 最近では、小説の原作をもとに映画、テレビドラマが作られることが多いので… 「原作が先か、映画が先か」と思い悩むことも増えてきたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 13:55
『アジア辺境論』6
<『アジア辺境論』6> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 07:05
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』3
<『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』3> 図書館に予約していた『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』という本を、手にしたのです。 ブログ友がこの本を評していたので図書館に予約したところ、予約5日後にゲットできたのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 02:06
『アジア辺境論』5
<『アジア辺境論』5> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/31 12:11
『南からの日本文化(上)』3
<『南からの日本文化(上)』3> 図書館で『南からの日本文化(上)』という本を、手にしたのです。 「海上の道」というのは、大使のミニブームと言っちゃあ、ミニブームである。要するに何かにつけ、朝鮮ルートが癇に障るわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 17:16
『南からの日本文化(上)』2
<『南からの日本文化(上)』2> 図書館で『南からの日本文化(上)』という本を、手にしたのです。 「海上の道」というのは、大使のミニブームと言っちゃあ、ミニブームである。要するに何かにつけ、朝鮮ルートが癇に障るわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 09:47
個人的言語学12-R4 B
<個人的言語学12-R4>   異邦、異邦人に対する興味、あこがれがこうじてくると、その言語に目が向けられる・・・・・ ということで、方言とか言語とかについて集めてみます。 最近は仕事の関係もあり韓国語にはまって、おります。(退職して6年たちましたが) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 08:52
『アジア辺境論』4
<『アジア辺境論』4> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 03:46
『アジア辺境論』3
<『アジア辺境論』3> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 21:56
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』2
<『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』2> 図書館に予約していた『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』という本を、手にしたのです。 ブログ友がこの本を評していたので図書館に予約したところ、予約5日後にゲットできたのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 06:35
『アジア辺境論』2
<『アジア辺境論』2> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 06:29
『アジア辺境論』1
<『アジア辺境論』1> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 00:43
『「身体」を忘れた日本人』4
<『「身体」を忘れた日本人』4> 図書館で『「身体」を忘れた日本人』という本を、手にしたのです。 おお 養老孟司さんとC.W.ニコルさんの対談ではないか・・・ 哲学的やないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/28 14:16
『南からの日本文化(上)』1
<『南からの日本文化(上)』1> 図書館で『南からの日本文化(上)』という本を、手にしたのです。 「海上の道」というのは、大使のミニブームと言っちゃあ、ミニブームである。要するに何かにつけ、朝鮮ルートが癇に障るわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/28 09:25
『ボロボロになった人へ』2
<『ボロボロになった人へ』2> 図書館で『ボロボロになった人へ』という本を、手にしたのです。 リリー・フランキーの短篇小説集であるが・・・ 映画にも出演して、いい味出しているし、これは期待できるかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/28 07:44
『あなたの人生の物語』2
<『あなたの人生の物語』2> 図書館に予約していた『あなたの人生の物語』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。 ケン・リュウ著『紙の動物園』は、中国系作家にしては詩情あふれるSFで、良かった。 だけど、その二番煎じに食いつくような大使ではない。 さてどんなかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/28 06:04
『あなたの人生の物語』1
<『あなたの人生の物語』1> 図書館に予約していた『あなたの人生の物語』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。 ケン・リュウ著『紙の動物園』は、中国系作家にしては詩情あふれるSFで、良かった。 だけど、その二番煎じに食いつくような大使ではない。 さてどんなかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/27 14:49
予約分受取目録R11 B
<予約分受取目録R11> 歳のせいか、このところ図書館での2度借りが増えてきたのです。 これではいかん! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/27 13:59
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』1
<『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』1> 図書館に予約していた『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』という本を、手にしたのです。 ブログ友がこの本を評していたので図書館に予約したところ、予約5日後にゲットできたのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/27 11:56
『ボロボロになった人へ』1
<『ボロボロになった人へ』1> 図書館で『ボロボロになった人へ』という本を、手にしたのです。 リリー・フランキーの短篇小説集であるが・・・ 映画にも出演して、いい味出しているし、これは期待できるかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/27 01:39
『アーサーの言の葉食堂』3
<『アーサーの言の葉食堂』3> 図書館で『アーサーの言の葉食堂』という本を、手にしたのです。 日本語通のアーサーさんの場合、日本人の英語誤訳が目についてしょうがないようです。・・・その誤訳、珍訳を見てみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/26 21:27
図書館大好き275
<図書館大好き275> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「辺境」でしょうか♪ <市立図書館> ・アジア辺境論 ・ボロボロになった人へ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/26 16:30
図書館予約の軌跡108   B
<図書館予約の軌跡108> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/26 15:37
『「身体」を忘れた日本人』3
<『「身体」を忘れた日本人』3> 図書館で『「身体」を忘れた日本人』という本を、手にしたのです。 おお 養老孟司さんとC.W.ニコルさんの対談ではないか・・・ 哲学的やないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/26 08:47
『「身体」を忘れた日本人』2
<『「身体」を忘れた日本人』2> 図書館で『「身体」を忘れた日本人』という本を、手にしたのです。 おお 養老孟司さんとC.W.ニコルさんの対談ではないか・・・ 哲学的やないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/25 22:59
『北斎 宇宙をデザインす』2
<北斎 宇宙をデザインす2> 図書館で『北斎 宇宙をデザインす』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、モノクロではあるが画像の多いのがええでぇ。その豊富な画像で例証する方針がいいではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/25 20:16
『「身体」を忘れた日本人』1
<『「身体」を忘れた日本人』1> 図書館で『「身体」を忘れた日本人』という本を、手にしたのです。 おお 養老孟司さんとC.W.ニコルさんの対談ではないか・・・ 哲学的やないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/25 07:48
『北斎 宇宙をデザインす』1
<北斎 宇宙をデザインす1> 図書館で『北斎 宇宙をデザインす』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、モノクロではあるが画像の多いのがええでぇ。その豊富な画像で例証する方針がいいではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 21:51
北斎あれこれR1   B
<北斎あれこれR1> 北斎を描くアニメ映画『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』が近日公開されるし、この際、北斎をきわめておくか、と思いたったわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 21:12
『新しい哲学入門』2
<『新しい哲学入門』2> 図書館で『新しい哲学入門』という本を、手にしたのです。 土屋教授の著書は、脱力気味の軽妙なタッチがいいのだが・・・ さて、この本はどんなかな?♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 15:59
『新しい哲学入門』1
<『新しい哲学入門』1> 図書館で『新しい哲学入門』という本を、手にしたのです。 土屋教授の著書は、脱力気味の軽妙なタッチがいいのだが・・・ さて、この本はどんなかな?♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 14:51
参考になる文体R1   B
<参考になる文体R1> 気にいった本の一部を筆写するという帰納的文章修行に勤しんでいる大使である。 かなり泥臭い修業であるが、実は文体や語彙を習得しようという遠望があるわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 08:58
『アーサーの言の葉食堂』2
<『アーサーの言の葉食堂』2> 図書館で『アーサーの言の葉食堂』という本を、手にしたのです。 日本語通のアーサーさんの場合、日本人の英語誤訳が目についてしょうがないようです。・・・その誤訳、珍訳を見てみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 07:20
最強のエッセイストR5 B
<最強のエッセイストR5> 蔵書録を作るばかりではなくて、そろそろ有効活用をはかるべきと思い至り・・・・ 蔵書録から最強のエッセイストを選んだのだが、大使の場合は兼好法師と米原万理さんになるわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/24 06:43
『アーサーの言の葉食堂』
<『アーサーの言の葉食堂』> 図書館で『アーサーの言の葉食堂』という本を、手にしたのです。 日本語通のアーサーさんの場合、日本人の英語誤訳が目についてしょうがないようです。・・・その誤訳、珍訳を見てみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 23:04
図書館大好き274
<図書館大好き274> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「哲学」でしょうか♪ <市立図書館> ・「身体」を忘れた日本人 ・アーサーの言の葉食堂 ・『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』 ・新しい哲学入門 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 16:43
『日本力』2
<『日本力』2> 図書館で『日本力』という本を、手にしたのです。 松岡さんは知の巨人なのか、衒学の親分なのか?・・・気になる存在なんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 15:40
原作が先か、映画が先かR1 B
<原作が先か、映画が先かR1> 最近では、小説の原作をもとに映画、テレビドラマが作られることが多いので… 「原作が先か、映画が先か」と思い悩むことも増えてきたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 15:37
『古今東西エンジン図鑑』5
<『古今東西エンジン図鑑』5> 図書館で『古今東西エンジン図鑑』という本を、手にしたのです。 大使の学生時代の卒論のテーマが「エンジン」だったような記憶がかすかにあるわけで(汗)・・・ この本は興味深いのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 07:26
『古今東西エンジン図鑑』4
<『古今東西エンジン図鑑』4> 図書館で『古今東西エンジン図鑑』という本を、手にしたのです。 大使の学生時代の卒論のテーマが「エンジン」だったような記憶がかすかにあるわけで(汗)・・・ この本は興味深いのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/22 14:04
『日本力』1
<『日本力』1> 図書館で『日本力』という本を、手にしたのです。 松岡さんは知の巨人なのか、衒学の親分なのか?・・・気になる存在なんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/22 00:29
『住まいの冒険』4
<『住まいの冒険』4> 図書館で『住まいの冒険』という本を、手にしたのです。 住まいを取り戻そうとする多くの事例とは、如何なるものか?♪ とにかくニッポンの住まいは、役所と大手建売り業によってファスト風土化されて来たもんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/21 20:59
領土紛争あれこれR1    B
<領土紛争あれこれR1> 尖閣諸島沖事件が発生して以降、領土紛争に関係する本を集めています。 なお、現在連載が続いているかわぐちかいじの『空母いぶき』には、ぞっこんでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/21 13:31
『現代モンゴルを知るための50章』4
<『現代モンゴルを知るための50章』4> 図書館で『現代モンゴルを知るための50章』という本を、手にしたのです。 中国の内モンゴル自治区ではいろいろ問題があるが、では外モンゴルではどうなのか?と思うわけで・・・この本をチョイスしたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/21 06:26
人類学あれこれR2
<人類学あれこれR2> 人類学と民俗学との違いがおぼつかない大使であるが(笑)・・・・ 人類学について、書籍とかネット情報についてあれこれ集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/21 02:16
『現代モンゴルを知るための50章』3
<『現代モンゴルを知るための50章』3> 図書館で『現代モンゴルを知るための50章』という本を、手にしたのです。 中国の内モンゴル自治区ではいろいろ問題があるが、では外モンゴルではどうなのか?と思うわけで・・・この本をチョイスしたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/20 20:44
『住まいの冒険』3
<『住まいの冒険』3> 図書館で『住まいの冒険』という本を、手にしたのです。 住まいを取り戻そうとする多くの事例とは、如何なるものか?♪ とにかくニッポンの住まいは、役所と大手建売り業によってファスト風土化されて来たもんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/20 16:39
『住まいの冒険』2
<『住まいの冒険』2> 図書館で『住まいの冒険』という本を、手にしたのです。 住まいを取り戻そうとする多くの事例とは、如何なるものか?♪ とにかくニッポンの住まいは、役所と大手建売り業によってファスト風土化されて来たもんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/20 16:10
『現代モンゴルを知るための50章』2
<『現代モンゴルを知るための50章』2> 図書館で『現代モンゴルを知るための50章』という本を、手にしたのです。 中国の内モンゴル自治区ではいろいろ問題があるが、では外モンゴルではどうなのか?と思うわけで・・・この本をチョイスしたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/20 07:12
『日本の「運命」について語ろう』6
<『日本の「運命」について語ろう』6> 図書館で『日本の「運命」について語ろう』という本を、手にしたのです。 なんか見覚えのある本であるが・・・再読になってもいいではないかと、借りたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/19 22:50
『住まいの冒険』1
<『住まいの冒険』1> 図書館で『住まいの冒険』という本を、手にしたのです。 住まいを取り戻そうとする多くの事例とは、如何なるものか?♪ とにかくニッポンの住まいは、役所と大手建売り業によってファスト風土化されて来たもんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/19 08:03
『現代モンゴルを知るための50章』1
<『現代モンゴルを知るための50章』1> 図書館で『現代モンゴルを知るための50章』という本を、手にしたのです。 中国の内モンゴル自治区ではいろいろ問題があるが、では外モンゴルではどうなのか?と思うわけで・・・この本をチョイスしたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/19 01:56
サン=テグジュペリの世界R1    B
<サン=テグジュペリの世界R1> サン=テグジュペリがいいというか・・・ 砂漠と飛行機という取り合わせが好きなわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/19 01:01
図書館大好き273
<図書館大好き273> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「華夷秩序」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/18 23:09
『古今東西エンジン図鑑』3
<『古今東西エンジン図鑑』3> 図書館で『古今東西エンジン図鑑』という本を、手にしたのです。 大使の学生時代の卒論のテーマが「エンジン」だったような記憶がかすかにあるわけで(汗)・・・ この本は興味深いのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/18 16:03
『古今東西エンジン図鑑』2
<『古今東西エンジン図鑑』2> 図書館で『古今東西エンジン図鑑』という本を、手にしたのです。 大使の学生時代の卒論のテーマが「エンジン」だったような記憶がかすかにあるわけで(汗)・・・ この本は興味深いのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/18 09:31
飛行機シリーズ3-R1 B
<飛行機シリーズ3-R1> 飛行機、戦闘機について集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/18 07:17
『古今東西エンジン図鑑』1
<『古今東西エンジン図鑑』1> 図書館で『古今東西エンジン図鑑』という本を、手にしたのです。 大使の学生時代の卒論のテーマが「エンジン」だったような記憶がかすかにあるわけで(汗)・・・ この本は興味深いのでおま♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/17 23:37
『人民元の興亡』4
<『人民元の興亡』4> 図書館に予約していた『人民元の興亡』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。著者の吉岡桂子さんは朝日新聞の記者であるが・・・ 大使はチャイナウォッチャーとして高く評価しているのです。 その吉岡さんの著書が出たので、即、図書館に借出し予約をいれたのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/17 19:04
『人民元の興亡』3
<『人民元の興亡』3> 図書館に予約していた『人民元の興亡』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。著者の吉岡桂子さんは朝日新聞の記者であるが・・・ 大使はチャイナウォッチャーとして高く評価しているのです。 その吉岡さんの著書が出たので、即、図書館に借出し予約をいれたのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/17 07:31
『ヒルビリー・エレジー』3
<『ヒルビリー・エレジー』3> 図書館に予約していた『ヒルビリー・エレジー』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。 トランプ大統領を誕生させたラストベルトのヒルビリーたちは、如何なる人たちなのか…わりとホットなドキュメンタリーなんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/17 06:38
『ヒルビリー・エレジー』2
<『ヒルビリー・エレジー』2> 図書館に予約していた『ヒルビリー・エレジー』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。 トランプ大統領を誕生させたラストベルトのヒルビリーたちは、如何なる人たちなのか…わりとホットなドキュメンタリーなんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/16 23:05
『人民元の興亡』2
<『人民元の興亡』2> 図書館に予約していた『人民元の興亡』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。著者の吉岡桂子さんは朝日新聞の記者であるが・・・ 大使はチャイナウォッチャーとして高く評価しているのです。 その吉岡さんの著書が出たので、即、図書館に借出し予約をいれたのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/16 15:43
『誰がこれからのアニメをつくるのか?』5
<『誰がこれからのアニメをつくるのか?』5> 図書館で『誰がこれからのアニメをつくるのか?』という本を、手にしたのです。 クールジャパンを牽引するアニメ産業が、小さな制作業界におんぶしているブラックなギャップに、つねづね疑問に思っていたので・・・ この本でそのカラクリを知りたいのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/16 09:17
『データで見る太平洋戦争』2
<『データで見る太平洋戦争』2> 図書館で『データで見る太平洋戦争』という本を、手にしたのです。 12月8日の開戦記念日に相前後してメディアには戦争ものが増えてきて・・・ 大使もついこの本を借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 23:58
『誰がこれからのアニメをつくるのか?』4
<『誰がこれからのアニメをつくるのか?』4> 図書館で『誰がこれからのアニメをつくるのか?』という本を、手にしたのです。 クールジャパンを牽引するアニメ産業が、小さな制作業界におんぶしているブラックなギャップに、つねづね疑問に思っていたので・・・ この本でそのカラクリを知りたいのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 21:10
『人民元の興亡』1
<『人民元の興亡』1> 図書館に予約していた『人民元の興亡』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。著者の吉岡桂子さんは朝日新聞の記者であるが・・・ 大使はチャイナウォッチャーとして高く評価しているのです。 その吉岡さんの著書が出たので、即、図書館に借出し予約をいれたのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 08:39
クローズアップ現代『アラフォー・クライシス』
<クローズアップ現代『アラフォー・クライシス』>14日のクローズアップ現代『アラフォー・クライシス』を観たのだが、興味深い内容であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 06:42
『誰がこれからのアニメをつくるのか?』2
<『誰がこれからのアニメをつくるのか?』2> 図書館で『誰がこれからのアニメをつくるのか?』という本を、手にしたのです。 クールジャパンを牽引するアニメ産業が、小さな制作業界におんぶしているブラックなギャップに、つねづね疑問に思っていたので・・・ この本でそのカラクリを知りたいのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 01:09
村上龍の世界R1    B
<村上龍の世界R1> このところ村上龍からみの本を、図書館でよく借りているのです。 村上春樹より村上龍のほうが歳も近いせいか、しっくりくる大使である。 ・・・ということで、村上龍について集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 20:54
『データで見る太平洋戦争』1
<『データで見る太平洋戦争』1> 図書館で『データで見る太平洋戦争』という本を、手にしたのです。 12月8日の開戦記念日に相前後してメディアには戦争ものが増えてきて・・・ 大使もついこの本を借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 08:02
予約分受取目録R10 B
<予約分受取目録R10> 歳のせいか、このところ図書館での2度借りが増えてきたのです。 これではいかん! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 07:00
『誰がこれからのアニメをつくるのか?』1
<『誰がこれからのアニメをつくるのか?』1> 図書館で『誰がこれからのアニメをつくるのか?』という本を、手にしたのです。 クールジャパンを牽引するアニメ産業が、小さな制作業界におんぶしているブラックなギャップに、つねづね疑問に思っていたので・・・ この本でそのカラクリを知りたいのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 01:30
『ヒルビリー・エレジー』1
<『ヒルビリー・エレジー』1> 図書館に予約していた『ヒルビリー・エレジー』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。 トランプ大統領を誕生させたラストベルトのヒルビリーたちは、如何なる人たちなのか…わりとホットなドキュメンタリーなんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/13 21:51
図書館大好き272
<図書館大好き272> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/13 16:48
神戸の散策にR1
<神戸の散策にR1> 在職中は通勤や出張の途中に傍観していただけの神戸だったけど・・・ リタイアして2年以上たち、やっと自分の住む街の今昔に目を向けているところです。 (暇になるのも、ええもんでんな♪) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/13 06:31
『神戸の花街・盛り場考』
<『神戸の花街・盛り場考』> 図書館で『神戸の花街・盛り場考』という本を、手にしたのです。 我が町・神戸の歴史にうといことに思い至り・・・ まず花街の歴史を見ていこうと、思った次第です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 21:28
『近世アジア漂流』5
<『近世アジア漂流』5> 図書館で『近世アジア漂流』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると…アジア諸国との外交、交易がメインテーマであり画像も多く、論文とはひと味違った面白い読み物となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 21:27
村上龍アンソロジーR1  B
<村上龍アンソロジーR1> 昨今は、カンブリア宮殿とかのテレビ番組に出ている村上さんは、経済に造詣の深い作家であるが・・・ とにかく、近未来を見る目、感性が鋭いのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 08:36
『ラストワルツ』2
<『ラストワルツ』2> 図書館で『ラストワルツ』という本を、手にしたのです。 おお村上龍の最新(たぶん)のエッセイ集ではないか♪・・・ ということで借りたのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 07:15
『一回性の人生』
<『一回性の人生』> 図書館で『一回性の人生』という本を、手にしたのです。 先日、梁さんの『異端は未来の扉を開く』というエッセイ集を読んで良かったので・・・このエッセイ集も期待できるかも?♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 16:17
図書館予約の軌跡107 B
<図書館予約の軌跡107> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 14:45
『近世アジア漂流』4
<『近世アジア漂流』4> 図書館で『近世アジア漂流』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると…アジア諸国との外交、交易がメインテーマであり画像も多く、論文とはひと味違った面白い読み物となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 14:42
『近世アジア漂流』3
<『近世アジア漂流』3> 図書館で『近世アジア漂流』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると…アジア諸国との外交、交易がメインテーマであり画像も多く、論文とはひと味違った面白い読み物となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 08:04
『私の愛毒書』
<『私の愛毒書』> 図書館で『私の愛毒書』という本を、手にしたのです。 書評集かと思って覗いてみると・・・ なんと、日本文学の名作を借りた短篇集である。 ただ、表紙の絵に表れているように名作を冒涜する内容ではないかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 05:49
『ラストワルツ』1
<『ラストワルツ』1> 図書館で『ラストワルツ』という本を、手にしたのです。 おお村上龍の最新(たぶん)のエッセイ集ではないか♪・・・ ということで借りたのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 05:44
図書館大好き271
<図書館大好き271> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「エッセイ」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 00:05
『近世アジア漂流』2
<『近世アジア漂流』2> 図書館で『近世アジア漂流』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると…アジア諸国との外交、交易がメインテーマであり画像も多く、論文とはひと味違った面白い読み物となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/10 16:39
『街路樹を楽しむ15の謎』3
<『街路樹を楽しむ15の謎』3> 図書館で『街路樹を楽しむ15の謎』という本を、手にしたのです。 初めて訪れた街では街路樹に眼がいくわけで…これも大使のツボなんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/10 09:45
『街路樹を楽しむ15の謎』2
<『街路樹を楽しむ15の謎』2> 図書館で『街路樹を楽しむ15の謎』という本を、手にしたのです。 初めて訪れた街では街路樹に眼がいくわけで…これも大使のツボなんでしょうね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/09 21:30
『国家と犯罪』3
<『国家と犯罪』3> 図書館に予約していた『国家と犯罪』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 目次を見ると・・・ メキシコのゲリラ問題や中国の少数民族問題、それから中東のクルド人問題など世界の難問が並んでいて…すごいルポルタージュになっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 21:09
『街路樹を楽しむ15の謎』1
<『街路樹を楽しむ15の謎』1> 図書館で『街路樹を楽しむ15の謎』という本を、手にしたのです。 初めて訪れた街では街路樹に眼がいくわけで…これも大使のツボなんでしょうね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/09 07:44
『国家と犯罪』2
<『国家と犯罪』2> 図書館に予約していた『国家と犯罪』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 目次を見ると・・・ メキシコのゲリラ問題や中国の少数民族問題、それから中東のクルド人問題など世界の難問が並んでいて…すごいルポルタージュになっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 06:28
『国家と犯罪』1
<『国家と犯罪』1> 図書館に予約していた『国家と犯罪』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 目次を見ると・・・ メキシコのゲリラ問題や中国の少数民族問題、それから中東のクルド人問題など世界の難問が並んでいて…すごいルポルタージュになっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 01:13
『近世アジア漂流』1
<『近世アジア漂流』> 図書館で『近世アジア漂流』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると…アジア諸国との外交、交易がメインテーマであり画像も多く、論文とはひと味違った面白い読み物となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/08 16:05
『他諺の空似』4
<『他諺の空似』4> 図書館で『他諺の空似』という本を、手にしたのです。 米原ワールドの遺作とのこと。・・・ とにかく、エッセイストとしての米原さんの存在感はすごかったなあ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/08 07:01
通訳、翻訳についてR5    B
<通訳、翻訳についてR5> 通訳、翻訳について集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/07 21:47
『ぼくの翻訳人生』1
<『ぼくの翻訳人生』1> 大学図書館の放出図書コーナーで『ぼくの翻訳人生』という本を、ゲットしたのです。 著者はポーランド語翻訳の第一人者であり、英語、仏語もこなすマルチリンガルでもあるが・・・ 言葉や日本語に対する薀蓄も、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/07 21:19
図書館予約の軌跡106    B
<図書館予約の軌跡106> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/07 20:51
図書館大好き270
<図書館大好き270> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/07 13:21
『名文を書かない文章講座』3
<『名文を書かない文章講座』3> 図書館で『名文を書かない文章講座』という本を、手にしたのです。 著者の名前は知らなかったけど、面白くて役に立つ文章読本ではなかろうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/07 07:06
『他諺の空似』3
<『他諺の空似』3> 図書館で『他諺の空似』という本を、手にしたのです。 米原ワールドの遺作とのこと。・・・ とにかく、エッセイストとしての米原さんの存在感はすごかったなあ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/06 22:59
『他諺の空似』2
<『他諺の空似』2> 図書館で『他諺の空似』という本を、手にしたのです。 米原ワールドの遺作とのこと。・・・ とにかく、エッセイストとしての米原さんの存在感はすごかったなあ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/06 22:36
『異端は未来の扉を開く』2
<『異端は未来の扉を開く』2> 図書館で『異端は未来の扉を開く』という本を、手にしたのです。 ちょっと古い本であるが、梁石日さんのエッセイ集が興味深いのである。 ぱらぱらとめくると、『夜を賭けて』や『キューポラのある町』など在日が絡む映画、船戸与一『国家と犯罪』など出てきて…大使のツボがうずくのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/06 15:14
『名文を書かない文章講座』2
<『名文を書かない文章講座』2> 図書館で『名文を書かない文章講座』という本を、手にしたのです。 著者の名前は知らなかったけど、面白くて役に立つ文章読本ではなかろうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/06 07:40
文章修業のインデックスR4    B
<文章修業のインデックスR4> 又吉直樹さんが芥川賞を受賞して以来、作家へのハードルが下がったので(それは錯覚です)、「よし 俺もいっちょう」と思うのである。 …で、これまで集めた文章修業ハウツーのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/04 16:14
『名文を書かない文章講座』1
<『名文を書かない文章講座』1> 図書館で『名文を書かない文章講座』という本を、手にしたのです。 著者の名前は知らなかったけど、面白くて役に立つ文章読本ではなかろうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/04 15:32
『他諺の空似』1
<『他諺の空似』1> 図書館で『他諺の空似』という本を、手にしたのです。 米原ワールドの遺作とのこと。・・・ とにかく、エッセイストとしての米原さんの存在感はすごかったなあ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/04 15:31
『THE PIVOT-アメリカのアジア・シフト』2
<『THE PIVOT-アメリカのアジア・シフト』2> 図書館に予約していた『THE PIVOT-アメリカのアジア・シフト』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。 図書館で、この本を受け取ったとき、ゲッ ずいぶん分厚い本ではないか… 予約本を受け取る際の、嬉しいやら困るやらのパターンでおました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/04 15:11
『哲学者かく笑えり』2
<『哲学者かく笑えり』2> 図書館に予約していた『哲学者かく笑えり』という本を、待つこと2日でゲットしたのです。 1997年刊で、ややくたびれた本であるが、予約して2日でゲットとは最短記録である。 それから、挿絵のマンガはいしいひさいちと、最強の岡山県コンビであり…大使好みの布陣でおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/04 12:33
『異端は未来の扉を開く』1
<『異端は未来の扉を開く』1> 図書館で『異端は未来の扉を開く』という本を、手にしたのです。 ちょっと古い本であるが、梁石日さんのエッセイ集が興味深いのである。 ぱらぱらとめくると、『夜を賭けて』や『キューポラのある町』など在日が絡む映画、船戸与一『国家と犯罪』など出てきて…大使のツボがうずくのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/04 08:56
『哲学者かく笑えり』1
<『哲学者かく笑えり』1> 図書館に予約していた『哲学者かく笑えり』という本を、待つこと2日でゲットしたのです。 1997年刊で、ややくたびれた本であるが、予約して2日でゲットとは最短記録である。 それから、挿絵のマンガはいしいひさいちと、最強の岡山県コンビであり…大使好みの布陣でおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 09:16
『不透明な未来についての30章』
<『不透明な未来についての30章』1> 図書館に予約していた『不透明な未来についての30章』という本を、待つこと4日でゲットしたのです。 「生きさせろ!」と声をあげた雨宮さんもアラフォーになったようだが・・・ 彼らロスジェネは、今どうしているか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 05:56
『THE PIVOT-アメリカのアジア・シフト』1
<『THE PIVOT-アメリカのアジア・シフト』1> 図書館に予約していた『THE PIVOT-アメリカのアジア・シフト』という本を、待つこと5日でゲットしたのです。 図書館で、この本を受け取ったとき、ゲッ ずいぶん分厚い本ではないか… 予約本を受け取る際の、嬉しいやら困るやらのパターンでおました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 05:06
図書館大好き269
<図書館大好き269> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「エッセイ」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 16:10
図書館予約の軌跡105 B
<図書館予約の軌跡105> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 08:01
『本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた』2
<『本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた』2> 図書館で『本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた』という新書を手にしたのです。 「朝日新聞」書評欄の記事をテーマ別に並べて、横尾さんが「あとがき」を書いたとか。とにかく、横尾さんが分厚い本は避けているそうで…ありがたい書評集でおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 06:17
『世界史の大転換』3
<『世界史の大転換』3> 図書館で『世界史の大転換』という新書を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、IS、サイクス・ピコ協定、中国の軍拡など気になる項目が満載されています。 『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』という本を読んだ後なので、尻取りのように、この本を借りた次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/01 22:16
『本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた』1
<『本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた』1> 図書館で『本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた』という新書を手にしたのです。 「朝日新聞」書評欄の記事をテーマ別に並べて、横尾さんが「あとがき」を書いたとか。とにかく、横尾さんが分厚い本は避けているそうで…ありがたい書評集でおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/01 13:58
『韓国ワンダフル突撃記』2
<『韓国ワンダフル突撃記』2> 図書館で『韓国ワンダフル突撃記』という本を、手にしたのです。 韓国旅行のボリューム・ゾーンは、若い女性と思われるので(たぶん)、図書館にもその手のガイド本が多いのです。 でも大使としては、安くて旨い酒のアテなどが載っていればいいわけで・・・ この本がフィットしたわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/01 08:41
『韓国ワンダフル突撃記』1
<『韓国ワンダフル突撃記』1> 図書館で『韓国ワンダフル突撃記』という本を、手にしたのです。 韓国旅行のボリューム・ゾーンは、若い女性と思われるので(たぶん)、図書館にもその手のガイド本が多いのです。 でも大使としては、安くて旨い酒のアテなどが載っていればいいわけで・・・ この本がフィットしたわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/01 07:53
『哲学者かく笑えり』1
<『哲学者かく笑えり』1> 図書館に予約していた『哲学者かく笑えり』という本を、待つこと2日でゲットしたのです。 1997年刊で、ややくたびれた本であるが、予約して2日でゲットとは最短記録である。 それから、挿絵のマンガはいしいひさいちと、最強の岡山県コンビであり…大使好みの布陣でおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/30 23:27
『スピルバーグ流監督術』
<『スピルバーグ流監督術』> 図書館で『スピルバーグ流監督術』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、映画シーンの画像(モノクロ)が多いのだが・・・ 詳しくみると、映画制作者向けの教科書のような本であることが分かります。 でも、お気に入りの映画が、どのように作られたのか興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/30 21:57
『ガン入院オロオロ日記』2
<『ガン入院オロオロ日記』2> 図書館で『ガン入院オロオロ日記』という本を、手にしたのです。 東海林さだおの最新のエッセイ集ではないか・・・ それに、ガン入院を取り上げているのが、借りる決め手にになったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/30 21:54
『ガン入院オロオロ日記』1
<『ガン入院オロオロ日記』1> 図書館で『ガン入院オロオロ日記』という本を、手にしたのです。 東海林さだおの最新のエッセイ集ではないか・・・ それに、ガン入院を取り上げているのが、借りる決め手にになったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/30 16:36
『世界史の大転換』2
<『世界史の大転換』2> 図書館で『世界史の大転換』という新書を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、IS、サイクス・ピコ協定、中国の軍拡など気になる項目が満載されています。 『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』という本を読んだ後なので、尻取りのように、この本を借りた次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 19:51
『世界史の大転換』1
<『世界史の大転換』1> 図書館で『世界史の大転換』という新書を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、IS、サイクス・ピコ協定、中国の軍拡など気になる項目が満載されています。 『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』という本を読んだ後なので、尻取りのように、この本を借りた次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 15:58
『それは、湊川から始まった』1
<『それは、湊川から始まった』1> 図書館で『それは、湊川から始まった』という本を、手にしたのです。 地域限定の本になりますが・・・ 湊川とは楠公さんを祀っている湊川神社のある地区であり、まさにドングリ国の話になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 15:34
図書館大好き268
<図書館大好き268> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「世界情勢」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 15:09
日本人が知らない中国人の不思議な生活
<『日本人が知らない中国人の不思議な生活』1> 図書館で『日本人が知らない中国人の不思議な生活』という本を、手にしたのです。 著者はテレビや雑誌でよく見かけるチャイナ・ウォッチャーであるが・・・ 中国人の不思議な生活とは、如何なるものか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 08:49
『藻谷浩介さん、経済成長がなければ、僕たちは幸せになれないのでしょうか?』3
<『藻谷浩介さん、経済成長がなければ、僕たちは幸せになれないのでしょうか?』3> 図書館で『藻谷浩介さん、経済成長がなければ、僕たちは幸せになれないのでしょうか?』という本を、手にしたのです。 各地方の自治体から助言を請われて、引っ張りダコのような藻谷浩介さんだときくが・・・ コミュニティデザイナーとの対談とあれば、かなりクリエイティブなお話なんでしょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 07:51
『藻谷浩介さん、経済成長がなければ、僕たちは幸せになれないのでしょうか?』2
<『藻谷浩介さん、経済成長がなければ、僕たちは幸せになれないのでしょうか?』2> 図書館で『藻谷浩介さん、経済成長がなければ、僕たちは幸せになれないのでしょうか?』という本を、手にしたのです。 各地方の自治体から助言を請われて、引っ張りダコのような藻谷浩介さんだときくが・・・ コミュニティデザイナーとの対談とあれば、かなりクリエイティブなお話なんでしょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 07:49
『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』3
<『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』3> 図書館で『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、おお「アラビアのロレンス」にも触れているではないか・・・これが借りる決め手になったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 06:22
『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』2
<『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』2> 図書館で『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、おお「アラビアのロレンス」にも触れているではないか・・・これがかりる決め手になったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/28 14:22
『藻谷浩介さん、経済成長がなければ、僕たちは幸せになれないのでしょうか?』2
<『藻谷浩介さん、経済成長がなければ、僕たちは幸せになれないのでしょうか?』2> 図書館で『藻谷浩介さん、経済成長がなければ、僕たちは幸せになれないのでしょうか?』という本を、手にしたのです。 各地方の自治体から助言を請われて、引っ張りダコのような藻谷浩介さんだときくが・・・ コミュニティデザイナーとの対談とあれば、かなりクリエイティブなお話なんでしょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/28 08:39
『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』1
<『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』1> 図書館で『サイクス=ピコ協定 百年の呪縛』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、おお「アラビアのロレンス」にも触れているではないか・・・これがかりる決め手になったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/27 23:36
『藻谷浩介さん、経済成長がなければ、僕たちは幸せになれないのでしょうか?』1
<『藻谷浩介さん、経済成長がなければ、僕たちは幸せになれないのでしょうか?』1> 図書館で『藻谷浩介さん、経済成長がなければ、僕たちは幸せになれないのでしょうか?』という本を、手にしたのです。 各地方の自治体から助言を請われて、引っ張りダコのような藻谷浩介さんだときくが・・・ コミュニティデザイナーとの対談とあれば、かなりクリエイティブなお話なんでしょう♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/27 22:42
空き家問題あれこれR6     B
<空き家問題あれこれR6> 田舎の実家は空き家状態なので、ときどき帰って傷みなどをチェックする必要があるのです。 また、都市近郊の団地では、建替えか補修か、難しい選択が待っているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/27 22:01
『十六の話』2
<『十六の話』2> 図書館で『十六の話』という本を、手にしたのです。 司馬さんの著作を集中的に読んだ時期もあって、司馬さんを卒業したように思っていたが・・・懐かしさもあってこの本を借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/26 23:43
司馬遼ワールドR1      B
<司馬遼ワールドR1> 司馬史観は正しいかという論争はさておいて、私は司馬遼太郎に絡んでこんな本を読んできたのです。もう既に司馬史観を患っているんだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/26 16:44
『大人が知らない!最新日本史の教科書』4
<『大人が知らない!最新日本史の教科書』4> 図書館で『大人が知らない!最新日本史の教科書』という本を、手にしたのです。 冒頭に「教科書から消えた肖像」として、聖徳太子、源頼朝、足利尊氏たちの肖像画が載っています。 消えた理由としては、別人説、作画時期のズレなどによって教科書史料として適さないとのこと。・・・大人が知らない最新日本史を見てみるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/26 16:17
『十六の話』1
<『十六の話』1> 図書館で『十六の話』という本を、手にしたのです。 司馬さんの著作を集中的に読んだ時期もあって、司馬さんを卒業したように思っていたが・・・懐かしさもあってこの本を借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/26 06:17
『大人が知らない!最新日本史の教科書』3
<『大人が知らない!最新日本史の教科書』3> 図書館で『大人が知らない!最新日本史の教科書』という本を、手にしたのです。 冒頭に「教科書から消えた肖像」として、聖徳太子、源頼朝、足利尊氏たちの肖像画が載っています。 消えた理由としては、別人説、作画時期のズレなどによって教科書史料として適さないとのこと。・・・大人が知らない最新日本史を見てみるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/25 23:08
嫌中本あれこれR3   B
<嫌中本あれこれR3> 図書館で『中国壊死』という本を借りたのだが・・・ この本はまさに嫌中本なんだろうと、借りる際、若干躊躇したのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/25 21:25
『アイム・ファイン』2
<『アイム・ファイン』2> 図書館で『アイム・ファイン』という本を、手にしたのです。 JAL機内誌「SKYWARD」旅エッセイの単行本化第2弾ってか・・・ 第1弾「つばさよつばさ」も面白かったので、読んでみるか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/25 13:57
『大人が知らない!最新日本史の教科書』2
<『大人が知らない!最新日本史の教科書』2> 図書館で『大人が知らない!最新日本史の教科書』という本を、手にしたのです。 冒頭に「教科書から消えた肖像」として、聖徳太子、源頼朝、足利尊氏たちの肖像画が載っています。 消えた理由としては、別人説、作画時期のズレなどによって教科書史料として適さないとのこと。・・・大人が知らない最新日本史を見てみるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/25 08:33
浅田次郎の世界R11     B
<浅田次郎の世界R11> 『アイム・ファイン』を読んでいるところだが・・・ これまで読んできた、浅田さんの本を並べてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/25 01:17
『アイム・ファイン』
<『アイム・ファイン』> 図書館で『アイム・ファイン』という本を、手にしたのです。 JAL機内誌「SKYWARD」旅エッセイの単行本化第2弾ってか・・・ 第1弾「つばさよつばさ」も面白かったので、読んでみるか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/25 01:11
『大人が知らない!最新日本史の教科書』1
<『大人が知らない!最新日本史の教科書』1> 図書館で『大人が知らない!最新日本史の教科書』という本を、手にしたのです。 冒頭に「教科書から消えた肖像」として、聖徳太子、源頼朝、足利尊氏たちの肖像画が載っています。 消えた理由としては、別人説、作画時期のズレなどによって教科書史料として適さないとのこと。・・・大人が知らない最新日本史を見てみるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/24 21:47
図書館大好き267
<図書館大好き267> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「幸福とは」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/24 20:31
『完全無敵の老人学』4
<『完全無敵の老人学』4> 図書館で『完全無敵の老人学』という本を、手にしたのです。 おお 精神科医と民俗学者との対談ってか・・・・かなり異色の企画がいいではないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/23 23:21
老人力あれこれ B
<老人力あれこれ> 赤瀬川原平著『老人力』のインパクトは大きかったわけで… その後、相次いで老人絡みの本が刊行されたのです。で、大使が読んだ類書を集めてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/23 15:23
『人口減少時代の住宅政策』4
<『人口減少時代の住宅政策』4> 図書館で『人口減少時代の住宅政策』という本を、手にしたのです。 人口減少時代の住宅政策と聞けば・・・ 空家問題とかスプロール化する郊外とかスクラップ&ビルドの建て売り住宅とか、大使には課題ばっかりが思い浮かぶのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/22 15:59
図書館予約の軌跡104 B
<図書館予約の軌跡104> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/22 14:21
『完全無敵の老人学』3
<『完全無敵の老人学』3> 図書館で『完全無敵の老人学』という本を、手にしたのです。 おお 精神科医と民俗学者との対談ってか・・・・かなり異色の企画がいいではないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/22 06:24
『完全無敵の老人学』2
<『完全無敵の老人学』2> 図書館で『完全無敵の老人学』という本を、手にしたのです。 おお 精神科医と民俗学者との対談ってか・・・・かなり異色の企画がいいではないか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/21 22:33
図書館大好き266
<図書館大好き266> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「歴史」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/21 12:28
『人口減少時代の住宅政策』3
<『人口減少時代の住宅政策』3> 図書館で『人口減少時代の住宅政策』という本を、手にしたのです。 人口減少時代の住宅政策と聞けば・・・ 空家問題とかスプロール化する郊外とかスクラップ&ビルドの建て売り住宅とか、大使には課題ばっかりが思い浮かぶのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/21 08:44
『老後破産』2
<『老後破産』2> 図書館で『老後破産』という本を、手にしたのです。 大使の漠然とした不安は、この本に要約されているのかも? もう手遅れかも知れないが、対策を立てなあかんなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/21 00:15
『老後破産』1
<『老後破産』1> 図書館で『老後破産』という本を、手にしたのです。 大使の漠然とした不安は、この本に要約されているのかも? もう手遅れかも知れないが、対策を立てなあかんなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/20 15:23
『華僑コネクション』3
<『華僑コネクション』3> 図書館で『華僑コネクション』という本を、手にしたのです。 このところ陳舜臣著『道半ば』、『在日中国人』と尻取りのように本を選んでいるのだが・・・その路線で、この本を選んだわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/20 07:41
『妖精が舞い下りる夜』2
<『妖精が舞い下りる夜』2> 図書館で『妖精が舞い下りる夜』という本を、手にしたのです。 ちょっと古いエッセイ集であるが小川洋子の原点が載っているかもと、期待するのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/19 23:59
『中国行きのスロウ・ボート』がつなぐ輪R2  B
<『中国行きのスロウ・ボート』がつなぐ輪R2> 図書館で借りた小川洋子著『博士の本棚』という本を読んでいるのだが… このところ集中して借りた本のなかで、『中国行きのスロウ・ボート』がつなぐ輪が見られるので、並べてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/19 23:19
『妖精が舞い下りる夜』1
<『妖精が舞い下りる夜』1> 図書館で『妖精が舞い下りる夜』という本を、手にしたのです。 ちょっと古いエッセイ集であるが小川洋子の原点が載っているかもと、期待するのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/19 07:52
『華僑コネクション』2
<『華僑コネクション』2> 図書館で『華僑コネクション』という本を、手にしたのです。 このところ陳舜臣著『道半ば』、『在日中国人』と尻取りのように本を選んでいるのだが・・・その路線で、この本を選んだわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/19 06:14
『無縁・多死社会』4
<『無縁・多死社会』4> 図書館で『無縁・多死社会』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、高齢社会の到来、ひきこもりの2030年問題、終末期医療とか気になるテーマが並んでいます。 表紙には「団塊の世代が死に絶えるとき!」というコピーが出ていて…えらいこっちゃの感があるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/19 00:24
『華僑コネクション』
<『華僑コネクション』> 図書館で『華僑コネクション』という本を、手にしたのです。 このところ陳舜臣著『道半ば』、『在日中国人』と尻取りのように本を選んでいるのだが・・・その路線で、この本を選んだわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 17:02
図書館大好き265
<図書館大好き265> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 14:58
『在日中国人』2
<『在日中国人』2> 図書館で『在日中国人』という本を、手にしたのです。 先日、陳舜臣の『道半ば』というエッセイ集を読んだのですが、在日台湾人のアイデンティティに触れる思いがしたのです。 …で、尻取りのようにこの本を借りた次第です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 09:29
『エ/ン/ジ/ン』
<『エ/ン/ジ/ン』> 図書館で『エ/ン/ジ/ン』という本を、手にしたのです。 表紙のタイトルで、クルマにちなむお話かと思いきや・・・ 中を見ると猿人あるいは厭人を指しているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 08:40
『軽トラの本』3
<『軽トラの本』3> 図書館で『軽トラの本』という新書を、手にしたのです。 大使が免許の再取得を目指したとき、オートマ限定かマニュアルかで迷ったが… それは、老後のアルバイトで軽トラに乗ることもあるだろうという気がしていたからです。 それだけ軽トラに対する意識はあったわけでおます。(今ではオートマの軽トラがあるらしいけど) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/18 00:53
『軽トラの本』2
<『軽トラの本』2> 図書館で『軽トラの本』という新書を、手にしたのです。 大使が免許の再取得を目指したとき、オートマ限定かマニュアルかで迷ったが… それは、老後のアルバイトで軽トラに乗ることもあるだろうという気がしていたからです。 それだけ軽トラに対する意識はあったわけでおます。(今ではオートマの軽トラがあるらしいけど) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/17 22:54
『軽トラの本』1
<『軽トラの本』1> 図書館で『軽トラの本』という新書を、手にしたのです。 大使が免許の再取得を目指したとき、オートマ限定かマニュアルかで迷ったが… それは、老後のアルバイトで軽トラに乗ることもあるだろうという気がしていたからです。 それだけ軽トラに対する意識はあったわけでおます。(今ではオートマの軽トラがあるらしいけど) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/17 22:08
中島京子の世界R3    B
<中島京子の世界R3> 先日、『のろのろ歩け』という中篇小説集を読んで良かったのだが・・・ 中島京子が「河合隼雄物語賞・学芸賞」の物語賞を受賞したと、新聞に載っていました。 ・・・河合隼雄物語賞とは西加奈子も受賞した渋い賞である♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/17 09:04
『無縁・多死社会』3
<『無縁・多死社会』3> 図書館で『無縁・多死社会』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、高齢社会の到来、ひきこもりの2030年問題、終末期医療とか気になるテーマが並んでいます。 表紙には「団塊の世代が死に絶えるとき!」というコピーが出ていて…えらいこっちゃの感があるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/17 07:39
『無縁・多死社会』2
<『無縁・多死社会』2> 図書館で『無縁・多死社会』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、高齢社会の到来、ひきこもりの2030年問題、終末期医療とか気になるテーマが並んでいます。 表紙には「団塊の世代が死に絶えるとき!」というコピーが出ていて…えらいこっちゃの感があるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 22:11
『官賊と幕臣たち』4
<『官賊と幕臣たち』4> 図書館で『官賊と幕臣たち』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると著者のスタンスは、ちょっと右がかっているが… なにやら一貫とした侍としての矜持が感じられるのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 08:42
小川洋子ミニブームR5     B
<小川洋子ミニブームR5> 『犬のしっぽを撫でながら』という本を読んでいるのだが… このところ集中的に小川洋子の本を読んだわけで、ミニブームとなっているのです。 で、それらの本を並べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 06:54
『日本の美術285 宿場と本陣』2
<『日本の美術285 宿場と本陣』2> 図書館で『日本の美術285 宿場と本陣』というビジュアル本を、手にしたのです。 宿場と本陣といえば… 都市計画と建築アートが絡むわけで大使のツボでんがな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 06:53
『官賊と幕臣たち』3
<『官賊と幕臣たち』3> 図書館で『官賊と幕臣たち』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると著者のスタンスは、ちょっと右がかっているが… なにやら一貫とした侍としての矜持が感じられるのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/11/15 22:04
『在日中国人』1
<『在日中国人』1> 図書館で『在日中国人』という本を、手にしたのです。 先日、陳舜臣の『道半ば』というエッセイ集を読んだのですが、在日台湾人のアイデンティティに触れる思いがしたのです。 …で、尻取りのようにこの本を借りた次第です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/15 16:10
『日本の美術285 宿場と本陣』1
<『日本の美術285 宿場と本陣』1> 図書館で『日本の美術285 宿場と本陣』というビジュアル本を、手にしたのです。 宿場と本陣といえば… 都市計画と建築アートが絡むわけで大使のツボでんがな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/15 13:44
『官賊と幕臣たち』2
<『官賊と幕臣たち』2> 図書館で『官賊と幕臣たち』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると著者のスタンスは、ちょっと右がかっているが… なにやら一貫とした侍としての矜持が感じられるのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/15 05:58
『官賊と幕臣たち』
<『官賊と幕臣たち』> 図書館で『官賊と幕臣たち』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると著者のスタンスは、ちょっと右がかっているが… なにやら一貫とした侍としての矜持が感じられるのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/14 16:25
『捨てる女』4
<『捨てる女』4> 図書館で『捨てる女』という本を手にしたのです。 なんか見覚えのある表紙の装丁であるが・・・ まっ 再読になってもいいか、と思って借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/14 00:12
『無縁・多死社会』
<『無縁・多死社会』> 図書館で『無縁・多死社会』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、高齢社会の到来、ひきこもりの2030年問題、終末期医療とか気になるテーマが並んでいます。 表紙には「団塊の世代が死に絶えるとき!」というコピーが出ていて…えらいこっちゃの感があるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/13 20:10
図書館大好き264
<図書館大好き264> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/13 15:08
『九十歳。何がめでたい』2
<『九十歳。何がめでたい』2> 図書館に予約していた『九十歳。何がめでたい』という本を、待つこと11ヶ月でようやくゲットできました♪  この手の売れ筋の本は購入すべきだったのかも? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/13 08:29
『今のアメリカがわかる映画100本』2
<『今のアメリカがわかる映画100本』2> 図書館に予約していた『今のアメリカがわかる映画100本』という本を、待つこと1ヶ月半でゲットしました♪  今年9月に発刊されたこの本を9月に借出し予約したので、大使の入れ込み具合も知れるというもんでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/13 06:46
『今のアメリカがわかる映画100本』
<『今のアメリカがわかる映画100本』> 図書館に予約していた『今のアメリカがわかる映画100本』という本を、待つこと1ヶ月半でゲットしました♪  今年9月に発刊されたこの本を9月に借出し予約したので、大使の入れ込み具合も知れるというもんでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/12 22:36
『愛の見切り発車』5
<『愛の見切り発車』5> 図書館に予約していた『愛の見切り発車』という本を、待つこと5日で手にしたのです。 競合者ゼロ、受取館の蔵書という好条件なので、超速ゲットになった次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/12 09:37
『九十歳。何がめでたい』
<『九十歳。何がめでたい』> 図書館に予約していた『九十歳。何がめでたい』という本を、待つこと11ヶ月でようやくゲットできました♪  この手の売れ筋の本は購入すべきだったのかも? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 23:44
『天下大乱を生きる』4
<『天下大乱を生きる』4> 図書館で司馬遼太郎×小田実著『天下大乱を生きる』という本を手にしたのです。 おお 偉大な思想家とも言えるお二人の対談とは・・・すごい対談が企画されたもんやでぇ♪ 初版が1977年とかなり古いのだが、当時の歴史認識には興味を惹かれるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 22:21
『ゴシップ的日本語論』4
<『ゴシップ的日本語論』4> 図書館で『ゴシップ的日本語論』という本を手にしたのです。 なんか見覚えのある表紙の装丁であるが・・・ まっ 再読になってもいいか、と思って借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 19:09
『天下大乱を生きる』3
<『天下大乱を生きる』3> 図書館で司馬遼太郎×小田実著『天下大乱を生きる』という本を手にしたのです。 おお 偉大な思想家とも言えるお二人の対談とは・・・すごい対談が企画されたもんやでぇ♪ 初版が1977年とかなり古いのだが、当時の歴史認識には興味を惹かれるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 15:06
『アジア包・上巻』5
<『アジア包・上巻』5> 図書館で『アジア包・上巻』という本を、手にしたのです。 雑誌「Outdoor」に連載した記事に加筆し単行本化しているとのこと・・・どおりでかなりワイルド。著者が描いた挿絵が多数あってビジュアルなのが、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 13:07
『ジャポニスム』あれこれR2 B
<『ジャポニスム』あれこれR2> 図書館で『ジャポニスム』という大型本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、日本アイ・ビー・エム社の記念出版となっているが・・・ 企業メセナであろうが、内容が充実していればいいのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 03:05
『図像のなかの中国と日本』
<『図像のなかの中国と日本』> 図書館で『図像のなかの中国と日本』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、はじめて見るポンチ絵が数々みられます。 ポンチ絵という言葉の元『パンチ』に載ったこれらの漫画が興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/10 21:06
『アジア包・上巻』4
<『アジア包・上巻』4> 図書館で『アジア包・上巻』という本を、手にしたのです。 雑誌「Outdoor」に連載した記事に加筆し単行本化しているとのこと・・・どおりでかなりワイルド。著者が描いた挿絵が多数あってビジュアルなのが、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/10 14:32
図書館大好き263
<図書館大好き263> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「再読か?」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/10 13:21
『愛の見切り発車』4
<『愛の見切り発車』4> 図書館に予約していた『愛の見切り発車』という本を、待つこと5日で手にしたのです。 競合者ゼロ、受取館の蔵書という好条件なので、超速ゲットになった次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/10 08:36
『ジャポニスム』あれこれR2   B
<『ジャポニスム』あれこれR2> 図書館で『ジャポニスム』という大型本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、日本アイ・ビー・エム社の記念出版となっているが・・・ 企業メセナであろうが、内容が充実していればいいのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/10 07:30
通訳、翻訳についてR4 B
<通訳、翻訳についてR4> 通訳、翻訳について集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/10 06:34
予約分受取目録R9    B
<予約分受取目録R9> 歳のせいか、このところ図書館での2度借りが増えてきたのです。 これではいかん! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/09 23:01
『アジア包・上巻』3
<『アジア包・上巻』3> 図書館で『アジア包・上巻』という本を、手にしたのです。 雑誌「Outdoor」に連載した記事に加筆し単行本化しているとのこと・・・どおりでかなりワイルド。著者が描いた挿絵が多数あってビジュアルなのが、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/09 21:31
『道半ば』5
<『道半ば』5> 図書館で『道半ば』という本を、手にしたのです。 神戸や台湾を描いた陳舜臣のエッセイ集であるが・・・これもミニブームといっていいんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/09 15:35
図書館予約の軌跡103   B
<図書館予約の軌跡103> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/09 09:44
『アジア包・上巻』2    B
<『アジア包・上巻』2> 図書館で『アジア包・上巻』という本を、手にしたのです。 雑誌「Outdoor」に連載した記事に加筆し単行本化しているとのこと・・・どおりでかなりワイルド。著者が描いた挿絵が多数あってビジュアルなのが、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/09 06:55
『愛の見切り発車』3
<『愛の見切り発車』3> 図書館に予約していた『愛の見切り発車』という本を、待つこと5日で手にしたのです。 競合者ゼロ、受取館の蔵書という好条件なので、超速ゲットになった次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/09 01:57
陳舜臣アンソロジーR5 B
<陳舜臣アンソロジーR5> 陳舜臣さんといえば神戸出身(本籍は台湾台北)だし、神戸市民として親近感があるのでおます♪ このところ陳舜臣の本を集中して読んだので、アンソロジーとしてフォローするものとします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/11/09 01:09
『愛の見切り発車』2
<『愛の見切り発車』2> 図書館に予約していた『愛の見切り発車』という本を、待つこと5日で手にしたのです。 競合者ゼロ、受取館の蔵書という好条件なので、超速ゲットになった次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/08 21:36
『アジア包・上巻』
<『アジア包・上巻』> 図書館で『アジア包・上巻』という本を、手にしたのです。 雑誌「Outdoor」に連載した記事に加筆し単行本化しているとのこと・・・どおりでかなりワイルド。著者が描いた挿絵が多数あってビジュアルなのが、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/08 16:19
『東インド会社とアジアの海賊』7
<『東インド会社とアジアの海賊』7> 図書館で『東インド会社とアジアの海賊』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、アジアの海賊、国姓爺、アヘン戦争とか興味深い史実が見られます。要するに、清朝末期の列強の大陸侵食が興味深いのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/07 23:21
『愛の見切り発車』
<『愛の見切り発車』> 図書館に予約していた『愛の見切り発車』という本を、待つこと5日で手にしたのです。 競合者ゼロ、受取館の蔵書という好条件なので、超速ゲットになった次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/07 20:12
『道半ば』4
<『道半ば』4> 図書館で『道半ば』という本を、手にしたのです。 神戸や台湾を描いた陳舜臣のエッセイ集であるが・・・これもミニブームといっていいんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/07 14:23
『東インド会社とアジアの海賊』6
<『東インド会社とアジアの海賊』6> 図書館で『東インド会社とアジアの海賊』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、アジアの海賊、国姓爺、アヘン戦争とか興味深い史実が見られます。要するに、清朝末期の列強の大陸侵食が興味深いのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/07 13:12
『東インド会社とアジアの海賊』5
<『東インド会社とアジアの海賊』5> 図書館で『東インド会社とアジアの海賊』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、アジアの海賊、国姓爺、アヘン戦争とか興味深い史実が見られます。要するに、清朝末期の列強の大陸侵食が興味深いのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/07 08:03
『東インド会社とアジアの海賊』4
<『東インド会社とアジアの海賊』4> 図書館で『東インド会社とアジアの海賊』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、アジアの海賊、国姓爺、アヘン戦争とか興味深い史実が見られます。要するに、清朝末期の列強の大陸侵食が興味深いのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/06 21:00
『東インド会社とアジアの海賊』3
<『東インド会社とアジアの海賊』3> 図書館で『東インド会社とアジアの海賊』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、アジアの海賊、国姓爺、アヘン戦争とか興味深い史実が見られます。要するに、清朝末期の列強の大陸侵食が興味深いのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/06 20:39
図書館大好き262
<図書館大好き262> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「予約本」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/06 14:53
『星のあひびき』
<『星のあひびき』> 図書館で『星のあひびき』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、おお タイトルだけやのうて、本文まで歴史的仮名遣いやないけ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/06 09:07
『道半ば』3
<『道半ば』3> 図書館で『道半ば』という本を、手にしたのです。 神戸や台湾を描いた陳舜臣のエッセイ集であるが・・・これもミニブームといっていいんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/06 00:14
文章修業のインデックスR3    B
<文章修業のインデックスR3> 又吉直樹さんが芥川賞を受賞して以来、作家へのハードルが下がったので(それは錯覚です)、「よし 俺もいっちょう」と思うのである。 …で、これまで集めた文章修業ハウツーのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/04 22:52
『東インド会社とアジアの海賊』2
<『東インド会社とアジアの海賊』2> 図書館で『東インド会社とアジアの海賊』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、アジアの海賊、国姓爺、アヘン戦争とか興味深い史実が見られます。要するに、清朝末期の列強の大陸侵食が興味深いのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/04 15:13
『続大阪学』3
<『続大阪学』3> 図書館で『続大阪学』という本を、手にしたのです。 先日読んだ『大阪学』が思いのほか面白かったので、続篇となるこの本を借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/04 14:53
東インド会社とアジアの海賊
<『東インド会社とアジアの海賊』> 図書館で『東インド会社とアジアの海賊』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、アジアの海賊、国姓爺、アヘン戦争とか興味深い史実が見られます。要するに、清朝末期の列強の大陸侵食が興味深いのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/04 13:22
『殺し文句の研究』2
<『殺し文句の研究』2> 図書館で『殺し文句の研究』という文庫本を、手にしたのです。 ぎょっとするタイトルの本である。 目次を見ると、「作家の企業秘密」「作家の経済学」などあって、ハウツー本として読むのもいいかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/04 09:37
『殺し文句の研究』
<『殺し文句の研究』> 図書館で『殺し文句の研究』という文庫本を、手にしたのです。 ぎょっとするタイトルの本である。 目次を見ると、「作家の企業秘密」「作家の経済学」などあって、ハウツー本として読むのもいいかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/04 07:22
『おもろい町人』
<『おもろい町人』> 図書館で『おもろい町人』という本を、手にしたのです。 内容はまち育ての本であるが、横長で画像の多い装丁が異色である。 全国で5例の街づくりを扱っているが、表紙タイトルにも表れているように、関西がメインである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/03 23:00
『道半ば』2
<『道半ば』2> 図書館で『道半ば』という本を、手にしたのです。 神戸や台湾を描いた陳舜臣のエッセイ集であるが・・・これもミニブームといっていいんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/03 20:12
『道半ば』
<『道半ば』> 図書館で『道半ば』という本を、手にしたのです。 神戸や台湾を描いた陳舜臣のエッセイ集であるが・・・これもミニブームといっていいんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/03 17:11
『日本人と中国人』5
<『日本人と中国人』5> 図書館に予約していた『日本人と中国人』という本を、手にしたのです。 予約して約20日後に入手できたわけだが、ちょっと古いめの新書が狙い目かも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/03 16:10
陳舜臣アンソロジーR4 B
<陳舜臣アンソロジーR4> 陳舜臣さんといえば神戸出身(本籍は台湾台北)だし、神戸市民として親近感があるのでおます♪ このところ陳舜臣の本を集中して読んだので、アンソロジーとしてフォローするものとします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/03 11:53
『続大阪学』2
<『続大阪学』2> 図書館で『続大阪学』という本を、手にしたのです。 先日読んだ『大阪学』が思いのほか面白かったので、続篇となるこの本を借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/03 00:41
『続大阪学』
<『続大阪学』> 図書館で『続大阪学』という本を、手にしたのです。 先日読んだ『大阪学』が思いのほか面白かったので、続篇となるこの本を借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/02 23:15
『日本人と中国人』4
<『日本人と中国人』4> 図書館に予約していた『日本人と中国人』という本を、手にしたのです。 予約して約20日後に入手できたわけだが、ちょっと古いめの新書が狙い目かも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/02 17:59
『環境デザインの授業』3
<『環境デザインの授業』3> 図書館で『環境デザインの授業』という本を、手にしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/02 16:53
図書館大好き261
<図書館大好き261> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「関西」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/02 16:00
図書館予約の軌跡102 B
<図書館予約の軌跡102> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/02 14:38
『限界マンション』4
<『限界マンション』4> 図書館で『限界マンション』という本を、手にしたのです。 なんか既視感のある本であるが、まいいかと借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/01 22:28
『恐怖の地政学』5
<『恐怖の地政学』5> 図書館に予約していた『恐怖の地政学』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 ぱらぱらとめくると、世界各地の戦争、紛争が載っています。 著者はそれらを地政学の視点から説いているが、論旨簡明にして明解、ストンと腑に落ちるようでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/01 16:51
『日本人と中国人』3
<『日本人と中国人』3> 図書館に予約していた『日本人と中国人』という本を、手にしたのです。 予約して約20日後に入手できたわけだが、ちょっと古いめの新書が狙い目かも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/01 15:09
『環境デザインの授業』2
<『環境デザインの授業』2> 図書館で『環境デザインの授業』という本を、手にしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/01 14:34
『播磨から読み解く邪馬台国』
<『播磨から読み解く邪馬台国』> 図書館で『播磨から読み解く邪馬台国』という本を、手にしたのです。 播磨の国はドングリ国の隣なんで、けっこう注目しているわけでおます♪ この本では、邪馬台国論争、鉄器の遺跡なんかを読んでみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/01 06:26
『戦争と平和<報道写真>が伝えたかった日本』
<『戦争と平和が伝えたかった日本』> 図書館で『戦争と平和が伝えたかった日本』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると『FRONT』や『写真週報』などのプロパガンダ用グラフ誌が載っていて、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/01 00:55
『大阪学』4
<『大阪学』4> 図書館で『大阪学』という本を、手にしたのです。 なんと言っても、表紙にいしいひさいちの漫画がのっているのが、ええでぇ♪ これが借りる決め手になりました。(アホやで) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/31 16:28
『恐怖の地政学』4
<『恐怖の地政学』4> 図書館に予約していた『恐怖の地政学』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 ぱらぱらとめくると、世界各地の戦争、紛争が載っています。 著者はそれらを地政学の視点から説いているが、論旨簡明にして明解、ストンと腑に落ちるようでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/31 14:39
『恐怖の地政学』3
<『恐怖の地政学』3> 図書館に予約していた『恐怖の地政学』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 ぱらぱらとめくると、世界各地の戦争、紛争が載っています。 著者はそれらを地政学の視点から説いているが、論旨簡明にして明解、ストンと腑に落ちるようでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/31 12:57
『恐怖の地政学』2
<『恐怖の地政学』2> 図書館に予約していた『恐怖の地政学』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 ぱらぱらとめくると、世界各地の戦争、紛争が載っています。 著者はそれらを地政学の視点から説いているが、論旨簡明にして明解、ストンと腑に落ちるようでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/31 09:59
『環境デザインの授業』
<『環境デザインの授業』> 図書館で『環境デザインの授業』という本を、手にしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/31 08:04
『ほんの一冊いしいひさいち』2
<『ほんの一冊いしいひさいち』2> 図書館で『ほんの一冊いしいひさいち』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、漫画6割、文章4割という感じで… 大使の好きなビジュアル本となっています♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/31 06:13
いしいひさいちの世界R3   B
<いしいひさいちの世界R3> 嫁さんから図書券(千円)をもらったので、さっそく本屋に出向いたのです。 文庫本では余るがハードカバーの単行本には足りないという微妙な金額やなぁ。 おお 手ごろな値段の「いしいひさいち、仁義なきお笑い」というムック本があるやないけ♪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/31 01:19
『ほんの一冊いしいひさいち』
<『ほんの一冊いしいひさいち』> 図書館で『ほんの一冊いしいひさいち』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、漫画6割、文章4割という感じで… 大使の好きなビジュアル本となっています♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/31 01:06
『限界マンション』4
<『遺産(heritage)』1> 図書館で『文化的景観』という本を、手にしたのです。 このところユネスコでは、記憶、文化がからむ遺産(heritage)登録で、中韓と日本の間でもめているが… 文化的景観では、そんなにもめる要素はないではないかと思ったりする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/30 08:32
『日本人と中国人』2
<『日本人と中国人』2> 図書館に予約していた『日本人と中国人』という本を、手にしたのです。 予約して約20日後に入手できたわけだが、ちょっと古いめの新書が狙い目かも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/30 08:22
『文化的景観』2
<『文化的景観』2> 図書館で『文化的景観』という本を、手にしたのです。 このところユネスコでは、記憶、文化がからむ遺産(heritage)登録で、中韓と日本の間でもめているが… 文化的景観では、そんなにもめる要素はないではないかと思ったりする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/30 07:15
『文化的景観』1
<『文化的景観』1> 図書館で『文化的景観』という本を、手にしたのです。 このところユネスコでは、記憶、文化がからむ遺産(heritage)登録で、中韓と日本の間でもめているが… 文化的景観では、そんなにもめる要素はないではないかと思ったりする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/30 06:30
『獅子吼』2
<『獅子吼』2> 図書館で『獅子吼』という本を、手にしたのです。 おお 去年刊行の最新の短篇集ではないか(たぶん)ということで、借りたのです♪ 依然として、浅田次郎の個人的ミニブームは続いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/29 15:31
『恐怖の地政学』
<『恐怖の地政学』> 図書館に予約していた『恐怖の地政学』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 ぱらぱらとめくると、世界各地の戦争、紛争が載っています。 著者はそれらを地政学の視点から説いているが、論旨簡明にして明解、ストンと腑に落ちるようでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/29 10:00
『限界マンション』3
<『限界マンション』3> 図書館で『限界マンション』という本を、手にしたのです。 なんか既視感のある本であるが、まいいかと借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/29 07:25
『日本人と中国人』
<『日本人と中国人』> 図書館に予約していた『日本人と中国人』という本を、手にしたのです。 予約して約20日後に入手できたわけだが、ちょっと古いめの新書が狙い目かも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/29 06:37
陳舜臣アンソロジーR3 B
<陳舜臣アンソロジーR3> 陳舜臣さんといえば神戸出身(本籍は台湾台北)だし、神戸市民として親近感があるのでおます♪ このところ陳舜臣の本を集中して読んだので、アンソロジーとしてフォローするものとします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/29 06:17
『大阪学』3
<『大阪学』3> 図書館で『大阪学』という本を、手にしたのです。 なんと言っても、表紙にいしいひさいちの漫画がのっているのが、ええでぇ♪ これが借りる決め手になりました。(アホやで) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/29 01:34
『大阪学』2
<『大阪学』2> 図書館で『大阪学』という本を、手にしたのです。 なんと言っても、表紙にいしいひさいちの漫画がのっているのが、ええでぇ♪ これが借りる決め手になりました。(アホやで) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/28 21:21
上方の味あれこれ   B
<上方の味あれこれ> 図書館で借りた『大阪学』という本を読んでいるのだが・・・ おお 東京嫌いの大使向けの本やないけ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/28 20:34
参考になる文体
<参考になる文体> 気にいった本の一部を筆写するという帰納的文章修行に勤しんでいる大使である。 かなり泥臭い修業であるが、実は文体や語彙を習得しようという遠望があるわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/28 18:27
図書館大好き260
<図書館大好き260> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「日本人」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/28 07:57
『大阪学』
<『大阪学』> 図書館で『大阪学』という本を、手にしたのです。 なんと言っても、表紙にいしいひさいちの漫画がのっているのが、ええでぇ♪ これが借りる決め手になりました。(アホやで) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/28 07:44
通訳、翻訳についてR3    B
<通訳、翻訳についてR3> 通訳、翻訳について集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/28 06:11
空き家問題あれこれR5    B
<空き家問題あれこれR5> 田舎の実家は空き家状態なので、ときどき帰って傷みなどをチェックする必要があるのです。 また、都市近郊の団地では、建替えか補修か、難しい選択が待っているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/28 01:57
空き家問題あれこれR4     B
<空き家問題あれこれR4> 田舎の実家は空き家状態なので、ときどき帰って傷みなどをチェックする必要があるのです。 また、都市近郊の団地では、建替えか補修か、難しい選択が待っているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/28 01:30
『小川洋子対話集』4
<『小川洋子対話集』4> 図書館で『小川洋子対話集』という本を、手にしたのです。 小川洋子対話集ってか…目次を見ると対話者が異色で、期待できそうである♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/27 17:16
『住まいの伝統技術』4
<『住まいの伝統技術』4> 図書館で『住まいの伝統技術』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、写真、画像の多いビジュアル本でおます。 それから、引戸、芝棟、萱葺き屋根、町屋、土壁など大使の好きなテーマが満載です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/27 08:29
図書館予約の軌跡101     B
<図書館予約の軌跡101> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/26 16:37
『小川洋子対話集』3
<『小川洋子対話集』3> 図書館で『小川洋子対話集』という本を、手にしたのです。 小川洋子対話集ってか…目次を見ると対話者が異色で、期待できそうである♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/26 15:23
図書館大好き259
<図書館大好き259> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「環境劣化」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/26 14:53
日韓の住まいあれこれR1 B
<日韓の住まいあれこれR1> 図書館で『日本人の「住まい」はどこから来たか』という本を手にしたのです。 なんか既視感のある本だけど、再読に耐える本という見方もできるわけだし、まっいいかと借りたのです。 帰って調べてみると、今年の2月に借りていることが分かりました(イカン イカン)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/26 13:42
『小川洋子対話集』2
<『小川洋子対話集』2> 図書館で『小川洋子対話集』という本を、手にしたのです。 小川洋子対話集ってか…目次を見ると対話者が異色で、期待できそうである♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/26 06:56
『住まいの伝統技術』3
<『住まいの伝統技術』3> 図書館で『住まいの伝統技術』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、写真、画像の多いビジュアル本でおます。 それから、引戸、芝棟、萱葺き屋根、町屋、土壁など大使の好きなテーマが満載です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/26 01:06
『住まいの伝統技術』2
<『住まいの伝統技術』2> 図書館で『住まいの伝統技術』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、写真、画像の多いビジュアル本でおます。 それから、引戸、芝棟、萱葺き屋根、町屋、土壁など大使の好きなテーマが満載です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/25 22:50
『小川洋子対話集』
<『小川洋子対話集』> 図書館で『小川洋子対話集』という本を、手にしたのです。 小川洋子対話集ってか…目次を見ると対話者が異色で、期待できそうである♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/25 21:45
小川洋子ミニブームR4    B
<小川洋子ミニブームR4> 『犬のしっぽを撫でながら』という本を読んでいるのだが… このところ集中的に小川洋子の本を読んだわけで、ミニブームとなっているのです。 で、それらの本を並べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/25 21:05
『住まいの伝統技術』
<『住まいの伝統技術』1> 図書館で『住まいの伝統技術』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、写真、画像の多いビジュアル本でおます。 それから、引戸、芝棟、萱葺き屋根、町屋、土壁など大使の好きなテーマが満載です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/25 08:28
日韓の住まいあれこれ    B
<日韓の住まいあれこれ> 図書館で『日本人の「住まい」はどこから来たか』という本を手にしたのです。 なんか既視感のある本だけど、再読に耐える本という見方もできるわけだし、まっいいかと借りたのです。 帰って調べてみると、今年の2月に借りていることが分かりました(イカン イカン)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/25 07:31
『街直し屋』2
<『街直し屋』2> 図書館で『街直し屋』という本を、手にしたのです。 先ごろ『地方を殺すな!』という本を読んだのだが、この本は衰退する地方をどうすればいいのかという視座で、対案を例示しています。 尻取り読書、あるいはチェーン読書といいましょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/24 17:11
浅田次郎の世界R10      B
<浅田次郎の世界R10> 『獅子吼』を読んでいるところだが・・・ これまで読んできた、浅田さんの本を並べてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/24 16:19
『獅子吼』
<『獅子吼』> 図書館で『獅子吼』という本を、手にしたのです。 おお 去年刊行の最新の短篇集ではないか(たぶん)ということで、借りたのです♪ 依然として、浅田次郎の個人的ミニブームは続いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/24 16:17
図書館大好き258
<図書館大好き258> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「ミニブーム」でしょうか♪ 今回のミニブームは、伝統建築、浅田次郎、小川洋子、韓国になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/24 13:49
『街直し屋』
<『街直し屋』> 図書館で『街直し屋』という本を、手にしたのです。 先ごろ『地方を殺すな!』という本を読んだのだが、この本は衰退する地方をどうすればいいのかという視座で、対案を例示しています。 尻取り読書、あるいはチェーン読書といいましょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/24 06:40
『赤瀬川原平のブータン目撃』
<『赤瀬川原平のブータン目撃』> 図書館で『赤瀬川原平のブータン目撃』という本を、手にしたのです。 おお 路上観察の達人、赤瀬川さんがブータンをレポートするのか…これは期待大でんがな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/23 16:16
『族譜』
<『族譜』> 図書館で『族譜』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると、モノクロ写真満載で文字の少ないビジュアル本であり… 要するに、在日朝鮮人や渡来人子孫の約30年前の写真集というわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/23 13:59
図書館活用あれこれR1    B
<図書館活用あれこれR1> 暇な大使は、足繁く図書館に通っているのだが・・・ これまで身につけた図書館活用法とか、未来の図書館についてあれこれ考えてみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/23 07:48
『自民党―「一強」の実像』
<『自民党―「一強」の実像』> 今回の選挙では、小池さんの誤算があったにせよ、あらためて自公の強さを思い知ったわけでおます。 ということで、図書館に予約している『自民党―「一強」の実像』という本を、心待ちしているのです。現在、予約待ち順位10位なので、あと2ヵ月待ちくらいかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/23 07:31
『地方を殺すな!』4
<『地方を殺すな!』4> 図書館で『地方を殺すな!』という本を、手にしたのです。 この問題の第一人者が表紙に見られるわけで、これが借りる決め手でおました。 …つまり、三浦展、大林宣彦、藻谷浩介、各位です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/22 22:41
『岡本太郎新世紀』2
<『岡本太郎新世紀』2> 図書館で『岡本太郎新世紀』という大型本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくると…絵画、写真などが多いビジュアル本である。民族学に傾倒した太郎を偲ぶように、中沢新一やヤノベケンジなど賛辞を寄せる面々は何やら奥深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/22 18:57
『漢字と日本人の暮らし』4
<『漢字と日本人の暮らし』4> 図書館で『漢字と日本人の暮らし』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、日本の漢字文化に関するいろんな項目が興味深いのである。…要するに大使のツボを突くわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/22 06:22
図書館大好き257
<図書館大好き257> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「ミニブーム」でしょうか♪ 池澤夏樹、小川洋子、岡本太郎が個人的ミニブームになっております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/21 16:07
『地方を殺すな!』3
<『地方を殺すな!』3> 図書館で『地方を殺すな!』という本を、手にしたのです。 この問題の第一人者が表紙に見られるわけで、これが借りる決め手でおました。 …つまり、三浦展、大林宣彦、藻谷浩介、各位です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/21 06:27
『地方を殺すな!』2
<『地方を殺すな!』2> 図書館で『地方を殺すな!』という本を、手にしたのです。 この問題の第一人者が表紙に見られるわけで、これが借りる決め手でおました。 …つまり、三浦展、大林宣彦、藻谷浩介、各位です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 22:13
『砂浜に座り込んだ船』
<『砂浜に座り込んだ船』1> 図書館で『砂浜に座り込んだ船』という本を、手にしたのです。 これまであまり見かけなかった池澤夏樹の短篇小説集であるが…期待できそうやでぇ♪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 20:42
池澤夏樹の世界R2    B
<池澤夏樹の世界R2> 先日、池澤夏樹の新作『キトラ・ボックス』を図書館に予約したが、借りられるのは3、4ヶ月ほど先になるのではと予想されるのです。 この小説が気になるのは、新疆ウイグル自治区から赴任した女性研究員が登場するとのことで、『氷山の南』で登場したアボリジニの絵描きを彷彿とするわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 20:04
『日本の美100』2
<『日本の美100』2> 図書館で『日本の美100』という本を、手にしたのです。 「25人が選ぶ100の美」という企画がええでぇ。 25人の人選、各人が日本の美を4つ選ぶのか…なるほど25×4=100となるのか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 13:54
『日本の美100』1
<『日本の美100』1> 図書館で『日本の美100』という本を、手にしたのです。 「25人が選ぶ100の美」という企画がええでぇ。 25人の人選、各人が日本の美を4つ選ぶのか…なるほど25×4=100となるのか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 09:24
小川洋子ミニブームR3 B
<小川洋子ミニブームR3> 『犬のしっぽを撫でながら』という本を読んでいるのだが… このところ集中的に小川洋子の本を読んだわけで、ミニブームとなっているのです。 で、それらの本を並べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 07:15
『海』1
<『海』1> 図書館で『海』という本を、手にしたのです。 小川洋子の初期の短編集か…期待できそうやでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 07:09
『地方を殺すな!』
<『地方を殺すな!』1> 図書館で『地方を殺すな!』という本を、手にしたのです。 この問題の第一人者が表紙に見られるわけで、これが借りる決め手でおました。 …つまり、三浦展、大林宣彦、藻谷浩介、各位です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 00:01
『樹と暮らす』3
<『樹と暮らす』3> 図書館で『樹と暮らす』という本を、手にしたのです。 タイトルが「樹と暮らす」か…大使のツボそのものである。 それに画像が多くビジュアルなのが、借りる決め手でんがな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/19 22:50
『樹と暮らす』2
<『樹と暮らす』2> 図書館で『樹と暮らす』という本を、手にしたのです。 タイトルが「樹と暮らす」か…大使のツボそのものである。 それに画像が多くビジュアルなのが、借りる決め手でんがな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/19 21:49
『漢字と日本人の暮らし』3
<『漢字と日本人の暮らし』3> 図書館で『漢字と日本人の暮らし』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、日本の漢字文化に関するいろんな項目が興味深いのである。…要するに大使のツボを突くわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/19 15:50
『野山の鳥 観察ガイド』4
<『野山の鳥 観察ガイド』4> 図書館で『野山の鳥 観察ガイド』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、二階の窓からよく見かけるシジュウカラ、メジロ、ウグイスが載っています。 駅前でハトとスズメの仕草を眺めることが多くなったこともあり… バードウォッチングに最適というか、老人向けの1冊でおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/19 09:28
『野山の鳥 観察ガイド』3
<『野山の鳥 観察ガイド』3> 図書館で『野山の鳥 観察ガイド』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、二階の窓からよく見かけるシジュウカラ、メジロ、ウグイスが載っています。 駅前でハトとスズメの仕草を眺めることが多くなったこともあり… バードウォッチングに最適というか、老人向けの1冊でおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/19 06:47
鳥の本あれこれR1 B
<鳥の本あれこれR1> 『カラスの早起き、スズメの寝坊』という新書を借りて読んでいるのだが… 鳥に関する本をわりと読んできたので、並べてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/19 06:07
『野山の鳥 観察ガイド』2
<『野山の鳥 観察ガイド』2> 図書館で『野山の鳥 観察ガイド』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、二階の窓からよく見かけるシジュウカラ、メジロ、ウグイスが載っています。 駅前でハトとスズメの仕草を眺めることが多くなったこともあり… バードウォッチングに最適というか、老人向けの1冊でおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/19 06:03
『野山の鳥 観察ガイド』1
<『野山の鳥 観察ガイド』1> 図書館で『野山の鳥 観察ガイド』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、二階の窓からよく見かけるシジュウカラ、メジロ、ウグイスが載っています。 駅前でハトとスズメの仕草を眺めることが多くなったこともあり… バードウォッチングに最適というか、老人向けの1冊でおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/18 23:34
『樹と暮らす』1
<『樹と暮らす』1> 図書館で『樹と暮らす』という本を、手にしたのです。 タイトルが「樹と暮らす」か…大使のツボそのものである。 それに画像が多くビジュアルなのが、借りる決め手でんがな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/18 21:05
樹木あれこれ     B
<樹木あれこれ> 図書館で『樹と暮らす』という本を借りて読んでいるところだが、大使はこれまでこの種の本をよく読んできたわけで・・・ 以下に並べてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/18 20:18
図書館大好き256
<図書館大好き256> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「暮らし」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/18 14:58
『ハッピー・リタイアメント』
<『ハッピー・リタイアメント』> 図書館で浅田次郎著『ハッピー・リタイアメント』という本を、手にしたのです。 個人的には浅田次郎ミニブームは続いているわけで、この本は期待できそうやでぇ♪ さて、「天下りの闇」を浅田さんなら、どう描くのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/18 06:57
浅田次郎の世界R9   B
<浅田次郎の世界R9> 『すべての愛について』を読んでいるところだが・・・ これまで読んできた、浅田さんの本を並べてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/18 04:58
『漢字と日本人の暮らし』
<『漢字と日本人の暮らし』1> 図書館で『漢字と日本人の暮らし』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、日本の漢字文化に関するいろんな項目が興味深いのである。…要するに大使のツボを突くわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/18 00:56
漢字の世界R1    B
<漢字の世界R1> 漢民族は嫌いだが、漢字文化圏という括りが好きな大使である。 何でかなぁ? ・・・ということで、漢字について集めてみました。 甲骨文字 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/18 00:23
『邪悪なものの鎮め方』4
<『邪悪なものの鎮め方』4> 図書館で『邪悪なものの鎮め方』という本を、手にしたのです。 内田先生には『呪いの時代』という著作があるが、この本もその系統であろうかということで借りることにしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 21:40
『邪悪なものの鎮め方』3
<『邪悪なものの鎮め方』3> 図書館で『邪悪なものの鎮め方』という本を、手にしたのです。 内田先生には『呪いの時代』という著作があるが、この本もその系統であろうかということで借りることにしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 18:45
紙の本への拘りR4    B
<紙の本への拘りR4> 『さあ、読むのです』は貧乏な叔母さんの口癖です。 ここで読むというのは、もちろん紙の本ですね。スマホで見るマンガでは決してないはずです!…もっとも当時スマホはなかったが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 16:48
小川洋子ミニブームR2   B
<小川洋子ミニブームR2> 『犬のしっぽを撫でながら』という本を読んでいるのだが… このところ集中的に小川洋子の本を読んだわけで、ミニブームとなっているのです。 で、それらの本を並べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 16:27
『邪悪なものの鎮め方』2
<『邪悪なものの鎮め方』2> 図書館で『邪悪なものの鎮め方』という本を、手にしたのです。 内田先生には『呪いの時代』という著作があるが、この本もその系統であろうかということで借りることにしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 11:00
『妄想気分』4
<『妄想気分』4&gt; 図書館で『妄想気分』という本を、手にしたのです。 この表紙には見覚えがあるが、中身については記憶にないのだ…再読になってもいいではないかということで借りたのです。 (帰って調べると、半年前に借りていました) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 02:05
『日本中世に何が起きたか』3
<『日本中世に何が起きたか』3> 図書館で網野善彦著『日本中世に何が起きたか』という文庫本を、手にしたのです。 裏表紙には「宗教と経済活動との関わりを解明」「網野史学の全容を俯瞰できる名著」とのコピーが出ていて華々しいが・・・ この文庫本が装いも新たに今年(2017年)発刊されたわけで、それだけ売れるロングセラーなのかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 23:48
『体と病気の科学知識 (ニュートン別冊)』2
<『体と病気の科学知識 (ニュートン別冊)』2> 図書館で『体と病気の科学知識 (ニュートン別冊)』というムック本を、手にしたのです。 おお がん細胞について記載があるではないか♪ 胃を全摘出した大使にとってがん細胞には切実な関心があるので、この本で読んでみようと思ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 22:56
『邪悪なものの鎮め方』
<『邪悪なものの鎮め方』> 図書館で『邪悪なものの鎮め方』という本を、手にしたのです。 内田先生には『呪いの時代』という著作があるが、この本もその系統であろうかということで借りることにしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 21:21
『日本中世に何が起きたか』2
<『日本中世に何が起きたか』2> 図書館で網野善彦著『日本中世に何が起きたか』という文庫本を、手にしたのです。 裏表紙には「宗教と経済活動との関わりを解明」「網野史学の全容を俯瞰できる名著」とのコピーが出ていて華々しいが・・・ この文庫本が装いも新たに今年(2017年)発刊されたわけで、それだけ売れるロングセラーなのかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 16:13
小川洋子ミニブームR1 B
<小川洋子ミニブームR1> 『犬のしっぽを撫でながら』という本を読んでいるのだが… このところ集中的に小川洋子の本を読んだわけで、ミニブームとなっているのです。 で、それらの本を並べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 15:01
『妄想気分』3
<『妄想気分』3&gt; 図書館で『妄想気分』という本を、手にしたのです。 この表紙には見覚えがあるが、中身については記憶にないのだ…再読になってもいいではないかということで借りたのです。 (帰って調べると、半年前に借りていました) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 09:44
『妄想気分』2
<『妄想気分』2> 図書館で『妄想気分』という本を、手にしたのです。 この表紙には見覚えがあるが、中身については記憶にないのだ…再読になってもいいではないかということで借りたのです。 (帰って調べると、半年前に借りていました) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/14 23:58
図書館大好き255
<図書館大好き255> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「渋いヒット作」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/14 13:18
『体と病気の科学知識 (ニュートン別冊)』
<『体と病気の科学知識 (ニュートン別冊)』1> 図書館で『体と病気の科学知識 (ニュートン別冊)』というムック本を、手にしたのです。 おお がん細胞について記載があるではないか♪ 胃を全摘出した大使にとってがん細胞には切実な関心があるので、この本で読んでみようと思ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/14 08:59
『樹木と生きる』3
<『樹木と生きる』3> 図書館で『樹木と生きる』という本を、手にしたのです。 この本の表紙には見覚えがあるぞ・・・ということで巻末を見たら、宇江敏勝の本全6巻となっています。そのうちの『森をゆく旅』を以前に読んでいたのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/14 05:02
『樹木と生きる』2
<『樹木と生きる』2> 図書館で『樹木と生きる』という本を、手にしたのです。 この本の表紙には見覚えがあるぞ・・・ということで巻末を見たら、宇江敏勝の本全6巻となっています。そのうちの『森をゆく旅』を以前に読んでいたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/13 23:30
『老耄と哲学』5
<『老耄と哲学』5> 図書館で『老耄と哲学』という本を、手にしたのです。 梅原猛さんといえば、哲学者そのものであり言ってることも難しそうではあるが・・・読んでみるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/13 21:46
『日本中世に何が起きたか』
<『日本中世に何が起きたか』> 図書館で網野善彦著『日本中世に何が起きたか』という文庫本を、手にしたのです。 裏表紙には「宗教と経済活動との関わりを解明」「網野史学の全容を俯瞰できる名著」とのコピーが出ていて華々しいが・・・ この文庫本が装いも新たに今年(2017年)発刊されたわけで、それだけ売れるロングセラーなのかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/13 17:22
『老耄と哲学』4
<『老耄と哲学』4> 図書館で『老耄と哲学』という本を、手にしたのです。 梅原猛さんといえば、哲学者そのものであり言ってることも難しそうではあるが・・・読んでみるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/13 05:14
『老耄と哲学』3
<『老耄と哲学』3> 図書館で『老耄と哲学』という本を、手にしたのです。 梅原猛さんといえば、哲学者そのものであり言ってることも難しそうではあるが・・・読んでみるか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/12 23:04
『樹木と生きる』
<『樹木と生きる』> 図書館で『樹木と生きる』という本を、手にしたのです。 この本の表紙には見覚えがあるぞ・・・ということで巻末を見たら、宇江敏勝の本全6巻となっています。そのうちの『森をゆく旅』を以前に読んでいたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/12 18:15
『老耄と哲学』2
<『老耄と哲学』2> 図書館で『老耄と哲学』という本を、手にしたのです。 梅原猛さんといえば、哲学者そのものであり言ってることも難しそうではあるが・・・読んでみるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/12 16:25
図書館予約の軌跡100    B
<図書館予約の軌跡100> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/12 14:59
浅田次郎の世界R9   B
<浅田次郎の世界R9> 『ハッピー・リタイアメント』を読んでいるところだが・・・ これまで読んできた、浅田さんの本を並べてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/12 14:12
『老耄と哲学』1
<『老耄と哲学』1> 図書館で『老耄と哲学』という本を、手にしたのです。 梅原猛さんといえば、哲学者そのものであり言ってることも難しそうではあるが・・・読んでみるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/12 08:28
『風を見にいく』3
<『風を見にいく』3> 図書館で『風を見にいく』という本を、手にしたのです。 表紙の砂漠の写真がそそるわけで…砂漠は大使のツボでんがな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/11 22:48
『岡本太郎と語る』2
<『岡本太郎と語る』2> 図書館で『岡本太郎と語る』という本を、手にしたのです。 対談集となっているが、目次を見てみると… 赤瀬川、ヤノベ、横尾、島田と、対談者の顔ぶれがすごいでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/11 17:35
『ぼくがいま、死について思うこと』5
<『ぼくがいま、死について思うこと』5> 図書館で椎名誠の『ぼくがいま、死について思うこと』を借りたのだが・・・ 元気印の椎名さんが死について語っているので、拝聴しようと思ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/11 09:23
『岡本太郎と語る』
<『岡本太郎と語る』> 図書館で『岡本太郎と語る』という本を、手にしたのです。 対談集となっているが、目次を見てみると… 赤瀬川、ヤノベ、横尾、島田と、対談者の顔ぶれがすごいでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/11 02:27
『風を見にいく』2
<『風を見にいく』2> 図書館で『風を見にいく』という本を、手にしたのです。 表紙の砂漠の写真がそそるわけで…砂漠は大使のツボでんがな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/10 23:18
『カラスの早起き、スズメの寝坊』5
<『カラスの早起き、スズメの寝坊』5> 図書館で『カラスの早起き、スズメの寝坊』という新書を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると…なるほど、「文化鳥類学」のおもしろさが散見されるのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/10 08:47
『風を見にいく』1
<『風を見にいく』1> 図書館で『風を見にいく』という本を、手にしたのです。 表紙の砂漠の写真がそそるわけで…砂漠は大使のツボでんがな♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/10 07:01
シーナの写真付き旅行記R1 B
<シーナの写真付き旅行記R1> 図書館で借りた『国境越え』という本を読み始めたのだが… シーナの写真付き旅行記はかなりの数になるようで、この本の出された2012年時点で25冊にものぼるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/10 06:09
カードの集合的運用例2 B
<カードの集合的運用例2> このところ大使のブログは、読書カードのようなものになっているが、もともとは、カードを編集工学的に運用したいと思っているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/10 01:27
図書館大好き254
<図書館大好き254> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 17:12
『カラスの早起き、スズメの寝坊』4
<『カラスの早起き、スズメの寝坊』4> 図書館で『カラスの早起き、スズメの寝坊』という新書を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると…なるほど、「文化鳥類学」のおもしろさが散見されるのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 07:57
『カラスの早起き、スズメの寝坊』3
<『カラスの早起き、スズメの寝坊』3> 図書館で『カラスの早起き、スズメの寝坊』という新書を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると…なるほど、「文化鳥類学」のおもしろさが散見されるのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 01:21
『連合国戦勝史観の虚妄』
<『連合国戦勝史観の虚妄』> 図書館で『連合国戦勝史観の虚妄』という新書を、手にしたのです。 著者のヘンリー・S・ストークスさん自体が興味深いのだが…読んでみるか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/08 19:54
『セーヌの川辺』2
<『セーヌの川辺』2> 図書館で『セーヌの川辺』という本を、手にしたのです。 目次を見ると、全篇に亘ってヨーロッパや多言語のエッセイである。ちょっと気が重くなるが・・・読んでみるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/08 12:58
『大放言』
<『大放言』> 図書館で『大放言』という新書を、手にしたのです。 メディアからは、右翼的ということでバッシングや炎上を受ける百田さんであるが… ノーガードで率直に放言する百田さんの物言いは…わりと評価するんですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/08 11:30
『カラスの早起き、スズメの寝坊』2
<『カラスの早起き、スズメの寝坊』2> 図書館で『カラスの早起き、スズメの寝坊』という新書を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると…なるほど、「文化鳥類学」のおもしろさが散見されるのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/08 06:16
『カラスの早起き、スズメの寝坊』
<『カラスの早起き、スズメの寝坊』> 図書館で『カラスの早起き、スズメの寝坊』という新書を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると…なるほど、「文化鳥類学」のおもしろさが散見されるのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/07 23:27
『残るは食欲』2
<『残るは食欲』2> 図書館で『残るは食欲』という本を、手にしたのです。 おお 物知り阿川の料理関係の本やないけ♪…これは美味しいかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/07 08:43
鳥の本あれこれ
<鳥の本あれこれ> 『カラスの早起き、スズメの寝坊』という新書を借りて読んでいるのだが… 鳥に関する本をわりと読んできたので、並べてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/07 01:22
個人的言語学12-R2 B
<個人的言語学12-R2>   異邦、異邦人に対する興味、あこがれがこうじてくると、その言語に目が向けられる・・・・・ ということで、方言とか言語とかについて集めてみます。 最近は仕事の関係もあり韓国語にはまって、おります。(退職して6年たちましたが) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/07 00:41
『湾岸戦争データファイル』2
<『湾岸戦争データファイル』2> 図書館で『湾岸戦争データファイル』という本を、手にしたのです。 湾岸戦争といえば史上初めて、家庭のテレビで… 良いか悪いか知らないけど、ハイテク軍事技術が報道されましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/06 08:33
『わたしを離さないで』
<『わたしを離さないで』> この度、カズオ・イシグロがノーベル賞・文学賞を受賞したことを祝して… 過去の日記から『わたしを離さないで』という本を探し出してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/05 22:53
最強のエッセイストR4   B
<最強のエッセイストR4> 蔵書録を作るばかりではなくて、そろそろ有効活用をはかるべきと思い至り・・・・ 蔵書録から最強のエッセイストを選んだのだが、大使の場合は兼好法師と米原万理さんになるわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/05 14:59
『残るは食欲』
<『残るは食欲』> 図書館で『残るは食欲』という本を、手にしたのです。 おお 物知り阿川の料理関係の本やないけ♪…これは美味しいかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/05 14:20
池澤夏樹の世界R1
<池澤夏樹の世界R1> 先日、池澤夏樹の新作『キトラ・ボックス』を図書館に予約したが、借りられるのは3、4ヶ月ほど先になるのではと予想されるのです。 この小説が気になるのは、新疆ウイグル自治区から赴任した女性研究員が登場するとのことで、『氷山の南』で登場したアボリジニの絵描きを彷彿とするわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/05 00:01
『セーヌの川辺』
<『セーヌの川辺』> 図書館で『セーヌの川辺』という本を、手にしたのです。 目次を見ると、全篇に亘ってヨーロッパや多言語のエッセイである。ちょっと気が重くなるが・・・読んでみるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/04 22:48
『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』4
<『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』4> 図書館で『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』という本を、手にしたのです。 おお 村上さんのエッセイ集やないけ♪…しかも比較的に新しい本で、これはいけるかも。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/04 22:16
図書館大好き253
<図書館大好き253> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当り次第」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/04 06:12
『ぐるぐる博物館』
<『ぐるぐる博物館』> 図書館で『ぐるぐる博物館』という本を、手にしたのです。 巻末を見ると、「月刊ジェイ・ノベル掲載分」を主に編集した本のようだが…編集者の企画が良かったのかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/03 22:22
図書館予約の軌跡99    B
<図書館予約の軌跡99> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/03 17:25
紙の本への拘りR3 B
<紙の本への拘りR3> 『さあ、読むのです』は貧乏な叔母さんの口癖です。 ここで読むというのは、もちろん紙の本ですね。スマホで見るマンガでは決してないはずです!…もっとも当時スマホはなかったが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/03 07:38
『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』3
<『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』3> 図書館で『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』という本を、手にしたのです。 おお 村上さんのエッセイ集やないけ♪…しかも比較的に新しい本で、これはいけるかも。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/03 07:28
『神戸ものがたり』4
<『神戸ものがたり』4> 図書館で『神戸ものがたり』という本を、手にしたのです。 おお 神戸っ子でもある陳舜臣さんが案内する(昔の)神戸とはいかなるものか…期待できそうやでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/03 07:08
『ガンを消す食事』
<『ガンを消す食事』> 図書館で『ガンを消す食事』という本を、手にしたのです。 胃を全摘した大使にとって、食事療法は切実な問題なんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/03 01:44
『湾岸戦争データファイル』
<『湾岸戦争データファイル』> 図書館で『湾岸戦争データファイル』という本を、手にしたのです。 湾岸戦争といえば史上初めて、家庭のテレビで… 良いか悪いか知らないけど、ハイテク軍事技術が報道されましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 21:24
三浦しをんの世界R6    B
<三浦しをんの世界R6> 先日、DVDで『まほろ駅前多田便利軒』を見たのだが、この際・・・ 就活作家とも言われる三浦しをんについて集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 18:45
『神戸ものがたり』3
<『神戸ものがたり』3> 図書館で『神戸ものがたり』という本を、手にしたのです。 おお 神戸っ子でもある陳舜臣さんが案内する(昔の)神戸とはいかなるものか…期待できそうやでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 10:30
『神戸ものがたり』2
<『神戸ものがたり』2> 図書館で『神戸ものがたり』という本を、手にしたのです。 おお 神戸っ子でもある陳舜臣さんが案内する(昔の)神戸とはいかなるものか…期待できそうやでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 08:00
『中国行きのスロウ・ボート』がつなぐ輪R1 B
<『中国行きのスロウ・ボート』がつなぐ輪R1> 図書館で借りた小川洋子著『博士の本棚』という本を読んでいるのだが… このところ集中して借りた本のなかで、『中国行きのスロウ・ボート』がつなぐ輪が見られるので、並べてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 05:58
『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』2
<『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』2> 図書館で『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』という本を、手にしたのです。 おお 村上さんのエッセイ集やないけ♪…しかも比較的に新しい本で、これはいけるかも。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 01:30
『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』1
<『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』1> 図書館で『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』という本を、手にしたのです。 おお 村上さんのエッセイ集やないけ♪…しかも比較的に新しい本で、これはいけるかも。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 00:01
『神戸ものがたり』1
<『神戸ものがたり』1> 図書館で『神戸ものがたり』という本を、手にしたのです。 おお 神戸っ子でもある陳舜臣さんが案内する(昔の)神戸とはいかなるものか…期待できそうやでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/01 17:10
図書館大好き252
<図書館大好き252> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「エッセイ集」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/01 16:52
陳舜臣アンソロジーR1   B
<陳舜臣アンソロジーR1> 陳舜臣さんといえば神戸出身(本籍は台湾台北)だし、神戸市民として親近感があるのでおます♪ このところ陳舜臣の本を集中して読んだので、アンソロジーとしてフォローするものとします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/01 15:11
『鉄の文明史』2
<『鉄の文明史』2> 図書館で『鉄の文明史』という文庫本を、手にしたのです。 製鉄にまつわる、その歴史、技術、遺跡の調査など、多角的な視点が見られるわけで・・・ 理系の読者には、より興味深い内容になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/01 06:12
『鉄の文明史』
<『鉄の文明史』1> 図書館で『鉄の文明史』という文庫本を、手にしたのです。 製鉄にまつわる、その歴史、技術、遺跡の調査など、多角的な視点が見られるわけで・・・ 理系の読者には、より興味深い内容になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/01 06:03
『終りなき侵略者との闘い』2
<『終りなき侵略者との闘い』2> 図書館で『終りなき侵略者との闘い』という本を、手にしたのです。 新しい外来生物といえば… 駆除を開始したヒアリが難敵である。セアカゴケグモなんてのもいたなあ、今どうなっているんやろ? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/01 00:47
『くらしの昭和史』2
<『くらしの昭和史』2> 図書館で『くらしの昭和史』という本を、手にしたのです。 著者は「昭和のくらし博物館」の館長とのこと…どおりで選んだ題材、内容が充実しているのか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/30 22:30
文章修業のインデックスR2    B
<文章修業のインデックスR2> 又吉直樹さんが芥川賞を受賞して以来、作家へのハードルが下がったので(それは錯覚です)、「よし 俺もいっちょう」と思うのである。 …で、これまで集めた文章修業ハウツーのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/30 21:06
昭和30年代の頃R1    B
<昭和30年代の頃R1> 昭和30年代の頃と言えば高度経済成長期で、誰もが希望に溢れていた時代だったのだろうか? 大使には、貧乏くさくて恨みがましい・・・時代だったような気がするのです。 ・・・ということで、その頃に関する本を集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/30 17:06
読書術・書評のインデックスR3
<読書術・書評のインデックスR3> このところ読書術や書評や古本屋に関する本よく読んでいるのです。 ・・・で、それらのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/30 15:03
『安心毛布』3
<『安心毛布』3> 図書館で『安心毛布』という本を、手にしたのです。 目次を見ると、だいたい女性的なテーマが多いのだが… 文学や言葉のテーマもあるので借りる決め手になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/30 09:03
『終りなき侵略者との闘い』
<『終りなき侵略者との闘い』> 図書館で『終りなき侵略者との闘い』という本を、手にしたのです。 新しい外来生物といえば… 駆除を開始したヒアリが難敵である。セアカゴケグモなんてのもいたなあ、今どうなっているんやろ? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/30 07:19
『くらしの昭和史』1
<『くらしの昭和史』1> 図書館で『くらしの昭和史』という本を、手にしたのです。 著者は「昭和のくらし博物館」の館長とのこと…どおりで選んだ題材、内容が充実しているのか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/30 06:27
図書館大好き251
<図書館大好き251> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「歴史」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/29 23:57
『第二次世界大戦の秘密特殊兵器』
<『第二次世界大戦の秘密特殊兵器』> 図書館で『第二次世界大戦の秘密特殊兵器』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくるとP-51ムスタングやB-29が載っているではないか …大使のツボやないけ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/29 06:19
『安心毛布』2
<『安心毛布』2> 図書館で『安心毛布』という本を、手にしたのです。 目次を見ると、だいたい女性的なテーマが多いのだが… 文学や言葉のテーマもあるので借りる決め手になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/29 05:36
『紅蓮亭の狂女』3
<『紅蓮亭の狂女』3> 図書館で『紅蓮亭の狂女』という本を、手にしたのです。 清国皇帝一族に接近した軍事探偵ってか… 軍事探偵というのは007のようなものなので期待できるかも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/28 22:37
『対談 中国を考える』6
<『対談 中国を考える』6> 図書館で『対談 中国を考える』という文庫本を、手にしたのです。 とにかく… 中国に関する対談としては、近年においてベストのお二人ではないだろうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/28 08:12
陳舜臣アンソロジー
<陳舜臣アンソロジー> 陳舜臣さんといえば神戸出身(本籍は台湾台北)だし、神戸市民として親近感があるのでおます♪ このところ陳舜臣の本を集中して読んだので、アンソロジーとしてフォローするものとします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/28 07:08
『対談 中国を考える』5
<『対談 中国を考える』5> 図書館で『対談 中国を考える』という文庫本を、手にしたのです。 とにかく… 中国に関する対談としては、近年においてベストのお二人ではないだろうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/28 01:21
『対談 中国を考える』4
<『対談 中国を考える』4> 図書館で『対談 中国を考える』という文庫本を、手にしたのです。 とにかく… 中国に関する対談としては、近年においてベストのお二人ではないだろうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/27 23:35
『書く力』2
<『書く力』2> 我が本棚で積読になっていた『書く力』という本を、手にしたのです。 もろにハウツー本ではあるが…なかなか良さそうやで♪ 暇な大使は、この本の再読にとりかかったのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/27 16:55
川上未映子アンソロジーR3 B
<川上未映子アンソロジーR3> バンド活動、ホステス時代の苦労を経て、言葉、哲学を語る川上未映子であるが・・・ その好奇心、批判力によるエッセイは清少納言にも比べうるものと大使は思うのである。 最近は女優もこなしているそうだが・・・ 女優が小説を書いた例はあるけど、作家が女優もこなすのは初のケースのようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/27 01:17
『書く力』
<『書く力』> 我が本棚で積読になっていた『書く力』という本を、手にしたのです。 もろにハウツー本ではあるが…なかなか良さそうやで♪ 暇な大使は、この本の再読にとりかかったのでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/26 21:47
『安心毛布』
<『安心毛布』> 図書館で『安心毛布』という本を、手にしたのです。 目次を見ると、だいたい女性的なテーマが多いのだが… 文学や言葉のテーマもあるので借りる決め手になりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/26 07:51
是枝監督アンソロジーR2    B
<是枝監督アンソロジーR2> 是枝監督の作品は「誰も知らない」と「空気人形」しか観ていないのだが、NHK番組で姜尚中さんとのスイッチインタビューを見て、その人柄に惹かれたわけです。 …で、カンヌ受賞作の「そして父になる」が当地でも公開中なので、期待を込めて是枝監督アンソロジーを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/26 07:15
通訳、翻訳についてR2 B
<通訳、翻訳についてR2> 通訳、翻訳について集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/26 06:58
『不惑の手習い』
<『不惑の手習い』> 図書館で『不惑の手習い』という本を、手にしたのです。 カラー写真の多い、ビジュアルな本である。 格好さえつけばいいとうそぶく島田さんの軽さが…小粋ではある♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/25 15:52
『セルフビルドの世界』
<『セルフビルドの世界』> 図書館で『セルフビルドの世界』という本を、手にしたのです。 カラー写真の多い、ビジュアルな文庫本である。 だいたい、セルフビルドの家といえば… ツリーハウスといい、高知の沢田マンションといい、大使のツボでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/25 08:24
『映画にまつわるxについて(2)』4
<『映画にまつわるxについて(2)』4> 図書館で『映画にまつわるxについて(2)』という本を、手にしたのです。 おお『ディア・ドクター』の西川美和やないけ♪ …ということで、画像のない文字ばっかりの地味なこの本を借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/24 23:32
『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』7
<『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』7> 図書館で『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』という本を、手にしたのです。 ハリウッド映画を忌避している大使であるが…近年わりと健闘している邦画の状況が興味深いのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/24 17:28
『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』6
<『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』6> 図書館で『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』という本を、手にしたのです。 ハリウッド映画を忌避している大使であるが…近年わりと健闘している邦画の状況が興味深いのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/24 15:54
図書館大好き250
<図書館大好き250> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「アート」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/24 12:30
『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』5
<『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』5> 図書館で『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』という本を、手にしたのです。 ハリウッド映画を忌避している大使であるが…近年わりと健闘している邦画の状況が興味深いのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/24 07:37
『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』4
<『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』4> 図書館で『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』という本を、手にしたのです。 ハリウッド映画を忌避している大使であるが…近年わりと健闘している邦画の状況が興味深いのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/24 06:42
『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』3
<『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』3> 図書館で『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』という本を、手にしたのです。 ハリウッド映画を忌避している大使であるが…近年わりと健闘している邦画の状況が興味深いのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/23 23:47
『習近平の権力闘争』2
<『習近平の権力闘争』2> 図書館で『習近平の権力闘争』という本を、手にしたのです。 2015年刊の本なので最新情報ではないが… 皇帝・習の退任に言及したあたりが興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/23 09:16
むき出しの新帝国主義
<むき出しの新帝国主義> 覇権主義が吹き荒れる昨今である。 佐藤優さんが、自著『日本でテロが起きる日』という本で、この潮流をいみじくも「新帝国主義」と名付けています。なるほどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/23 07:51
『映画にまつわるxについて(2)』3
<『映画にまつわるxについて(2)』3> 図書館で『映画にまつわるxについて(2)』という本を、手にしたのです。 おお『ディア・ドクター』の西川美和やないけ♪ …ということで、画像のない文字ばっかりの地味なこの本を借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 22:34
『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』2
<『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』2> 図書館で『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』という本を、手にしたのです。 ハリウッド映画を忌避している大使であるが…近年わりと健闘している邦画の状況が興味深いのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 22:33
『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』
<『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』2> 図書館で『映画産業の動向とカラクリがよ〜くわかる本第2版』という本を、手にしたのです。 ハリウッド映画を忌避している大使であるが…近年わりと健闘している邦画の状況が興味深いのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 17:16
『習近平の権力闘争』
<『習近平の権力闘争』1> 図書館で『習近平の権力闘争』という本を、手にしたのです。 2015年刊の本なので最新情報ではないが… 皇帝・習の退任に言及したあたりが興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 16:44
『映画にまつわるxについて(2)』2
<『映画にまつわるxについて(2)』2> 図書館で『映画にまつわるxについて(2)』という本を、手にしたのです。 おお『ディア・ドクター』の西川美和やないけ♪ …ということで、画像のない文字ばっかりの地味なこの本を借りたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 10:06

トップへ | みんなの「本」ブログ

カツラの葉っぱ 大好き! 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる