カツラの葉っぱ 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 暇になったら、絵を描くのだったR4

<<   作成日時 : 2018/06/08 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<暇になったら、絵を描くのだったR4>
おおそうだ、暇になったら、絵を描くのだったんだ♪
ということで・・・画材は買っていないけど、過去の日記から水彩画のページを並べてみます。
やる気が煮詰まってきたら、しめたものだが・・・・はたして?

・透明水彩なるほどレッスン
・素描 用具と基礎知識
・透明水彩
・ふるさとの風景に夢をのせて

R4:『透明水彩なるほどレッスン』を追加



【透明水彩なるほどレッスン】


永山裕子著、グラフィック社、2006年刊

<「BOOK」データベース>より
風景スケッチ、静物、人物、なんでも描ける。すぐに役立つ、プロのとっておきの技法をお教えします。

<読む前の大使寸評>
おお 暇な大使は、暇になったら絵を描くのだった。
水彩画の画材もぼつぼつ揃ってきたので、このような本の出番である。

rakuten透明水彩なるほどレッスン



『透明水彩なるほどレッスン』4:水彩色鉛筆の使い方
『透明水彩なるほどレッスン』3:「紙の白を残す」という感覚
『透明水彩なるほどレッスン』2:透明水彩の基本
『透明水彩なるほどレッスン』1:描くまえに





【素描 用具と基礎知識】
素描

ジェームズ・ホートン著、美術出版社、1994年刊

<「BOOK」データベース>より
これから素描を始めようという方から、経験豊かなアーティストレベルの腕を持つ方まで、この1冊には素描に必要なすべての知識とテクニックが解説されています。各ステップをやさしく、解説した内容は、素描とはどういうものかという基本的な知識から、「形態と立体感表現法」や「動きとしぐさ」など、実際にトライしてみたくなるような上級テクニックまで、ていねいに解説しています。  

<読む前の大使寸評>
「暇になったら、絵を描く」と思いつつも、なかなか手をつけられずにおるわけです。
ときどき、画材を買ったりしてはいるんですけどね。

rakuten素描 用具と基礎知識
『素描 用具と基礎知識』byドングリ





【透明水彩】
透明
武田信吾著、グラフィック社、2009年刊

<カスタマーレビュー>より
透明水彩独特のにじみを利用した光の捉え方。
白い空間を生かした独特の空間表現
透明水彩とは思えない、はっきりしたコントラスト

<大使寸評>
暇になったら、絵を描きたいと思う大使であるが・・・・
なかなか、その踏ん切りがつかないのである。

Amazon透明水彩





【ふるさとの風景に夢をのせて】
ふるさと1
木澤平通著、日貿出版社、2012年刊

<「BOOK」データベース>より
少年の頃の夢に向かって、ふるさとの風景を素直なこころで描き続けている。水田、里山、川辺の懐かしい風景が情緒豊かに描き出されている。
ふるさと2

<大使寸評>
この本の絵は、ほぼドングリ国の景色を描いているわけで・・・ふるさとの風景となっています。

Amazonふるさとの風景に夢をのせて



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暇になったら、絵を描くのだったR4 カツラの葉っぱ 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる