カツラの葉っぱ 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『中国エネルギー事情』3

<<   作成日時 : 2017/06/13 06:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<『中国エネルギー事情』3>
図書館で『中国エネルギー事情』という本を、手にしたのです。
6年前刊行でちょっと古くなったが、資源戦略、石炭や原発への依存度など、中国のエネルギー事情が興味深いのです。


【中国エネルギー事情】
中国

郭四志著、岩波書店、 2011年刊

<「BOOK」データベース>より
めざましい経済成長の続く中国は、いまや世界一のエネルギー消費国。「重厚長大」型経済の下、石油は国内生産では足りず、輸入に頼るとともに海外での開発・権益確保を推進、他方で石炭は環境汚染と地球温暖化への対応が問われている。さらに天然ガス、太陽光や原発も含め、この国の今後を左右するエネルギー事情を包括的に描く。

<読む前の大使寸評>
6年前刊行でちょっと古くなったが、資源戦略、石炭や原発への依存度など、中国のエネルギー事情が興味深いのです。

rakuten中国エネルギー事情


中国の計画経済はどのように運用されているのか?・・・
電力需給を通じてそのあたりを見てみましょう。
p131〜134
<第6章 電力の需給はどうなっているか>
■供給体制と政策
 中国では、電力産業に競争メカニズムを導入、市場競争を促進するため、「電力に関する改革方案」(2002年3月公布)に基き、02年12月に国家電力公司を発電5社、送電2社、補助企業4社に分割している。

 発電5社は、華能集団公司、大唐集団公司、華電集団公司、国電集団公司、電力投資集団公司である。送電事業は、華南・西南五省(広東・広西・貴州・雲南・海南)を管轄する南方電網公司と、その他の地域を管轄する国家電網公司に二分され、国家電網公司の下には東北・西北・華北・華東・華中の電網公司が設置されている。

 このように、中国の電力供給体制は、国家電力公司の再編・改革に伴い、形成されている。また、それに伴い、その直後、国家電力監督委員会が中国発の規制・モニター機関として設置され、電力市場の運営のモニター、電力料金、電力事業の管理・モニターを行っている。

 中国の電力政策は、電力産業発展に関する基本方針を以下のようにまとめている。すなわち、
・エネルギー効率の向上(2010年までに所内率を4.5%、送電ロスを7%に低減する。4500KWのコジェネレーション、2000KWの選炭廃棄物綜合利用発電を建設する、など)
・生態環境の保護
・電力網建設の強化
・秩序ある水力発電の開発と石炭火力発電体制の合理化
・原子力発電の積極的開発
・再生可能エネルギー発電の奨励
・天然ガス発電の開発

 こうした電力政策の実施・促進に当たっては、現在、主に以下のいくつかの課題が挙げられる。まず第一は、小型発電所の閉鎖に伴う社会的雇用問題および地域社会発展の安定化問題である。第二には、現行の電気料金制度の下では、省エネ・インセンティブが働きにくいし、電力の安定供給にも問題がある。第三は、風力資源のある地域は送電網の整備が遅れている。最後には、ガス供給逼迫・価格の問題などがガス発電開発を阻害している。

 中国で03年前後に頻発し始めた電力供給逼迫、停電は世界的に注目された。広東省、セッ江省などの日系企業は生産ラインが一部ストップし、現地事業に支障をきたしていた。電力供給不足の最大の要因として、急速な経済の高度成長による莫大な電力需要に電力供給が追い付かなかったことなどが挙げられている。その背景の下で、電力設備の増強が進められ、発電設備容量が増大しているのだ。

 その後、とくに国際金融危機に伴い、輸出減少による中国経済の減速、回復成長の中で、中国電力事情はどうなっているか、またその電源構成の特徴と電力需給のゆくえも検討しておこう。

■金融危機後の経済回復の下で
 中国では、石炭火力発電所が発電設備総容量の8割を占めている。また、全国の出炭量の三分の二は発電用として消費されている。

 08年前半は、燃料、とくに石炭の供給不足や送配電未整備などの問題によって、多くの地域で電力利用制限や停電が進められたが、後半になると、経済不況、過剰な設備投資、国際金融危機などの影響で電力需要が急減し、発電設備の稼動時間数は大幅に減少した。


ウーム 資本主義のいいとこ取りも組み込んだ中国の計画経済は凄まじいものがあるなー・・・とにかく膨大な数の人民が欲望にまかせて経済を回しているんだもんなー。

『中国エネルギー事情』1:四つの問題点、原発大国から原発強国、日中エネルギー協力の可能性
『中国エネルギー事情』2:戦略目標と不確実性

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『中国エネルギー事情』3 カツラの葉っぱ 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる