カツラの葉っぱ 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 図書館大好き316

<<   作成日時 : 2018/07/09 15:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回借りた5冊です。
だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「好みの作家」でしょうか♪

<市立図書館>
・アンブラッセ
・ふくわらい
・単細胞にも意地がある

<大学図書館>
・証言・街並み保存
・BD 第九の芸術

図書館で手当たり次第で本を探すのがわりと楽しいが・・・これが、図書館での正しい探し方ではないかと思ったりする(笑)
************************************************************

【アンブラッセ】


阿刀田高著、文藝春秋、2015年刊

<「BOOK」データベース>より
アンブラッセという言葉を教えてくれたのは、相沢さんだった。フランス語で「抱擁する」という、その意味もー(『めぐりあいて』)。身体と心が記憶する、快哉。いまなお疼く思いに身を焦がしながら男は、そして女は生きる。大人の渇きを潤す、傑作短篇集。

<読む前の大使寸評>
阿刀田さんといえば、ロアルド・ダールの「女主人」を発見した人だし、自身も短編小説の達人である・・・
ということで、迷いなくチョイスしたのです。


rakutenアンブラッセ



【ふくわらい】


西加奈子著、朝日新聞出版、2012年刊

<「BOOK」データベース>より
マルキ・ド・サドをもじって名づけられた、書籍編集者の鳴木戸定。25歳。唯一の趣味は、暗闇でのひとり遊びー。

<読む前の大使寸評>
帰国子女にして、関西弁の使い手というのが、大使の認識であるが・・・
この小説は、かなりインターナショナルな場面設定になっているようです。

rakutenふくわらい



【単細胞にも意地がある】


椎名誠著、毎日新聞出版、2015年刊

<「BOOK」データベース>より
よく考えるけど、考えすぎない。ナマコ流単細胞思考の逆襲。
【目次】
1 祭りはなるべくナゾがいい(謎のドロメ祭/爪切りハイジャッカー ほか)/2 手のひら探検隊(単細胞の研究/フィヨルドの北極海を行く ほか)/3 くたびれの時代(六月の疲労とカタルシス/拡声器国家、日本 ほか)/4 あらしの夜もいいもんだ(蚊のフリカケも悪くない/夏の盛りの暑い日に ほか)/5 飲んではいけないモノ(胃カメラを飲んできた/火星のロビンソン ほか)

<読む前の大使寸評>
副題が「なまこのからえばり10」となっているように、シーナが書きまくっているエッセイ集のひとつであるが・・・
「外れ」がないところが渋い3割打者のようでもある♪

rakuten単細胞にも意地がある



【証言・街並み保存】


西村幸夫, 埒正浩著、学芸出版社、2007年刊

<「BOOK」データベース>より
町並み破壊の危機に抗し、地域から新しい価値を創り出した、まちづくり第一世代の肉声。
【目次】
「町並み保存運動」由来記ー日本において「町並み保存」はどのようにして生まれたか/峯山冨美ー小樽ー運河と共に生きるまちは過去・現在・未来に生きる人たちの共同作品/村岡武司ー函館ー歴史的建築物の再生がまちに生命を与える/高橋雄七ー角館ー歴史の厚みを積み重ね、歴史に寄り添ったまちづくりを/小林俊彦ー妻篭ー「売らない」「貸さない」「こわさない」のむらづくり/小澤庄一ー足助ー本物にこだわる古くて新しいまちづくり/松場登美ー石見銀山ー足元の宝を見つめて暮らしをデザインする/岡田文淑ー内子ー引き算型のまちづくりと村並み保存/上勢頭芳徳ー竹冨島ー島を美しく守るうつぐみの心

<読む前の大使寸評>
追って記入予定

rakuten証言・街並み保存



【BD 第九の芸術】
BD

古永真一著、未知谷、2010年刊

<「BOOK」データベース>より
コマの否定、吹き出しのみの構成、メタレベルのストーリー、ダンスとのコラボレーション…ほとんど分類不能、クールジャパンの対極のアヴァンギャルド―古くはバタイユがBDのアーナキーさに注目し、70年代に前衛集団「バズーカ」、90年代に前衛漫画集団「ウバポ」、大御所メビウス、ポードワンなどを紹介しながら、第九の芸術と言われるBDの歴史的背景と表現媒体の可能性を見る、待望のBDアヴァンギャルド論。

<読む前の大使寸評>
BDという言葉より先に、大御所メビウスを知り、その圧倒的な技量に驚いたわけです。ということで・・・
BD(フランス漫画)の中でメビウスが占める位置とか、影響力を知りたいわけです。

AmazonBD 第九の芸術


************************************************************
とまあ・・・・
抜き打ちのように、関心の切り口を残しておくことも自分史的には有意義ではないかと思ったわけです。

図書館大好き315

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
図書館大好き316 カツラの葉っぱ 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる