カツラの葉っぱ 大好き!

アクセスカウンタ

zoom RSS 『日本の「運命」について語ろう』5

<<   作成日時 : 2017/05/01 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<『日本の「運命」について語ろう』5>
図書館で『日本の「運命」について語ろう』という本を、手にしたのです。
ぱらぱらとめくってみると、中国に関する記事が多いが・・・
浅田さんといえば、『蒼穹の昴』を著わしたように、中国の歴史に関して造詣の深い作家だったなぁ♪


【日本の「運命」について語ろう】
日本

浅田次郎著、幻冬舎、2015年刊

<「BOOK」データベース>より
衆より個の利益を、未来より現在を大切にする今の日本。150年で起きたこの国の「変容」を、知の巨人が深い洞察力と明快な論理で解き明かす。驚きと発見に満ちた、白眉の日本人論。
【目次】
第1章 なぜ歴史を学ぶのか/第2章 父の時代・祖父の時代/第3章 中国大陸の近代史/第4章 明治維新が目指した未来とは/第5章 参勤交代から覗く「江戸時代のかたち」

<読む前の大使寸評>
ぱらぱらとめくってみると、中国に関する記事が多いが・・・
浅田さんといえば、『蒼穹の昴』を著わしたように、中国の歴史に関して造詣の深い作家だったなぁ♪

rakuten日本の「運命」について語ろう


日露戦争の戦果あたりを、見てみましょう。
p182〜185
<血潮と交えし満州>
 実は日露戦争の少し前から、選挙制度が変わっていました。それまで選挙権・被選挙権をもっていたのは税金をたくさん納めている人、つまり地方の地主が中心で、議員も地主が多かった。軍備を拡張しようにも、増税など反対が多くてできません。だから地主以外の層、貿易や工業生産で潤う商工業者も議員になれるようにしたのです。

 国民の声が議会に届くような仕組みが整備されてきて、日露戦争の前後から政党政治の時代になってくるわけですが、明治維新を成し遂げた人材たちとは違う人々による国の舵取りへと、時代は変わることになります。エリートたちの政治から、大衆を意識した政治へと、時代は変わることになります。必然的に国の目指す方向も変わります。

 「戦争は儲かるはずだったのに、話が違うじゃないか」といった不平不満も届くようになります。これもまた大陸での利権確保を後押しする力になっていきました。

 日本はロシアから賠償金は取れませんでしたが、ロシアが清国領内にもっていた権益を引き継ぐことには成功します。そのひとつが南満州鉄道、いわゆる満鉄の獲得です。その鉄道権益は、十年もしないうちに広大な日本人街に姿を変えました。清国領内ですから好き勝手に日本人街を作ったりできないはずですが、こんな方法がとられたんです。

 ポーツマス講和条約の追加約款では、鉄道守備隊を1キロメートルあたり15名以内の割合で配備できることになっていました。旅順と長春の間は、764.4キロありますから、守備隊だけで約1万1400名、さらに条約員数外の司令部要員などを含めて、1万4419名もの日本軍が、合法的に駐留できたのです。

 租借地である関東州の兵員を合わせれば、実質2個師団の大部隊です。第一次世界大戦後、平時の常備師団が17個だったのですから、この兵力がいかに大きいかわかります。

 どう見ても外征軍と言うべきこの軍事力を背景に、日本は鉄道付属地の拡大を推進した。鉄道には線路に沿って幅62メートルの付属地が規定されていましたが、これは拡大できません。ポーツマス条約と、ロシアが清朝と結んでいた北京条約の内容は侵害できないからです。一方、駅周辺の規定はあいまいだったので、拡大解釈することで付属地が広がっていったのです。

 瀋陽(奉天)は、清王朝が建国されたときの都城の地です。古来、地域の中心として栄えてきた場所でしたが、20世紀初頭にはロシアの勢力下にあり、日露戦争では奉天会戦の舞台となりました。
 その瀋陽の駅頭には、奉天会戦の忠魂碑が駅舎にも先んじて建てられ、やがて日露戦役記念碑が建てられています。幅20間の広さで、両側には街灯と街路樹の並ぶ歩道まで付いた立派な通りもできました。

 「血潮と交えし満州」という言葉通り、莫大な犠牲を払って、中国東北部に権益を確保したのですから、これを守りたい、侵されたくないと日本は強く願うようになります。とりもなおさず、これは列強が19世紀から行ってきた植民地獲得競争への参加でありました。やがて中国大陸での権益確保を目指すアメリカや、権益の減少を避けたいイギリスとの対立へとつながっていくのは当然の帰結でありました。

ウン 浅田さんの歴史認識は、教科書に載せたいくらい公平な記述であり、また読みやすい文章です・・・・伊達に日本ペンクラブ会長をやってるわけではないようですね。

『日本の「運命」について語ろう』1
『日本の「運命」について語ろう』2
『日本の「運命」について語ろう』3
『日本の「運命」について語ろう』4

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『日本の「運命」について語ろう』5 カツラの葉っぱ 大好き!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる