アクセスカウンタ

<<  2018年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
『とっぴんぱらりのぷう』1
『とっぴんぱらりのぷう』1 <『とっぴんぱらりのぷう』1> 図書館で『とっぴんぱらりのぷう』という本を、手にしたのです。 キャッチーな本のタイトルに目がいくが、「とっぴんぱらりのぷう」とは(秋田の方言で)昔話の終わりにつけられる決まり文句だそうです。 ぱらぱらとめくってみると・・・ 取り上げた作品は古典的な冒険小説であるが、その薀蓄と新解釈がすごいわけです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 23:34
図書館大好き281
図書館大好き281 <図書館大好き281> 今回借りた4冊です。(受取り予定1冊含む) だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「手当たり次第」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 15:32
『鉄の文化誌』4
『鉄の文化誌』4 <『鉄の文化誌』4> 図書館で『鉄の文化誌』という本を、手にしたのです。 先日、『森の仕事と木遣り唄』という本でたたら製鉄について読んだところである。森との関わりが深い製鉄は、まあ個人的なツボなので、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 08:42
『鉄の文化誌』3
『鉄の文化誌』3 <『鉄の文化誌』3> 図書館で『鉄の文化誌』という本を、手にしたのです。 先日、『森の仕事と木遣り唄』という本でたたら製鉄について読んだところである。森との関わりが深い製鉄は、まあ個人的なツボなので、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 07:39
『鉄の文化誌』2
『鉄の文化誌』2 <『鉄の文化誌』2> 図書館で『鉄の文化誌』という本を、手にしたのです。 先日、『森の仕事と木遣り唄』という本でたたら製鉄について読んだところである。森との関わりが深い製鉄は、まあ個人的なツボなので、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 16:30
『鉄の文化誌』1
『鉄の文化誌』1 <『鉄の文化誌』1> 図書館で『鉄の文化誌』という本を、手にしたのです。 先日、『森の仕事と木遣り唄』という本でたたら製鉄について読んだところである。森との関わりが深い製鉄は、まあ個人的なツボなので、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 15:56
『小説新潮(2017年6月号)』4
『小説新潮(2017年6月号)』4 <『小説新潮(2017年6月号)』4> 図書館で『小説新潮(2017年6月号)』という月刊雑誌を手にしたのです。 宮部みゆき・作家生活30周年大特集と銘打っているが・・・ 彼女の作品は分厚いので、たぶんまだ読んでいないけど、もうそろそろ読んでみる頃かと、まずはこの雑誌を読んでみようと思ったわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 09:55
『退屈な読書』3
『退屈な読書』3 <『退屈な読書』3> 図書館で『退屈な読書』という本を、手にしたのです。 先日、『もっとも危険な読書』という書評集を読んでよかったので、この本もイケてるのではないかという算段でおます♪ 『退屈な読書』が2年早く刊行されているので、2匹目ではなくて先行するドジョウとなるが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 07:20
高橋源一郎アンソロジーR2 B
高橋源一郎アンソロジーR2      B <高橋源一郎アンソロジーR2> そもそも高橋源一郎を表わす肩書きとは何になるのか?・・・ 朝日新聞で、毎月「論壇時評」を書いているくらいだから評論家なのかな?(注) Wikipediaをのぞいてみると、小説家、文学者、文芸評論家、大学教授と併記しています。 ということで・・・ 多芸な高橋源一郎の全貌に迫るべく、アンソロジーとして集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 06:44
『森の仕事と木遣り唄』4
『森の仕事と木遣り唄』4 <『森の仕事と木遣り唄』4> 図書館で『森の仕事と木遣り唄』という本を手にしたのです。 林業や炭焼きは大使のツボなんで、チョイスしたわけです。 実際にこの分野で活動するには、手遅れというか歳をとりすぎた感もあるわけですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/29 00:25
『退屈な読書』2
『退屈な読書』2 <『退屈な読書』2> 図書館で『退屈な読書』という本を、手にしたのです。 先日、『もっとも危険な読書』という書評集を読んでよかったので、この本もイケてるのではないかという算段でおます♪ 『退屈な読書』が2年早く刊行されているので、2匹目ではなくて先行するドジョウとなるが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 21:59
『エスケイプ/アブセント』2
『エスケイプ/アブセント』2 <『エスケイプ/アブセント』2> 図書館で『エスケイプ/アブセント』という本を手にしたのです。 フェイクな日々にこそ宿る人生の真実ってか・・・『逃亡くそたわけ』のような短篇なんだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 15:18
『小説新潮(2017年6月号)』3
『小説新潮(2017年6月号)』3 <『小説新潮(2017年6月号)』3> 図書館で『小説新潮(2017年6月号)』という月刊雑誌を手にしたのです。 宮部みゆき・作家生活30周年大特集と銘打っているが・・・ 彼女の作品は分厚いので、たぶんまだ読んでいないけど、もうそろそろ読んでみる頃かと、まずはこの雑誌を読んでみようと思ったわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 10:14
図書館予約の軌跡112     B
図書館予約の軌跡112     B <図書館予約の軌跡112> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 09:48
『森の仕事と木遣り唄』3
『森の仕事と木遣り唄』3 <『森の仕事と木遣り唄』3> 図書館で『森の仕事と木遣り唄』という本を手にしたのです。 林業や炭焼きは大使のツボなんで、チョイスしたわけです。 実際にこの分野で活動するには、手遅れというか歳をとりすぎた感もあるわけですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/27 22:18
『福岡ハカセの本棚』3
『福岡ハカセの本棚』3 <『福岡ハカセの本棚』3> 図書館に予約していた『福岡ハカセの本棚』という本を、待つこと2日という最速でゲットしたのです。 なんか、いちど借りたような本だと思いながら予約したのだが・・・ よく調べてみると、やはり借りるのは2度目でした。(イカン イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/27 11:06
『それぞれの韓国そして朝鮮』4
『それぞれの韓国そして朝鮮』4 <『それぞれの韓国そして朝鮮』4> 図書館で『それぞれの韓国そして朝鮮』という本を手にしたのです。 なんか、いちど借りたような本だと思いながら借りたが・・・ 帰って調べると、やはり借りるのは3度目でした。(イカン イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/27 07:31
『福岡ハカセの本棚』2
『福岡ハカセの本棚』2 <『福岡ハカセの本棚』2> 図書館に予約していた『福岡ハカセの本棚』という本を、待つこと2日という最速でゲットしたのです。 なんか、いちど借りたような本だと思いながら予約したのだが・・・ よく調べてみると、やはり借りるのは2度目でした。(イカン イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 20:54
『退屈な読書』1
『退屈な読書』1 <『退屈な読書』1> 図書館で『退屈な読書』という本を、手にしたのです。 先日、『もっとも危険な読書』という書評集を読んでよかったので、この本もイケてるのではないかという算段でおます♪ 『退屈な読書』が2年早く刊行されているので、2匹目ではなくて先行するドジョウとなるが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 20:38
『森の仕事と木遣り唄』2
『森の仕事と木遣り唄』2 <『森の仕事と木遣り唄』2> 図書館で『森の仕事と木遣り唄』という本を手にしたのです。 林業や炭焼きは大使のツボなんで、チョイスしたわけです。 実際にこの分野で活動するには、手遅れというか歳をとりすぎた感もあるわけですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 13:49
炭焼きあれこれ    B
炭焼きあれこれ    B <炭焼きあれこれ> たたら製鉄を語る『美鋼変幻』という本を図書館で借りたが・・・・ エンジニアというかつての職業がら、たたら製鉄もツボになるわけです。 それからたたら製鉄には木炭が必須の材料でもあるわけで・・・ たたら製鉄、木炭、炭焼きについて集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 13:27
『それぞれの韓国そして朝鮮』3
『それぞれの韓国そして朝鮮』3 <『それぞれの韓国そして朝鮮』3> 図書館で『それぞれの韓国そして朝鮮』という本を手にしたのです。 なんか、いちど借りたような本だと思いながら借りたが・・・ 帰って調べると、やはり借りるのは3度目でした。(イカン イカン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 08:09
『小説新潮(2017年6月号)』2
『小説新潮(2017年6月号)』2 <『小説新潮(2017年6月号)』2> 図書館で『小説新潮(2017年6月号)』という月刊雑誌を手にしたのです。 宮部みゆき・作家生活30周年大特集と銘打っているが・・・ 彼女の作品は分厚いので、たぶんまだ読んでいないけど、もうそろそろ読んでみる頃かと、まずはこの雑誌を読んでみようと思ったわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/25 07:44
『エルニーニョ』
『エルニーニョ』 <『エルニーニョ』> 図書館で『エルニーニョ』という本を手にしたのです。 奇しくも、同じ日に借りた絲山秋子の『エスケイプ/アブセント』とよく似た短篇小説である。 漂泊願望あるいは逃亡願望があるのかなあ?♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/24 22:40
『森の仕事と木遣り唄』
『森の仕事と木遣り唄』 <『森の仕事と木遣り唄』1> 図書館で『森の仕事と木遣り唄』という本を手にしたのです。 林業や炭焼きは大使のツボなんで、チョイスしたわけです。 実際にこの分野で活動するには、手遅れというか歳をとりすぎた感もあるわけですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/24 16:36
『小説新潮(2017年6月号)』1
『小説新潮(2017年6月号)』1 <『小説新潮(2017年6月号)』1> 図書館で『小説新潮(2017年6月号)』という月刊雑誌を手にしたのです。 宮部みゆき・作家生活30周年大特集と銘打っているが・・・ 彼女の作品は分厚いので、たぶんまだ読んでいないけど、もうそろそろ読んでみる頃かと、まずはこの雑誌を読んでみようと思ったわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/24 13:48
アヒル(レベル6)との闘い25
アヒル(レベル6)との闘い25 <アヒル(レベル6)との闘い25> 大使は、日々、コンピュータ棋士アヒル(レベル6)との死闘を繰り広げているのだが・・・ 今のところ互角の戦いであり、大使のサド感覚はご機嫌麗しいのでおます♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/24 09:06
中島京子の世界R5 B
中島京子の世界R5       B <中島京子の世界R5> 先日、『のろのろ歩け』という中篇小説集を読んで良かったのだが・・・ 中島京子が「河合隼雄物語賞・学芸賞」の物語賞を受賞したと、新聞に載っていました。 ・・・河合隼雄物語賞とは西加奈子も受賞した渋い賞である♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/24 08:25
『エスケイプ/アブセント』1
『エスケイプ/アブセント』1 <『エスケイプ/アブセント』1> 図書館で『エスケイプ/アブセント』という本を手にしたのです。 フェイクな日々にこそ宿る人生の真実ってか・・・『逃亡くそたわけ』のような短篇なんだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 23:15
絲山秋子ミニブームR10    B
絲山秋子ミニブームR10    B <絲山秋子ミニブームR10> 図書館で絲山秋子さんの小説を『逃亡くそたわけ』、『ラジ&ピース』とたてつづけに借りて読んだが・・・良かったので、更に2冊借りたのです。 これらの作品を通じて思うのだが、とにかく車の運転や転勤や方言のお話が多いわけで・・・・ 突き詰めると、ロードムービー風の東京コンプレックスあるいは漂泊願望の作家ではないかと思うのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 22:18
図書館大好き280
図書館大好き280 <図書館大好き280> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「女性作家」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 16:14
図書館予約の軌跡111    B
図書館予約の軌跡111    B <図書館予約の軌跡111> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 09:46
『本の運命』3
『本の運命』3 <『本の運命』3> 図書館で『本の運命』という本を、手にしたのです。 本と共に生きてきた井上ひさしさんの半生ってか・・・図書館大好きの大使も唖然となりそうやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 06:55
『ヨコオ論タダノリ』2
『ヨコオ論タダノリ』2 <『ヨコオ論タダノリ』2> 図書館で『ヨコオ論タダノリ』という本を、手にしたのです。 いろんな人と交流している横尾さんであるが・・・ 荒俣さんともお友だちだったようで、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/22 19:56
『本の運命』2
『本の運命』2 <『本の運命』2> 図書館で『本の運命』という本を、手にしたのです。 本と共に生きてきた井上ひさしさんの半生ってか・・・図書館大好きの大使も唖然となりそうやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/22 09:39
『ウニはすごい バッタもすごい』5
『ウニはすごい バッタもすごい』5 <『ウニはすごい バッタもすごい』5> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/22 07:50
『私の貧乏物語』3
『私の貧乏物語』3 <『私の貧乏物語』3> 図書館で『私の貧乏物語』という本を、手にしたのです。 日本にあって中韓にない価値観としては、「清貧」もそのひとつではないだろうか♪ ということで、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/21 22:11
湯浅誠の世界R1    B
湯浅誠の世界R1    B <湯浅誠の世界R1>   湯浅誠さんが5/18ブログ「頭ん中、整理」で「ブログは発信がメインで交流の場にはしない」と述べているけど、なるほどね。湯浅さんの、コンテンツ重視の感覚が、いかにも思想家という感じがして・・・・ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/21 15:05
『本の運命』1
『本の運命』1 <『本の運命』1> 図書館で『本の運命』という本を、手にしたのです。 本と共に生きてきた井上ひさしさんの半生ってか・・・図書館大好きの大使も唖然となりそうやで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/21 08:46
『「在中二世」が見た日中戦争』2
『「在中二世」が見た日中戦争』2 <『「在中二世」が見た日中戦争』2> 図書館で『「在中二世」が見た日中戦争』という本を、手にしたのです。 戦争を見聞きした世代が絶えようとしている昨今であるが・・・ 日中戦争時、青島の日本租界ですごした著者の少年時代が、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/21 08:32
『「在中二世」が見た日中戦争』1
『「在中二世」が見た日中戦争』1 <『「在中二世」が見た日中戦争』1> 図書館で『「在中二世」が見た日中戦争』という本を、手にしたのです。 戦争を見聞きした世代が絶えようとしている昨今であるが・・・ 日中戦争時、青島の日本租界ですごした著者の少年時代が、興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 16:15
『私の貧乏物語』2
『私の貧乏物語』2 <『私の貧乏物語』2> 図書館で『私の貧乏物語』という本を、手にしたのです。 日本にあって中韓にない価値観としては、「清貧」もそのひとつではないだろうか♪ ということで、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 08:04
NHKスペシャル・アーカイブ(改7) B
NHKスペシャル・アーカイブ(改7)   B <NHKスペシャル・アーカイブ(改7)> ブログで取り上げたNHKスペシャルを集めてみました。個人的アーカイブという趣きでんな♪ なお、クローズアップ現代も一部ふくめています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 06:08
横尾忠則の世界R3   B
横尾忠則の世界R3   B <横尾忠則の世界R3>   横尾忠則について集めてみました。 60年代に、村上隆より早く世界に打って出た横尾忠則はパイオニアとも言えますね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 01:25
『ヨコオ論タダノリ』1
『ヨコオ論タダノリ』1 <『ヨコオ論タダノリ』1> 図書館で『ヨコオ論タダノリ』という本を、手にしたのです。 いろんな人と交流している横尾さんであるが・・・ 荒俣さんともお友だちだったようで、ええでぇ♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 01:01
図書館大好き279
図書館大好き279 <図書館大好き279> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「少年時代」でしょうか♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 13:15
『ウニはすごい バッタもすごい』4
『ウニはすごい バッタもすごい』4 <『ウニはすごい バッタもすごい』4> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 08:39
『私の貧乏物語』1
『私の貧乏物語』1 <『私の貧乏物語』1> 図書館で『私の貧乏物語』という本を、手にしたのです。 日本にあって中韓にない価値観としては、「清貧」もそのひとつではないだろうか♪ ということで、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 23:14
『花の町 軍歌「戦友」』2
『花の町 軍歌「戦友」』2 <『花の町 軍歌「戦友」』2> 図書館で『花の町 軍歌「戦友」』という本を、手にしたのです。 陸軍徴用員として従軍した井伏さんの、戦争プロパガンダ活動が興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 21:17
料理・食文化のインデックスR3    B
料理・食文化のインデックスR3    B <料理・食文化のインデックスR3> このところ料理・食文化に関する本よく読んでいるのです。 ・・・で、それらのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 09:04
『ひなびたごちそう』4
『ひなびたごちそう』4 <『ひなびたごちそう』4> 図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットできたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 07:35
『ウニはすごい バッタもすごい』3
『ウニはすごい バッタもすごい』3 <『ウニはすごい バッタもすごい』3> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 21:45
『ひなびたごちそう』3
『ひなびたごちそう』3 <『ひなびたごちそう』3> 図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットできたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 09:33
『ひなびたごちそう』2
『ひなびたごちそう』2 <『ひなびたごちそう』2> 図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットできたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 23:40
NHKスペシャル『万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった』
NHKスペシャル『万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった』 <NHKスペシャル『万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった』> 先日(14日)のNHKスペシャル『万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった』を観たのだが、興味深い内容であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 22:41
『ウニはすごい バッタもすごい』2
『ウニはすごい バッタもすごい』2 <『ウニはすごい バッタもすごい』2> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 15:23
テクノナショナリズムに目覚めた12   B
テクノナショナリズムに目覚めた12   B <テクノナショナリズムに目覚めた12>   テクノナショナリズムという耳新しい言葉があるが・・・・ 中国がレアアースの輸出統制を始めて以来、テクノナショナリズムに目覚めたのです。 とにかく、技術流出とか中国製電気自動車と聞くと、ついヒートアップするのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 09:10
『ひなびたごちそう』1
『ひなびたごちそう』1 <『ひなびたごちそう』1> 図書館に予約していた『ひなびたごちそう』という本を、待つこと3日でゲットしたのです。 先日読んだ高橋源一郎著『もっとも危険な読書』でこの本が紹介されていたので、即図書館に借出し予約したら。ツーカーでゲットできたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 08:46
『言葉の降る日』3
『言葉の降る日』3 <『言葉の降る日』3> 図書館で『言葉の降る日』という本を、手にしたのです。 加藤典洋さんの文章は、教科書だか入試問題にもなっているそうで、それだけ論理的な文章なんだろう。 そういう文章とはどんなだろうというハウツー志向もあって、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 08:09
『花の町 軍歌「戦友」』1
『花の町 軍歌「戦友」』1 <『花の町 軍歌「戦友」』1> 図書館で『花の町 軍歌「戦友」』という本を、手にしたのです。 陸軍徴用員として従軍した井伏さんの、戦争プロパガンダ活動が興味深いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 22:13
『稲のアジア史1』2
『稲のアジア史1』2 <『稲のアジア史1』2> 図書館で『稲のアジア史1』という本を、手にしたのです。 ナショナリストの大使としては、稲作の伝来ルートが気になるのでこの本を借りたのです。 要するに、陸稲の「海上の道」伝来の可能性に賭けて、朝鮮からの伝来説を否定したいのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 15:44
『言葉の降る日』2
『言葉の降る日』2 <『言葉の降る日』2> 図書館で『言葉の降る日』という本を、手にしたのです。 加藤典洋さんの文章は、教科書だか入試問題にもなっているそうで、それだけ論理的な文章なんだろう。 そういう文章とはどんなだろうというハウツー志向もあって、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 10:52
『ウニはすごい バッタもすごい』1
『ウニはすごい バッタもすごい』1 <『ウニはすごい バッタもすごい』1> 図書館に予約していた『ウニはすごい バッタもすごい』という本を、待つこと5ヶ月でゲットしたのです。 本川さんの著書の素晴らしさは、前著『ゾウの時間 ネズミの時間』で、よく覚えていました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 07:16
『稲のアジア史1』1
『稲のアジア史1』1 <『稲のアジア史1』1> 図書館で『稲のアジア史1』という本を、手にしたのです。 ナショナリストの大使としては、稲作の伝来ルートが気になるのでこの本を借りたのです。 要するに、陸稲の「海上の道」伝来の可能性に賭けて、朝鮮からの伝来説を否定したいのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 08:35
『言葉の降る日』1
『言葉の降る日』1 <『言葉の降る日』1> 図書館で『言葉の降る日』という本を、手にしたのです。 加藤典洋さんの文章は、教科書だか入試問題にもなっているそうで、それだけ論理的な文章なんだろう。 そういう文章とはどんなだろうというハウツー志向もあって、この本をチョイスしたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 07:52
図書館大好き278
図書館大好き278 <図書館大好き278> 今回借りた4冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「予約本」でしょうか♪ <市立図書館> ・ウニはすごい バッタもすごい ・ひなびたごちそう ・言葉の降る日 ・花の町 軍歌「戦友」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 00:55
図書館予約の軌跡110
図書館予約の軌跡110 <図書館予約の軌跡110> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/13 23:33
テクノナショナリズムに目覚めた11-R1
テクノナショナリズムに目覚めた11-R1 <テクノナショナリズムに目覚めた11-R1>   テクノナショナリズムという耳新しい言葉があるが・・・・ 中国がレアアースの輸出統制を始めて以来、テクノナショナリズムに目覚めたのです。 とにかく、技術流出とか中国製電気自動車と聞くと、ついヒートアップするのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/13 09:20
高橋源一郎アンソロジーR1 B
高橋源一郎アンソロジーR1      B <高橋源一郎アンソロジーR1> そもそも高橋源一郎を表わす肩書きとは何になるのか?・・・ 朝日新聞で、毎月「論壇時評」を書いているくらいだから評論家なのかな?(注) Wikipediaをのぞいてみると、小説家、文学者、文芸評論家、大学教授と併記しています。 ということで・・・ 多芸な高橋源一郎の全貌に迫るべく、アンソロジーとして集めてみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/13 07:36
『ノノさんのぶらぶら地図学』1
『ノノさんのぶらぶら地図学』1 <『ノノさんのぶらぶら地図学』1> 図書館で『ノノさんのぶらぶら地図学』という本を、手にしたのです。 著者は、国土地理院で側図部長を歴任したれっきとした役人であったが、ホームレスとも酒酌み交わす変り種なんですね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 21:22
『「COMICばく」とつげ義春』4
『「COMICばく」とつげ義春』4 <『「COMICばく」とつげ義春』4> 図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。 マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ ほとんど独力で、この雑誌を出版した著者も凄いけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 16:10
『狼が来るぞ!』3
『狼が来るぞ!』3 <『狼が来るぞ!』3> 図書館で『狼が来るぞ!』という本を、手にしたのです。 この本は「SPA!」名物コラムから精選とのことで・・・四方田さんは右の論客という側面もあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 16:30
『マンガ論争勃発』1
『マンガ論争勃発』1 <『マンガ論争勃発』1> 図書館で『マンガ論争勃発』という本を、手にしたのです。 日本のマンガ文化といえば、クリエイティブかつ貧乏な文化であるが・・・ ちょっと古い本ではあるが、そのあたりを見てみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 15:38
『もっとも危険な読書』3
『もっとも危険な読書』3 <『もっとも危険な読書』3> 図書館で『もっとも危険な読書』という本を、手にしたのです。 図書館大好きの大使としては、書評集もツボになるわけで・・・ 高橋源一郎著のこの本など、そのツボに的中しているわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 12:22
『「COMICばく」とつげ義春』3
『「COMICばく」とつげ義春』3 <『「COMICばく」とつげ義春』3> 図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。 マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ ほとんど独力で、この雑誌を出版した著者も凄いけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 08:42
『「COMICばく」とつげ義春』2
『「COMICばく」とつげ義春』2 <『「COMICばく」とつげ義春』2> 図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。 マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ ほとんど独力で、この雑誌を出版した著者も凄いけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 23:00
『「COMICばく」とつげ義春』1
『「COMICばく」とつげ義春』1 <『「COMICばく」とつげ義春』1> 図書館で『「COMICばく」とつげ義春』という本を、手にしたのです。 マンガ界における純文芸誌ってか・・・執筆者につげ兄弟、杉浦日向子、林静一らのビッグネームも見える凄い雑誌やないけ♪ ほとんど独力で、この雑誌を出版した著者も凄いけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 19:23
『もっとも危険な読書』2
『もっとも危険な読書』2 <『もっとも危険な読書』2> 図書館で『もっとも危険な読書』という本を、手にしたのです。 図書館大好きの大使としては、書評集もツボになるわけで・・・ 高橋源一郎著のこの本など、そのツボに的中しているわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 15:42
『狼が来るぞ!』2
『狼が来るぞ!』2 <『狼が来るぞ!』2> 図書館で『狼が来るぞ!』という本を、手にしたのです。 この本は「SPA!」名物コラムから精選とのことで・・・四方田さんは右の論客という側面もあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 07:30
読書術・書評のインデックスR4     B
読書術・書評のインデックスR4     B <読書術・書評のインデックスR4> このところ読書術や書評や古本屋に関する本よく読んでいるのです。 ・・・で、それらのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 06:54
『もっとも危険な読書』1
『もっとも危険な読書』1 <『もっとも危険な読書』1> 図書館で『もっとも危険な読書』という本を、手にしたのです。 図書館大好きの大使としては、書評集もツボになるわけで・・・ 高橋源一郎著のこの本など、そのツボに的中しているわけでおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 23:23
『アトリエ会議』3
『アトリエ会議』3 <『アトリエ会議』3> 図書館で『アトリエ会議』という本を、手にしたのです。 おお 横尾忠則が作家たちと対談していて、面白そうである・・・ わりと気楽な、そしてクリエイティブな会議のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 21:26
四方田犬彦の世界R1     B
四方田犬彦の世界R1     B <四方田犬彦の世界R1> 映画、フランス、韓国、台湾・・・・年上ということもあるが、どういうわけか常に大使の一歩先を行くような四方田さんが気になるわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 08:55
『狼が来るぞ!』1
『狼が来るぞ!』1 <『狼が来るぞ!』1> 図書館で『狼が来るぞ!』という本を、手にしたのです。 この本は「SPA!」名物コラムから精選とのことで・・・四方田さんは右の論客という側面もあるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 08:31
『ビゴー画集―諷刺・風俗素描』
『ビゴー画集―諷刺・風俗素描』 <『ビゴー画集―諷刺・風俗素描』> 図書館で『ビゴー画集―諷刺・風俗素描』という本を手にしたのです。 パラパラとめくると、漫画調のもの、実写調のもの、風刺画、とジャンルも多彩で・・・画集と銘打ってあるとおり、とにかく線描画、銅板画のオンパレードなのが嬉しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 00:26
『アトリエ会議』2
『アトリエ会議』2 <『アトリエ会議』2> 図書館で『アトリエ会議』という本を、手にしたのです。 おお 横尾忠則が作家たちと対談していて、面白そうである・・・ わりと気楽な、そしてクリエイティブな会議のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 15:26
図書館大好き277
図書館大好き277 <図書館大好き277> 今回借りた6冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「漫画」でしょうか♪ <市立図書館> ・もっとも危険な読書 ・ノノさんのぶらぶら地図学 ・狼が来るぞ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 13:51
横尾忠則の世界R2 B
横尾忠則の世界R2      B <横尾忠則の世界R2>   横尾忠則について集めてみました。 60年代に、村上隆より早く世界に打って出た横尾忠則はパイオニアとも言えますね♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 08:43
『アトリエ会議』1
『アトリエ会議』1 <『アトリエ会議』1> 図書館で『アトリエ会議』という本を、手にしたのです。 おお 横尾忠則が作家たちと対談していて、面白そうである・・・ わりと気楽な、そしてクリエイティブな会議のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 07:15
『怖い絵のひみつ。』3
『怖い絵のひみつ。』3 <『怖い絵のひみつ。』3> 図書館で『怖い絵のひみつ。』という本を、手にしたのです。 各地の美術館で「怖い絵」の展覧が続いているが・・・このブームの発端は中野京子の「怖い絵」シリーズあたりだったようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 22:37
『中国を捨てよ』3
『中国を捨てよ』3 <『中国を捨てよ』3> 図書館で『中国を捨てよ』という本を、手にしたのです。 いわゆる嫌中本なんだろうけど、この種の本を時々読みたくなるわけです。 ガス抜きしないと、ガスが溜まり過ぎて体に良くないから(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 09:43
『ニホン語日記』3
『ニホン語日記』3 <『ニホン語日記』3> 図書館で『ニホン語日記』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、文章にからむテーマが多く、文章修業中の大使にとって、格好のハウツー本になっているのです。 …ということで借りた次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 07:31
『怖い絵のひみつ。』2
『怖い絵のひみつ。』2 <『怖い絵のひみつ。』2> 図書館で『怖い絵のひみつ。』という本を、手にしたのです。 各地の美術館で「怖い絵」の展覧が続いているが・・・このブームの発端は中野京子の「怖い絵」シリーズあたりだったようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 21:19
『ニホン語日記』2
『ニホン語日記』2 <『ニホン語日記』2> 図書館で『ニホン語日記』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、文章にからむテーマが多く、文章修業中の大使にとって、格好のハウツー本になっているのです。 …ということで借りた次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 21:04
『中国を捨てよ』2
『中国を捨てよ』2 <『中国を捨てよ』2> 図書館で『中国を捨てよ』という本を、手にしたのです。 いわゆる嫌中本なんだろうけど、この種の本を時々読みたくなるわけです。 ガス抜きしないと、ガスが溜まり過ぎて体に良くないから(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 14:39
文章修業のインデックスR5    B
文章修業のインデックスR5    B <文章修業のインデックスR5> 又吉直樹さんが芥川賞を受賞して以来、作家へのハードルが下がったので(それは錯覚です)、「よし 俺もいっちょう」と思うのである。 …で、これまで集めた文章修業ハウツーのインデックスを作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 10:25
『ニホン語日記』1
『ニホン語日記』1 <『ニホン語日記』1> 図書館で『ニホン語日記』という本を、手にしたのです。 ぱらぱらとめくってみると、文章にからむテーマが多く、文章修業中の大使にとって、格好のハウツー本になっているのです。 …ということで借りた次第でおます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 10:22
『中国を捨てよ』1
『中国を捨てよ』1 <『中国を捨てよ』1> 図書館で『中国を捨てよ』という本を、手にしたのです。 いわゆる嫌中本なんだろうけど、この種の本を時々読みたくなるわけです。 ガス抜きしないと、ガスが溜まり過ぎて体に良くないから(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 08:21
嫌中本あれこれR4 B
嫌中本あれこれR4       B <嫌中本あれこれR4> 図書館で『中国壊死』という本を借りたのだが・・・ この本はまさに嫌中本なんだろうと、借りる際、若干躊躇したのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 07:46
『怖い絵のひみつ。』1
『怖い絵のひみつ。』1 <『怖い絵のひみつ。』1> 図書館で『怖い絵のひみつ。』という本を、手にしたのです。 各地の美術館で「怖い絵」の展覧が続いているが・・・このブームの発端は中野京子の「怖い絵」シリーズあたりだったようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 01:18
中島京子の世界R4    B
中島京子の世界R4    B <中島京子の世界R4> 先日、『のろのろ歩け』という中篇小説集を読んで良かったのだが・・・ 中島京子が「河合隼雄物語賞・学芸賞」の物語賞を受賞したと、新聞に載っていました。 ・・・河合隼雄物語賞とは西加奈子も受賞した渋い賞である♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 00:28
『あなたの人生の物語』3
『あなたの人生の物語』3 <『あなたの人生の物語』3> 図書館に予約していた『あなたの人生の物語』という本を、待つこと半年でゲットしたのです。 ケン・リュウ著『紙の動物園』は、中国系作家にしては詩情あふれるSFで、良かった。 だけど、その二番煎じに食いつくような大使ではない。 さてどんなかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 15:46
図書館大好き276
図書館大好き276 <図書館大好き276> 今回借りた5冊です。 だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば、「エンタメ」でしょうか♪ <市立図書館> ・サブマリン ・ニホン語日記 ・アトリエ会議 ・中国を捨てよ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 15:44
図書館予約の軌跡109   B
図書館予約の軌跡109   B <図書館予約の軌跡109> 『朝日デジタルの書評から』フォームや『読みたい本』フォームを作っているのだが、これを市図書館の予約に利用しようと、思い立ったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 07:42
NHK『ダイヤモンド博士のヒトの秘密』
NHK『ダイヤモンド博士のヒトの秘密』 <NHK『ダイヤモンド博士のヒトの秘密』> 1月3日のNHK番組『ダイヤモンド博士のヒトの秘密』(12回シリーズの予告遍)を観たのだが、興味深い内容であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 00:53
『住み継がれる集落をつくる』3
『住み継がれる集落をつくる』3 <『住み継がれる集落をつくる』3> 図書館で『住み継がれる集落をつくる』という本を、手にしたのです。 人口減と高齢化の影響をうけて、各地に空き家が目立つようになった昨今である。 各地で官民あげて移住を奨励しているわけで・・・だから、この本なんかが出てくるんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 21:28
対中最新情報(2018,1,05) B
対中最新情報(2018,1,05)       B 尖閣諸島事件とそれに連動するようなレアアース禁輸があって以降、以下に示す情報収集を思いつき次第に試みてきたが・・・・ 重複、欠落などあったりするので、この際、最新情報を一括して並べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 06:52
『アジア辺境論』8
『アジア辺境論』8 <『アジア辺境論』8> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな両国政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/03 13:29
『住み継がれる集落をつくる』2
『住み継がれる集落をつくる』2 <『住み継がれる集落をつくる』2> 図書館で『住み継がれる集落をつくる』という本を、手にしたのです。 人口減と高齢化の影響をうけて、各地に空き家が目立つようになった昨今である。 各地で官民あげて移住を奨励しているわけで・・・だから、この本なんかが出てくるんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/03 07:39
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』5
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』5 <『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』5> 図書館に予約していた『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』という本を、手にしたのです。 ブログ友がこの本を評していたので図書館に予約したところ、予約5日後にゲットできたのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 22:54
空き家問題あれこれR7   B
空き家問題あれこれR7   B <空き家問題あれこれR7> 田舎の実家は空き家状態なので、ときどき帰って傷みなどをチェックする必要があるのです。 また、都市近郊の団地では、建替えか補修か、難しい選択が待っているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 21:43
『住み継がれる集落をつくる』1
『住み継がれる集落をつくる』1 <『住み継がれる集落をつくる』1> 図書館で『住み継がれる集落をつくる』という本を、手にしたのです。 人口減と高齢化の影響をうけて、各地に空き家が目立つようになった昨今である。 各地で官民あげて移住を奨励しているわけで・・・だから、この本なんかが出てくるんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 20:53
『アジア辺境論』7
『アジア辺境論』7 <『アジア辺境論』7> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 10:57
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』4
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』4 <『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』4> 図書館に予約していた『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』という本を、手にしたのです。 ブログ友がこの本を評していたので図書館に予約したところ、予約5日後にゲットできたのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 09:00
原作が先か、映画が先かR3 B
原作が先か、映画が先かR3      B <原作が先か、映画が先かR3> 最近では、小説の原作をもとに映画、テレビドラマが作られることが多いので… 「原作が先か、映画が先か」と思い悩むことも増えてきたわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 13:55
『アジア辺境論』6
『アジア辺境論』6 <『アジア辺境論』6> 図書館に予約していた『アジア辺境論』という本を、待つこと3ヶ月でゲットしたのです。 日韓の両政府はともにナショナリズムを煽るので、日韓同盟が成立する気運は見えないのです。で、お二人の対談でバカな政府につける薬を模索しようではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 07:05
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』3
『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』3 <『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』3> 図書館に予約していた『エキタス 生活苦しいヤツ声あげろ』という本を、手にしたのです。 ブログ友がこの本を評していたので図書館に予約したところ、予約5日後にゲットできたのです♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 02:06
2本立て館で観た映画R4   B
2本立て館で観た映画R4   B <2本立て館で観た映画R4>   2本立て館で観た映画を集めてみました。 ま〜個人的な鑑賞目次みたいなものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 01:19

<<  2018年1月のブログ記事  >> 

トップへ

カツラの葉っぱ 大好き! 2018年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる