カツラの葉っぱ 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『透明水彩の作品とレッスン』1

<<   作成日時 : 2018/06/10 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<『透明水彩の作品とレッスン』1>
図書館で『透明水彩の作品とレッスン』という本を、手にしたのです。
いま『透明水彩なるほどレッスン』という本を借りているのだが、この本もいいではないかと借りたのです。
この本では、14人の作家を取り上げています。


【透明水彩の作品とレッスン】


グラフィック社編集部、グラフィック社、2012年刊

<「BOOK」データベース>より
イギリスの田舎町をふたりの作家が訪ねました。下塗りのタイプが違う作家どうし。それぞれどんな作品が仕上がったのでしょうか。新しい色づかいの水彩作品と人気講座ベスト10が1冊になりました。

<読む前の大使寸評>
いま『透明水彩なるほどレッスン』という本を借りているのだが、この本もいいではないかと借りたのです。
この本では、14人の作家を取り上げています。

amazon透明水彩の作品とレッスン


水彩画の場合、紙全体を水引きして描くことがあるようです。ほう、知らなかったでぇ。木立ちを描く際の手順を見てみましょう。

(講師:村山之都)
p50〜57
【にじみ】 
・同系色を濃淡でにじませる。紙の上で混色するときは、後でのせる色を濃く。
・明るい色が乾いてから暗い色で濃く描くと、筆先のタッチが残ります。

【水引きして描く手順】 
■1水引きをします。 
 よく洗ったきれいな刷毛で、紙全体に水を含ませます。にじませたりぼかしたりするために、あらかじめ紙に水を含ませる作業です。

■2下塗りをします。
 紙が湿っているので、色が自然にんじみます。
 
■3乾いてから葉を描き加えます。 
 紙が乾いているのではっきりした輪郭で描けます。

■完成 
 葉、幹、枝の順で塗る。
 木の隙間から見える葉は、全体の明るさを調整しながら入れる。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『透明水彩の作品とレッスン』1 カツラの葉っぱ 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる